体育祭スローガン!令和を使ったスローガンで中学体育祭を盛り上げよう!

スポンサーリンク

体育祭といえば学校行事の中でも大きく盛り上がる、練習を繰り返し成果を発揮する、自分の組を勝利に導くなど、いろんな目標を掲げ頑張るものですよね。

体育祭はもちろん練習など準備もやることがたくさんあり、そんな一つとしてあるスローガン、分かりやすいメッセージとして今年は新元号、「令和」を入れてみたいと考えたことはありませんか?

ここでは新元号である「令和」を取り入れた体育祭のスローガンを作ってみたいと考えている中学校の生徒さんに、体育祭で使える令和を取り入れたスローガンの紹介をしていきます

元号が新しくなった今年ならではのたったひとつの伝わりやすいメッセージであるスローガンを作るため、体育祭を盛り上げるため、ぜひチェックしてくださいね!

 

こちらもどうぞ!

体育祭スローガン中学校編例文!四字熟語・英語・ユニーク・笑える!
体育祭といえば、文化祭と並んで中学校の二大行事の一つです!準備も大掛かりになり、生徒で作り上げる部分も多くなってくると思います。その中でも、みんなで体育祭を成功させるための目標を立てるのがスローガンです!今回はこのスローガンアイデアをご紹介します!

【体育祭スローガン!令和を使ったスローガンアイデア!】

まず最初に今年ならではの令和を取り入れたスローガン、その他それぞれの団で使いやすいスローガンのアイデアを紹介していくので参考にしてください!

赤組

・赤組燃焼

「完全燃焼」、完全に燃え尽きる、最後まで燃え尽きるという言葉の前半を「赤組」に置き換える方法で、やっぱり赤組の場合はイメージである「炎」「火」を使うとかっこいいですね。

・令和一番赤組同体

令和で初めて迎える体育祭で赤組が「一心同体(心を一つにして結びつくこと)」となって頑張るという意味のスローガンで、分かりやすくかっこいいスローガンになります。

・Never give UP!

赤色という文字は炎や火、そして情熱のイメージがあるので、「最後まで決して諦めない」というアツい情熱を表す「Never give UP!」はおすすめです。

青組

・雲外蒼天

この四字熟語は「困難を乗り越え克服すれば蒼天が望める」という意味で、青組のイメージとして浮かびやすい「空」からヒントを得たスローガンです。

・keep going 青団!

「keep going」は前進し続けるという意味で、青色から連想しやすい題材のもうひとつ、水からスローガンのヒントを得たものです。

・青組半端ないって!

おもしろスローガンは昨年の流行語や新語から取り入れると作りやすく、「半端ないって!」などは体育祭のスローガンとしても使えますね!

黄組

・令和奮迅

黄色といえばやっぱり獅子、タイガーのイメージが強く、獅子が勢いに乗って暴れるようにふるい立つ意味の「獅子奮迅」と令和を合わせたスローガンもおすすめです。

・電光雷轟

黄のイメージで激しいものといえばもうひとつある「雷」を題材とするのもおすすめで、勢いが非常に激しいことを指す「電光雷轟」も黄組スローガンに使いやすいです。

・no limit 黄団!

限界はない」という意味のno limit 、これに組の色を入れるのはスローガンとして大切な「短い文句で伝わる」が本当に分かりやすく、ぜひおすすめします。

白組

・令和燦然

「光輝燦然」という強く鮮やかに光り輝くという四字熟語と令和を取り入れたスローガンで、白のイメージでもある「光」もあり、分かりやすくなっています。

・白鱗躍動

こちらも四字熟語をもじったスローガンで、「銀鱗躍動(勢いよく活動する)」、魚が鱗を銀色に輝かせて泳ぎ回ることから出来た四字熟語を白組用に改変したものです。

・stay gold

輝き続ける」という意味の、やっぱり白=輝く、光からおすすめするスローガンで、体育祭で輝き続ける、頑張るというイメージも伝わりやすくおすすめです!

【体育祭スローガンアイデア!四字熟語の当て字編】

体育祭のスローガンでよく見かけるかっこいい四字熟語の当て字を作ってみたいという方に向けて、四字熟語の当て字スローガンもまとめて紹介していきます。

赤組

・赤組燃焼(完全燃焼)

・赤組万丈(気炎万丈)

白組

・白鱗躍動(銀鱗躍動)

・白輝燦然(光輝燦然)

青組

・令和蒼天(雲外蒼天)

・青励努力(奮励努力)

黄組

・令和奮迅(獅子奮迅)

・疾風黄組(疾風迅雷)

当て字は読みまで同じものを探そうとするとなかなか難しく、また見た目にかっこいい四字熟語に見えなくなる場合も多いです。

体育祭でかっこいい当て字の四字熟語スローガンを作りたい場合はそれよりも「赤組」など自分達の色にまるごと置き換え、その上でかっこよく見えるように作る方法をおすすめします!

【体育祭スローガンアイデア!インパクトある二次熟語!】

体育祭のスローガン、これは自分達の目標や勢い、頑張る意思などをまとめるものですが、どうせならインパクトのある二字熟語も良いですよね。

ここでは二字熟語でおすすめしたい体育祭に向いた言葉をいくつか紹介していくので、スローガンの参考にしてみてください!

赤組

紅蓮(ぐれん)

絢爛(けんらん)

白組

煌星(きらぼし)

玲瓏(れいろう)

青組

颯爽(さっそう)

飛翔(ひしょう)

黄組

闘魂(とうこん)

覇気(はき)

【そもそもスローガンの役割は?スローガンはどう決める?】

体育祭は参加する側からすれば楽しいもの、それなのにスローガンを決める意味はあるのか、本当に必要なのかと考えてしまうこともありますよね。

何故体育祭でスローガンが必要なのか、どんなメリットがあるのかを知るためには、「そもそもスローガンとは何か」を知っておく必要があります。

そもそもスローガンって?

スローガンとは「団体の主義や主張を短い文句で表したものやその標語」で、体育祭のスローガンとして考えると、「体育祭の目的を決める」という意味があるんです。

もちろん「体育祭を楽しむ・頑張る」というのも明確な目的のひとつで、決して体育祭のスローガンは堅苦しく考える必要はなく、自分たちの目的に合ったものを考えればOKです。

スローガンを用意することで目的が明確になる、逆に何もなかったら「どんな目的を持って体育祭に取り組めばいいの?」という悩んでしまう方もいるかもしれません。

目的を統一する、体育祭で何を目標にしたいかを明確にするためにも、体育祭のスローガンはしっかり決めていきましょう。

スローガンの決め方

体育祭のスローガンを誰が作るか」についてはそれぞれの中学校次第というところもありますが、高学年のクラスで相談して決めたり、先生が決めたり、また生徒会で決めることもあります。

スローガンは短い文句で表すのが基本なのであまり長くない、10~20文字程度の、一度聞けば簡単に覚えられるようなものがおすすめです。

今年であれば「令和」はもちろん、その他「勝利」「輝く」など使いたい文字をある程度集め、そこからまとめてスローガンを決めていく方法が作りやすいのでぜひ試してみてください。

【まとめ】

体育祭スローガン、今年ならではの令和を使ったスローガンやかっこいい四字熟語・二字熟語アイデアまとめ!

1:令和を取り入れたい、かっこいいスローガンがいい、四字熟語を使いたいなどに使えるアイデア!「赤組燃焼」「雲外蒼天」「令和奮迅」「令和燦然」など

2:四字熟語の当て字などを使ったスローガンもかっこよくおすすめ!「赤組燃焼」「白鱗躍動」「青励努力」「疾風黄組」など

3:二字熟語スローガンはインパクト抜群で覚えやすく使いやすい!「紅蓮」「煌星」「颯爽」「闘魂」などイメージに合わせて使おう

4:スローガンとは「短い文句で団体の主張を表したものやその標語」、目標を決めて言葉を選び、そこからまとめていく方法が作りやすくおすすめ!

体育祭でのスローガンは分かりやすい、目指す目標が分かりやすいものがおすすめで、またすぐに覚えられる、すぐに口にできるものが使いやすいです。ぜひ自分の組や団にあったスローガン、今年ならではの令和を取り入れたスローガンを考え、今年の体育祭も楽しんでいきましょう!

コメント