ピアノ教室体験レッスンの断り方は?ピアノ教室の良し悪しの判断基準は?

スポンサーリンク

ピアノ

子どもの習い事としてはもちろん、大人になってからの習い事としても人気のピアノ

教室によって雰囲気や特色も大きく変わるので、教室を選ぶ際はいろいろな教室を見たいですよね。

自分に合った教室を見つけるためにピアノ教室の体験レッスンを受けたいが、自分には合わず断りたい。

ハッキリと伝えたほうがいいのか。

他に理由をつけたほうがいいのか。

どう断ればいいのか分からない!とお困りではないですか?

そこでこの記事では、そんなあなたのためにピアノ教室の体験レッスンの断り方やピアノ教室の良し悪しの判断基準についてまとめました。

この記事を読んで一緒に悩みを解決しませんか?

最近では、体験レッスンを受けて入会を検討するケースも多いので、教室側も断られるのは良くあることです。

断る際は適当な理由をつけても、正直に理由を話してもどちらでも大丈夫です!

その際に体験レッスンのお礼と、お詫びを伝えれば悪い印象にはならないですよ。

では、詳しく説明していきますね。

ピアノ教室体験レッスンの断り方は?

謝る女性のイラスト

体験レッスン後の入会を断る際は、先ほどお伝えしたようにやんわりと適当な理由をつけてもずばっと正直に話してもどちらでも大丈夫です。

例えば、

  • 場所や時間帯が合わない
  • 他の教室に行くことにした
  • レッスン費が高いので継続できない
  • 子どもが他を気に入った
  • 家族が反対している(今回は見送る)
  • 子どもが乗り気ではないので、今回は見送ることにした

などです。

他の教室との比較やその教室に対する批判など、余計なことは言わないようにしてください。

先生が詳細を聞いてきた場合は、正直に話したほうがいいでしょう。

お断りする際は、体験レッスンのお礼と、お詫びの言葉も伝えてくださいね。

最低限の礼儀でもありますし、悪い印象を持たれにくいです。

もしピアノ教室の先生が知り合いだった場合の断り方は?

二人の女性のイラスト

ピアノ教室の先生が知り合いだったり、友達や知り合いからの紹介だった場合は、今後のことも考えてなるべく角が立たない断り方をしたいですよね。

基本的には、先ほど挙げた例のように正直に話しても適当な理由をつけてもどちらでもいいと思います。

変にごまかすと逆に失礼になるので正直に話したほうが良い、という考え方もありますが、正直に言うと気まずい場合もやはりあるので、「場所や時間帯が合わない」「家族に反対された」などの理由をつけてもいいと思います。

教室に通うのが子どもの場合は、先ほど挙げた断り方の例などに加えて「私は先生のレッスンが一番いいと思うのですが・・・」などと付け加えると好印象になりますよ。

紹介してくれた人にも結果を伝えたほうが良いでしょう。

その際に紹介してくれたお礼も伝えてくださいね。

ピアノ教室の良し悪しの判断基準は?

ピアノ教室と書かれたイラスト

せっかく通うなら、良いピアノ教室に通いたいですよね。

ピアノ教室の良し悪しはどう判断すればいいのでしょうか。

一言で何が良くて何が悪いとは言えませんが、基本的に見てほしい点は、以下の5つです。

  1. かかる費用(月謝のほかに教本代、発表会費など)
  2. レッスンの内容(基本かを正しく教えてくれるか、何を重視しているのか)
  3. 教室や先生の雰囲気(優しいのか厳しいのかなど)
  4. 立地(数年先も視野に入れて通いやすいかどうか)
  5. 発表会の有無や振り替えの制度について(当日の急なお休みを別の日に振り替えてくれるか)

教室選びに失敗した経験のある人の話だと、

「月謝のほかにも出費があり、年間の費用が高かった」
「交通の便の良くない場所にしてしまい、こどもが大きくなっても送り迎えが必要」

などです。

また、振り替えの制度などについては忘れがちですが、急な体調不良などで休みたい場合、別の日に振り替えてもらえず、月謝はそのまま1回分のレッスンを受けられない、ということもあるので、注意が必要です。

あとは、あなたがどのようなレッスンを希望するかです。

レベルを上げたいのか、ピアノを楽しみたいのかによってで判断基準も変わります。

その上で体験レッスンで先ほどの5点を見て判断してくださいね。

可能なら、通っている人の話や辞めた人の話を聞くのもとても参考になりますよ。

ピアノ教室の再体験はしてもいい?

ピアノ教室の体験後、入会を一度断った後に、再体験を申し込みしてもいいのでしょうか。

最初に断ったときの理由なども大きく影響してきますが、最初に断った理由

「子どもが乗り気ではなくなったので今回は見送ることにした」
「他の教室に通ってみたが合わなかったので、やはりもう一度体験したい」

などの理由であれば、2回目の体験レッスンを受け入れてくれるケースもあるようです。

ただし、無料の体験レッスンをしている教室でも、2回目以降の体験レッスンを無料で受けられるかどうかは教室によって差があり、体験レッスン自体は回数制限はないが、2回目以降は有料になるというケースもあります。

また、体験レッスンは1回のみという教室もあるので、2回目の体験レッスンは断られることもあります。

再体験については教室によって差があるので、一度確認してみると良いでしょう。

まとめ

  • ピアノ教室の体験レッスン後に入会を断る際は、正直に言っても適当な理由をつけてもどちらでもOK。
  • 聞かれない限りは余計なことは言わず、体験レッスンのお礼とお断りするお詫びも忘れずに。
  • 友人や知人の紹介でも、基本的には断り方は同じでOK
  • 紹介の場合は、紹介者にも報告を
  • ピアノ教室の判断基準は、「費用」「レッスンの内容」「教室や先生の雰囲気」「立地」「発表会の有無や振り替えの制度について」の5つ
  • 体験レッスン後一度は入会を断ったが、もう一度体験したい場合は、まずは教室に確認を

いかがでしたでしょうか。

ピアノ教室の体験レッスン後の断り方や判断基準について、あなたの悩みは解決できましたか?

断りたいピアノ教室にあなたの思いを伝えて、スッキリしてくださいね!

【こちらも読まれています】

ピアノは何歳から始めるのがベスト?脳科学的にも効果があるって本当?
こどもの習い事で人気なのが、ピアノです。ピアノは、音感が身につくし、両手を同時に使い、右脳と左脳をバランス良く刺激し、脳を活性化させる効果があるといわれています。ピアノを習わせたいけど、何歳から習わせるか、悩みますよね。ピアノは何歳から習うと良いでしょうか。

コメント