暗号の作り方!子供向けに簡単な数字・ひらがな・アルファベットの暗号!

スポンサーリンク

雨の日やちょっとした特別なイベントの日に、レクリエーションとして、簡単な暗号を使った遊びを考えてみてはいかがですか?

宝探しのようにして、暗号を散りばめるだけで、いつもの教室だってとっても楽しい場所に早変わりしますよ!

暗号を作ろう!暗号を使った遊び方アイデア3選!

暗号を使った遊びは意外とあります。定番となるのは、宝探しゲームです。ポイント、ポイントに暗号を置いておいて、次の場所へのヒントとして暗号を使うとそれだけでとっても盛り上がりますよね。

宝探し以外にも、クイズとして、暗号を出題するのもいいでしょう。みんなで考えているだけで楽しく過ごせますよね。グループに分けて、早く解いたチームが勝ちにしたり、ポイント制にしてもいいでしょう。

暗号を使って、脱出ゲームをするのもいいでしょう。今、とっても流行っているゲームなので、子供たちも喜びますよ。脱出するための道具が隠されている場所を暗号で示すことですぐにでも、脱出ゲームを仕掛けられます。

小学生でも簡単にわかる超簡単暗号クイズ全8問大人なら全問正解は当たり前‼︎【頭の体操】

https://youtu.be/EspnRbOg0eM

暗号の作り方子供向け簡単ガイド!数字編!

換え字

換え字暗号にすると、数字の暗号も簡単に作れます。

下のヒントを基に「217482」という暗号を解け
ビン→17
かかと→223
のり→46
おなか→582

かびんのなか」が答えとなります。
ヒントの数字とひらながを一文字ずつ当てはめれば簡単に解けるでしょう。

【スッキリ暗号クイズ】数字の謎が分かるとものすごくスッキリ!!※ヒントはすごく身近なところにあります

【スッキリ暗号クイズ】数字の謎が分かるとものすごくスッキリ!!※ヒントはすごく身近なところにあります

暗号の作り方子供向け簡単ガイド!ひらがな編!

た抜き

子供たちがやりやすいのが、たぬき暗号です。言葉の通り、「た」を抜いて、読む暗号文です。例えば、「どたうたぐいたれのたなたかた」であれば、「どうぐいれのなか」となります。

とってもシンプルですが、初めて暗号を解くのであれば、これぐらいがいいでしょう。ヒントには、「たぬきだよ!」と書くといいでしょう。

頭文字

他にも、文章の頭文字を読んでいくというもの、定番ですよね。

てがみは見つかった?
れいぞうこじゃないよ。
びじゅつしつはどこ?
のりとはさみもいるかな?
うさぎ小屋かな?
らんどせるの中?

頭文字だけを読むと、「テレビの裏となります。
いろんな場所が暗号に書かれているので、単純ですが、最初は気づかないと思います。

暗号の作り方子供向け簡単ガイド!アルファベット編!

キーボード配列

アルファベットを使うなら、一番簡単なのは、キーボードの配置を使った暗号です。パソコン室に子供たちを誘導してから出す暗号にぴったりですよ。

例えば、QEEHTYJ0L」という暗号から「たいいくかんのまわりが導き出されます。数字や記号が混ざるようにすると、分かりやすくなると思います。

逆さ読み

また、逆さ読みもおすすめです。答えの文章をローマ字で書いて、アルファベットの順番をさかさまにして書き並べます

例えば、「がいこつがまつ」が答えなら、「gaikotugamatu」を「UTAMAGUTOKIAG」になります。

【最後に/まとめ】

1. 暗号を使った遊び方アイデア3選!
2. 数字編!
3. ひらがな編!
4. アルファベット編!

暗号は解く方も作って配置する方も楽しいものです。
ぜひ、暗号を用意する先生たちも楽しんで作ってくださいね。

宝探しをするのであれば、次のヒントを探させるだけでもいいですが、ちょっとした宝をいっしょに置いておくと子供たちのモチベーションを持続させることができます。子供たちが協力して問題を解くように暗号も工夫するといいでしょう。

【こちらも読まれています】

言葉遊び幼児向けゲームアイデア3選!指導案や効果も紹介!
幼児との遊びには、体を動かすゲームやリズムを使ったゲームなどが多いですが、言葉を使ったゲームも教育の一環として大切ですよね。たくさんの言葉を使うことで、脳を活性化させるだけじゃなく、発音の向上や語彙力のアップにも繋がります。保育園や幼稚園などでは、積極的に言葉遊びを取り入れてみませんか?

コメント