お歳暮をやめる時の挨拶状の書き方文例!断り方の文例も。コピペOK!

お歳暮

「お世話になった方に、長い間お歳暮を贈っていたが、今ではお付き合いもほとんど無く、できればお歳暮をやめたい」と考えている方も多いのではないでしょうか。

上司や先輩や仲人などお世話になった方々に、送るのをやめると失礼になるのではないかと心配になりますよね。

そこで、今回はお歳暮をやめるとき対処方法やマナーをみなさんにご紹介します。

お歳暮を送るのをやめたい!やめるタイミングは?いつ連絡をする?

風呂敷包み

お歳暮をやめるタイミングはなかなか頭を悩ませますよね。

ここではやめるときの時期をいくつかまとめてみました。

当てはまるものがあれば参考にしてみてください。

では見ていきましょう。

お歳暮をやめるタイミングは?

1.環境が変わるとき・人生の節目

転職や退職するとき、転勤・引越し、出産・子供の進学など。

相手との付き合いが無くなってしまうようなときや大きな転機があったときに関係を整理するのが良いでしょう。

2.付き合いが薄れて3年後

付き合いがないのに送り続けるのは、お互いに負担となります。

日頃からお付き合いがなく、3年経過しているのであれば、やめても問題無いでしょう。

3.相手から連絡が来たとき

たまたま連絡が来たときに、「今後はお気遣いなく」のような言葉があればやめてもよいと思います。

またお礼が来たときに、お断りの文面が書かれていたときも同様です。

不安な方は、お中元まで続けてまたお断りされたら、やめれば良いかと思います。

いつ連絡をする?

お歳暮をやめる場合は、相手に通知する必要はありません。

わざわざ「今年からは贈りません」などと伝える必要はありませんし、

言われた相手は、気分を悪くしてしまう場合もあるので。

親類や仲の良い友人の場合は、電話やメールで相談するのは良いでしょう。

お歳暮を送るのをやめる挨拶状書き方文例!

手紙とペン

お歳暮を送るのをやめることに抵抗がある方も多いのではないでしょうか。

ここでは「お歳暮を送るのをやめるときの挨拶状の書き方文例」をご紹介します。

コピペOKの書き方文例!

拝啓

師走の候、〇〇様におかれましては益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。
常々、過分なるご高配を賜り、ありがとうございました。
つきましては、感謝の気持ちを込め、お歳暮の品をお送りしましたので、ご笑納頂きましたら、幸いです。
このように、毎年ささやかながら、ご挨拶をさせていただいておりましたが、その度に、〇〇様から結構なお品をお送りくださることとなり、かえってご面倒をおかけする状況に、大変恐縮しております。
誠に申し訳ないのですが、例年のご挨拶を来年から失礼させて頂きたいと存じます。
これから寒さが厳しくなりますが、くれぐれもご自愛ください。良い新年をお迎えになりますよう、心から申し上げます。

敬具

お歳暮やお中元を断る連絡・挨拶文例は?

頭を下げるスーツの男性

「お歳暮を送るつもりはなかったのに、届いてしまった。」なんてこともありますね。

ここでは、お歳暮やお中元を断る挨拶文例をご紹介します。

コピペOKの書き方文例

お歳暮

文例1

拝啓

年の瀬も押し迫ってまいりました。
さて、この度はご丁寧にお歳暮をお送りいただき、誠にありがとうございます。早速、家族で旬の味覚を美味しくいただきました。
しかしながら、当方の勝手で大変心苦しくありますが、今後はお気持ちのみ有り難く頂戴したいと思っております。
これから寒さが厳しくなりますが、くれぐれもご自愛ください。
良い新年をお迎えになりますよう、心から申し上げます。

敬具

文例2

コメント

タイトルとURLをコピーしました