修学旅行のスローガン!京都奈良・東京・沖縄行き先別スローガン!

スポンサーリンク

今回は、中学校の修学旅行にふさわしい「学び」をテーマに、四字熟語やかっこいい英語のフレーズ、ユーモアのあるスローガンなどを京都奈良・東京・沖縄の行き先別にご紹介します!

中学校の修学旅行のスローガンは、ポジティブな言葉や理解しやすい簡単なものが好まれます。

また、楽しいスローガンを掲げるとより、修学旅行が充実した時間を過ごすことができるのでおすすめです。

中学校の修学旅行を盛り上げる中学生らしいスローガンの作り方のコツは?

なぜスローガンが必要なのでしょうか。

スローガンは生徒一人一人が旅行の目的を理解し、旅行の価値を深めるために必要です。スローガンによって生徒同士の絆が深まるメリットもあり、団結力を高めることも期待できます。

スローガンを作るポイントは「ポジティブな言葉」を使い、「分かりやすい言葉で」表現することです。さらに「歴史」「学び」「発見」などのキーワードを使うと中学生らしさが現れるスローガンとなります。

修学旅行のスローガンが思いつかない!というPTAの親子さんや先生方、学級委員会の生徒の皆さんのヒントになるようなスローガンを紹介します!

行き先別!中学校の修学旅行スローガンアイデア:東京編

東京のスローガンは未来に憧れるような前向きな言葉を使うと東京らしさが出るのでおすすめです!

英語を使うスローガン作りで気を付けたいことは、中学生に分かりやすい、難しすぎないキーワードと文章で作ることがポイントです。

では、さっそく英語のスローガンからご紹介します!

「Let’s give it a try!」
「Go to the Another story」
「Accept various things」

挑戦してみること、大都会の中で他者との違いを受け入れることなど東京をイメージしたポジティブな言葉を表現しています。

お次は四字熟語をご紹介します。チャレンジし続けることよって人生が豊かになるような言葉を選びました。

「万里一空」
「人間青山」
「勇猛果敢」

こちらの四字熟語は強い意志を持って取り組み続ければ目標が叶う時来るという意味を持ちます。

中学生は将来の夢を考え始める時期でもあります。東京の修学旅行では多くの仕事を目で見たり、実際に体験することが出来るはずです。夢を探すきっかけになる旅行になれば嬉しいです。

他にはキャッチフレーズのような言葉もおすすめです。

「出会おう、新しい自分」
「大人探しの旅」
「わたしはまだ、私を知らない」

中学生はアイデンティティを見つめなおす大事な時期でもあります。東京のように様々な人が住んでいる土地では自分自身を見失うこともあるかもしれません。そんな時に思い出してほしい修学旅行にぴったりのスローガンです。

行き先別!中学校の修学旅行スローガンアイデア:京都・奈良編

京都・奈良は長い歴史を持つ場所です。金閣寺や奈良の大仏など修学旅行で人気のスポットを言葉に入れると京都・奈良らしいテーマがつくれます。

また、修学旅行のテーマにふさわしい「歴史を学ぶ」ことをキーワードにいれることもおすすめです。

「Travel into the past」
「Time Travel in Kyoto」
「Enjoy the history 」

歴史をテーマに入れています。京都・奈良という昔からの遺跡が残る場所を訪れることが出来るので、ぜひ日本の歴史を一つでも多く自分の目で見て体感できる、実りのある修学旅行したいです。

「覧古考新」
「彰往察来」
「管仲随馬」

こちらの四字熟語は「昔の事をまなび、知恵を得ること」を意味します。そして自らの悩み事や壁にぶつかったとき、過去に学んだ偉人の経験を真似することができると修学旅行での歴史の学習が今後の人生に活かされてきます。

最後に、ユーモアのある京都・奈良のスローガンをご紹介します。

「はんなり歴史旅」
「そうだ、KYOTO行こう!」
「ほっこり街歩き」

KYOTOの部分は奈良や東京など他の地域でも使えそうなフレーズです。「はんなり」、「ほっこり」などの京都らしい言葉を入れるのも風情がでるのでおすすめです。

行き先別!中学校の修学旅行スローガンアイデア:沖縄編

沖縄には美味しい料理や広くて青い海など自然が豊かな場所です。

キーワードは沖縄の「大自然」や暖かな「気温」や「地元の方々」をテーマに作ると南国らしさを出すことができます。

「Blue sky , Blue beach」
「Protect the great natural 」
「Travel to the World Heritage」

沖縄には数多くの世界遺産があります。世界遺産巡りの修学旅行をする学校があれば、英語で表現するとかっこよく聞こえます。

海や空の青さを強調するために単語を並べ簡単に表現しました。言葉を聞くだけで沖縄を感じることができるフレーズです。

「悠悠閑閑」
「恵風和暢」

和やかに、のんびり暮らす南国の風景を想像できる言葉です。沖縄県民の和やかな県民性も表しています。地元の方と一緒に大自然を堪能してみるのも旅行の醍醐味です。

最後は「沖縄」を変化させることでニュアンスが変わるスローガンをご紹介します。

「大自然 おきなわ」
「うっとり沖縄」
「新世界!OKINAWA」

沖縄という単語を入れてストレートに分かりやすく作りました。自然の魅力や、独自の方言を持つ島国であるからこそ新しい世界に感じます。

沖縄という言葉をひらがなにすると大きなイメージに、漢字にすると歴史を感じ、英語にすると珍しさを感じます。

このように、英語・漢字・ひらがな等、言葉の字体を変えてみるのもおすすめです!

まとめ

今回は東京、京都・奈良、沖縄の3つの地域に分けて中学生の修学旅行らしいスローガンをご紹介しました。

スローガンを作るポイントは3つです。

1、簡単な言葉で表現する
2、ポジティブな言葉を使う
3、学びを感じられる単語を入れる

クラス全員が理解しやすいことに意識をして、英語・四字熟語・日本語の3つの種類でまとめました。

それぞれの地域に合ったフレーズをスローガンに入れることで旅の目的が見えてきます。

東京は都会らしさを、京都・奈良は文化や歴史を、沖縄は大自然のイメージを持つことでスローガンが作りやすくなりますのでおすすめです。

中学校最後の修学旅行、思い出に残るスローガンが見つかると嬉しいです。

コメント