旦那のお小遣い平均は?手取り20万円の場合のお小遣いはいくら?

スポンサーリンク

お札を持つ女性

結婚前は自由に使えていたお金も結婚後はお小遣い制に、という旦那さんも多いのではないでしょうか。

旦那さんからの「小遣いが足りない。もっと上げて!」という熱烈な要求に「だったらもっと稼いできなさいよ」なんて本音で返そうものなら、大喧嘩になってしまう可能性もありますよね。

旦那さんと小遣いの事でもめるのはうんざり!何かいい方法ないの?と思っていませんか。

方法はあります。

ありますが、それにはあなたの努力も必要になります。

今回は手取り20万円の旦那さんの小遣いの平均額や、値上げ交渉された時の対処法などをご紹介します。

旦那のお小遣い手取り20万円の場合の相場・平均は?

封筒に入った一万円

旦那のお小遣い手取り20万円の場合、世間一般の相場平均はいくら?

お小遣いの金額でよく聞くのは「給料の1割」という事です。

手取りで20万円ならば、お小遣いは2万円という事になります。

では、給料が上がれば、お小遣いも上がるのかと言うと、そうでもないようですね。

給料が30~40万円でもお小遣いは2~3万円という旦那さんが多いようですよ。

ただ、足りなくなったら追加でもらっているようなので、結局は2~3万円以上は

もらっている事になりますね。

お小遣い金額をどのように決めるの?

お小遣いの金額を決める時に大切なのは、どこまでをお小遣いで賄うのかという取り決めです。

最低限必要なものとしては、昼食代、会社の飲み会代などでしょうか。

その他諸々の費用としては趣味・嗜好品代、携帯料金、雑誌・新聞代、散髪代などが考えられますよね。

全部をお小遣いで賄うとなると、とても2万円では足りません。

最低限必要なものでも、例えば昼食代500円×22日出勤とすると11,000円

飲み会代は5000円を上限に月2回と考えて、10,000円で合わせて21,000円です。

最低限必要なものでも2万円では足りません。

そこで、例えば最低限必要な昼食代、飲み会代は必要経費として別に渡すというのはいかがでしょうか。

となると、お小遣いはその他諸々の費用が賄えればいい金額、という事になります。

いくら必要なのかは、旦那さんと話し合って決めましょう。

必要経費だけで平均額を超えるのに、さらにお小遣い?と思うかもしれませんが、結局足りなければ後からお金を要求されるでしょうから、最初から金額を決めておいた方が、家計もやり繰りしやすいのではないでしょうか。

手取り20万円の旦那がお小遣い金額が足りない!と言ってきたら?

パソコン前で悩む女性

お小遣いが足りないと言われたらどう対応する?アップを要求されたら?

旦那さんが「小遣いが足りないから上げて欲しい」と言ってきたら、まずは、何で足りないのか、いくら足りないのかを聞いてみましょう。

頭ごなしに「無理!」と言わない方がいいですね。

もし、理由を聞いてあなたが「そんな理由はダメ」と思えば却下してください。

でも、「少しでも上げてあげたい」と思ったなら、どうにか捻出できないか旦那さんと一緒に考えましょう。

方法としては、お弁当にして昼食代を浮かす、水筒にコーヒーやお茶を入れて持たせる、タバコは減らしてもらうか止めてもらう、などがあります。

これだけでも1万円くらいは浮くのではないでしょうか。

手取り20万円の旦那のお小遣いをさらに減らす場合は?

スマホで計算する女性

今渡しているお小遣いをさらに減らす場合、旦那に理解してもらう方法は?

旦那さんのお小遣いを減らす場合、どうして小遣いを減らすのか、明確な理由が必要です。

そのためには家計簿をつけておきましょう。

家計が大変だからお小遣いを減らしたい、とお願いしても「いいよ!」とは言ってもらえないですよね。

旦那さんに理解してもらうためには、あなたが最大限の努力をしている事を知ってもらう必要があります。

家計簿を見せて、あなたが努力して、切り詰めて、小遣いを捻出している事を知ってもらいましょう。

そこまで頑張っても小遣いを減らさなくてはいけないのなら仕方がない、と思うのではないでしょうか。

お小遣いなし、はあり?

お小遣いをもらっていない旦那さんもいるとは思いますが、さすがに全くお小遣いなしでは困るでしょう。

職場でも何があるかわかりません。

毎月決まった額のお小遣いが払えないのであれば、お金が必要になったらその都度渡すという形をとってはいかがでしょうか。

旦那とお小遣い金額で喧嘩になったらどう対応する?

一万円札を一緒にもつ男女

お小遣い金額や小遣い制について喧嘩になった時の対処法は?

例えば旦那さんが

「今日、後輩と飲みに行ってお金が足りなくて恥かいた。今の小遣いじゃ足りないから上げてほしい」

と言ってきたら、あなたはなんて言いますか?

「今だってギリギリなのよ、絶対無理!飲みになんか行かなきゃいいじゃない」
「上げてあげたいけど今は本当に無理なの。ごめんね、我慢して」

どちらもお小遣いは上げられないと言っているのですが、言い方によって受け取る側の印象はずいぶん違いますよね。

「私がやり繰り頑張ってるのに小遣い上げろですって!」と思ってもぐっとこらえましょう。

お金の話題はこじれると面倒なので、喧嘩になるような言い方はしない方がいいです。

もし、喧嘩になってしまったら「ごめんね、言い過ぎた」と謝っておきましょうね。

妻としてどのようになだめる?

旦那さんがお小遣いの金額に不満を感じるのは、他の人と比べたり、お小遣いが少ないことで生活に制約が出たりするからではないでしょうか。

人と比べると、なんで自分ばっかり、などネガティブな思考回路になりがちです。

そんな時は

「あなたは頑張ってる、私も頑張ってる、一緒に頑張ってお金貯めようね!」

前向きな言葉で励ましましょう。

また、ただ生活のためだけにお小遣いを抑えるのではなく、旅行に行くためにお金を貯める、マイホーム貯金のために節約するなど、夫婦で目標を決めておけば、少ないお小遣いでも希望の持てるものになります。

小遣いが少ない事に意味を持たせると、旦那さんの意識も変わるかもしれませんね。

まとめ

「おこづかい」と書かれたウッドキューブ

手取り20万円の旦那さんのお小遣いについて、平均値や値上げ交渉の対処法などをご紹介してきましたが、最後に要点をまとめておきます。

1.手取り20万円の場合の小遣いの平均値は?

よく聞くのは「給料の1割」という事です。

手取り20万円なら2万円という事になりますよね。

2.お小遣いの金額の決め方は?

お小遣いの金額を決める時に大切な事は、どこまでをお小遣いで賄うのかという事です。

2万円で全てを賄うのは無理でしょうから、昼食代などの最低限のお金は必要経費として渡して、お小遣いとしてはその他諸々が賄える金額を渡すというのはいかがでしょうか。

3.旦那がお小遣いが足りないと言ってきたら

頭ごなしに「無理」とは言わない方がいいですね。

理由を聞いた上で、ダメと思えば却下すれば良いのです。

上げてあげたいと思うなら、お弁当にして昼食代を浮かす、コーヒーは水筒に入れて持たせるなどの方法を考えましょう。

4.今の小遣いからさらに減らしたい場合、旦那に理解してもらうには

旦那さんのお小遣いを減らす場合、どうしてお小遣いを減らすのか、明確な理由が必要です。

そのためには家計簿をつけておきましょう。

家計簿を見せて、あなたが努力してお小遣いを捻出している事を知ってもらいましょう。

そこまで頑張っても、お小遣いを減らさなくてはいけないのなら仕方ない、と思うのではないでしょうか。

5.お小遣いなしはあり?

毎月決まった額のお小遣いが払えないのであれば、お金が必要になったらその都度渡すという形をとってはいかがでしょうか。

6.お小遣いで喧嘩になった時の対処法は

お金の話はこじれると面倒なので、喧嘩になるような言い方はしない方がいいです。

もし、喧嘩になってしまったら「言い過ぎた。ごめんなさい」と謝っておきましょうね。

7.旦那のなだめ方は

「あなたは頑張ってる、一緒に頑張ってお金貯めようね!」など前向きな言葉で励ましましょう。

ただ生活のためだけにお小遣いを抑えるのではなく、旅行に行くためにお金を貯める、マイホーム貯金のために節約する、など夫婦で目標を決めておけば、少ないお小遣いも希望の持てるものになるのではないでしょうか。

 

お小遣いの金額は一度決めるとなかなか変えづらいですよね。

手取り20万円だとお小遣いは2万円が一般的な様ですが、純粋な小遣い金額なのか、昼食代なども含めるのかによって、足りるのかどうかが変わってきます。

平均額にとらわれずに、お小遣いの金額は夫婦でしっかり話し合って決める事が大切ですね。

【こちらも読まれています】

旦那のお小遣いの決め方まとめ!昼食代の扱いや見直しタイミングも!
サラリーマンのお小遣い調査によると、男性会社員の7割がお小遣い制です。世界共通なのかな?と気になったので調べてみました。おもにアジアではお小遣い制が多く、欧米ではひとつの口座で夫婦が一緒に管理が多いそうです。おもしろいですね。貯蓄の考え方の差なのでしょうか。

コメント