走れメロスの読書感想文のパクり・コピペOKなサイトとは?パクりはバレる?

スポンサーリンク

読書感想文の定番といえる「走れメロス」は、昭和の時代からある作品の1つですね。とても古臭いというイメージですが、どうして今でもこの本が入ってくるのでしょうか?疑問ですね。

本を読んだ感想を書くということで何ができるようになるのか?「そんなこと何も役に立たない」と思うのが普通です。感想を書くということは自分の思った事を書き出すということです。

その書き出すということで、自分の思った事を行動にするという狙いがあります。社会人になったときに自分の意見や思った事をまとめたり整理したりする能力を感想文を書くということで「自分の意見を目に見える形にする」ということができるようになります。

なぜ「走れメロス」が未だに読書感想文の題材として出てくるのか?この話の感想というものをどうしたら書けるのか?できたら「楽をしたい」という意見のある中、見ていきましょう。

悪用厳禁!走れメロスの読書感想文をパクり、コピペOKにしているサイトはココ!

参考程度でとどめておいて下さい。個人的には推奨しませんが、参考として見るのはいいと思います。ですがコピペ・パクリはやめましょう。

・走れメロス読書感想文の書き方|塾を検索!スマホに窓口!塾トビラ

走れメロス読書感想文の書き方|塾を検索!スマホに窓口!塾トビラ
Nothing is impossible

・自由に使える読書感想文は学校提出目的に限り著作権フリーです – BIGLOBE

自由に使える読書感想文は学校提出目的に限り著作権フリーです
児童・生徒向けに書いたオリジナルの読書感想文。このままパクるもよし。少しアレンジしてオリジナルの読書感想文に仕上げるもよし。学校提出に限り著作権フリー(つまりパクリ・コピペOK)、自由に使える読書感想文を大公開!

くれぐれも参考程度にしてくださいね。書くのが大変なのはわかりますが、後々にある「リスク」というものがあるので気をつけてください。そして教師は「コピペ・パクリ」を簡単に見破ることができます。

走れメロスの読書感想文のパクり・コピペはなぜバレる?

どうして簡単に分かってしまうのでしょうか?

生徒の能力を把握している

これは教師にとっては当たり前のことです。生徒の能力が突然良くなるということを想定はしていません。

コピペサイトやネットで検索をして確認できる

「なんか見たことのある文章だ」と分かれば、今の時代はみんなが使っているインターネットで検索できます。この確認の作業というものをする理由は万が一入選をした時に過去に賞を受賞した内容と同じでないか?ということを見るためです。

ここでチェックをしないまま入賞すると大変です。感想文は受賞してしまうと記事に掲載されます。そうなるとコピペ・パクリしたものは、実際に書いた人などには分かってしまい、そうなると社会に対して大問題へ発展してしまいます。

そうでなくても教師はコピペが分かると、何も言わないが評価は確実に下げるということをします。評価を下げられると困りますよね。

走れメロスは、昔から感想文としての本に選ばれる

これが一番やっかいなところでしょう。昭和の時代からこの本は読書感想文の候補に入れられています。そうなると沢山の人が感想文を書いているということです。「だったら、参考にして内容を書けばいいじゃん」と、思います。

これが落とし穴です。コピペ・パクリの一番のターゲットという「トラップ」としてわざと入れているということもあります。面倒だから適当に文章をマネすればいいやということをすると、評価は確実に下げられてしまします。

そうならないためにはどうしたらいいのでしょうか?

走れメロスの読書感想文のパクり・コピペを極力バレずにするには?

コピペ・パクリサイトの文章を丸ごとということはダメでも、言葉をマネしたいと思うことがあります。その言葉を取り入れながら自分の考えた文章に変えることでコピペ・パクリの文章でなくなります。

文章の表現や言い回しを変えるということが重要になります。この方法をリライトと言われています。実際に例文をあげて書いてみます。

例文

まにあうまにあわぬは問題ではない。なんだか恐ろしく大きなもののだ力に走っているのだと言いながら走り続けるこの姿こそ作者の猫く理想の人間であり私たちの考える理想像なのである。

この文章を書き換えると

時間に間に合わせるという問題でなく、友情という大きな力で走り続ける姿こそ、彼の描く理想の人であり自分たちの考える理想像の1つである。

雰囲気が似ていますが、言葉の言いまわし方を変えたり表現を変えたりするということでコピペ率を下げることができます。上手く書こうということはしなくても大丈夫です。むしろ「下手だなぁ」と思われても大丈夫です。

読書感想文なんてパクり・コピペをしなくてもスラスラ書ける!そのテクニックとは?

●本を読んだ感想を素直に書く
●その本で自分が感心したこと、感動したことを書く
●本から得た事を、どのように生かしたいか表現してみる

中学生、高校生になってくると、文章を考えて書くという事ができてくるので、自分の妄想を取り入れてみるということも良い方法かと思います。難しく考えず、読んでみて感じたことを素直に書いてみましょう。

どうしても書けないと思うことがあります。そんな時は本を読んだときの感想を友達や親に話してみて意見を聞くということもありです。その時の会話を録音しておいたり、後で思い出しながらメモに書いてみると、書けるヒントが出てきます。

感想文のサイトで調べてみて、参考になる文章を書き出し言葉の表現を変えて自分の文章に変えるということもやってみると、いつの間にか克服しちゃってます。難しく考えてしまわないことが大切です。

まとめ

●難しく考えないで「感想」を書く
●自分の感じた事をメモに書いてみたり、友人や親に感想を言ってみる
●本を読んで自分が感心したことや感動した事を書く
●本を読んで自分がどのように人生の経験に生かしたいか表現してみる
●感想文のサイトの文章を、自分で表現や言いまわし方を変える「リライト」という方法を使ってみる

走れメロスは、友情による信頼心をテーマにした話ですね。話の内容はまさに中学生、高校生に理解をしてほしい内容が書かれています。

感想文を書くというのは、大人でも難しいことです。このことをする事によって自分の意見をまとめて主張できる能力がついてきます。その方法の1つがこの「読書感想文」を書くということにつながっています。

本を読んで感じた事を、自分の感じたことを素直に表現して書いてみてくださいね。

【こちらも読まれています】

読書感想文の書き出し例!中学生(中学校)がスラスラ感想文を書くコツ!
夏休みの宿題は問題集やプリントなど中学校によって様々なものが出ますが、そんなひとつとして読書感想文があります。 読書感想文はサラサラ書けてすぐに終わるという方もいれば、書き出しがなかなか思いつかず、そもそもペンが進まない……なんてことも多いですよね。 ここではこのように夏休みの宿題で出た読書感想文、書き出しがなかなか出てこなくて読書感想文が進まない……という中学生に向けて、書き出しの方法や読書感想文の書き方を紹介します。 夏休みの宿題は早く終わらせて自由時間を多く確保したいという方、夏休みが残り少なくなってきて進まない読書感想文に焦ってきた方、ぜひご確認ください!

コメント