お泊りデートに親の許可を得る伝え方は?反対をされたときの対処法!

スポンサーリンク

大学生になって彼がいたら「彼とお泊りデートをしたい」とか「一日中一緒に過ごしたい」「イベントを楽しみたい」と誰もが思いますよね。

でも、目の前に「親」という高いハードルがあります。どうしたら許可がもらえるだろう反対されたらどうしようと悩んでいる人も多いと思います。

親から許可を得るには、クリアしておきたいことがあるのです。

今回は大学生の女性が、お泊りデートを親に許可してもらう方法は何か、反対されたらどうするかなどを、双方の目線で紹介していきます!

「お泊りデート」をしたい人は、ぜひ読んでくださいね。

【お泊りデートを夏休みに計画中!親に許可を得た方が良い?】

親に許可を得た方が良い?

親に彼氏とお泊りデートをすると言っても許してもらえないかもしれないし、話して面倒な事になったら嫌だしなと思って、内緒で行こうと考える人もいると思います。

でも何年も一緒に暮らしてきた子供の変化を親は絶対に気付きますよ

親との良好な関係をこれから先の将来もずっと考えるなら、どんな結果になるとしても親に正直に伝えることはとても大切なことなのです。

親に伝えることのメリット、デメリット

オープンに話して理解が得られるに超したことはありません。もし許可がもらえれば、お泊りデートは心の底から楽しめるでしょう。

しかしながら、まだ学生のあなたが、まだ親元で暮らし、大学の費用を出して貰っている身分であれば、ある程度は親の口出しに甘んじなければなりません

「お泊まりデート」となると、親の理解を得るのは難しいと思ったほうが間違いありません

内緒にしておいた場合のデメリットは?

「お泊りデート」をするという目的は達成できるかもしれません。

しかし親に嘘をついてお泊まりしに来てしまったことは、楽しい時間も頭を離れることはないです。そうなるとせっかくのお泊りデートを楽しむことができなくなってしまいます。

そして最初はバレなかったからといって、同じ嘘を何度も付き続ければ、そのうち確実に嘘だということが発覚してしまい、親からの信頼を失うことになります。

そうなると彼の信用はガタ落ち、友人と遊びに行くことも許してもらう事ができなくなります

伝えるのは父親?母親?

家の中で父親と母親どちらと話しやすいかというのも考慮した方がいいかと思いますが、父親として娘が「男と泊まる」ということを簡単に納得できるでしょうか?

そう考えると、最初にお話しするのは母親かなと思います。

【お泊りデートを親から許可を得る伝え方は?】

成功のポイントは?彼氏の紹介もしたほうがいい?挨拶も必要?

成功のポイントは「彼が親と面識があって信頼されているか」です。誠実に付き合っているというのがあらかじめ認識できていれば、難しい問題ではなくなります。

もし彼が社会人であるならば、将来に向けた挨拶をしたほうが信頼は得やすいと思います。

同じ大学生であるならば「まだ学生の身分なのに」と思われる可能性があります。その場合は真剣に付き合っていて大切に思っていること誠意をもって伝えましょう。

しかしながら、挨拶の直後に「お泊りデート」の提案をするのはおかしいですよね?まずは親の信頼を得てから計画を実行するほうが親としては自然です。

誰に伝える?どうやって伝える?

最初は母親にストレートに伝えるほうが間違いありません。若いころ同じような悩みを持っていたかもしれませんし、結果は良くも悪くも女性としての気持ちは理解できるのではないでしょうか。

回りくどく、言い訳を並べたりすると親はすぐ見抜いてしまいます。
信用できないと思ってしまうかもしれません。

父親にも言う?

父親にも理解が得られたら万歳!ですが、難しい場合が多いと思います。もし母親に理解を得られたのであれば、無理に父親に言う必要はないかと思います。

【お泊りデートに親から反対された場合の対処法は?なぜ親は反対する?】

親から反対された場合の対処法は?どう反論する?

反論はしません。親が反対する意見を黙ってしっかり聞きましょう
そして、冷静になりましょう。

なぜ親は反対をする?反対をする親の心理は?

彼はご両親と面識があるでしょうか?また会ってお話ししたことはありますか?交際を認められていますか?

信用できていない人との「お泊りデート」を許すのは難しいです。

親の世代は結婚前に男女が一夜を共にするというのは考えられない時代であった場合もあります。また自らの経験などから、反対することもあるでしょう。

何かあった時に傷つくのは残念ながら女性です。自分の娘が万が一傷つけられることになり、耐え難い苦痛を味わう事になるとしたら、その可能性があるような行為は許さないというのは当然だと思います。

いつになったら許される?

成人して、社会人になり自分で責任をとることができるようになったら、親は逆にそういった話がないのも不安になります。自立したら、逆に親は子どもの束縛をやめなければなりませんね。

それでも反対する親だとしたら、反論してもいいと思いますし、逆にわざわざ親に同意を求めなくてもいいと思います。

【お泊りデートのアリバイを友達に作ってもらうには?】

お泊りデートを友達に協力をしてもらうには?友達への依頼の仕方は?

お友達に一緒に嘘をついてもらうのは、友達との信頼関係を損なう可能性もあるので、あまりお勧めできませんが、お友達が何かあったら必ず協力するよ!と約束して協力してもらうという事になると思います。

もしバレたり、不都合があったとしても絶対に友達を責めたりしないというのは当然のことです。

友達に罪悪感を共有してもらおうとしているのですから、自分ですべてを受け入れる覚悟でお願いすべきです。

どうやって口裏を合わせる?バレないように気をつけるポイントは?

完全にばれないように口裏を取るのは難しいことだと思います。逆に、親からこまめに連絡を取るように言われている以外は、連絡しない方が無難です。

そのためには普段から親との関係を良好に保っておくことが前提になります。

お友達と一緒に出掛けた場合は、写真を撮ったりするのが普通ですよね。可能であれば一緒にお友達と写真を撮るなどしておければいいですね。

彼とのお泊りデートを成功させるために、嘘を重ねることでお友達に負担がかかることは忘れないでください

【お泊りデートは社会人になってから、たくさんできます!】

大学生がお泊りデートに親の許可を得るにはどうしたらいいかをまとめてきました。

思っていたような内容では無かったかもしれませんね。でも自分が思っているよりも親は大人になったと思ってはいないものです。

まとめますと

①親との良好な関係を考えるなら、どんな結果でも正直に伝える。
②大学生の「お泊まりデート」は親の理解を得るのは難しい。
③成功のポイントは「彼が親と面識があって信頼されているか」
④反対されても反論せず意見を黙ってしっかり聞き冷静になる。
⑤反対するのは何かあった時に傷つくのは残念ながら女性だから。
⑥自立して社会人になったら親の同意はとる必要がない。
⑦友達に罪悪感を共有させるなら不都合があっても絶対に責めない。

特に③です。「彼が親と面識があって信頼関係を築けている」ことが大切なのです。親との関係を良好に保ちたいのであれば、まずそこから始めましょう。それができたら頭ごなしに反対しません。

自立して社会人になったら、お泊りデートはたくさんできます!金銭的にも余裕があります。彼と未来も一緒にいると思うのであれば、反対されても、いつか必ず行けますよ!

コメント