体育祭スローガン赤組・青組・黄組のスローガン例とアイデアまとめ!

スポンサーリンク

中学校の二大行事の一つといえば文化祭と並ぶのが体育祭!!

小学校の運動会とは違って、クラスの数も増え、よりお祭り感のあるものではないでしょうか。

思い出に残ることも多いと思います。

小学校では先生やPTAの方がメインとなって準備をしてくれることが多いですが、中学校の体育祭になると、生徒会が中心となって自分たちで作り上げていく部分も多いですよね。

そんなときに、みんなの決意を表すために掲げるのがスローガン!

あるだけで、全体としての意識もグッと高まるのでぜひ決めておきたいものです。

ですが、そうは思っても実際決めるとなると、結構頭を悩ませるのではないでしょうか。

これ一つで今年の体育祭の目標や学校としての方針を表すとなると、責任重大なような気もしてきませんか(笑)

そこで今回はそんな頭を悩ませるスローガンについて、中学生らしいアイデアをご紹介します!

これであなたも体育祭にぴったりのスローガンを立てられること間違いなしです!

 

こちらも合わせてどうぞ

運動会のスローガン!令和を使った赤白青黄スローガンアイデア集!
運動会といえば学校行事の中でも大きく盛り上がる、練習を繰り返し成果を発揮する、自分の組を勝利に導くなど、いろんな目標を掲げ頑張るものですよね。 運動会はもちろん練習など準備もやることがたくさんあり、そんな一つとしてあるスローガン、せっかく今年やるのなら新元号「令和」を入れてみたいと考えたことはありませんか? ここでは新元号である「令和」を取り入れた運動会のスローガンを作ってみたいと考えている小学校の生徒さんに、運動会で使える令和を取り入れたスローガンの紹介をしていきます。 元号が新しくなった今年ならではのたったひとつのスローガンを作るため、運動会を盛り上げるため、ぜひチェックしてくださいね!
体育祭スローガン!令和を使ったスローガンで中学体育祭を盛り上げよう!
体育祭といえば学校行事の中でも大きく盛り上がる、練習を繰り返し成果を発揮する、自分の組を勝利に導くなど、いろんな目標を掲げ頑張るものですよね。 体育祭はもちろん練習など準備もやることがたくさんあり、そんな一つとしてあるスローガン、分かりやすいメッセージとして今年は新元号、「令和」を入れてみたいと考えたことはありませんか? ここでは新元号である「令和」を取り入れた体育祭のスローガンを作ってみたいと考えている中学校の生徒さんに、体育祭で使える令和を取り入れたスローガンの紹介をしていきます。 元号が新しくなった今年ならではのたったひとつの伝わりやすいメッセージであるスローガンを作るため、体育祭を盛り上げるため、ぜひチェックしてくださいね!

中学校の体育祭を盛り上げる中学生らしいスローガンの作り方のコツは?

そもそもスローガンの意味って知っていますか?

一目置かれるスローガンを考えるのであれば、まずはこれを知っておかなければなりません。

よく耳にしたり、何気なく使ったりしていますが、実はちゃんと説明するのは難しいのではないでしょうか。

曖昧な理解では良いスローガンは決まりませんので、ここでスローガンについて説明したいと思います。

スローガンとは「団体の目的や主義、主張を短い言葉で表したもの」であるとされています。

では、中学校の体育祭ではどのようなスローガンが適しているでしょうか。

体育祭であれば、チームや学校が、今年の体育祭で何を目標として頑張りたいか、達成したいか、ということです。

これを短い言葉で簡潔に表せることができれば、スローガンとして完璧です。

ところで、なぜスローガンが必要なのかはわかるでしょうか。

スローガンとは、団体に所属する全員が「同じことを達成するために頑張っていこう!」という目的で作られています。

多くの人がいるとそれぞれに目標もあることでしょう。

各自が自分の目標だけを達成しようとすれば、団体としてはみんながバラバラな行動をとってしまうことになりかねません。

ですからスローガンは絶対に必要なのです!

【2017年 セ・リーグ6球団のスローガン】

2017年 セ・リーグ6球団のスローガン

こちらは各野球チームのスローガンです。

それぞれに目標が設定されていて、チームごとのカラーも良く出ています。

中学校の体育祭でもこのように、チームごとに独自のスローガンを作ると体育祭がさらに盛り上がるのではないでしょうか。

ここで、具体的なアイデアをいくつかご紹介していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

体育祭スローガン【赤組・赤団】アイデア!

赤組・赤団と言えば、「火」や「炎」をイメージするのではないでしょうか。

燃えている感じが体育祭にはぴったりでスローガンもつけやすいかもしれませんね。

風林火山

江戸時代の戦国大名、武田信玄の軍旗に記されていた「疾(はや)きこと風の如く、徐(しず)かなること林の如く、侵(おか)し掠(かす)めること火の如く、動かざること山の如し」を略したものです。

勢いがあり、攻め立てていく様子が体育祭に合うのではないでしょうか。

また、「火山」という言葉は【赤】を連想させますよね。

Burning!

こちらは英語のスローガンです。

直訳すると「燃えている」という意味ですね。

そのままの意味でも良いですが、「白熱している」、「非常に熱い」、「激しい」などの意味合いもありますので体育祭で燃え上がろう!というスローガンにぴったりだと思います。

また中学生で習う英語でもありますし、短くて覚えやすいのがいいですよね!

Red hot!

一風変わったスローガンはどうでしょうか?

こちらも英語ですが、直訳すると「熱狂的」という言葉です。

意味としては「何かを情熱的に欲していること、皆が欲しがるもの」という意味があります。

「みんなで勝利を掴もう!」という合言葉に良いのではないでしょうか。

体育祭スローガン【青組・青団】アイデア!

青組・青団は、「青春といえば青」というように、色自体がとてもさわやかなので、そういったものをイメージするスローガンもおすすめです。

青天霹靂

青にちなんだ四字熟語のおすすめがこちら。

だれもが聞いたことのある言葉ですよね。

周囲が予測していなかったことを起こし、あっと言わせることを意味します。

体育祭で万が一チームが不利になったとしても青天霹靂で勝利できそうな気がしてきませんか?

また「みんなを驚かせる強さをみせよう!」という意味も込めることができます。

Blue flame!

正確には「a blue flame」で青炎という英語の表現です。

炎と言えば赤をイメージしますが、赤だけではありません。

青い炎もありますよね!

青組・青団が燃えている印象を英語で簡潔に与えられるので良いと思います。

SAMURAI BLUE

ユニークなアイデアとして、こちらはいかがでしょうか。

言わずと知れたサッカー日本代表の代名詞です!

もうこの由来だけでかっこ良いとは思いませんか?

インパクトもあり、サッカーにちなんでいるので体育祭にもピッタリです!

とても素敵なスローガンだと思います。

体育祭スローガン【黄組・黄団】アイデア!

黄組・黄団は「光」や「明るさ」をイメージする色ですよね!

これもまた学生らしいスローガンが考えられるのではないでしょうか。

電光石火

一度は聞いたことのある四字熟語だと思います。

これは物事がとても速いことを意味している言葉です。

動作がすばやい、とも言えます。

この言葉を聞くと、誰もが雷や電気をイメージして黄色が思い浮かぶはずです。

また、早い動きを意味するので体育祭にももってこいな、黄組・黄団にはぴったりのスローガンだと思います。

bright!

これはそのまま英語で、「明るい」という意味の言葉です。

ここから光を連想できるのではないでしょうか。

黄色のイメージがわきやすい英単語だと思います。

光のように速くすばやいという意味合いも込めることができますし、光輝いているイメージも表現できるので、体育祭にぴったりです!

一黄団結

ユニークなものとしては、こちらのようなスローガンはどうでしょうか?

「一致団結」をもじった四字熟語です。

これは誰もが知っている四字熟語が元ですので覚えやすいですよね。

また体育祭ですので、みんなで力を合わせる、という意味が込められてとてもいいと思います!

まとめ

  1. スローガンとは団体やチーム全体の目標として掲げるためのもの。
  2. 短い言葉のほうが覚えやすくて良い。
  3. やる気の出るような言葉や、盛り上がるものがおすすめ。
  4. 学校やチームに合わせたカラーを取り入れたり、ユニークさを取り入れたりすると思い出として残りやすい。

スローガンにこれといった決まりはありません。

みんなにとって、覚えやすく、口にしやすい言葉で、盛り上げる力のある言葉が最適です!

ぜひこの記事を参考に、思い出に残るスローガンを考えてみてください。

そしてなにより、思い出に残る体育祭を作り上げてくださいね。

コメント