入園式の挨拶例文!担任から園児や保護者向けの言葉は?

早いもので、2022年も1ヶ月が経ち少しずつ春が近づいてきました。

新年度のはじまりにワクワクしている方もいれば、新しい環境に不安な気持ちを抱えている方もいることでしょう。

  • そろそろ入園式での挨拶を考えなければいけない・・・。
  • 新入園児向けの挨拶と保護者向けの挨拶はそれぞれどのように話せばよいの?
  • 新卒で初めての担任をするけれどどのような挨拶をすればよいのだろうか?

春から新入園児の担任となるあなたならこのような悩みをお持ちではありませんか?

特に初めて担任をもつ先生の場合は、どのようなことを話せばよいのか迷いますよね。しかし、この記事で紹介する挨拶の例文を参考にしていただければ、誰でも簡単に解決することが可能です。

この記事では入園式の挨拶を考えるための5つのポイントを例文も交えて解説します。

  • 保育園の入園式とは?
  • 入園式の挨拶例文!担任から新入園児に向けて
  • 入園式の挨拶例文!はじめての担任から新入園児に向けて
  • 入園式の挨拶例文!担任から保護者に向けて
  • 入園式の挨拶例文!はじめての担任から保護者に向けて

5分ほどで読める記事ですが、書いてあることを参考にすれば、あなたらしさの詰まった挨拶文ができあがりますよ!

保育園の入園式とは?

保育園の入園式には、つぎの2つの意味が込められています。

  • 新入園児を歓迎しお祝いする
  • 既に保育園に通っていた園児が進級するお祝いをする

まだまだじっとしていられない新入園児の集中力がもつように30分程度とされていることが多いでしょう。

以下は、入園式の大まかな流れです。このほかにも、在園児の出し物や保護者代表の挨拶などが行われる場合があります。保育園によって異なるので、事前に流れを確認し落ち着いて臨めるようにしましょう。

  1. 開式のことば
  2. 園長先生の挨拶
  3. 新入園児の紹介
  4. 職員の紹介
  5. 閉式のことば

さらに、入園式後はクラスごとに教室へ集まり園からのお願い事や決まり事・ルールなどの簡単な説明会が行われることもあります。

入園式の主役であるこどもたちは、きっといつもと違う環境に子どもながらも不安を感じていることでしょう。歓迎や祝福の気持ちに加え、園生活の楽しさや保育園が安心できる場所であるということをきちんと伝えてあげることが大切です。

また、大切な我が子を自分の目が届かないところへ預ける保護者も不安な気持ちは同じです。きちんと保護者に向き合う姿勢を示し、安心して預けてもらえるよう目指しましょう。

新入園児や保護者が不安になるようなマイナスな表現は避けて、前向きな表現をするのがベストです。

入園式の挨拶例文!担任から新入園児に向けて

では、実際にどのような内容の挨拶をすればよいのでしょうか?ここからは、入園式の挨拶例文とそのポイントをご紹介します。

パターン1

新入園児の皆さん、ご入園おめでとうございます。これからみんなの担任をする○○先生です。明日からお友達や先生と絵本を読んだりお歌をうたったりお外で遊んだり楽しいことをたくさんしようね!よろしくお願いします。

パターン2

○○組の皆さん、ご入園おめでとうございます。今日からみんなの担任をする○○です。○○先生と呼んでね!保育園では、お友達とお外でたくさん遊んだり、ワイワイお歌をうたったり踊ったり楽しいことがたくさん待っているよ。何か困ったことがあったら、いつでも先生のことを頼ってください。

パターン3

○○組の皆さん、ご入園おめでとうございます。これからみんなの担任する○○です。よろしくお願いします。ここで少しみんなに質問です!お絵かき好きなひと~?絵本読むのが好きなひと~?お外で遊ぶのが好きなひと~?保育園では、みんなの好きなことがたくさんできます!明日から、お友達と一緒に楽しもうね。

 

担任から新入園児に向けての挨拶は、下記の3点が伝わるようにしましょう。

  • 歓迎の気持ち
  • 担任の先生の名前
  • 園生活の楽しさ

ポイントは、保育園ではどのようなことをするのかを具体的に伝えることです。

「保育園は楽しい場所です。」だけだと、子どもたちにはあまりきちんと伝わりません。どのようなことをするのかを具体的に伝えることで、保育園が楽しい場所であることがイメージしやすくなります。

パターン3のように、子どもたちに語りかけてみるのもよいでしょう。新入園児は、まだまだじっとしていられず集中力もあまりありません。ちょっとした質問を投げかけて、参加型の挨拶にしてあげると集中して聞いてくれるのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました