夏休みに小学生の習い事で埋めるのは可愛そう?夏休みの過ごし方は?

スポンサーリンク

小学生の長い夏休み、子どもの才能を伸ばしてあげる絶好の機会。勉強も、家でやるよりは学習塾に行った方が身につきそうだし、中学受験も念頭に置いておきたい。

そんな思いから子どもに複数の習い事をさせているご家庭は少なくないでしょう。今は、親世代が子どもだったころにはなかったような習い事も続々登場しています。

子どもも通いたいと言っているけれど、習い事ばかりでは夏休みが楽しくないし、疲れちゃうかなとお悩みではありませんか?

子どもの習い事には、メリットとデメリットがあるのです!

そんなお母さんたちに向けて、今回は小学生の夏休みを習い事で埋めた場合のメリットとデメリットはもちろん、中学受験を検討しているお子さんへの情報などを詳しくご紹介していきます。ぜひ参考にしてくださいね!

【夏休みに小学生の習い事で埋めるのは可愛そう?家族と過ごせないデメリットは?】

夏休みに小学生の習い事で埋めるのはかわいそう?

本人が習い事に行きたくないのに「やらされている」という状況ならかわいそうです。

逆にお子さん自身が、今はお友達よりも習い事の方が楽しいという事であれば、お子さんの気持ち優先でいいのではないでしょうか。

お友達と遊びたい気持ちが大きくなり、習い事が負担になってくることがあれば、複数ある習い事を整理してあげればいいのです。

疲れているように見えるのであれば「たまには休んでもいいよ
習い事減らしたくなったら教えてね」と声をかけてあげてください。

お子さんが親の顔色を窺って、気持ちを言い出せないまま習い事をしているという状況は避けなければなりません。

習い事で家族と過ごさないメリット・デメリットは?

①習い事のメリット

習い事をしていることで得られるメリットはたくさんあります。

・学習能力やスポーツの技能などが身につく
・時間をきちんと守ることができるようになる。
・与えられた自分の役割を果たすことを学べる。
・同年齢から上級生、下級生と様々な上下関係や人間関係を学べる。

ほかにも家では学べないことを経験で習得することができます

同じように勉強、スポーツを頑張る人に出会えることで奮起する子もいるし、家族という小集団よりも大きな集団で得られることは多いと思います。

それに働いている両親にとっては、自宅に1人で留守番している、また外出させるのは不安ですから、何をしているかわかる習い事は助かりますよね。

②習い事のデメリットとは

習い事が多いとデメリットも出てくる可能性があります。

・子どもが遊ぶ時間がない

遊びの中から学ぶこと、経験することは、お金を払って教えてもらう習い事とはまた違った成長があります

・家庭で過ごす時間が短くなる

宿題が後回しになったり、睡眠時間が削られてしまったりする。
家族の食事の時間がバラバラになってしまうことがある。
旅行などの計画ができなくなる。

・生活全般に創意工夫がなくなる可能性がある

ただスケジュールをこなすことに精いっぱいになる可能性。
どんな体験も受け身になり、自分の意思で選べなくなる可能性

特に低学年の子どもにとって、多すぎる習い事はプレッシャーを与えてしまう場合もあります。「ちゃんとやらなきゃ!」と思うタイプのお子さんにとっては、負担が大きくなります

子どもはどう感じる?

子どもがどう感じるかは親が一番わかっていなければなりません。
みんな同じ答えではないですよね。

子どもが日々どう感じているか、何を考えているか、親とゆっくり会話できる時間は確保しましょう

【夏休みに小学生の習い事で埋める場合は中学受験前が最適?】

中学受験前の場合は習い事で埋めるのはあり?

中学受験に向けて、受験生である子供の習い事は辞めるべきか?で悩んでいる方も多くいらっしゃいます。

中学受験を考えている場合、小学校4、5年生までは塾と習い事の両立は出来ると思いますが、小学校5、6年生になると、塾へ行く回数が増えます。塾や受験勉強を優先させると、必然的に習い事は辞めざるを得なくなると思います。

月曜日から金曜日まで毎日が塾という家庭も多くなり、土日などの休日も、模擬試験や本番受験に向けた講習などのイベントも多く入ってきます。

塾と習い事の両立は、現実的に厳しくなり習い事をやめる人がほとんどです。

受験生の小学生で遊びや旅行のスケジュールは必要?

受験の年は特に旅行などをしている時間的余裕はなくなりそうですが、リフレッシュも兼ねて小旅行を計画してあげるのもありかなと思います。

でもお子さんが旅行や遊びよりも受験を優先したいと言えば、その年の旅行は合格後の楽しみにしておきましょう。

【一般的な小学生は夏休みにどうやって過ごしている?】

一般的な小学生の夏休みの過ごし方は?

小学生の夏休みの過ごし方「学校の部活動」「学校のプール」などが一番多く、次いで旅行やお手伝いをするなど家族と過ごす時間を大切にしている子どもが多いようです。今は外でお友達と遊ぶのは少ない傾向にあるようです。

就寝時刻は21時ごろ、起床時刻は7時ごろが多いようです。学校がある日よりも起床時刻が40分から50分ほど遅くなり、その分だけ睡眠時間が長くなっています。

8割の子どもが学習時間2時間以内で、受験などを控えた場合には増える傾向があります。

夏休みの宿題を終えるのは、夏休み開始から1週間以内に終わす子どもは全体の8%くらいで、最終日ギリギリまで宿題を残している子どもがまだ多くいるようです。

自由研究や、作文、感想文。なかなか一人では難しく親が共働きでいないときは後回しにしてしまう傾向にあるようです。

【夏休みに小学生の習い事でおすすめは?】

夏休みの間にスタートをさせる習い事のおすすめは?

子供の習い事は、水泳ピアノといった定番のものから、最近ではダンスなどの体を動かすスポーツ系も人気です。

たくさんある習い事の中から、どんな習い事が良いのだろう?と悩むママに定番以外におススメの習い事を紹介します。

(1)運動系

バレエ (月謝6,000~8,000円

正しい姿勢やしなやかな体づくり、また体幹をしっかりと鍛え上げることができ、スタイルアップにも繋がります。さらに、演技をすることで表現力も身に付きます。

ただし月謝のほかにトレーニング着や発表会の衣装などで予算がかさむことも念頭に入れておきましょう。

体操・新体操月謝5,000~6,000円

バレエ同様、体の体幹を鍛えることができる体操教室もおススメです。

技や技術を繰り返し練習することで努力を覚えます。身に付く忍耐力や、それができた達成感を味わうことができます。

天候により外遊びがなかなか出来ない時期でも、運動不足をしっかりと解消できるのも選ばれるポイントです。

(2)学習系

そろばん(月謝5,000~6,000円

いまは電卓もあるし・・・と思うママもいると思いますが、そろばんは脳の活性化にはとても優れた計算方法です。計算の基礎や暗算が得意になるだけでなく、集中力や手の器用さも身に付けることができます。

頭の中でパッと計算ができ、日常生活でそろばんの知識を発揮できることから子供の自信や可能性を伸ばすことができます

大人になっても十分生かすことができるので子供の頃から習わせる家庭が多いようです。

絵画(月謝6,000~8,000円

元々絵を描くことやモノづくりが好きな子供に人気の絵画教室。

絵の描き方を教えてくれることはもちろん、図工などの物を作るといった作業を行う教室もあります。子供の芸術的感性を伸ばすことができるだけでなく、表現力や想像力をも育てることができます

低学年のうちは色鉛筆やクレヨンで好きな絵を描いたりしますが、年齢が上がるごとに絵の具や油絵といった様々な絵画で表現することの楽しさも味わうことができます。

【夏休みの習い事は子どもと話し合いながら決めていきましょう】

夏休みの小学生の習い事について紹介してきました。

まとめますと、

①メリットは、家で学べないことを経験で習得することができる事。
②デメリットは、生活に余裕がなく、自ら創意工夫をしなくなる事。
③習い事は子どもとゆっくり会話しながら話し合う事が大事。
④中学受験をする場合は高学年で学習塾以外の習い事は継続不可能。
⑤一般的な小学生は宿題がギリギリに終わる子が未だに多い傾向。
⑥おススメは定番以外に「バレエ」「体操」「そろばん」「絵画」

でした。

周りのお友達が習い事をたくさんしていて焦るという気持ちもあると思いますが、お子さんはひとりひとり違います。周りがどうしていようと、自分のお子さんにとって必要なものは何なのかを考えて習い事をどうするのか、お子さんとお話ししてみてくださいね!

コメント