特攻服の刺繍はどんな言葉がいい?おすすめの例文や費用もご紹介!

スポンサーリンク

暴走族

人生の中でも大きなイベント、卒業式

そこで、ぜひ自分のオリジナルの特攻服を着てかっこよくきめたいですよね。

でも、特攻服っていくらくらいで、刺繍ってどんな言葉を入れればいいの?

どこに頼んだら作ってもらえるの?など、悩みがたくさん出てくると思います。

ここでは、特攻服の刺繍の内容から、どこで注文したらいいか、購入や注文の仕方、自宅での洗い方などを紹介していきます。

これを読んだら、ぜひ特攻服のデザインを考えてみてくださいね!

卒業式で着る特攻服に刺繍する言葉はどうすればいい?卒業に関する例文3選!

木札

まず、大きく刺繍を入れたいですよね。

四文字熟語など、短く力強い例文をご紹介します。

友情不滅

まさに卒業式にぴったりの言葉だと思います。

不滅とは、絶対になくならないということを示します。

これから先、進む道は違うけれど、俺たち私たちの友情は永遠で不滅、絶対に無くならないものだ、と強く主張して下さい。

大胆不敵

意味は、度胸がすわっていて、まったく恐れないことです。

「大胆」は度胸があって物事に気後れしないさま、「不敵」は恐れを知らず敵を敵とも思わないことです。

特攻服を着ているなら、この言葉の通り生きているのと同じことです。

この言葉を背中に刺繍して大胆に着こなしてください。

天下無敵

意味は、この世に相手になるものが存在しないほどに強いことです。

「天下」は全世界や全国のこと、「無敵」は相手になるものが存在しないことです。

かっこよく特攻服を着こなし、派手に立ち回るあなたたちに、今敵はいないはずです。

最強、などの単純な言葉よりインパクトがありますよね。

特攻服に刺繍するおすすめの言葉は?人気の詩は?

チューリップとカード

ここでは背中にドン!といれる刺繍ではなく、その周りにきれいな色で刺繍されているヤン詩について、かっこいいものをご紹介していきます。

見よ我現役最後の晴れ姿
友と歩んだこの道に
終止符打つのは今日この日
一生一度の晴れ舞台
さらば青春・・・
先生仲間に見守られ
今宵卒業いたします

こちらは、特に今回題材にしている卒業式に関するヤン詩です。

今まで一緒に歩んだ友、仲間、そして先生方に見守られ、しっかりと自分で卒業していくさまはかっこいいですよね!

さらば青春、というのが、卒業し、大人への一歩を踏み出した感じで素敵です。

今日という今ならば
仲間の絆は築かれる
友と過ごした三年間
忘れる事は無いだろう…

こちらも卒業に関するヤン詩です。

卒業の、この最期の時に、仲間との絆は一層強くなり、これからもまたその絆は続いていくのだろうという、男気溢れるヤン詩です。

友と過ごした三年間を忘れることなく、またこれから先の何年間のことも忘れることはないのだろうと感じさせてくれます。

波乱万丈我人生
山あり谷あり地獄あり
たった一つの天国は
皆と出会えた事だった

こちらは、卒業にあたっての思いを言葉にしたヤン詩です。

人生波乱万丈で、いろいろ大変なことがあったけれど、ただひとつ幸せだったのは、皆と出会い、学生生活を送れたことだ、と短いですが強い思いが伝わってきます。

自分の仲間を守るため
友情不滅を胸に秘め
仲間の喧嘩は俺が買う
愛する仲間のためならば
くれてやりますこの命

こちらも、友達との友情を語ったヤン詩です。

仲間のためなら自分のことなどかえりみず、全てを自分で守るという男気が溢れていますね。

これを自分でなく、友達も一緒に刺繍していたらと思うと、どれだけ仲間思いなのかと感動してしまいます。

一生一度の我が人生
行くか行かぬは己の心
この道一つと心に刻み
恥じる事無く突き進む
我が行く道に悔いは無し

こちらは硬派な男の生き様をあらわしたかのようなかっこいいヤン詩です。

自分の人生は一度きりなのだから、何をするのも、何をしないのも自分自身が決めるもの。

自分の道をしっかりと定めて、迷わず、誰に何をいわれようと突き進む生き様が目に浮かぶようです。

行く道に悔いはなし、というのも、自分で決め、実行し、突き進んだからこそ言える言葉ですよね。

男硬派に生きるなら
汗と涙が枯れるまで
お前一人を愛したい
我愛情夜永遠也

こちらは一風変わって恋愛のヤン詩です。

男として生きるなら、ただ一人を愛し、守り抜きたいという思いが伝わってきます。

こんな風に思われる女性は幸せでしょうね。

特攻服に刺繍を入れるのにかかる費用は?業者に頼むと納期はどのくらいかかる?

古いミシン

入れたい言葉やヤン詩は決まったけれど、いったいどこで作ればいいのか?

どのくらいお金がかかるのか?

完成までどのくらいかかるのか?

大切な部分ですよね。

今回は、おすすめの業者とそれぞれの費用、納期をご紹介していきます。

特攻服刺繍のきてやこうて屋

有限会社ヤマトカンバイの運営する、“特攻服刺繍のきてやこうて屋”さん

奈良県にあり、オンラインはもちろん、来店しての注文も可能になっています。

費用は、服代が、ロングで8,000円~9,000円で、そこに刺繍代、配送料が加算されます。

また、HPには特攻服のオーダーの刺繍レイアウトの実際の料金を教えてくれるページがあるので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

また、予算が決まっている場合は、相談によりどのような特攻服が出来上がるか相談に乗って下さるそうなので、困ったらお問い合わせをしてみるといいと思います。

納期は、混み合い具合により変化しますが、基本は30日~50日位とのことです。

急ぎの場合は申し出て下さいとも書いて下さっているので、もう時間がない!という時にも、いったんお問い合わせしてみるといいかもしれません。

プロス通販 プロスオンラインショップ

プロス株式会社の運営する、“プロス通販 プロスオンラインショップ”さん

岡山県にあり、いろいろな雑誌やメディアで掲載、使用されているそうです。

費用は、服代がロングで9,000円ほど、そこに刺繍代、配送料が加算されます。

刺繍デザインを自分で作り、それを送り、その後お見積もりがでるという流れです。

おおまかな刺繍のお値段もホームページにてご紹介されているため、目安として下さい。

また、服を自分で持っている場合は、それを郵送し、その服に刺繍をしてもらいことも可能です。

納期は、特攻服系が服の製作+刺繍で約三週間

学生服系が服の製作+刺繍で約1ヶ月から1ヶ月半となります。

卒業式など、使用日が決まっている場合は、余裕をもって注文して下さいとのことです。

変形学生服・特攻服の通販【コーソ】

株式会社コーソの運営する、“変形学生服・特攻服の通販【コーソ】”さん

岡山県にあり、漫画の実写映画などにも衣装提供をしている会社です。

費用は、服代がロングで9,000円ほど、そこに刺繍代、配送料が加算されます。

こちらも、自分で好きな絵柄や説明などを送り、お見積もりを出して頂く流れです。

刺繍代のお値段や、細かな刺繍の違いなど、分かりやすく説明してくださっています。

納期はその刺繍の程度や混み具合によりますので、お問い合わせ頂くようよろしくお願い致します。

刺繍の入った特攻服の洗い方は?自宅で洗う時のポイントはある?

洗濯

せっかく作った特攻服。

きれいに使っているつもりでも汚れてしまうことがありますよね。

出来れば自宅で洗いたいけれど、となりますよね。

大丈夫です、刺繍の入った特攻服も自宅で洗うことができます。

むしろ、クリーニングにだすと使用する溶剤によっては刺繍が浮いてしまうことがあるため、自宅で手洗いが推奨されています。

刺繍の入った特攻服の手洗いのポイントは、

  1. 汚れがひどい部分には先に、おしゃれ着用洗剤を塗り、汚れをある程度浮かしておく
  2. 洗面器やバケツにぬるま湯をいれる
  3. ぬるま湯の中に洗剤を少量混ぜる
  4. 衣類をゴシゴシ擦らないように優しく丁寧に手洗いで押し洗いをする
  5. 洗い終わったら軽く水気を絞り、乾かす

です。

乾かす時も丁寧にして下さい。

また、使用する中で刺繍の糸が飛び出た場合は、糸の端をライターで軽くあぶってください。

まとめ

空に舞う帽子

ここまで、特攻服の刺繍の内容から、購入、注文の仕方、自宅での洗い方などを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

以下に今回のまとめをしておきます。

  • 特攻服にいれる刺繍の、大きくいれる言葉の紹介
  • 特攻服に入れる刺繍の、ヤン詩の紹介
  • 特攻服を作るときにかかる費用と、オンラインで作ってくれる会社の紹介
  • 刺繍の入った特攻服の自宅での洗い方

せっかくの特攻服、自分だけのオリジナル特攻服を作るのでも、代々受け継がれてきた特攻服を扱うのでも、どちらもかっこよく着こなしたいですよね。

特攻服のサイズが合わない場合は、丈直しをしてくれるクリーニング屋さんもあるので、ぜひいってみてください。

卒業式という人生の中でも大きな晴れ舞台、かっこいい特攻服できめてきてください!

【こちらも読まれています】

中学生にもできるイメチェン方法!夏休みが明けるまでに実行!
夏休みの間に、イメチェンしたいと思っている中学生は多いと思います。イメチェンに大切なことは、なりたい自分を具体的にイメージすることです。まずは自分のゴールを明確にしましょう。しかし、1番のおススメはあなたの中身のイメチェンです。中学生は心も大きく成長する時期です。なかなかできない体験を通して成長し、日々の言動を変えてしましましょう。

コメント