浪人する友達にメッセージを送りたい!相手を傷つけない例文!

マークシート

受験シーズン本番。

長くつらかった受験勉強ももうすぐ終わり!そう思っている受験生も多いことでしょう。

でも受験の結果は 合格か、不合格か この2つしかありません。

合格する人もいれば、落ちてしまう人もいて、中には浪人するという選択をする人もいます。

もし身近な友達が浪人することになったら、どうでしょう。

あなたはどんな言葉をかけますか?

この記事では、浪人する友達へ送るメッセージの例文や、浪人生の友達との付き合い方についてご紹介していきます。

浪人決定をしてしまった友人、どんな心境?

勉強中

浪人することになった友達はいったいどんな心境なのでしょうか。

どんな言葉をかけたらいいのか、解決には相手の心境を知ることが重要ですね。

リサーチしてみた結果、次のような声が多かったです。

  • 第一志望に受からなかった…
  • 一生懸命勉強したのに、全部落ちた…
  • もう終わりだ、もう生きてられない。
  • 友達はみんな第一志望に受かったのに、なんで自分だけ…
  • やっぱりな。詰めが甘かった。

同じように受験勉強をしてきた人なら、気持ちはよーく分かるのではないでしょうか。

入試本番までにいくつもの模試を受け、そのたびに合格判定も出ますから「やっぱり」となる人もいるようですね。

もしかすると、既に浪人の覚悟ができている人かもしれません。

ただ「もう終わりだ!」「みんな受かってるのに」というようなショックを受けている、という声がやはり多かったです。

では、浪人する友達には実際にどんな言葉をかければいいのでしょう。

自分は大学進学が決まっている場合と、自分も浪人をする場合では、かける言葉も変わってきそうですよね。

次は、場合を分けたメッセージの例をご紹介していきます。

浪人する友達にメッセージを送りたい!:自分は合格をしている場合は?

手紙を持つ女性

まずは、自分は合格して大学進学が決まっている場合に、浪人する友達へ送るメッセージをご紹介します。

  • 残念だったね。話はいつでも聞くからね。
  • 今度おいしいものでも食べに行こうよ。
  • 頑張ってたの知ってるよ。

ポイントとしては、

 

  • 「ねぎらい」や、相手を「認める」言葉を
    (残念だったね。 頑張ってたの知ってるよ。)
  • できるだけ「いつもの雰囲気」
    (今度おいしいものでも食べに行こうよ。)
  • 「話してあげる」より「聞いてあげる」
    (話はいつでも聞くよ。)

この3つが重要です。

先述した浪人生の心境にもありましたよね。『みんな受かってるのに…』

先に大学進学を決めている人から「○○なら大丈夫!頑張って!」なんて言われたらどう感じるでしょう?

『自分は受かったからって無責任だな…』

『頑張ってって…もう十分頑張ってるのに…』

となりかねません。

結果は不合格だったかもしれませんが、頑張ってきたのは友達もあなたも同じです。

その努力を軽んじる言葉や分かった風な言葉は逆効果です。

また、相手がナーバスになっているのは確かですが、必要以上に気をつかうのも考えもので、それが相手に伝わってしまうと、さらに傷つけてしまう可能性があります。

「共感」と「聞いてあげる」姿勢が大事です。

そして、声をかけるタイミングですが、合格発表直後は本人も混乱している可能性が大ですので、かける言葉によっては逆効果となる恐れがあります。

効果的なタイミングは、相手が一息つくときです。

例えば、模試が終わった直後とか、1日の中であれば予備校が終わったあとの時間帯(夜7時~10時頃)などがいいでしょう。

浪人する友達にメッセージを送りたい!:自分も浪人をする場合は?

励ます男性

では、自分も浪人する場合はどうでしょうか。

  • お互い悔いのないようベストを尽くそう!
  • つらくなったら話を聞くよ。私の話も聞いてね。
  • 終わったら楽しいことをたくさんしようね!

自分も浪人するということは、友達との共感ポイントも多くなります。

この場合の「一緒に頑張ろう」は「1人じゃないんだ」と思える心強い言葉ではないでしょうか。

次の受験まで、現役時代とは違う悩みやプレッシャーにも、同じ浪人生同士なら共感しやすく・されやすいですので、お互いの話を聞きあうというのもいいですね。

そして、同じような環境で頑張っていくからこそ、そこを抜けた先の楽しみを約束するというのも励みになるでしょう。

浪人生となってしまった友人との付き合い方はどうする?

学生たち

友達が浪人生の場合、遊びに誘っていいものか…ちょっと躊躇するところですよね。

結論から言うと、遊びに誘ってもOKです!

浪人生とはいえ、やっぱり人間、息抜きの1つもしたいですよね。

色んなプレッシャーを感じながら、日々の受験勉強に励んでいるでしょうから、誘いを受けるだけでもうれしいものです。

ただ、誘う頻度やタイミングなどはよく考えましょう。

やはり月に何度も誘ったり、ダラダラと長時間遊ぶというのは考えものですし、相手が模試などに追われているときは控えたほうがいいです。

例えば、模試が終わったタイミングでご飯に誘うなどが相手に受け入れてもらいやすいですね。

そして、誘うときは気を使いすぎず、いつもの雰囲気で誘いましょう!

また、今はLINEやTwitterなどでやり取りするということも多いですよね。

便利なツールですが、直接会って話す場合と違って、相手の表情が見えないので、自分の意図したとおりに伝わらないという可能性がありますので、注意が必要です。

最後に

それでは、この記事のポイントをまとめます。

 

  • 「ねぎらい」や「相手を認める言葉」を「いつもの雰囲気で」伝えよう
  • 「共感」と「聞いてあげる」姿勢が重要
  • 遊びの誘いは「頻度」「決まった時間」「タイミング」を考えて

浪人する友達へ送るメッセージ・付き合い方をご紹介しました。

この記事では例文もあげましたが、あくまでも例です。

欲しい言葉は、ひとそれぞれ違いますし、中には「次の受験が終わるまで放っておいてほしい」と考える人もいるでしょう。

その人のことを思って悩む、それだけで十分あなたは相手にとって優しい友達です。

そんなあなたなら相手にぴったりの言葉を選ぶことができるはずです。

そのときにこの記事が一つの参考となれば幸いです。

コメント