選手宣誓バレーボール子供大会例文!令和を使った感動するかっこいい宣誓文の作り方!

スポンサーリンク

バレーボールの試合

スポーツ大会、といえば「選手宣誓」ですよね。

子供の宣誓を聞くと、応援する親の立場としても何となく身が引き締まるものです。

それでも、いざ自分の子供が選手宣誓する立場になったら何を教えたらいいのか、慌ててしまいますよね。

私自身、子供のときにバレーボール少年団に所属していました。

最上級生となったときには、実力は伴っていないのにキャプテンを任された経緯から、選手宣誓経験があります。

バレーボール大会に特化した宣誓文の作り方、例文をそれぞれまとめました。

参考にして、選手宣誓を成功させてくださいね。

子供のバレーボール大会の選手宣誓!感動するかっこいい選手宣誓の作り方とは?

時間は指定がなければ、短いものがよいでしょう。

1分でも十分です。

子供にもよりますが、まだまだ選手宣誓という大役はプレッシャーですからね。

ただここで注意したいのは、時間が短くても子供が忘れにくい言葉を使う、ということです。当日は緊張することを前提に言葉選びをしましょう。

子供自身から出てきた言葉の方が忘れにくいかもしれませんね。

そこにひたすら練習を重ねれば、そうそう忘れることはないと思います。

「宣誓」からはじまり、はじめは後ろ向きな言葉があっても構いません。

しかし、最後は前向きな言葉で締める、という流れにしましょう。

子供のバレーボール大会の選手宣誓例文!令和をいれた選手宣誓例文3選!

街並みにある令和元年の日の丸の旗

「宣誓。私たちはこの新しい令和を舞台に、精一杯ボールを追いかけることを誓います。」
「宣誓。私たちは令和初のチャンピオンになるために、精一杯戦うことを誓います。」
「宣誓。私たちは日頃の練習の成果を出すべく、令和の幕開けにふさわしい大会にすることを誓います。」

令和ネタは「今年ならでは」のものなので、子供には難しくても思い出には残るかもしれませんね。

子供のバレーボール大会の選手宣誓例文!ユーモアのある選手宣誓例文3選!

壁の落書き

「宣誓。私たちはスポーツマンシップだけにこだわらず、ただひたすらに仲間たちとボールを追いかけることを誓います。」
「宣誓。今日は、スポーツマンシップより、記憶に残る試合にすることを優先します。卒業を控えた最後の試合なのでお許しください。」
「宣誓。今日の試合は遅刻を許してくれた〇〇先生への感謝を込めたものにすることを誓います。寝坊するほど練習した成果を出しきりましょう。」

「宣誓」で始まり「誓います」で締める型通りの選手宣誓に、少し手を加えればユーモアのある選手宣誓が作れます。

子供が嫌がらなければ、是非挑戦してみてはいかがでしょう。

参考にしたい!感動する名選手宣誓3選!

「We love baseball.The most wonderful thing about baseball is “WA”(和)ー」
引用:2019年7月13日、高校野球徳島大会開会式 阿波の天満翼主将

英語の選手宣誓は珍しいですよね。

そして、we love から始まるところが「洒落てるなぁ」と感じさせます。

最後に「和」で締めるというところは、選手宣誓がルーチンになっている日本ならでは、の空気を上手く取り入れていると思います。

「宣誓 我々は、というか…僕に注目してください。
僕はこの大会でみんなを驚愕させます。
スカウトは「100年に1人の怪物」と騒ぎ立てるでしょう。
僕の髪型は大流行し、(坊主やん、なあ)笑顔だって超高校級。
集団に埋れて自分を失うのはもうやめ。
手に入れられるすべてを全力で手に入れることをここに誓います。」

引用元:Nikeナイキ 高校野球 選手宣誓CM

こんなユーモアと気合いの入った選手宣誓は、さすがナイキですよね。

坊主ネタで十分にはユーモアを感じさせつつ、「手に入れられるすべてを全力で」で、気合いを感じさせられる展開は素晴らしいなぁ、と感動しました。

「私はすべての競技者の名において、オリンピック競技大会の規約を尊重し、スポーツの栄光とチームの名誉のために、真のスポーツマン精神をもって大会に参加することを誓います。」

引用元:1964年10月10日 東京オリンピック・国立競技場の開会式 日本選手団 主将 体操男子の小野喬さん

東京オリンピックの時の選手宣誓です。

「王道」といった感じですが、「真のスポーツマン精神」という部分に、昔ながらの強さみたいなものを感じました。

大会当日!選手宣誓トラブル回避術!

緊張しないように、というのは難しいことです。

セリフが飛んでしまうような事態もあるかもしれません。

私が選手宣誓を経験した時には、やはり緊張しセリフが飛びそうになったことがありました。

私の場合、まずは王道のものをなんとなく暗記していたので、「オリジナルが飛びそうになったため、王道パターンに乗り換えた」という対応になりました。

この対応が正解かは分かりません。

しかし、その場でも何とか対応できるだけの知識を入れておくのは、色々と対応できる場面が増えるのではないでしょうか。

何とかできる、と少し自信がもてれば、緊張も少しはやわらぐことでしょう。

まとめ

  • 子供の好きな言葉を入れ、「宣誓」から始まり、前向きな言葉で締めましょう。
  • 令和ネタは、思い出に残す気持ちで取り組みましょう。
  • ユーモアのある選手宣誓は、子供の意見を尊重しましょう。
  • 名選手宣誓は、参考になるのが沢山あります。自分の好みを探すのも面白いですよ。
  • 緊張が少しでもやわらぐよう、その場でも宣誓できる基礎知識があると自信になるでしょう。

なかなか回ってこない選手宣誓という大役。

任されたなら、子供にそれだけの器がある、ということです。

親も子供を信じて、一緒に楽しんでしまいましょう。

選手宣誓の練習で、親子の絆も深まるかもしれませんよ。

【こちらも読まれています】

選手宣誓の例文【バレーボール大会編】10選がすぐに使える!
バレーボール大会で選手宣誓をすることになったけど、どうしよう。と、いきなり選手宣誓をすることになったら、お困りですよね。どれもすぐに使えますので、ご一読していただき、気に入った例文をぜひともご使用ください。また、オリジナルで選手宣誓文を考えるコツや、失敗しないコツ、選手宣誓の由来や宣誓する理由もお伝えしたいです。

コメント