半袖を嫌がるこどもの心理とは?暑い日に半袖を嫌がる声がけとは?

スポンサーリンク

帽子をかぶっている子供

こどものイヤイヤ期は、皆さん経験したことがあるのではないでしょうか?

お出かけすると、帰ろうとしない。

おむつ交換をさせない。

お風呂に行かない。

こどもはかわいいですが、なかなか困ったものです。

特に困るのは、「暑い日に半袖を着ないこと」です。

子供は汗をびっしょりかきますし、体調を崩してしまうのではないかと心配になりますよね。

そこで、今回は半袖を嫌がる子供の原因や対処方法をみなさんにご紹介します。

  1. 半袖を嫌がるこどもの心理とは?なぜ嫌がる?原因は?
    1. 半袖を嫌がる子供の心理とは?
    2. いつから嫌がる?原因は?
    3. 嫌がる原因を聞き出す方法は?
  2. 半袖を着たくなるように仕向けるママの魔法の声かけや工夫アイデア
    1. 半袖を着たくなるように仕向ける声掛け例3つ
      1. 1.Tシャツは好きなものを子供に選ばせて
      2. 2.子供が反発するのを逆手にとって
      3. 3.長袖を着たくなくさせるように
    2. 工夫アイデアを3つ
      1. 1.リピート・クエスチョン・リクエスト
      2. 2.長袖をしまう
      3. 3.キャラクターもので釣る
  3. それでも半袖を嫌がる!夏場・猛暑でも長袖で問題ない?
    1. 夏場・猛暑でも長袖で問題ない?
    2. 子供の体調に不具合は無い?
    3. もし着させるならどんな長袖?
  4. 逆に長袖が嫌いなこどもの心理、理由。長袖を着たくなるような声がけや工夫は?
    1. 長袖を嫌がる子供の心理、理由
    2. 長袖を着たくなるような声掛け、工夫を3つご紹介
      1. 1.少し短めの服を用意する。
      2. 2.半袖をしまう
      3. 3.不快な要素が無いか確認する
  5. 結論!
    1. 1.半袖を嫌がるこどもの心理とは?なぜ嫌がる?原因は?
    2. 2.半袖を着たくなるように仕向けるママの魔法の声かけや工夫アイデア
    3. 3.それでも半袖を嫌がる!夏場・猛暑でも長袖で問題ない?
    4. 4.逆に長袖が嫌いなこどもの心理、理由。長袖を着たくなるような声がけや工夫は?

半袖を嫌がるこどもの心理とは?なぜ嫌がる?原因は?

着替えをする子供

なぜ、半袖を嫌がるのか。

大泣きして袖を引っ張る子供も多いかと思います。

ここでは子供の心理や嫌がる原因について考えていきたいと思います。

半袖を嫌がる子供の心理とは?

生まれた頃と比べると、少しずつ子供も大きくなり自分の欲求や意思を主張するようになります。

これは子供に意思が出てきた証でもあり、子供がちゃんと成長していることでもあります。

いつから嫌がる?原因は?

半袖を嫌がる理由を思いつくものをまとめてみました。

  • 寒いからイヤ。
  • 衣服へのこだわり。
  • ずっと長袖を着ていたので、半袖がいや。
  • 季節や気温にあった服がわからない。

子供によっては長袖→半袖に変化するだけでも、大きい変化なのかもしれませんよね。

あせらずやっていきましょう。

嫌がる原因を聞き出す方法は?

ついつい忙しいときは、怒ってしまいそうになりますが、

怒鳴ったりせず、嫌がる原因を聞き出すようにするとよいでしょう。

子供は親から、指示されるのは嫌がるので、できるだけ自分で決めさせるのは悪くないと思いますよ。

半袖を着たくなるように仕向けるママの魔法の声かけや工夫アイデア

干してある子供服

ここでは、半袖を着たくなるようなアイデアをご紹介します。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

半袖を着たくなるように仕向ける声掛け例3つ

1.Tシャツは好きなものを子供に選ばせて

ズボンはママ(パパ)が「これがいいと思うよ」と半分選ばせる

徐々に半袖に慣れさせるようにします。

2.子供が反発するのを逆手にとって

あえて半袖のTシャツを持ち「この服は着ちゃだめだからね」と言う。

あまのじゃくな子供の心理を利用した方法です。

3.長袖を着たくなくさせるように

長袖のTシャツを持ち「この服の中に虫がいるね。これは着れないから、こっちにしよう。」と半袖のシャツを着せちゃいましょう。

工夫アイデアを3つ

1.リピート・クエスチョン・リクエスト

参考に「リピート・クエスチョン・リクエスト」という方法をご紹介します。

まず子供の主張を聞き、気持ちを受け止めていることが伝わるように、

子供が言った言葉をリピートします。

そしたら、いくつかの解決策を提案して子どもに選ばせます

子供の主張は見守り、手助けをするようなイメージですね。

2.長袖をしまう

長袖をそもそも選択肢から無くしてしまい、半袖のなかから選ばせます。

子供が気にせず、半袖を選んでくれれば問題無し。

難しいようであれば、7分丈のTシャツも入れといて徐々に慣らしていくのもよいかと思います。

3.キャラクターもので釣る

一緒に買い物に行って、お気に入りのキャラクターなどがプリントされているTシャツを買ってあげましょう。

リュウソウジャーなどの戦隊シリーズ、アンパンマン、ドラえもん、プリキュア、ハローキティなどのお気に入りの服を見つけてあげるのがいいですね。

半袖の方が涼しくて良いということがわかってくると、自然に半袖を着るようになりますよ。

それでも半袖を嫌がる!夏場・猛暑でも長袖で問題ない?

万歳している子供

夏場・猛暑でも長袖で問題ない?

どうしても長袖がいいと子供が納得せず、半袖を着ようとしない場合もあると思います。

そういうときは子供の主張を認め、長袖で外出させるのもありかと思います。

失敗を経験させて学ぶことで人は成長していきますので。

子供の体調に不具合は無い?

ただし、熱中症にかかっても危ないので着替えと飲み物は必ず持参してください。

子供が大量の汗をかいている、暑がっていると思ったら声をかけてあげましょう。

水分をこまめに取って、半袖に着替えさせてみましょう。

もし着させるならどんな長袖?

長袖を着させる場合は、いわゆるスポーツウェアのような吸汗速乾のシャツやUVカットなどの機能があるものがいいでしょう。

帽子やタオルも持っていくのを忘れずに。

逆に長袖が嫌いなこどもの心理、理由。長袖を着たくなるような声がけや工夫は?

こどもの洋服

半袖を嫌がる子供がいれば、長袖を嫌がる子供もいると思います。

ここでは長袖を嫌がる子供について考えていきます。

長袖を嫌がる子供の心理、理由

長袖を着ない子供には、単に暑いから着ないと言う子もいます。

近所でも半袖で冬を過ごしている子供を見かけます。

どうやら基礎代謝は、10代半ば〜後半がピークらしく、基礎代謝が低い大人から考えると、薄着の子供は理解しにくいのだと思います。

長袖を着たくなるような声掛け、工夫を3つご紹介

1.少し短めの服を用意する。

半袖が嫌な場合も同じですが、7分丈など少し短めの服から慣れさせていくのもいいでしょう。

2.半袖をしまう

先ほどと逆で半袖を選択肢から無くしてしまい、長袖のなかから選ばせます。

ただし暑いと言う可能性もあるので、半袖も少し用意しておきましょう。

3.不快な要素が無いか確認する

子供が長袖を嫌がる場合、なにか理由があるかもしれません。

  • シャツのタグが首に触れて、チクチクする
  • 素材が合わなくて違和感を感じる
  • サイズが大きくて、動きにくい

子供が着ていて気分が悪くなる服は避けましょう。

結論!

1.半袖を嫌がるこどもの心理とは?なぜ嫌がる?原因は?

  • 嫌がるのは、子供に意思が出てきた証。成長しているということ。
  • 子供にとっては長袖→半袖を着るということも大きな変化。あせらずやっていこう・。
  • 子供の話をよく聞き、本人に決めさせるようにしよう。

2.半袖を着たくなるように仕向けるママの魔法の声かけや工夫アイデア

  • リピート クエスチョン リクエスト
  • 長袖をしまう
  • キャラクターもので釣る

3.それでも半袖を嫌がる!夏場・猛暑でも長袖で問題ない?

  • 子供の主張を認め、長袖で外出させるのもあり
  • 熱中症は危ない。水分をこまめに取って、半袖に着替えさせてみましょう。
  • スポーツウェアのような吸汗速乾のシャツやUVカットなどの機能があるものがいい

4.逆に長袖が嫌いなこどもの心理、理由。長袖を着たくなるような声がけや工夫は?

  • 少し短めの服を用意する
  • 半袖をしまう
  • 不快な要素が無いか確認する

いかがだったでしょうか?

お子さんを大事に守るのももちろんですが、いろいろ経験する機会を与えるのもよいのではないでしょうか。

着替えの時間も良い思い出です。

ぜひ楽しんでくださいね。

【こちらも読まれています】

夏に長袖を着ている人の理由は?どんな心理で長袖を着ているの?
夏本番の8月!夏はどこにいても何をしても、冷房がない限り暑くて汗が止まりません。暑いのになぜか長袖を着ている人と遭遇します。スーツの人は仕事上、仕方ないのかなというところですが、私服で夏の真っ昼間から長袖を着ている人を見ると不健康だなと感じる人は多いです。夏は男らしく元気に過ごした方が健康的ですが、夏に長袖でいる人はどんな心理があるのでしょう?
帽子を嫌がる2歳に被らせる声掛け!真夏に帽子を嫌がるわけとは
魔の2歳児はイヤイヤ期真っ最中。なかなか帽子を被ってくれないこともあります。帽子を被ってくれないと紫外線や熱中症が心配になります。子供にどんな声かけをしたら帽子を被ってくれるのか、帽子を被ってもらえる方法を紹介していきます。その他2歳の子供はなぜ帽子を嫌がるのか、帽子を被ったほうがいい理由をお伝えしていきます。

コメント