女性から食事に誘うLINEの例文!どのように誘えばOKがもらえる?段取りは?

男女平等の時代ですね。

一昔前なら食事に誘うのは男性から。と言うのが当たり前でしたが、今では女性から誘うのも問題ない時代になりましたね。

とは言え女性から食事に誘うって緊張しますよね?「どう誘ったら相手も気持ち良く来てくれるのか?」「立場的に誘っても大丈夫だろうか?」とか色々考えてしまいますよね。

ここでは同僚、先輩、上司、部下に分けて誘い方のコツを教えていきますね。

女性から誘うLINEの例文!同僚/同年代の男性向け

まず大前提として女性から食事に誘われて嫌と思う男性は少ない事を覚えていて下さい。

ですが最低限の信頼度は必要です。

話したことも無いのに誘われても女性でもそうですが男性でも「え?」となります。

ですので、話を盛り上げ、この人となら一緒に食事に行っても良いかも。と思ってもらえる事前の盛り上げが必要です。

ポイントとして

  1. 何度かグループで呑みに行った事がある。
  2. 個人でLINEをした事がある。
  3. 相手の趣味や好きな事で会話をした事がある。

こういう時の例文として

女性「最近○○駅の近くに新しい居酒屋が出来たの知っている?」

男性「まじ?知らなかった」

女性「その店お酒の種類豊富らしいよ。○○君日本酒好きだったよね」
男性「うん。行ってみたいな」

女性「私も!良かったら今週の金曜日行ってみない?」

 

ポイントとして

  1. 2人で呑みに行った事がある。
  2. 頻繁に会話をする。
  3. 友人関係である。

この時の例文は

女性「疲れたー」

男性「お疲れ」

女性「今日給料日だし呑みに行かない?愚痴りたい気分」

男性「いいよ」

 

ポイントとして

  1. 仕事外でLINEや会話をした事がある。
  2. 相手の好みを知っている。
  3. 相手のタイムスケジュールを知っている。

この時の例文として

女性「○○君ってカレー好きだったよね」

男性「そうだよ」

女性「この前行ったカレー店美味しかったよ」

男性「あ、行きたい」

女性「じゃあランチで行こうか」

相手の予定もありますが仕事終わりに行きやすい時間や近い日に誘うのが良いでしょう。

女性から食事に誘うLINEの例文!先輩/年上向け

先輩相手にも同じように誘いましょう。

ポイントとして

  1. 相手の好みを知っている。
  2. 相手にとってもメリットがある。
  3. 何度かグループで呑みに行った事がある。

この時の例文として

女性「○○さん。ワイン好きでしたよね?」

男性「好きだよ」

女性「最近ワインにハマったのですが食事に合うワインが分からなくて」

男性「じゃあ今度オススメするよ」

女性「ありがとうございます。良ければワインの美味しいお店も教えて下さい」

 

ポイントとして

  1. 直属の先輩である。
  2. 普段から感謝を伝えている。
  3. 相談しやすい間柄である。

この時の例文として

女性「○○さん。いつもフォローありがとうございます」

男性「気にしなくて良いよ」

女性「それで相談に乗って欲しい事があるのですが」

男性「良いよ」

女性「良かったです。今週の水曜か金曜って空いていますか?」

相談に乗って欲しいと言えば相手も断りにくいです。

 

ポイントとして

  1. フレンドリーな間柄である。
  2. 2人で食事に行った事がある。
  3. 日常会話が頻繁である。

この時の例文として

女性「○○さん!今日教えて貰った所○○さんのおかげで出来ました!」

男性「お。やったね」

女性「出来たのでご飯連れて行って下さいよ(笑)」

男性「仕方ないな(笑)」

女性「XXって言うお店気になっていたんですよ」

男性「じゃあそこに行こうか」

先輩を誘う時には相手を持ち上げて食事に誘いましょう。

また、こちらである程度のお店を決めておくと、相手も選ぶ手間が省けますのでこちらから食事場所を提供してみましょう。

女性から食事に誘うLINEの例文!上司の男性向け

ポイントとして

  1. 直属の上司である。
  2. 相手の言葉を聞いている。
  3. 飲み会等の席で会話をした事がある。

この時の例文として

女性「○○部長。いつもタメになるお話ありがとうございます」

男性「そう言ってもらえると嬉しいね」

女性「出来れば部長のお話ゆっくり聞かせて頂きたいです。今度ランチに一緒に行きませんか?」

と、相手を褒めながら誘う事が出来ます。

 

ポイントとして

  1. 相手のスタイルを褒める事が出来る。
  2. 日常的に会話をした事がある。

この時の例文として

女性「○○部長って何か運動とかされていますか?」

男性「どうしたの?」

女性「スタイルが良いので気になっていたのですが、食事に気をつかっていたりするのですか?」

男性「運動もするけど、食事は和食にしたりするくらいかな」

女性「そうなんですね。いつもどんな所で食事されているのですか?良かったら連れて行って欲しいです」

相手が喜び、誘われても気軽に行きやすいですね。

 

ポイントとして

  1. 同じプロジェクトに関わっている。
  2. まだ食事に行った事がない。

この時の例文として

女性「○○部長お疲れ様です。次の企画通ったら皆で打ち上げしようと思うのですが○○部長も来ていただけませんか?」

男性「そうだね。親睦も深めたいしいこうかな」

なんて方法もありますね。

この様に上司を誘う際には的確な目的、人数を予め知っていただいた上で誘いましょう。

女性から食事に誘うLINEの例文!後輩/年下向け

後輩を誘う場合は気軽に来やすい誘い方が良いですね。

ポイントとして

  1. 相手を褒めたことがある。
  2. 複数人で食事に行った事がある。

この時の例文として

女性「○○君。いつもお仕事お疲れ様」

男性「ありがとうございます。もっと任せてもらえるよう頑張ります」

女性「良い意気込みだね。次の打ち合わせも兼ねてランチ行かない?」

男性「はい。行きます」

仕事を兼ねると相手も来やすいですね。

 

ポイントとして

  1. 相手の体調を気遣った事がある。
  2. 仕事以外での話をする。
  3. 複数人で呑みに行った事がある。

この時の例文として

女性「○○君。最近疲れているみたいだね」

男性「そうですね。仕事について行けなくて」

女性「そうなんだ。私で良かったら愚痴聞くよ」

男性「ありがとうございます」

女性「じゃあ今日飲みに行こうか」

 

ポイントとして

  1. 気さくに話が出来る間柄である。
  2. 自分の経験を話す事が出来る。

この時の例文として

女性「○○君。次のプロジェクト任されたんだって?」

男性「そうです。今から緊張しています」

女性「私が前に作った書類でよかったら見せるよ」

男性「助かります」

女性「ランチしながらミーティングしようか」

相手のモチベーションアップを重ねるのもアリですね。

ポイントとしては後輩が断りやすい雰囲気を出してあげる事です。

また、相手の名前を付けLINEをするのもコツですね。

下手するとパワハラになるのでぐいぐい行き過ぎないよう気を付けましょう。

デートの誘い方!誘う前・誘ったあとの段取りは?

誘う前のポイントとして

  1. お店は自分で決める
  2. 話題を作っておく
  3. 時間帯を決めておく
  4. 気軽な気持ちで誘う

これをする事によって相手もあまり身構えず答えてくれるでしょう。

また、初デートとするならディナーよりランチの方が誘いやすいです。

誘ったあととしては

  1. 費用は割り勘
  2. 次回に繋がる会話を意識する
  3. 別れた際ありがとうのLINEを入れる

この事を意識すると相手に好感を与える事が出来ます。

こんなデートは最悪!男性が思う女性のNG行動とは?

食事中はスマホを触らないようにしましょう。

相手に不快感を与える他、つまらないのかなと勘違いされてしまいます。

また、料理の写真を撮るのもやめましょう

女子会ではOKですが男性はその行動に疑問を持つ人がいます。

スマホの事は1度忘れて相手との会話を楽しみましょう。

ご飯の時の小食アピールもNGです。

折角のご飯ですので美味しい物を美味しいと言って食べてくれる人の方が男性は嬉しく思います。

食に対するズレが大きいとその後はなかなか発展しません。

最後に

ここまで読んでいただきありがとうございます。

  1. 「相談に乗って欲しい事がある」
  2. 「○○君これ好きだったよね?」
  3. 「オススメある?」

女性から食事に誘う場合は相手を持ち上げて日程も決めておくと相手もOKしやすいです。

そして相手の好みを知っておくのも大事ですね。

覚えてもらっていた男性は「ここまで覚えていてくれたんだ」と貴女に興味を持ち、好感度もあがるでしょう。

また、相談に乗って欲しいと伝えれば「信頼されているんだ」と相手は思ってくれます。

LINEをした後は相手の返信を催促せず相手のペースに任せる事も忘れないで下さい。

貴女の恋が発展する事をお祈りしています。

※こちらも読まれています。

食事の誘い方例!上司へスマートな誘い方は?先輩・取締役クラスには?

コメント