保育園の夏祭りの感想文、苦手でも書けるヒントを紹介!

スポンサーリンク

保育園で行われる夏祭りは、子どもの保育園での様子が見られて、嬉しく楽しいものです。いつもはいない保護者と園で遊ぶことができ、子どもにとっても楽しい行事の一つでしょう。

この記事をご覧になっている方は、保育士さんに夏祭りの感想文を書いて欲しいと頼まれて、困っていることでしょう。

私も感想文は苦手でした。小学校の時には、夏休みの読書感想文がたったの5行しか書けなかった苦い思い出があります。

私が感想文を5行しか書けなかったのは、感想文の書き方がわからなかったからです。書き方がわかれば、誰にでも感想文を書くことができます。

その方法を具体例を交えてご紹介します。感想文が書けなくてお悩みの、あなたのお役に立てたら嬉しいです。

保育園の夏祭りの感想文、書く前の準備

感想文は時系列で書くと書きやすいです。時系列というのは、物事が起きた順番に書くということです。

そこで、夏祭り前、夏祭り中、夏祭り後のトピックを集めます。特に書きたいトピックがある方は、そのことに関連したものを中心に集めます。

ただ、書きたいことがあっても、そのことだけで書こうとすると、文字数が足りなくなることが多いです。ですから、思い出したことは何でもメモしていきます。

特に書きたいことがない方も安心してください。そんな方はまず夏祭り中のトピックを集めることから始めます。夏祭り中のことを思い浮かべているうちに、前後のことも思い出したら、それぞれメモに残します。

どんなことを感想文に書くか

私が感想文が苦手だったのは、「楽しかった」「嬉しかった」と言った感想だけを書いていたからです。これでは5行で終わってしまうのも無理はありません。

感想文には、見たこと、聞いたこと、食べたものなどの事実も書いていきます。その上で感じたことを書きます。そうすると、読んだ人が想像しやすくなります。

夏祭り前は、準備のために何を用意したか、夏祭りについて子どもがどんなことを言ったか、保育園の様子がどう変わったかなどを思い出してみましょう。保育園の様子というのは、飾り付けやうきうきとした雰囲気などです。

子どもが特に何も言っていないとき、普段と変わったところがなくても大丈夫。そんな時はなぜ何も言わないのか考えてみましょう。

夏祭りがどんなものかよく分かっていなかったり、普段の遊びをいつも通り楽しんでいるだけだったり、いろんなことがありすぎて、何を話せばいいのか分からず話さなかったり。

夏祭り中は何で遊んだか、何を食べたか、何を見たか、それぞれに対する子どもの言動、表情、態度、動きを思い出しましょう。

夏祭り後は子どもの言動、遊びに変化があったか、何を言っていたか、何をしたかなどメモしていきます。連絡帳を見返すと思い出しやすいでしょう。

感想文を何で書くか

保育園から依頼される感想文は、文字数が決まっているはずです。もしくは原稿用紙何枚分など。文字数を数えるのに、感想文を何で書くかが大切になります。

パソコンやスマホを使うのが、最も数えやすくて書き直しもしやすい方法です。文章を書き加えたり、文の順番を入れ替えたりするのも簡単にできます。

パソコンやスマホを使えば、文字数をいちいち数える必要がありません。ワードでも、スマホのメモ帳でも、それぞれのツールでの文字カウントの方法がありますので、調べて活用してみてください。

パソコンやスマホを使い慣れていない方は、マス目のある紙で書いていくと、数えやすいのでおすすめです。わざわざ買わなくても、定規で線を引いてマスを作ってもいいでしょう。

なぜ文字数にこだわるかというと、途中で文字数が足りなくなった時に、後から付け足していくのは、なかなか骨が折れる作業だからです。書くのが嫌になります。初めから文字数を意識して書いていきましょう。

夏祭りの前、中、後で文字数を割り当てる

メモの分量によって、文字数を割り当てます。ここはだいたいでいいです。例えば、原稿用紙2枚半ほどであったら1000文字です。前中後の比率が2:5:3だったら、前が200文字、中が500文字、後は300文字程度になります。

これを目指して書いていきます。文字数の目標があると、後で無理やり書き足すことがなくなり、書きやすくなります。

感想文を書く

最初の方に時系列で書くと書きましたが、起こったことをただ順番に書くわけではありません。ただ順番に書いていくと、接続詞のレパートリーがなくなってしまいます。

前、中、後それぞれのブロックで、書きやすそうなところから書きます。夏祭り前は、書き出しも必要です。書き出しが思い浮かばないときは、

我が子にとって◯回目(初めて)の保育園の夏祭りが終わりました。

で始めましょう。そして改行し、準備のこと、我が子の様子、保育園の様子などメモした内容を踏まえて書きます。

夏祭り中のことを書く時は、

いよいよ夏祭りの日がやってきました。

で始めると、書きやすいでしょう。

特に印象深かったことに文字数を多く使います。例えば盛り上がったゲームのこと、何度も美味しかったと言った食べ物のこと、表情豊かに楽しんだ盆踊りのこと、怖くて泣いたおばけやしきなど。

子どもの様子とともに、飾り付けや音楽、衣装など、どんな演出がされていたか、周りの人の反応、天気、気温、汗…。読んだ人がその時の様子を想像しやすいように、具体的に書いていきます。

夏祭り後は、締めの文章が必要です。

● 来年の夏祭りが今から楽しみです。
● 卒園しても夏祭りに来たいです。
● 楽しかった夏祭りが終わって寂しさもありますが、これからある行事も目一杯楽しみたいです。

など、ご自分の状況に合うように文言を変えて結んでみてください。

全体的に注意していただきたいのは、文の最後です。「〜でした。」が続いていませんか。同じ末尾の連続は2回までにすると、文章が単調になりません。

「〜ました。」「〜かもしれません。」「〜でしょう。」「〜です。」などを適宜使いましょう。

まとめ

● 準備をすれば感想文がスムーズに書ける
● 感想文に書くのは感想だけじゃない、五感をフルに使って、読む人の想像をかき立てよう
● 文字数を数えやすいツールを使えば、後で無理やり書き足す必要がなくなる
● 文章が単調にならないように、文末に気を遣おう

いきなり原稿用紙に向かっても、感想文をスムーズには書けません。苦手な方ならなおさらです。エピソード集めが感想文を制す。エピソードが集まりさえすれば7割がた終わったも同然です。

感想文が苦手だった私も、今では文集の原稿を頼まれても快諾できるようになりました。この方法が、あなたのお役に立てば嬉しいです。以上、保育園の夏祭りの感想文、苦手でも書けるヒントを紹介!でした。

 

【こちらも読まれています】

夏休みに小学生の習い事で埋めるのは可愛そう?夏休みの過ごし方は?
小学生の長い夏休み、子どもの才能を伸ばしてあげる絶好の機会。 勉強も、家でやるよりは学習塾に行った方が身につきそうだし、中学受験も念頭に置いておきたい。 そんな思いから子どもに複数の習い事をさせているご家庭は少なくないでしょう。今は、親世代が子どもだったころにはなかったような習い事も続々登場しています。 子どもも通いたいと言っているけれど、習い事ばかりでは夏休みが楽しくないし、疲れちゃうかなとお悩みではありませんか? 子どもの習い事には、メリットとデメリットがあるのです! そんなお母さんたちに向けて、今回は小学生の夏休みを習い事で埋めた場合のメリットとデメリットはもちろん、中学受験を検討しているお子さんへの情報などを詳しくご紹介していきます。ぜひ参考にしてくださいね!

コメント