通知表の所見文例集!小学校2年生向けの書き方ガイドと時短テク!

スポンサーリンク

通知表

小学校の通知表で大変なもののひとつが所見欄であり、小学校2年生ならどんな所見が良いのか、文例などを探している先生も多いですよね。

うっかり言葉を間違えて保護者に誤解を受けるような所見を書くわけにはもちろんいかず、どんな所見が良いのか悩んでしまいます。

そこで今回は小学校2年生の通知表に書く所見について、書き方のポイントや文例、参考になる方法などをまとめて紹介していきます。

小学校2年生ともなれば学校生活や基本的な生活習慣は身につき学習内容や友達との関わりにも発展が見られる頃、しっかり所見を書いていくためにもぜひご確認ください!

通知表の所見文例集!小学校2年生向けの書き方のポイントとは?

最初に通知表での所見とは何かはしっかり把握しておく必要があり、簡単にまとめると「文章で子どもの学校生活全般や学習、道徳などの様子を伝える文章」です。

所見を書くためにはそれぞれの学校や学年のルールを把握しておき書き方などを統一する必要もあるので、まずは以下のポイントを確認しましょう。

  1. 文字数
  2. 文末表現
  3. 半角・全角の扱い

文字数は多少前後してしまうのは仕方ないもののあまりに少ない生徒と多い生徒がいては困りますし、クラスによって違いが出てもトラブルや問題に繋がる可能性があります。

所見の文字数については通知表のデザインやそれぞれの学校によっても違うので学校での目安も確認しておくと安心ですが、およそ100文字程度が多いようです。

また文末表現についても「~です」と「~である」などのように違いがあると保護者の間でも不安が広がってしまうので、通知表すべてが基本統一されるようにしておかなければなりません。

半角や全角については

  • 小学2年生
  • 小学2年生

というように僅かな違いなものの受ける印象が変わることもあり、やはり統一した文章を書いたほうが良いので必ず確認しましょう。

また所見を書く際に最も気をつけておきたいポイントとして「良いポイントを書く」というものがあり、通知表は子どもの成長記録でもある以上、良いポイントや成長したところを書きましょう。

どうしても伝えたい課題点がある場合は

「~のようになれると良いので、~のように関わっていきます」

など、子どもの成長に寄り添える文章を心がけるようにしてください。

所見は先生ならではの視点を伝えてもらえる嬉しい欄なので、行事で○○をやった、リレーの選手になったなどの「結果」は書かれてあっても保護者もすでに知っている内容です。

所見に書く場合は

「○○の練習のために休み時間も使って頑張っていました」

など、先生ならではの視点で「過程」を伝えられると良いですね。

文章を書く際にっかりやってしまうこととして「長くなりすぎた」というものがあり、一度書き終わったら改めて読み直し、同じ語句を連続して使ってないか、同じことを書いてないかも確認しましょう。

所見の内容はまとめて全員を思い出しながら一気に書こうとしても難しいので、常日頃から生徒について以下のポイントをメモしておくと書きやすくなります。

  • 学級での様子
  • 授業の様子
  • 行事の準備期間の様子
  • 行事本番の様子
  • 友達とのかかわり
  • その他取り組みなど

こういったポイントを日頃からメモするようにしておけば所見を書く際にメモを確認しながら進められるので、ぜひ取り入れていきましょう。

また所見の内容が生徒が感じていた内容と全く違うのもトラブルに繋がるので、学期末に以下の内容で「○学期のまとめ」としてアンケートを取る方法をおすすめします。

  • 学習面
  • 生活面
  • 行事

こういった内容で生徒本人が頑張ったことや感じたこと、また次の学期や学年で頑張りたいことも書いてもらえば所見を書く際の参考になるので、ぜひ取り入れてみてください。

ここまで進めておけば後はメモとアンケートをすり合わせながら所見を思いつくままに書いていき、終わってから文字数や文章などを整えて完成です。

こういったポイントに気をつけて準備を進め所見を書いていくと、保護者にとっても学校生活を知れる、成長したポイントや良いところを知れる安心できる通知表の所見になります!

通知表の所見文例集!小学校2年生向けの書き方:1学期

桜の木

1年生の頃は基本的な学校生活や生活習慣を身につける時期でしたが、2年生になると学習面も少し高度になり、自然と2年生らしい所見になっていくと思います。

文例

学習面

国語の漢字練習を毎日しっかり行い宿題もきちんとしてきて、「今日はこれだけ練習してきたよ!」と意欲を見せてくれていました。

算数の授業では今までの学習を元に絵や図を書く、より簡単に出来る方法などを考え、友達に教えてあげるなど、自信を持って取り組めるようになりました。

体育の鉄棒遊びも自分から進んで挑戦し、友達や先生のアドバイスをしっかり聞きながら何度も練習し、少しずつ上達が見られました。

音楽が好きで歌うのはもちろん、鍵盤ハーモニカも率先して練習し、苦手な友達に指使いを一生懸命教えてあげていました。

生活面

給食当番という役割もしっかり覚え、みんなのために給食の準備を積極的に行ってくれました。

友達といつも楽しく過ごしていて、誰にでも優しく困っている友達に声をかけてあげたりしていました。

学校生活にも慣れ休み時間は友達と楽しく過ごし、チャイムが鳴る前にはしっかり席につけていました。

掃除の時間じゃなくとも汚れが目立っていると進んで雑巾を持ってきて掃除してくれるなど、細やかな視点を持っています。

誰とでも話せ優しくできる性格で、休み時間はいつでも周囲にたくさんの友達に囲まれ楽しそうに過ごしていました。

係活動

2年生の係活動で新しく増えた「遊び係」になり、休み時間に全員で遊べる内容を計画したりみんなに集合場所などを知らせるなど、クラスのために頑張ってくれていました。

通知表の所見文例集!小学校2年生向けの書き方:2学期

学校と校庭

2学期は多くの行事がある、学習内容もさらに少し高度になるなど変化のある時期なので、常にメモを取っていれば所見は書きやすいと思います。

文例

学習面

国語では詩を学び、リズムを考えた音読を考えるなど詩の内容に添いつつ楽しい発表をしてくてました。

算数で始まった九九に意欲的に取り組み誰よりも早く覚え、分からない友達に教えてあげていました。

体育では跳び箱運動に取り組み、最初は小さな跳び箱で練習していましたがコツを掴むとすぐに飛び方を覚え、高い跳び箱も跳べるようになりました。

音楽の授業では生活発表会の練習のため歌に取り組み、大きな声を積極的に出して雰囲気を盛り上げてくれていました。

生活面

給食当番ではなくとも給食の準備を積極的に手伝ったり配膳台の上を整理したりと、みんなのために進んで行動しています。

給食を残さず食べようと努力する姿が見られ、全部食べると嬉しそうに報告してくれていました。

係活動

掃除当番で雑巾がけを行う際も自分から汚れているところ、まだしっかり拭けていないところはないかを探すなど、一生懸命取り組む姿が見られました。

通知表の所見文例集!小学校2年生向けの書き方:3学期

男の子と女の子

3学期の通知表は2年生のまとめであり、所見も一年での成長や中学年となる3年生に向けての期待、増えてきた良いところなどを積極的に書いていきましょう。

文例

学習面

国語の授業では登場人物の気持ちを考え読み方を考えた音読を発表し、自分のイメージを上手に表現できていました。

最初は九九がとても苦手で苦労していましたが、3学期でもこつこつ練習して九九を覚え、自信をつけられました。

体育の授業で雪の日にかまくらを作った際、友達とどうやったらもっと大きくしっかりしたかまくらになるかを相談し、協力して作り上げることが出来ました。

音楽では今まであまり大きな声で歌えていませんでしたが、友達と大きな声で楽しく歌う楽しさを知り、大きな声で歌えるようになりました。

生活面

給食当番では給食メニューを読み上げる役割を担当し、大きな声でしっかり伝えることはもちろん、事前に練習する姿も見られるなど、責任を持った姿勢で取り組めました。

友達が困っている姿を見るとすぐに声をかけて手伝う、先生を読んでくれるなど周囲への気配りと優しさがあり、みんなに頼られています。

係活動

係活動の種類も増えましたが自分の役割をしっかりこなすのはもちろん、お休みの友達がいると率先して変わってくれるなど、いろいろなことによく気が付き助けてくれました。

通知表の所見を書く時短テク!保護者から所見について質問があったら?

ノートとペン

所見はひとつひとつを見ると文字数も少ないものの学級全員分となるとかなりの分量になるので、最初にお話した通り日頃からメモを取っておくことが一番の時短テクになります。

また最初から正確・丁寧に書こうとするのではなくまずは思いついたままに書いていき、それから書いた内容を整えていくと結果的にスムーズに進められます。

万が一保護者から所見についてクレームがあった場合はクレームの内容によるものの、誤解があれば誤解を解く、そうでない場合は誠意を込めて書いていることを説明するしかありません。

クレームが出来るだけ来ないようにするためには以下のポイントを守ることも大切になるので、所見を書き終えたら一度確認しておくと良いでしょう。

  • 読み取り方で悪くならないか
  • 良いところ、成長を書いているか
  • 文章が短すぎないか
  • 同じ言葉を多用していないか

まとめ

通知表の所見の文例、小学校2年生向けの書き方や所見のポイント、時短テクなどまとめ!

 

1:所見は文字数など学校のルールがある場合も多くまずはルールを確認し、学級での様子や授業の様子などは日頃からメモしておくと書きやすい

2:小学校2年生の1学期は基本的な学校生活や習慣になれ発展につながる時期で、2年生になってからの変化や成長を所見として書きやすい

3:2学期の所見となると1学期からの変化や成長を意識した内容が嬉しく、学習面でも頑張ったことなどを積極的に書いていこう

4:3学期の通知表の所見は2年生の総まとめとなり、1年間での成長や変化、3年生に向けての期待などを所見としてまとめていこう

5:所見はまとめて書こうとしても難しいので日頃からメモを取り残しておく癖をつけると時短になる、クレームが来た際は誠意を持って説明しよう

小学校2年生はこれから大きく成長するスタートの時期であり、学校生活や生活習慣はもちろん、学習面でも少しずつ高度な内容が取り入れられるので所見は書きやすくなります。

それぞれの生徒についてこまめにメモをする癖をつけておくと所見を書く際も内容に困らず時短になるので、最初から準備をすすめていきましょう!

【こちらも読まれています】

通知表の「家庭から」の例文!小学校低・中・高学年毎の参考例は?
通知表の家庭からの例文、悩んでしまいますよね。けれど、コツさえつかめば簡単に書くことができます。「どんなことを書けばいいのか」や「何を書いてはいけないのか」を難しく考える必要はありません。シンプルに感謝と感想を伝えれば、自然と良い文章になります。

コメント