ピアノは何歳から始めるのがベスト?脳科学的にも効果があるって本当?

スポンサーリンク

カラフルな背景のピアノ

こどもの習い事で人気なのが、ピアノです。

ピアノは、音感が身につくし、両手を同時に使い、右脳と左脳をバランス良く刺激し、脳を活性化させる効果があるといわれています。

ピアノを習わせたいけど、何歳から習わせるか、悩みますよね。

こどもが、自分の意志で、やりたいと言ってからやらせてあげたいと思うし、もっと早いうちから始めた方が、能力が身につく気もします。

ピアノは何歳から習うと良いでしょうか。

ピアノは何歳からスタートするのがベスト?

ピアノを弾く女の子の手

習い事は、上達するには早ければ早い方が良いという考えもあるし、早すぎても良くないという考えもあって、いつ始めれば良いか、悩んでしまいます。

こどもの、性格や、成長によって個人差もあるので、必ずこの年齢から始めた方が良いと言うことはできませんが、ピアノをスタートさせるかどうか、判断するときのポイントがあるのでご紹介します。

じっと集中して座っていられるか

ピアノを習うということは、ピアノの前におとなしく座って、練習したり、先生の言うことを聞かなくてはいけません。

集中力だけではなく、座っていられる体や、強い気持ちも、ある程度必要になってきます。

鍵盤を押せる

ピアノを弾くには鍵盤を押せなくては弾くことができません。

鍵盤を押す力がついてからの方が、ピアノの練習もしやすくなります。

興味があるか

ピアノを習うこども自身がピアノに興味があるかが、重要なポイントだと思います。

興味がないこと、やりたくないことを、無理やりやっていてはつまらないし、ストレスも溜まってしまうし、ピアノが嫌いになってしまいます。

以上のことを考えると、ピアノを始めるには、個人差もありますが、指がしっかりしてくる4歳くらいから就学前くらいから始めることができます。

ピアノは脳科学的にも良い?どんな効果があるの?

音符とピアノ

ピアノを弾けるようになるまでは、覚えることもたくさんあるし、勉強もしなくてはいけないし、練習もたくさんしなくてはいけません。

でも、ピアノは、人間の脳の機能をたくさん使って、脳科学的にも良いと言われています。

  • 左右の手、指を同時に複雑に動かすことで、脳を左右バランスよく活性化させることができる
  • 曲や楽譜を覚えることで、暗記力や、記憶力をきたえることができる
  • 曲を聴いたり弾くことでリズム感を養うことができる
  • 楽譜を読みながら、両手、足を同時に動かし、演奏しながら、自分の音を聴く必要があるので、集中力を養うことができる

ピアノの練習は大変だけど、練習を通して身につくこともたくさんあります。

リズム感が良くなると、運動能力が向上するとも言われています。

こどもがピアノを習うメリットデメリットは?

鍵盤がカラフルなピアノ

ピアノは脳にも良いと言われていて、とても人気のある習い事です。

実は私も昔ピアノを習っていましたが、練習が大嫌いでした。

一週間に一回、ピアノのレッスンの日がありましたが、練習をしなかったので、もちろん全然できなくて、先生に怒られてを毎週のように繰り返ていました。

今思うと、親にお金を払ってもらって、先生に教えてもらえる貴重な時間も、もったいなかったと思います。

私のまわりでも、ピアノを習っていたけど、嫌いだったという子がけっこういます。

そう聞くと私は安心してしまいますが(笑)

でもそれだけ大変なのだと思います。

ピアノを習う前に、メリットとデメリットを知っておきましょう。

 ピアノを習うメリット

たくさんの能力を鍛えることができる

集中力、暗記力、リズム感、忍耐力、想像力など、ピアノを通してたくさんの能力を養うことができます。

学校での音楽の授業が分かりやすい

楽譜が読めたり、記号などを知っているだけで、音楽の授業が理解しやすくなります。

人前に立つことを経験できる

ピアノの発表会や、学校でピアノの演奏などに選ばれたりすると、人前で演奏します。

緊張やプレッシャーを経験して、精神的にも強くなれるし、自信や度胸もつきます。

 ピアノを習うデメリット

費用がかかる

ピアノを習い、家でも練習するとなると、ピアノを用意しなくてはなりません。

種類によって金額も変わってきますが、ピアノの購入する費用や、月謝代、それ以外にも、楽譜代もかかってきます。

時間がかかる

ピアノは家でも練習が必要だと思います。

宿題や、他のこともしなくてはいけないと、大変になってしまいます。

練習は時間を取られてしまいますし、こどもが小さければ、親もそばについていてあげなくてはいけません。

送り迎えも時間がかかってしまいます。

外への音が気になる

ピアノの練習で、ピアノの音が外に漏れていると、近所迷惑になっていないか不安になります。

音を出す時間などにも気をつけなくてはいけません。

ピアノが上達する練習方法は?こどもでもできる?

ピアノの前でうなだれる男の子

ピアノは、弾けるようになるまで、たくさん練習しなくてはいけません。

家での練習は親がどう助けてあげるかが大切になってきます。

私もそうでしたが、練習が大嫌いで、練習をしなくなってしまい、親にも怒られて、レッスンの日には先生にも怒られて、ピアノが全然楽しく思えませんでした。

そんな風にならない為にも、楽しくピアノができるように練習したいですよね。

短い時間でも良いので毎日ピアノに触るようにする

特に小さいうちは、できるできない関係なく、毎日ピアノに触るという習慣を身につけることが大切です。

怒らないようにする

怒られると、嫌になってきてしまいます。

怒るのではなく、良い所を褒めてあげたり、励ましてあげたりするようにしましょう。

ご褒美をあげる

ご褒美をもらえたらこどもは嬉しいです。

練習が終わったら、おやつ食べようとか、練習をしたらシールを貼ってあげるなど、やる気を出させてあげましょう。

簡単な曲や練習も取り入れる

練習してもうまくいかなかったり、難しくてできなかったりすると、練習に飽きてしまうし、ストレスになり、楽しむことができません。

簡単な曲や練習を取り入れて、モチベーションを上げましょう。

楽しむことは、とても大切です。

まとめ

  • ピアノを始めるには、性格や成長によって個人差もありますが、4歳くらいから就学前くらいから始めることができる。
  • ピアノを練習、演奏することで、脳の多くの部分を活性化さることができ、集中力、暗記力、記憶力、が鍛えることができ、脳科学的にも良いといわれている。
  • ピアノを習うメリットはたくさんの能力が身につき、人前に立つことで、自信や度胸も鍛えられる。デメリットは費用や時間も必要になり、近所への配慮が必要になる。
  • ピアノが上達する練習方法は、毎日ピアノに触ることと、こどものやる気が出るようにご褒美をあげたり、褒めてあげて、楽しむこと。

ピアノを習うことでたくさんの能力を身につけることができて良いなって思います。

私も、もっとピアノを楽しく、真剣に向き合っていれば…と思います。

お子さんの成長の為にも、ピアノを、検討してみてください。

【こちらも読まれています】

ピアノは何歳から始める?男の子の場合は?恥ずかしがる時はどうする?
こどもの習い事で昔から人気があるのがピアノです。ピアノを弾くことで、脳が活性化されるなど、脳科学的にも良いと言われています。昔はピアノは女の子の習い事というイメージでしたが、最近は男の子でもピアノを習っっている子も増えてきました。

コメント