PR

精神科を受診したいけれど、親に言えない。何って伝える?受診の方法。病院以外の方法は?

落ち込む男性

最近では若者のうつ病が問題となっています。

今はインターネットで様々な情報が手に入ります。

「もしかして自分は精神病なのかも、病院に行ったほうがいいのかも。」と思うけれど、いざ病院に行こうと思ったとき、親には言いにくいですし、言えないという人は多いのではないでしょうか。

特に中学生や高校の場合、病院を受診するとなる保険証が必要ですが、何と言って持ちだそうかと困っている人もいると思います。

そもそも中学生や高校生1人での受診かできるのかなどについてお伝えしたいと思います。

若い世代に増えるうつ病

うつ女性

思春期は多感で精神的にも不安定な年ごろでうつになりやすい時期とも言えます。

最近ではさらに低年齢化してきて10歳以下の子供にもみられるようになりました。

症状は、頭痛や腹痛、吐き気、食欲不振、睡眠障害など体に現れるサインの他にもイライラ感やおこりっぽくなるなどの攻撃的な行動が目立つようになります。

場合によっては不登校や引きこもり、リストカット、過食症・拒食症などの問題行動となって現れることもあります。

  • 「よく食べられない」
  • 「食べたくない」
  • 「疲れやすい」
  • 「何をしても楽しくない」
  • 「自信がなくなった」

と感じる場合、うつを疑ってみる必要があります。

自分ももしかして・・・と感じた場合はこの評価表にチェックを入れてみてください。

パールソン自己記入式 抑うつ評価尺度 DSRS―C

 

 

若い人のうつ病は治療に反応しやすく比較的早く症状が改善します。

大人と比べると「治りやすい」と言えます。

しかし、再発率も高いのです。

軽快と再発を繰り返していくうちに慢性的なうつ病になり、大人になってからも長年うつ病に悩まされるケースもあります。

再発のサインを見逃さないようにすることが大切です。

うつ病の原因

NO

お父さんやお母さん、兄弟、友達など親しい人の病気や死、自分自身の病気。

家族同然のペットを亡くしてうつになる場合もあります。

また、本当は喜ばしい出来事でもストレスになる場合もあります。

進学や引っ越しなど「環境の変化」がストレスになることがあります。

新しい生活、新しい友達などわくわくする反面、これまでと違うことに心も緊張するのです。

また、大きな変化がなくても「何がきっかけなのか分からない」というケースもあります。

このような場合、日常の小さなストレスの積み重ねでうつ病が引き起こされます。

少し余談ですが、私が看護学生のときに受けた心理学の授業で、配偶者の死のストレスを100としたとき、様々なイベントが点数化されており、1年間でこのストレス合計が250点(だったかな?)になると人はうつ病になると習いました。

アメリカを基準にした点数表なので、「クリスマス」にもストレス点数が付いていました。

楽しいイベントですが、アメリカの人にとってクリスマスは家族と過ごす一大イベント。

準備などストレスに感じることもあるのだなーとびっくりしたのを覚えています。

ちなみに、妊娠、出産、結婚もストレスに当たります。

この3つがそろうと、250点なんて余裕で越えます。

なので、当時の教授は「デキ婚」は辞めておきなさいと言ってました。

当時の私はこの授業を聞いて「デキ婚なんていかん!」と思ったわけですが、蓋を開けてみれば、できちゃった結婚でした。

でも、このことを頭の片隅において、注意しなきゃなと思っていましたよ。

こんな症状が出現したら、精神科を受診すべき

病院

心にあらわれる症状

1.抑うつ気分の出現、楽しみの消失

「気分がすっきりしない」「楽しいと思えない」

2.意欲や興味・関心の低下

「何もやりたくない」「どうでもいいや」

3.不安・焦燥感

「いろいろな事が心配」「イライラする」

4.自責感

「お母さんが不機嫌なのは、自分のせいだ」「自分はダメな人間なんだ」

5.思考力、判断力、注意力の低下

「なんだか集中できない」「どうすればいいか分からない」

6.希死念慮

「いなくなりたい」「死にたい」

親への伝え方はどうする?

電話する女性

両親のどちらか言いやすい方に、「病院を受診したい。病院で話を聞いてもらいたい。」と言えれば一番いいですが、「そんなの気にしずぎよ。」と親に言っても取り合ってもらえない場合や親に心配かけたくない場合など言い出せないケースは沢山あると思います。

中学生1人の受診でも診てもらえる病院もあるようですが、多くはありません。

また、親に内緒で保険証を「風邪の受診」と言って持ち出しても、「精神科」の記録が残ってしまいます。

後日親にはばれてしまいます。

まずはスクールカウンセラーや電話相談をオススメします。

どうしても受診したい場合

自分の通える距離で、精神科の病院を探してみます。

通える距離の病院を探したら、電話で「ひとりでもokか」を確認して、予約します。

初診のときは、念のため、財布に5,000円くらいは準備していきます。

*子どもの医療費
住んでいる場所によっては中学生~小学生以下だと医療費が無料になったり、医療費助成制度があるところがあります。精神科ももちろん対象になります。

もしあなたが中学生の場合

中学生ひとりで受診して、初回からお薬がでることはないと思います。

ゆっくり話を聞いてくれる場所でもないかもしれません。

こわかったら、次は行かなくていいです。

感じのいいスタッフだったら「親に言いたくないけど・・・どうしたらいいでしょうか?」と相談してみましょう。

初診は親とだけど、2回目のあとは、ひとりでもokという場合もあるようです。

実際には…なかなかひとりで受診できる病院は見つからないかもしれません。

そんなときには、保健所の精神保健相談を利用する方法があります。

保健所は、県に何ヶ所かあって、病院ではないですが、こころの専門家がいます。

お金もかかりません。

精神科の先生が、ときどき相談を行なっていることもあります。

他にも全国共通の「こころの健康相談統一ダイヤル」があります。

 

電話:0570-064-556 (おこなう まもろうよ こころ)

リンク:こころもメンテしよう 若者のためのメンタルヘルスブック(PDF)

 

まずは電話で病院に行った方がいいのか、聞いてみるといいと思います。

話を聞いてもらうだけでも心が楽になる場合もあります。

普段行く小児科があるのなら、まず親には「風邪っぽい。おなかが痛い」と伝えて、いつも小児科を受診して、体調の不良から「ちょっと相談したい」と先生に申しでる方法もあります。

小児科の先生が、精神科の受診が必要なら精神科を紹介してくれるばずです。

住んでいる場所によっては、児童・思春期精神科という科がある病院もります。

おすすめの病院は?精神科?診療内科?メンタルクリニック?いろいろあるけどどこを受診するべき?

病院の待合室

通いやすく、気の合う先生を選びましょう。

「大学病院や総合病院のような大きな病院にいきましょう」と親から言われることもあるかもしれません。

しかし、大きな病院だから大丈夫というわけではありません。

大きな総合病院では待ち時間が長いことや、地方であれば病院で友達のママに会ってしまったなんてことにもなりかねません。

また、大学病院などでは早いと1年などで先生が変わってしまう場合があります。

近所にメンタルクリニックがあるのならば、病院の大小にこだわらず、選びましょう。

受診する科は?

精神科、精神神経科

「精神科」、「精神神経科」は同じものです。

どちらかが書いてある場合や、合わせて書いてある場合は、こころの病気を診ている病院だといえます。

心療内科

「心療内科」は心理的な要因で身体の症状(胃潰瘍、気管支ぜんそくなど)が現れる、いわゆる「心身症」を主な対象としています。

しかし、「心療内科」と看板に書いてあっても、実際にはこころの病気を診ている病院がたくさんあります。

神経内科

「神経内科」は、パーキンソン病や脳梗塞、手足の麻痺や震えなど、脳や脊髄、神経、筋肉の病気を診る内科です。

精神的な病気をおもに診ているわけではありません。

しかし「神経内科」と看板に書いてあっても、実際にはこころの病気を含めて診ているところがあります。

診療科目の区別は、あいまいな場合が多い

実際の診療内容は「精神科」の内容であっても、「心療内科」「メンタルクリニック」と表記している場合もあります。

入り口としてはどちらを選んでも良い場合も多いので、診療科目から判断しづらい場合は直接医療機関に問い合わせたり、インターネットで情報を集めたりして、どんな病気を診ているか調べてみると良いでしょう。

初診時の流れ

精神科では初診時、以下のような流れで診察が進むのが一般的です。

  1. 問診票を記入する
  2. 30分〜1時間程度、医師やケースワーカーと話をして現在の状況を伝える
  3. 医師から診断や今後の方針について伝えられる

初診時に用意しておくと良いもの

はじめての精神科受診では、限られた時間のなかで症状をうまく伝えられるか、不安になる人もいるかもしれません。

そのような場合は、あらかじめ自分の症状や困りごとなどについてまとめておくと安心です。

具体的には、以下の項目を参考にしてみてください。

  • 今、何に困っているのか
  • いつから困っているのか
  • どのようなときに、どのような症状がでるか
  • (あれば)思い当たるストレス要因

サポートを受けられる病院以外の場所

保健所「こころの相談」

精神科医療機関にはじめて受診するときや、受診中に困ったときには、保健所の保健師に相談することができます。

精神保健福祉センター

精神保健福祉に関する相談や、自立支援医療や精神障害者保健福祉手帳といった制度の申請、社会復帰への情報提供などをしています。

住んでいる場所にによって、「こころの健康センター」など別の名前がつくこともあります。

終わりに

四つ葉のクローバー

これまでの情報をまとめます。

 

  • うつ病は10代にも増えている。
  • うつ病では「よく食べられない」「食べたくない」「疲れやすい」「何をしても楽しくない」
  • 悲しい出来事だけではなく、楽しいこともストレスになることもある。
  • 親に言いにくい場合はスクールカウンセラーや電話相談をまずしてみよう。
  • 普段行く小児科の先生に相談してみる方法もある。
  • 病院の窓口はいろいろな書き方があるけど、精神科、心療内科、メンタルクリニックどれでも大丈夫。
  • 病院の大きさではなく、通いやすさや先生との相性の方が大切です。
  • 初めての病院は緊張するので、今、何に困っているのか、いつから困っているのか、ということをメモしてから行くのかオススメ。

 

今回は心の病気の中で多い、うつ病をメインにお伝えしましたが、心の病気はうつ病以外にも様々な病気があります。

異変に気付いた場合は、早く誰かに相談する。

親に相談しにくい場合はスクールカウンセラーや市町村の相談窓口に相談してみる。

その1歩を出すのは勇気がいると思います。

しかし、相談してみて何も問題なければ、それはそれで安心だし、もし、何か不調が見つかったのであれば、早めに対処できるということが大事だと思います。

精神科を親に内緒で受診するというのはハードルが高いと思うのではまずは無料の窓口を利用してみましょう。

参考動画

【 質問 】どんな時に 精神科 に 行ったらいいの?

参考図書

名医の言葉で病気を治す うつ病

 

専門医がやさしく教える うつ病

 

あなたの家族が病気になったときに読む本 うつ病

タイトルとURLをコピーしました