人権作文小学校3年生向けの書き方ガイド!おすすめテーマとスラスラ書くコツ!

スポンサーリンク

小学校3年生になった子どもたち。

この頃の子どもたちへの接し方に少し不安を感じている親も多いのではないでしょうか。

どこで覚えてきたのか乱暴な言葉をつかったり、親には秘密の話をもっていたり、“ギャングエイジ”と呼ばれる子どもの成長時期に入っているのです。

さて、こんな時期だからこそ人権作文を書くというのはとても大切なことです。

この時期は目に見えるものだけではなく、見えないものを頭や心で考え感じることができるようになります。

こうした時期に作文を書くことで子どもは自分の考えや価値観を知り、人の気持ちについても深く考えられるようになります。

ただ、まだ最初からひとりで『人権とは』について考えるのはむずかしいと思いますので、親の少しのサポートが必要だと思われます。

このときに重要なのは手伝いすぎないことです。

横からついつい口を出したくなりますが、子どもの成長は親が信じて向き合うことから始まります。

手伝いすぎると、子どもは考える豊かな力を失います。

今回は3年生の子どもの人権作文がどんなものなのか、親はそれをどこまでサポートしてもよいのかなどアドバイスいたします。

ぜひ、最後まで読んでみてください。

人権作文小学校3年生向けの書き方ガイド!人権作文とは?

そもそも、人権ってどういう意味?と子どもたちはそこから分かりません。

人権とは、人が皆人間らしく平等に幸せに生きる権利ですが、そんなことを3年生に言っても少し理解するのはむずかしいですよね。

そこで例えば、こんな風に伝えてみるのはどうでしょうか。

「人は、皆ひとりひとり違うよね。
女の子と男の子も違うし、お母さんとあなたも違う、背が高い子低い子もいるし、足が速い子遅い子もいるし、他にもいっぱい。
みんな違うよね。
でも、みんなかけがえのない大切な人ってこと。
その人の代わりはいないし、みんな同じだけ大切にされるべきということだよ。」

この上の文は、例をあげていますがこの例の部分(どこがみんな違うのか)を子どもに考えさせると子どもが具体的に考えられるのでなお良いです。

ひとりとして、殴られてもいい、ご飯が食べられなくてもいい、けがをしてもいい、無視されてもいい、居てもいなくても一緒、友達がいなくてもいい、そんな人間はいないということです。

むずかしく考えさせる必要はありません。

『みんなあなたと同じ人間で、あなたと同じように大切な存在である』

ということを伝えましょう。

1年生の頃は、自己肯定感が強いですが、小学校3年生から4年生にかけて自己に対する考え方も揺らぎやすくなります。

先程も書きましたが“ギャングエイジ”と呼ばれる時期に入り、『仲間』という考え方が生まれるからです。

今までのなんとなく近くにいた人と一緒にいるという関係性から、自分たちが決めたルールや関係性に当てはまる人間を集めた『仲間』という小さなグループを作りだします。

これは、『親や先生は絶対的存在』という考え方から卒業をしようとする巣立ちの準備期間という意味もあります。

この仲間意識というものが生まれることによって、その逆も同時に生まれます。

仲間の反対といえば『のけ者』です。

大人から見たらとても残酷に見えますが、3年生になった子どもたちはこの仲間以外を平気でのけ者にしてしまうことがあります。

のけ者にされていた子どもが、次は誰かをのけ者にしたりと立場は代わりやすいですが、このときに人から否定をされる経験をすることで自己肯定感が低くもなりやすいとてもデリケートな時期でもあるのです。

そこでこの人権を学ぶということが大切になってくるわけです。

この人権についての学びや感じたことを文章にすることで、自分がふだんどういう考え方をしているのかを改めて自分で知ることができます。

人権作文が宿題としてでるのは、ゆっくりと考える時間がとれるというのが大きな理由です。

先生や友達がいる環境とは一度離れて、ひとりになって自分の考えや価値観と向き合えるので、こうした作文は宿題として出されるわけですね。

人権作文小学校3年生向けのテーマの見つけ方・設定方法は?おすすめのテーマは?

上に書きましたとおり、3年生になると人間関係に変化が起こりますので、友達についてのテーマが特に書きやすいでしょう。

学校で友達ができて、その友達との関係や友達に言われて考えたこと、友達に悲しい思いをさせた言動・友達がよろこんだ言葉がけや行動など、友達と関わることで経験していることはたくさんあると思うので、それについて書くとよいでしょう。

題名は、

  • 「友達がいるって幸せ」
  • 「やさしい気持ちでありがとう」
  • 「支え合って気づいたこと」

といったように、書いた文章の中で一番自分が強く感じた気持ちの部分を書くのがオススメです。

友達以外であれば、家族をテーマにしたものも身近なことなので書きやすいと思います。

例えば、この時期だと親の言うとおりに動くだけではなく、自分の意思をつらぬくために意見をいったり、ときには親に反発をしたりと言うことを聞かないということが出てくることがあると思います。

そんなとき、親に言った自分の言葉や態度、そのときの親の様子など親子の関わりについて書き、それに対してそのとき自分が思った気持ちや、そのときの親の気持ちも改めて聞いてそれを書くというのもよいです。

親子のやりとりはとくに遠慮のないありのままの姿だと思うので、感情的になってしまったときの自分の思いの伝え方について考え直すきっかけにもなります。

また、親が自分を心配してくれている気持ちや、自分のことを大切に考えてくれている思いに気づくなど、ひとりの人として自分が尊重されていることに気づけたというまとめにできる作文もよいですね。

  • 「当たり前で気づけなかったこと」
  • 「家族はいつもみかた」
  • 「心にのこった親のことば」

といった風にこちらもどういった文章なのかを題名にこめるとよいでしょう。

人権作文小学校3年生らしい書き方・まとめ方は?

まだ3年生なので人権作文を書くとしても、まとめの段階で「~だから、人権は私達にとって大切なものだと学びました。」というような、人権についての理解が深まったという文章にするというのはちょっとむずかしすぎます。

小学生の1年生~3年生までは、大体原稿用紙(400字詰め)を2~3枚程度が基準とされているので、あまりむずかしいことを書く必要はありません。

流れとしては次の3つのポイントをおさえると書きやすいと思います。

ポイント

  1. 経験したできごとを書く(自分の言動・相手の言動など)
  2. そのときの自分の思いと相手の思いなど気づいたことを書く
  3. この経験で分かったことや学んだこと今後に活かせることを書く

テーマ:友達

題名「友達がいるって幸せ」

体育で逆上がりをすることになったけど、どうしてもできなかった。
皆できていくから、仲のよい友達の中で自分だけできない組に残っていてはずかしいし、体育の時間がある日は学校が嫌だった。
でも、仲良しのグループの〇〇ちゃんが休み時間に一緒に鉄棒の練習を手伝ってくれた。
最初は二人だったけど、他の子も一緒に練習してくれるようになって、どうやったらできるようになるのか皆一生懸命考えてくれた。
何度やってもできない私に、「がんばれ」「おしい!あと少しだよ」と応援してくれた。
最初はできないから恥ずかしくて嫌だなと思っていたけど、友達が一緒に練習してくれて応援してくれた。
1人じゃなかったからがんばれた。
すごくうれしかった。
どうしてできないか一緒に考えてくれて、次はこうしてみようとか皆で考えるのが楽しかった。ずっと出来ないのに、怒ったりせずに一緒にいてくれた。
「早くできるようになったらいいね」とやさしくいってくれた。
まだ私は逆上がりができていないけど、前みたいに恥ずかしいから学校に行きたくないとは思わない。
皆が応援してくれた分、これからもがんばって練習して早くできるようになったところを見てもらいたいし、応援してくれてありがとうと伝えたい。
できないことより、できるようになるためにはどうしたらいいか考えることが大事だと思った。困っているときに、一緒に考えてくれる友達がいて、ひとりじゃないと思えた。
友達がいるって幸せだと思った。
自分も次はだれか困っている子がいたら、一緒に考えたり一緒に悩んだりして友達がいるって幸せだなってその子が思えるようになりたいです。

テーマ:家族

題名「当たり前で気づけなかったこと」

ある日の夕方、お母さんが夜ご飯ができたから食卓にくるように私を呼んだけど、テレビが見たくて行かなかった。
「早く食べに来なさい」とお母さんはいつもうるさいから、その日は「これ見てからがいい。お母さんうるさい。そんなに言うならご飯いらない。」と言った。
お母さんは怒っていた。
そうしたら次の日の朝、いつもは最初に起きて朝ごはんを食卓に並べているお母さんがまだ寝ていて、「朝ごはんはまだ?」とお母さんを起こしたら、「お母さん、今日はまだ眠たいから寝るね。
朝ごはんは冷蔵庫にあるから自分で出して食べてね。」と言われた。
いつもご飯ができたら早く食べるようにいってくるのがうるさくて嫌だったけど、自分でご飯を用意するのは冷蔵庫から出すだけでも面倒くさかったし、さみしかった。
ご飯は自分が食べたいときに食べたいと思ったからお母さんにうるさいって言ったけど、お母さんは私にできたての温かいうちに料理を食べてもらいたかったらしい。
お母さんは毎日家族皆のために休まずご飯作ってくれるしきれいに並べてくれるし、洗濯も掃除も全部してくれる。
お母さんはそれが嫌になったとしてもやめられないと言った。
やめたら家族みんなが困るし、家族を大切に思っているからがんばるらしい。
私はお母さんが家事をしてくれるのが当たり前だと思っていたし、それが嫌なときがあると考えたこともなかったけど、自分がお母さんだったらしんどくて嫌なことが多いと思う。
ご飯もせっかく作ってくれたのに食べないのはだめだと思った。
やってくれることが当たり前で気づいてなかったけど、お母さんはいつも変わらずに家族のためにがんばってくれている。
当たり前になっていることは多いけど、相手に対して感謝の気持ちは忘れてはいけないと気づいた。
なんでも当たり前になってありがとうの気持ちを忘れやすいから、気をつけたいと思いました。

といった具合に、相手に『ありがとう』の気持ちをもつことの大切さについて考えられるのは大切です。

家族だからこそより当たり前になっていることの中から感謝を感じられることも多いと思うので、それを作文にすると書きやすいでしょう。

以下はオススメの書籍です。

参考にしてみてください。

 

「あのときすきになったよ」  著:薫 くみこ

 

「ぼくのまわりの大切なこと」 ブライアン・モーセズ

 

「ココロ屋」 梨屋 アリエ

おすすめ参考サイト

「作文の書き方にはコツがあった!小学生向けの基本を確認します(もくもくサポート)」より

人権作文小学校3年生の宿題に親はどこまでサポートをする?

親としてどこまで子どもの作文に口を出してよいのか、とても悩みますよね。

また、子どもが何を書けばよいか悩んでいるとよけいにあれこれアドバイスしたくなる気持ちも分かります。

でも、まずは人権っていうのは『みんなあなたと同じ人間で、あなたと同じように大切な存在なんだよ』と分かりやすく教えてあげること。

それから、

「してもらって当たり前になっていることはないかな?」
「どんなことで最近うれしかった?」
「友達とどんなことで意見が違った?」

など問いかけてみて、そのとき感じた気持ちや、その理由を考えさせてみたりと、自分以外の相手の気持ちについて考えるきっかけの言葉をかける程度で止めましょう。

あとはグっと我慢して見守ってあげてください。

作文の内容を大切にしたい気持ちも分かりますが、まだまだ作文は練習中です。

少しずつこれから成長していくので、3年生の今は少しでも自分で文章を書けたなら、そのことを褒めてあげるようにしましょう。

『文章を書くって楽しいな』とやる気をアップさせます。

楽しい・興味があると思えることには子どもは自然と一生懸命になるものです。

決して否定をしたり、「どうしてこんなことも分からないの?こうやって感じなかった?」といったような言葉がけをして、大人の言いなりのような文章をいやいや書かせるといったことにはならないように気をつけましょう。

また、どうしても筆が進まない様子でしたら、人の書いた作文を読んでみたり、真似て書いてみるというのも作文の形を知れるのでおすすめです。

まとめ

  1. 3年生は友達関係に変化が出てくるので、友達をテーマにすると書きやすい。
  2. 親や先生の言いなりではなく、自分の意見も出てくる歳なので、親との衝突や意見の食い違いについて書くと親や先生の気持ちを知れるきっかけにもなる。
  3. 心で感じたり頭で想像するといった、抽象的なことも考えられるようになっているので、できごとに対して相手はどう感じたのか、自分だったらどう思うかといったことも聞いてあげるとそれについて考え文章にしやすくなる。
  4. 内容について否定をせずに、自分の力で文章を書くということができただけでも褒めてあげ、作文に対してのやる気をアップさせ、苦手意識をつけないようにしてあげる。

いかがでしょうか。

人権作文という宿題がでたら、親も気を張りますよね。

でもまだまだ成長段階の3年生です。

まずは『作文って楽しいな』と少しでも前向きに思えるような声かけをしてあげて、今後作文への苦手意識をもたないようにしてあげてください。

この時期の子どもたちは、乱暴な言葉や人を否定したり、のけ者にするようなこともでてくると思いますが、これも一つの成長の証です。

ただ、この自分の言動にこれから責任がついてくるということを子どもに伝えるためにも、人権作文を通してじっくりと、自分以外の人の気持ちを考えることができるというのはよいきっかけです。

この記事が少しでも親御さんの支えになり、子どもたちが作文に前向きに取り組めるきっかけになれば幸いです。

コメント