ビリギャルの読書感想文のパクり・コピペOKなサイトとは?パクりはバレる?

スポンサーリンク

「ビリギャル」と訳されて通じてしまうこの話は、実際にその女子高生の体験がモデルとなった話で有名です。映画にもなり、ヒロインは有村架純さんが演じたことで一躍有名になったものです。

実体験の話を物語にしているということから、読書感想文の課題候補に上がります。映画になるほどなので「感想」というものがあふれ返っています。コピペや文章の一部をパクってという事が多発しやすい作品です。

そうなるとかえって「書きずらい」という印象になってしまい、やめてしまうでしょう。しかし「参考資料が沢山ある」というイメージで見ていけば、自分らしいコピペ・パクリでない「オリジナル感想文」というものが簡単に書ける作品だと思っています。

コピペ・パクリでないと書けないようで、そうでもないこの作品の読書感想文をどうやって書けるのかを、見ていきましょう。

悪用厳禁!ビリギャルの読書感想文をパクり、コピペOKにしているサイトはココ!

あくまでも「非推奨」です。参考程度の観覧であれば構いませんがコピペ・パクリはよくありません。

聖徳太子は超デブ|『ビリギャル』読書感想文
http://bookloid.com/biri-gal/

本のあらすじが書いてあり、参考程度で観覧するのでしたらわかりやすいです。

読書感想文「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話(坪田信貴)」
https://www.kanso-library.com/kanso/20150428244

こちらは2015年の時点で30代の人が書いている感想です。文字が長く、活字が苦手な方には向いていないような気がします。

ビリギャルから学ぶこと│可能性を信じる大切さ

 

こちらは、読書感想文を書くにあたって「参考」としてはよいところだとは思います。あらすじや物語の内容がわかりやすく、コピペというよりは自分で書こうという気持ちになれるようなサイトです。

あまりコピペ・パクリというものは推奨はしません。ですが「参考資料」として見る程度であればよいかとは思います。

ビリギャルの読書感想文のパクり・コピペはなぜバレる?

どうしてコピペ・パクリはバレてしますのでしょうか?

ネットで調べると「感想」がありすぎてバレやすい

ビリギャルの物語は、映画にもなっていて感想というものがあふれ返っています。検索をしたらすぐに「感想」というものが見つけやすく、コピペといことをしたらすぐにバレてしまいます。

簡単にコピペ・パクリを見つけやすいから、チェックも厳しい

読書感想文というものは、教師にとってチェックということをするのが大変な作業となります。あまりにも「怪しい」という文章でないかぎりはチェックというものはされにくいと思いますが、この作品は感想が沢山あるためチェックを簡単にされやすいです。

本来、コピペツールというものがありますが、ネットで簡単に感想というものが検索できてしまうものであると、ツールがなくてもバレてしまいます。そうなってしまうと読書感想文として書きたくなくなってしまします。

では、コピペ・パクリというものを減らすことができるのか?というところを見ていきましょう。

ビリギャルの読書感想文のパクり・コピペを極力バレずにするには?

ビリギャルの感想は沢山あるので、コピペではなく自分の表現に書き換えるという方法がよいかと思います。リライト方法と言われている手法です。

例文

聖徳太子に対するビリギャルのコメント。勉強を始めたてのころ。勉強はできないけれど想像力や感情が豊かなことがわかる。

これを表現などを変えてみると

勉強を始めたての頃、聖徳大使に対するビリギャルのコメントは、勉強はできないが想像力や感情が豊かということがわかる答えである。

文章の意味は同じでも、書き方の表現や言葉を変えることでコピペ・パクリ率を下げることができます。

こちらでリライト方法の説明がわかりやすく書いてあるので一度、見ておくのもおススメです。
読書感想文のコピペやパクリをバレなくする方法
https://jukutobira.jp/%E4%B8%AD%E5%AD%A6%E5%8F%97%E9%A8%93/blog/50

読書感想文なんてパクり・コピペをしなくてもスラスラ書ける!そのテクニックとは?

この物語は、本を読んで書くということにこだわってしまうと書けなくなることがあるので映画を見てから「書きたい内容」というものをメモに書き出してみてから、本で調べて書くということをした方がよいかと思います。

本の中には「心打たれる言葉」というものがあります。その言葉に対してどのように心に響いたのかを言葉に表現をしていくと書けていくことがあります。上手く表現するのは難しいので、自分の言葉で表現できればよいです。

感想文で一番大切なのは「自分の素直な意見」を言葉に表現をしていくことです。文章を上手く書こうとしようとすると難しくなってしまい、書きてたくても書けなくなってしまいます。

自分の気持ちを伝えるように書いていけば大丈夫です。下手でもコピペ・パクリで評価が下がってしまうということよりかは、1つの自分の成長につながることだと思います。

まとめ

●感想というものがネットで検索をすると多いが、参考資料という見方で観覧すれば自分のオリジナル感想文として書ける。
●文章や言葉がかぶりやすいが「リライト方法」で自分の文章表現を変えていけば、コピペ率は下がる。
●参考資料として映画を見てから本を読んで、感動した言葉を書いていく
●上手く表現をしないで自分の思った事を素直に書くと、スラスラ書いていける

ビリギャルの物語は、説明する人は簡単に単純にわかりやすく説明していますが、物語の中での主人公自身の考え方の変わっていく姿や関わっていく人達を見ていくと、人の育て方や主人公の成長などが描かれているよい作品です。

中学生や高校生の子供がいる親の方でも読んでいただけるような大人でも読んでいてもいいような本だと思います。読書感想文として一緒に読んで、意見交換をしてみて書くヒントを見つけられたら嬉しいのではないでしょうか?

本のように成長できて、ガンガンと書いていけることを願ってます。

【こちらも読まれています】

走れメロスの読書感想文のパクり・コピペOKなサイトとは?パクりはバレる?
読書感想文の定番といえる「走れメロス」は、昭和の時代からある作品の1つですね。感想を書くということは自分の思った事を書き出すということです。なぜ「走れメロス」が未だに読書感想文の題材として出てくるのか?この話の感想というものをどうしたら書けるのか?できたら「楽をしたい」という意見のある中、見ていきましょう。

コメント