失恋したけど友達でいたいと言われた場合の返事の仕方は?距離をおきたい場合は?

スポンサーリンク

夕日を見ている女性

好きな人や気になる人から告白されることって誰でもすごくうれしいことですよね。

でも、特に好きでもない人や、なかには嫌いな相手から告白されてしまうこともあるでしょう。

付きあうつもりはないと、気持ちがはっきりしていても、真剣な告白を断ることって、勇気もいるし、相手を傷つけないように気をつかったりして精神的にも疲れますよね。

告白を断ったのに、相手から「友達でいたい」といわれてしまう人もいると思います。

なかには「友達に戻るなんて無理。距離をおきたい」と思う人もいるでしょう。

でも、とっさになんて答えたらいいのかわからず、気持ちと裏腹に、「わかった。じゃあ、友達でいよう」と当たり障りのない返事をしてしまう人もいるでしょう。

でも、距離をおきたい相手と無理に友達でいることってつらいですよね。

告白を断ったことへの罪悪感も感じて、すぐに友達に切り替えることもむずかしいでしょう。

そこで、告白を断ったのに相手から「失恋したけど友達でいたい」と言われた場合の返事の仕方や、距離をおきたい場合の返事の仕方をご紹介します。

これで、もうなんて返事をしたらいいのか悩むことはなくなりますよ。

ちょっとしたポイントを知れば、相手との関係を自分の望む方向にもっていくことができるでしょう。

失恋したけど友達でいたいと言われた場合の返事の仕方は?

失恋したけど、友達でいたいといわれた場合、友達にもどることに、とくに問題がない場合の返事の仕方を紹介します。

「友達に戻ることはできるけど、〇〇くんへの気持ちが変わることはないよ。それでも大丈夫?」

振られた側は、相手への思いがすぐになくなるわけではありません。

友達に戻ろうと相手に安心させておいて、またチャンスを狙いたいと思ったり、未練のある人もなかにはいます。

はっきり気持ちが変わることがないことを前もって伝えておくと、あとあとしつこくアプローチされることも減るでしょう。

「本当にただの友達だけど、いい?」

相手に変に期待させないように、あくまでも「友達」ということを念をおして言うのもアリです。

私の場合、過去にアプローチしてきた男性の告白を断ったら、「友達としてならいい?」といわれ、深く考えずに二つ返事で「いいよ」と言ってしまったら、そのあと頻繁に連絡がくるようになって、「これって彼女扱いじゃん・・」と思ったことがありました。

振った側はあくまでも、「ただの友達」としてしか見ていないのに、なぜか勘違いしてしまう人がいるんです。

「本当に嫌だったら、友達になるのも断るはず。友達としていられるならまだ脈がある」などと、都合よく思っているのかもしれませんね。

相手にまったく感情がなく、友達に戻る場合は、きちんとあくまで友達ということを伝えた方がいいですよ。

失恋したけど友達でいたいと言われた!距離を置きたい場合の伝え方は?

体操座りしている人

できれば振ってしまった相手とは、気まずいのでなるべく関わりたくないなぁと思う人も多いでしょう。

できることなら相手を傷つけずに距離をおきたいですよね。

わたしのまわりの友人達も、告白を振った相手とは関わりがなくなっていったり、自然に疎遠になっていく人が多いですね。

相手と距離を置きたいけど、友達でいたいと言われた場合の返事の仕方を紹介します。

「友達でいることで、〇〇くんに変に期待させてしまうようなことがあったら嫌だし、私自身も気持ちを整理したいから、しばらく距離をおかせてほしいの。ごめんなさい。」
「真剣に私のことを思ってくれている〇〇くんに対して、友達にもどることで、もし思わせぶりなことをしてしまったら失礼だから。気持ちを落ちつかせるためにもいったん距離をおかせてほしい。」
「友達でいることで、〇〇くんがつらくなってしまうかもしれないよ。おたがいのために、いったん離れてみよう。」
「真剣に告白してくれたことには感謝しています。でも、すぐに友達にもどるのはちょっとむずかしいな。いったんおたがい離れて、気持ちを落ちつかせる時間をください。」

遠回りに言うと、何がしたいのか気持ちが相手に伝わりにくくなるので、できるだけストレートに正直な気持ちを伝えましょう。

ただし、「もうあなたに会いたくない」「気まずいから距離をおこう」などとストレートすぎる表現や理由がなく短すぎる言葉だと、真剣に告白してくれた相手に対して失礼なので、できるだけ避けましょう。

なぜ距離をおきたいのか、理由と一緒に素直な気持ちを伝えましょう。

あなたのことを本当に思ってくれている相手であれば、きっと理解してくれますよ。

真剣に思いを伝えてくれた相手をふったあとに、変に期待させてしまったら、相手をまた傷つけてしまうことになります。

それはちょっと相手がかわいそうですよね。

言う側も勇気がいりますが、「ひとりでいたい」「距離をおきたい」など、どうしたいかをきちんと伝えましょう。

相手から「失恋したけど、友達でいたい」と言われたら、ひととおり相手の気持ちを最後まできちんと聞いてあげましょう。

相手の言いたいことを全部言わせてあげて、「〇〇さんはどう思ってる?」「友達でいてもらえるかな?」などと、こちらに話すタイミングをふってきたら、正直に気持ちを伝えましょう。

相手の話したいことを全て外に出す、話す機会をあたえることで、それだけで気持ちが落ちついたり、満足させることもできます。

わたしも、自分の言いたいことがあっても、相手の言いたいことをまずは最後まで聞いてあげるようになってから、相手からも自分の気持ちを理解してもらいやすくなりました。

ふった後に友達になったけど、なんとなくギクシャク・・・

川のほとりの階段で座る女性

ふった後に友達にもどったけど、なんとなくギクシャクしてしまうことってありますよね。

おたがいに気まずく感じているあの微妙な雰囲気って誰でも苦手だと思います。

私も今までに振ってしまった相手とは、ほぼ全員と気まずくなりました。

やはり何ごともなかったかのような友達関係に戻るのってむずかしいですね。

友達のままでいること自体が辛い場合の対処法について

「ごめんなさい。友達にもどろうとがんばったけど、気まずさにたえられなくて。やっぱり私たち距離をおこう。」
「〇〇くんといると、告白を断ったことへの罪悪感を感じてしまい、つらいんだ。だから、距離をおかせてくれないかな?」
「やっぱり今までどおりの友達関係にもどることはむずかしいな。距離をおいていったん冷静になれる時間をください。」

などと伝えてみるのもおすすめです。

気まずいのを我慢する必要はないし、無理に友達のままでいる必要もないと思いますよ。

友達でいることが正直つらいと感じたら、素直に思っていることを伝えてみましょう。

我慢して友達でいても楽しくないですよね。

うまく気持ちが整理できない場合は、やはり相手と距離をおいてみることがいちばんだと思います。

近すぎると見えにくいこともありますよね。

離れてみることで気持ちが冷静になり、見えてくることもあるでしょう。

友達のままになったのに、また告白された!

川辺で石の上でたたずむ女性

友達にもどったのに、相手からまた告白をされてしまう人もなかにはいるでしょう。

二度目の断り方って正直、なんて返事をしたらいいいのか、とまどいますよね。

二度目の告白の断り方について

「また告白をしてくれたことに正直びっくりしちゃった。気持ちだけはすごくうれしい。ありがとう。でも、やっぱり〇〇くんとはお付きあいすることはできません。本当にごめんなさい。」
「二度も告白してくれて、〇〇くんの真剣な気持ちはすごくありがたく感じています。でも、〇〇くんの気持ちにこたえることはできません。ごめんなさい。中途半端な態度は〇〇くんに対して失礼だから、これが私の正直な気持ちです。」
「二度も勇気を出して告白をしてくれた相手に対して、感謝の気持ちを伝えることが大切です。そして、「お付きあいすることはできません」と伝えるべきことははっきり言いましょう。」

二度も告白が失敗したら、かなりショックを受けるものです。

普通はあきらめると思います。

その後の相手との関わり方は、まず相手の様子をみてみましょう。

相手がひとりでいたそうならそっとしておく、友達にまた戻りたいと言ってきたら、とりあえず友達に戻ってあげるなど、相手に合わせてあげるのがいいでしょう。

もし、二度も告白をされたことで相手と距離をおきたいと感じた場合は、

「二度も告白をしてくれたことにありがたく感じています。でも、やっぱりお付きあいすることはできません。本当にごめんなさい。もう〇〇くんにこれ以上つらい思いをさせたくないし、私も罪悪感を感じてしまい、つらいの。だから、いったん距離をおかせてほしい」

という感じに、相手に感謝の気持ち、お付き合いできないこと、距離をおきたい理由を丁寧に伝えるとよいでしょう。

最後に

川辺の女性

失恋したけど友達でいたいと言われた場合の返事の仕方のポイントまとめ!

  • 友達でいたいと言われ、特に問題ない場合は「〇〇くんへの気持ちが変わることはないけど、それでも大丈夫?」「本当にただの友達だけど、いい?」などとあくまでも「友達」でいることを協調し、相手に期待をもたせないように気をつけよう。
  • 友達でいたいと言われたけど、距離をおきたい時は「友達でいることで、〇〇くんに変な期待をもたせてしまったら悪いし、自分も気持ちを整理させたいからいったん距離をおかせてほしい」「友達でいることで、〇〇くんがつらくなってしまうかもしれない。おたがいのためにいちど離れてみよう」などと相手に思いやりの気持ちをもって正直に気持ちを伝える。
  • 友達でいることがつらくなったら我慢して友達でいる必要なし。「やっぱり罪悪感を感じてしまって、友達でいることがつらい。距離をおかせてほしい」などと素直に気持ちを伝えてみよう。気持ちが整理できない場合、相手と距離をおくことで気持ちが冷静になることも。
  • 二度目の告白を断る場合、「二度も告白をしてくれて、〇〇くんの真剣な気持ちはすごくありがたいです。でも、お付き合いすることはできません。本当にごめんなさい。」と相手に対して感謝の気持ちをもって、正直に丁寧に断ろう。
  • 二度も告白されたことで距離を置きたい場合は、「〇〇くんに対して罪悪感を感じてしまい、本当につらいので、距離をおかせてほしい」とストレートに気持ちを伝えよう。

振った側は相手に対してとくに感情をもっていないけど、振られた側は気持ちがまだ残っていることが多いので、友達にもどっても気まずくなることって多いんですよね。

私も今までに、一度断ったけど、再度アプローチしてきそうだなと思った相手がいましたが、相手に嫌われる勇気がなく、はっきり断ることができない性格だったので、二度相手を傷つけてしまったこともありました。

あいまいな態度で、相手に期待をもたせてしまったり、勘違いさせてしまった人が、これまでにけっこういただろうなと、ふと反省の気持ちが出てきました。

振られても相手に対して思いがあったり、未練がある人も多いものです。

相手に期待をもたせて何度も傷つけてしまわないように、勇気を出して、はっきり断ることも相手に対してのやさしさですよ。

そして自分の気持ちにも嘘をつかずにいつでも正直でいたいですね。

【こちらも読まれています】

失恋から立ち直る方法5選!失恋した!友達もいなくて孤独・・
失恋したとき、仲のいい同性の友達に話を聞いてもらえるだけで、気持ちが落ちついたりしますよね。でも、つらいときに相談できる友達がまわりにいない人もいると思います。失恋してしまったけど、まわりに相談できる友達がいない人へ、つらい失恋から立ち直る方法を紹介します。

コメント