別れ話の切り出し方!ライン(LINE)例文!彼とさよならをする方法とは?

スポンサーリンク

彼に別れ話をしたいけど、切り出し方に悩みますよね。最初にどう切り出すかは、別れ話においてとても重要です。

最近ではLINEで別れ話をするカップルが増えていますが、賛否両論です。LINEで別れ話を持ちかけるなんて、今まで付き合ってきた人に対して誠意が感じられない、マナーがないなど言われていますが、私はLINEでの別れ話は有りだと思っています。

もちろん、基本的には会ってきちんと納得のいくまで話し合うのが筋だと思っていますが、それも付き合っている彼によります。

例えば彼が普段から暴力的な人はもちろん、短気で怒りっぽい人やプライドの高い人なら別れ話でどんな修羅場を迎えるのか、想像するだけでも怖いですよね。嫉妬深い束縛男や、連絡がないとだめな依存男など、別れ方がうまくいかなければ自らの手で望まないストーカーへと育ててしまう可能性だってあります。

そこで今回は、このような話し合いの通じない彼とLINEを使って別れ話を考えているという方に向けて、できる限り穏やかに、そして自分の気持ちをしっかりと伝えて後腐れなくスッキリとお別れができるようにアドバイスをしたいと思います。

会わずにさよならするには?LINEで伝える上手な文例とは?

さよならするとはいっても、一度は好きになった人。今までお付き合いをしてきた人ですので、感謝の意味もこめて最後はしっかりと終わらせる必要があります。

今回はLINEでのお別れという、相手にとっては納得しづらい状況ですので、それを理解したうえで一人の大人として、会わない中でも誠意のあるお別れをしたいところです。

別れを切り出す前触れとして、こちらが別れを考えているという意思表示のためにも、連絡を減らしたり会う回数を減らしたりして察してもらうというのはよくある手ですが、話の通じにくい相手であればそのような遠回しの行為は、トラブルに発展する可能性があります。

別れたいという意思を察してほしかっただけなのに、“そうか。俺は今までお前に浮気をされてたんだな。” や、“突然連絡が少なくなるなんて、何かあったんだ。俺が守ってやらなきゃ。”など違う意味で察してきて、その行動が愛ゆえに憎しみへと変わるときが怖いのです。

こうしたことも踏まえて、まずはLINEで別れ話を伝えるメリットとデメリットを見てみましょう。

LINEで伝えるメリット

・顔を合わさないので、暴力を振るわれるなどといった心配がない
・相手が目の前に居たら伝えにくいことも言葉にできる
・リアルタイムで相手が読んだかどうかを確認できる
・相手の情に流されず、自分の意思をつらぬきやすい
・相手の返事など残しておける(なにかあって警察に相談するとき役にたちます)

直接会うとどうしても彼のペースになってしまいやすく、こちらの別れたいという意思をどうにかしてくつがえせないかと、あがかれることがあります。

質問責めにされたり、泣かれたり、逆ギレされるとどうしても彼がかわいそうと感じたり、怖いからやっぱり我慢しようと気持ちが揺れてしまうこともあるでしょう。

そのため、LINEを使うと相手の顔を見ることがないので自分の気持ちも揺れにくく、意思を伝えやすいと思います。

ときどき、キレてLINEをしつこく送り続ける人もいますが、そのときは一度返事をせずにようすを見てください。どんな人もいつまでもキレ続けるというのは大変なことで、相手をされないとわかるとどこかで落ち着きを見せます。

会っていないからこそ、お互いに落ち着いて話せるというのが大きなメリットです。

また、滅多にないと思いたいですが、もし彼に暴力的な面がある、ストーカーになりやすい要素があるというので不安がある人は、別れ話の前に警察へと相談しておくのもよいです。

私は一度DVの彼氏と別れ話をこじらせて、彼が家に何度も押しかけてきてストーカーになってしまったことがありますが、相手からの連絡内容を保存してあったことで警察が早期に対応してくれました。

LINEで伝えるデメリット

・読み手によっては文章なのでこちらの思いを誤解されることがある
・納得いくまで話し合いが出来なかったら、しつこくなりやすい
・別れ話のタイミング次第では既読無視や未読無視をされることがある
・自分の送った文章が残る

別れ話からストーカーになってしまう原因のひとつに多くあげられているのは、“納得がいかない別れ方をされた”というものです。

当然、大好きな人から「別れて欲しい。」と言われたら、誰だって嫌です。別れたくないです。しつこい男ならどれだけ前触れがあっても、実際なにも言われていないので受け入れません。別れないためなら、どんなことも頑張りたいと思うものです。

なので、別れ話を受け入れたくない人は、自分の何がいけなかったのか、どこを直せば戻れるのか、まだ自分のことを好きな気持ちは少しでもあるのかなど、聞きたいことが沢山あります。聞いた中から少しでも可能性を拾い集めて、別れ話をなかったことにしたいのです。

別れ話をLINEでするのなら、そういった相手の聞きたいことにはすべて答えるつもりでいる必要があります。それは精神的にもしんどいかもしれませんが、のちのトラブルを考えると大切なことです。

LINEで伝える上手な文例

ここで、まずは相手に伝わりやすい文をつくるために何を書くべきかをまとめてみました。

1. 別れたいという気持ちになった理由(相手が諦めのつく理由)
2. 別れるという事実はなにがあっても変わらないということ
3. 別れたらこれで最後。友達に戻ることはないということ
4. 相手は悪くないけれど、自分にはどうしても合わないということ
5. 相手への今までの感謝を伝える

とくに、2と3は重要です。別れるという事実は何があっても変わらないということはしっかりと伝えましょう。

最初はこの事実を伝えることで相手を傷つけてしまうと思い、抵抗があるのはよくわかります。でも、ここで曖昧にして相手に“もしかしたら戻れるかも。”という期待を少しでもさせてしまうと、その後戻れないことに気づくとより深く傷つき、よりあなたへのしつこい気持ちが抑えられなくなってしまうのです。

この最初の「別れる」という事実をしっかり明確にすることが、穏やかに別れることへの第一歩です。

別れ話のトラブルを回避!!彼氏を怒らせない上手な文章を作るコツ!

では、さっそくLINEに書くべき内容についてポイントを見ていきましょう。
○:おすすめできる文例
▲:言うべきではない文例

○「どうしても諦められない夢(今やりたい趣味など)があって、今はそれに集中をしたい」

それには、自分ひとりの時間を大切にしたいし、自分勝手だけど今は恋愛のことを考えたくない。など、はっきりと言い切ります。

○「好きな気持ちがなくなってしまい、一緒にいることが辛くなりました。」

このときに、もし好きな気持ちがなくなった理由があった場合は、責めるのではなく、どうして嫌だったのか、気持ちがもう戻らなくなった理由など書いておくと伝わりやすいです。

「○○くんがほかの女の人と浮気をしていたことがあったよね。私にも原因があったのはわかるし、今は責める気持ちはないんだけど、あれから少しずつ気持ちが冷めてしまってどうしても好きな気持ちが戻ってこなかったの。」といったような感じです。

書いてはいけないのは、「あなたの○○なところが嫌いで今までずっと我慢してた。」「浮気したあなたが悪いよね。嫌いになったからもう会いたくない。」といった否定をすることです。

男性は振られると、とてもプライドが傷つきやすいです。否定をされると自分を拒絶されたように感じる繊細なところもあるので、言葉には十分に気をつかってあげてください。

▲「ほかに好きな人ができたから、別れて欲しいです」

男性のプライドを傷つけるという点で、普通の人なら正直に伝えたらよいのですが、今回対象とする男性には要注意な言葉です。あなたに依存し、好きな気持ちが強ければ強いほど、憎しみにかわりやすい言葉です。

嘘をつきたくないという正直な気持ちはとても大切でよいことですが、あなたを好きで好きで仕方がない束縛男やプライドが高い男ならこれは許せないことです。

“好きになるということは、自分が知らないところである程度その人と接触する時間があったのではないか”と、浮気を疑う気持ちにさせてしまったり、“自分よりも好きになる男ってどんなやつなんだ!!”とその人に会いたがったりと、話がこじれる可能性が高いです。

“自分以外の男”と幸せそうにするあなたを想像するだけで、許せない気持ちがフツフツと憎しみに変わります。

▲「まだ好きだけど、自分の気持ちが分からなくなって、このまま付き合っているのは申し訳ないと思ったから別れてほしいです。」「あなたは素敵な人だけど、私がそれにつりあっていないので別れて欲しいです。」

突然大嫌いになって別れる人ばかりではないので、まだ少し好きな気持ちが残っているのは分かります。ただ、別れるなら好きという言葉は絶対に言ってはいけません。変な期待をさせます。

「君が自分の気持ちがわかるようになるまで待つよ」と待たせたり、「つりあってないことなんてない。俺はお前がいいんだから、これからも一緒にいよう」と、まるで「別れたくないです」と言っているようなものなので、下手にへりくだったり謝り方を間違わないように気をつけてください。

「別れなくてもいいんだよ。」という気持ちにさせた後に、「いや、実は私は別れたいのです。」と伝えるとなると、あげて落とすようなやりかたになってしまい、彼をキレさせてしまう可能性が大です。

このような彼のプライドを傷つけてしまうであろう理由の場合には、嘘にはなりますがあなたの身を守るためにも○のような理由にして伝えてください。

彼氏が別れを拒否!別れたくない彼の本音&理由とは?

もしも、はっきりと彼に別れを告げたにもかかわらず彼が別れを拒否した場合、それはまだあなたとよりを戻せるという希望が少しでも残っていると思っているからです。

まだ決意が届ききっていません。納得させられていません。あなたがいるのが当たり前で、あなた以上によい人とはもう巡り会えない、あなた以外と幸せな未来を想像できないと、別れを前に頭の整理ができておらず心がついてきていない可能性が高いです。

そんなとき、「彼には私しかいないのかも・・・。」とつられてセンチメンタルになってはいけません。大切なのはそういう彼との無駄な時間をもう繰り返さないことです。

なんと言われても、「ごめんね。」「辛いよね。でも私はもう別れることしかできないです。」と繰り返し、謝りながらも無理であることを言い切り続けましょう。

気持ちが戻ってくることはないことをしっかり伝えてください。相手を責めず、さとす気持ちをもって臨んでくださいね。

スムーズな別れ!ズルズルしない別れ方とは!?

何度も繰り返していますが、大切なのは相手を納得させること。もっと言うと、相手が「もう諦めるしかないんだな・・・。」と諦める気持ちにさせることが一番スッパリ別れられます。

相手の反応に、こちらも引きずられて「もう一回考えなおす余地があるか話し合ってみよう」と揺れたり、最後に一回だけでいいからと頼まれて二人で思い出の場所にデートにいくことを了承したりなどすると、ズルズルしちゃいます。

ただ、このズルズル引きずっている時間はお互い必要ないですよね。いつまでも脈のないあなたを追い続けさせるのも、よくないことです。相手を思うからこそ、別れを切り出した後にはしっかりと縁を切る気持ちをもつことです。

“もうあなたを好きになってお付き合いをすることはありません。私はあなたとは合いませんでした。一度付き合っていたので、あなたとは友達に戻ることも私の気持ちでは無理です。本当にごめんなさい。なんども考えましたが、この気持は何があってももう変わらないです。”

この内容をしっかりと相手に言い切ってください。彼のこれからのためにもスッパリ諦めてもらいましょう。

まとめ

1. LINEで別れを切り出すなら会うときよりも誠意をもって伝えること
2. 相手が納得しない一方的な別れがストーカーを生み出す
3. 別れを切り出す前触れを出す場合は相手を見極める必要がある
4. 別れの言葉に少しでも希望を抱かせる言葉は入れない
5. 別れると決めた以上、その気持は最後まで突き通す
6. 別れるときに、相手を責めない
7. 友達には戻れない、別れたら中途半端に繋がらない

いかがでしたでしょうか?え?こんなことも言ったら駄目なの?とおどろいた方もいるかもしれません。普通に話し合いのできる彼であればこのような心配はしなくてよいのですが、話し合いが通じない彼であれば、心の準備が必要です。

回りくどい言い方や、はっきりしない態度は望まないトラブルに直結します。出会いの数だけ別れはあるもの。最後もしっかりと締めましょう。

よい恋愛をするには、よい別れを。相手を少しでも思うなら感謝の気持ちは別れ方に出し、相手にしっかりと諦めてもらいましょうね。

コメント