PR

流産の報告がメールやLINEできた場合にどのように返信をする?返信文例つき

流産はわたしたちが思っている以上に、とても辛いものです。

流産の報告をメールで受けたけど、返信はどんなふうに返したらいいのか、なんと声をかければ良いのでしょうか?

かける言葉も人によっては傷つく言葉だったりします。また流産の報告をしてくれた女性の気持ちは、どんな気持ちなのでしょうか?

この記事では流産の報告がメールやLINEで来た際の返信、返信の例文、報告をしてくれた女性の心理や流産後会うことになった時、気をつけることついて書いた記事になります。

流産の報告をした女性の気持ちは?

流産を報告した女性の気持ちはできたら報告したくないという気持ちです。

妊娠報告したので流産の報告をする、報告をしなければ、偶然あったときに赤ちゃんの事を聞かれたりすると辛いからです。

そっとしていてほしいのが本音です。言って気を使われたりすると余計つらくなるのです。

流産をしたばかりの女性は、気持ちが不安定になっています。

女性が言われたくない言葉は、

  • 「よくあること」

落ち込んだらいけないのかと思ってしまう。

  • 「また妊娠できる」
  • 「上の子がいるから良かった」
  • 「もっとつらい経験をした人はいる」
  • 「早く忘れなさい」
  • 「気持ちをきりかえて頑張ろう」
  • 「またすぐできるよ」

流産や死産は産まれて成長して亡くなった人との死別と何ら変わりありません。想像している以上に経験した女性は辛いのです。どんなに慰められても和らぐことのない悲しみです。

かけてほしい言葉は、あまり流産の事に触れてほしくはないので体調を気遣うような言葉や連絡があるまで待っているという言葉です。

  • 「体大丈夫」
  • 「連絡があるまでまっている」
  • 「何か話したくなったらいつでも連絡してね」

短めな言葉で声をかけたほうが良いです。

【夫から妻へ】流産の報告メール・LINEへの返信文例

「二人で乗り越えていこう。1人じゃないよ」

悲しみを共有し寄り添う。なるべく普通に接してあげて、奥さんが話したくなったら話を聞いてあげてください。

 

「また赤ちゃん帰って来てくれるよ」

女性は流産していなくなった赤ちゃんに帰ってきて欲しいと思っています。次の赤ちゃんではなく赤ちゃんが帰ってきてくれるという言葉のほうが良いです。

流産した時の発言は女性はこの時のことを、覚えているので、慎重に発言しましょう。

【親から娘へ】流産の報告メール・LINEへの返信文例

  • 「苦労した分次に妊娠したときに赤ちゃんに2倍の愛情注げる人に成長してるよ」
  • 「体大丈夫?誰も悪くない、あなたのせいじゃない」 

あなたの責任ではないということを伝える。普段どおりに接し娘さんが話しやすい雰囲気をつくってあげる。

【義両親から嫁へ】流産の報告メール・LINEへの返信文例

  • 「何も力になれないけど、自分の心と体を大事にしてね」
  • 「何も気にしなくていいから、ゆっくり体を休めてね」

お嫁さんの体を気遣ってあげる。一言いれたらそっとしておく。

【職場の人から】流産の報告メール・LINEへの返信文例

  • 「大変だったね。仕事の事は大丈夫だから体をゆっくり休めてね」
  • 「何て言っていいかわからなくてごめんなさい。ゆっくり休んで落ち着いたら来てね」

仕事の事がすごく気になっていると思うので、仕事は大丈夫と言うのを一言入れると安心します。

【友達から】流産の報告メール・LINEへの返信文例

  • 「連絡してくれてありがとう。もしなにかあったらいつでも聞くよ」
  • 「自分の事を責めないで、心と体を大事にね」
  • 「体大事にしてね、また会えるようになるまで待っている」
  • 「いつでもそばにいるよ」

今は人に会いたくない気持ちだったり、誰にもわかってないと思ったり会話したくなかったり気持ちが不安定にあります。

たとえ流産の経験があってもわかるなどは言わない方がよい。経験は人それぞれの状況があり同じとは限りません。

相手が連絡をしてくるまで待っているというのが良いと思います。気を使われたりすると余計辛さが増します。

流産報告後に会うことになった場合、どのように声をかけをする?

「体大丈夫?」「大変だったね」と声をかけ後はなるべく普通に接してください。

メールもそうですが、あまり長文ではなく短い言葉で声をかけましょう。そして相手が話し始めたらじっくり話を聞いてあげることです。

お子さんがいらっしゃる方はなるべくお子さんは連れていかれない方が良いと思います。お子さんを見ると流産した赤ちゃんを思い出し辛くなってしまいます。

妊娠されている場合も妊娠のことにふれない方が良いでしょう。会話も子供の話などはさけて会話をする方が良いです。

あまり気を使われるのも余計に辛くなってしまいます。なるべく普通に接するようにしましょう。

まとめ

 

  • 流産を報告した女性の気持ちはできたら報告したくない
  • そっとしていてほしいのが本音
  • 言われたくない言葉
    • よくあること、早く忘れなさい
  • メールでの返信はなるべく短い言葉で
  • 夫から妻へのメール返信文例
    • 「二人で乗り越えていこう」
  • 親から娘へのメール返信文例
    • 「体大丈夫?誰も悪くない、あなたのせいじゃない」
  • 義両親から嫁へメール返信文例
    • 「何も力になれないけだ、ゆっくり体を休めてね」
  • 職場の人からのメール返信文例
    • 「仕事の事は大丈夫だからゆっくり体を休めてね」
  • 友達からのメール返信文例
    • 「連絡してくれてありがとう、もしなにかあったらいつでも聞くよ」
  • 流産後会うことになった場合
    • なるべく普通に接し、相手が話始めたらじっくり聞いてあげる

流産は女性にとって、とても辛いものです。経験した人しかわからない悲しみがあります。

言葉は本当に難しいですよね。救われることもありますし、逆に傷つく事もあります。相手を思ってかけた言葉なのに傷つけたくはないですよね。

この記事のメール例文は傷つく事がない様なメール例文になりますので、参考にしていただけたら幸いです。

タイトルとURLをコピーしました