PR

おばあちゃんが亡くなった時にかける言葉は?親・友人・彼氏。後悔しないようにするには?

ユリの花

友人や彼氏、彼女のおばあちゃんが亡くなったと聞いたら、どんな言葉をかけてあげたらよいのでしょう。

おばあちゃんと孫の関係は、家によってさまざまです。

遠方で、あまりおばあちゃんと交流がなかったりする人もいれば、親同然に、自分の面倒を見てくれたなどの思い出がある人もいます。

その場合、それはもう深い悲しみに沈んでいるにちがいありません。

そんなときに、どんな風に接するのがよいか、どんな言葉を選べばよいのか、ご紹介していきます。

また、おばあちゃんを亡くした身近な人の様子を見て、もしも自分だったら、と思ったりしますよね。

生きているうちもっと・・・といった後悔がないように、おばあちゃんとの関係を見直してみるよい機会であることもあわせてお伝えしたいと思います。

おばあちゃんが亡くなった時にかける言葉は?親やいとこにかける言葉は?(実母の場合)

あなたの両親のどちらかが自分のおばあちゃんを亡くした、つまりあなたがひいおばあちゃんを亡くした場合のことです。

おばあちゃんと同居していたり、思い入れが深ければ、悲しみにうちひしがれることでしょう。

ただ、葬儀の準備やおもてなしなどの慌ただしさに、悲しみ沈んでいられないことも多々あります。

親子ですから、言葉で伝えるというよりも、もろもろの雑事などを手伝ったりして、しっかりサポートしてあげたいですね。

また、いとこの場合でも同様です。

いとこのおばあちゃんであれば、あなたのおばあちゃんでもあるわけですが、もしも、いとこがおばあちゃんと暮らしを共にしていれば、きっとあなたよりも悲しみは深いはず。

そう意味でも「御愁傷様です」「お悔やみ申し上げます」といった一般的なお悔みの言葉を、身内であるあなたから、おじさんやおばさん、いとこに使っても問題ありません。

そして、身内として「なにかお手伝いできることはありませんか」と声をかけることをおすすめします。

いとこと友人のような関係で、そういった一般的なやりとりがが堅苦しく感じるのであれば、普段の言葉でお悔みを伝えてください。

「御愁傷様です」は、身内を亡くした人を気の毒に思うという意味です。

「残念だったね」「さびしくなるね」など、相手への気遣いを込めましょう。

直接顔を合わせる機会がなかったり、取り急ぎ連絡したければ、メール、LINEでも構いません。

ただし、相手との親密度や普段の通信手段によっては、失礼と受け取られることもあります。ちゃんと見極めてから使いましょう。

以下に、いとこへのメッセージ例をご紹介します。

「このたびは御愁傷さまです。おばあちゃんのこと、お悔み申し上げます。葬儀のことなどで、なにかお手伝いできることがあったら、遠慮なくいってくださいね」
「おばあちゃんのこと聞きました。大変だったよね。もう会えないなんて信じられない。寂しくなるね」

不幸にあたっては、使うと不吉とされる「忌み言葉」があることも覚えておきましょう。

同じ言葉を繰り返したり、繰り返しを意味する言葉は、不幸が重なることが連想されるので、使うのは避けねばなりません。

以下のような言葉がそれにあたります。

  • 重ね重ね、たびたび、しばしば、など
  • 再三、重ねて、続いて、再び、など

また、「早く元気出して」「頑張って」といった励ましの言葉も、あまりおすすめしません。

大切な人の死をしっかり悲しむことが、のちのち気持ちの切り替えをしやすくなるものなのです。

おばあちゃんが亡くなった時にかける言葉は?友達や親友のおばあちゃんの場合は?

泣いている猫の人形

友達のおばあちゃんが亡くなったと聞かされると、どんな言葉をかけたらよいか迷いますね。

特に、日ごろから友達がおばあちゃんっ子だと知っていたらなおさらです。

高齢であることが多いので、亡くなった原因については、疑問をもつことは少ないでしょうが、一般的にそういった質問をするのはタブーです。

「御愁傷様です」「お悔やみ申し上げます」という一般的なお悔みの言葉を使ってもよいでしょうが、お友達には、形式にとらわれず、自分の言葉で気遣ってあげてください。

日ごろ使っている連絡手段であるメールやLINEでも構いません。

以下に、メッセージ例を紹介します。

「大変だったね。心からお悔やみ申し上げます。私にできることあったら言ってね」
「おばあちゃんとお別れすることになって、どんなに悲しんでいることかと思います。あまり気を落とさないでね。」

おばあちゃんが亡くなった時にかける言葉は?彼氏や彼女のおばあちゃんの場合は?

交際相手のおばあちゃんが亡くなったと聞かされたとき、相手との付き合いの深さや、交際期間によって、どういった対応をするかが多少違ってきます。

葬儀のことなどで慌ただしいかもしれませんので、おばあちゃんが亡くなったと連絡をもらったきり音沙汰なしということもあるでしょう。

そんなときは心配でしょうが、相手の状況をおもんばかって、連絡を急かすようなことはしないでおきましょう。

ただ、心配している、待っている、ということは伝えた上で、返信不要としておきたいですね。

既に家族に紹介している間柄であれば、なにかお手伝いできることはないか申し出てみてください。

お悔みの言葉にそういった気遣いを添えるとよいでしょう。

普段から利用しているメールやLINEなどの通信手段で構いません。

以下に例文をご紹介します。

「おばあちゃんのこと、心からお悔やみ申し上げます。私にできることあるなら言ってね。」
(相手から逝去の連絡をもらった場合)「大変なときに連絡してくれてありがとう。落ち着くまで待ってるからね。」
(婚約などしていれば)「おばあちゃんに一度お会いしたかったのに残念です。○○(交際相手)もさぞつらいでしょう。明日の葬儀は私にもお手伝いさせてください」

悲しみを癒す方法

 

おばあちゃんの死を受け入れ、その悲しみを癒す一つの方法は、彼女の思い出を綴ることです。それは手紙形式であったり、日記のような形であったりします。以下にその方法をいくつか提案します。

1. 思い出のアルバムを作る:
おばあちゃんと過ごした時間の写真やメモを集め、思い出のアルバムを作りましょう。それぞれの写真やメモには、その時何を感じ、何を考えていたのかを書き加えると良いでしょう。

2. 手紙を書く:
おばあちゃんへの手紙を書くことも有効です。未だ伝えられていない感謝の言葉や、おばあちゃんに対する思いを綴りましょう。

3. 思い出の物語を書く:
おばあちゃんとの思い出を一つの物語として書き記すことも一つです。それはあなたが学んだ教訓、共有した経験、またはおばあちゃんから受け継いだ価値観についての物語になるかもしれません。

 

悲しみは個々人で異なり、その経験もまた違います。そのため、悲しみを抱えているときには、専門家からのサポートを受けることも検討してみてください。心理カウンセラーや精神保健専門家は、悲しみを理解し、それを乗り越えるための戦略を提供することができます。また、地域の支援グループやオンラインの悲しみ支援グループに参加することも、感情を共有し、他の人々からのサポートを得るための有効な手段です。

“電話占いで慰めを見つける:喪失への新しいアプローチ”

喪失の面に立たされたとき、慰めと理解を求めるのは自然なことです。その一つのユニークな方法が電話占いで喪失感を癒す方法です。これらのサービスは個人的で親密な体験を提供し、亡くなった人々とのつながりや慰め、指導を提供することができます。

特に祖母のような大切な人を失ったとき、電話占いは非常に役立つことがあります。それは終わりへの感覚を提供し、未解決の問いに答えを見つけ、あなたが共有した絆を続ける方法を提供することができます。

電話占いにはさまざまな種類があり、霊能者によるリーディング、メディアムリーディング、タロットリーディングなどがあります。それぞれが異なるアプローチを提供し、あなたの悲しみと癒しのプロセスに独自の洞察を提供することができます。

霊能者によるリーディングは、あなたの悲しみをどのようにナビゲートするかについてのガイダンスとアドバイスを提供することができます。一方、メディアムリーディングは、祖母の霊とのつながりを感じることができます。一方、タロットリーディングは、あなたの感情状態についての洞察を提供し、前進する方法を提案することができます。

覚えておいてください、これらのリーディングには開かれた心と心が必要です。それらがすべての答えを提供するわけではないかもしれませんが、それらは慰め、終わり、そしてあなたの喪失に対する新しい視点を提供することができます。

電話占いを探している場合、オンラインで多くの信頼できるサービスが利用可能です。常にリサーチを行い、あなたとあなたのニーズに共鳴するサービスを選択してください。

最後に、悲しみのプロセスは深く個人的なものです。電話占い、サポートグループ、または個人的な反省を通じて、あなたが癒え、最善の方法で祖母の記憶を尊重する道を見つけてください。

祖母との楽しかった日々を再び《電話占いヴェルニ》

おばあちゃんが亡くなった時に後悔をしないように。おばあちゃんとのコミュニケーション方法は?

泣いている女性

身近な人のなかで、おばあちゃんやおじいちゃんとのお別れが一番早く来るのは、しごく自然なことなのですが、そういう心の準備ができているかといったら、多くの人がそうではありません。

想像してみてください。

子供のころ、母親代わりになにかと面倒をみてくれたおばあちゃんと、もしも突然お別れすることになってしまったら、なにも後悔することはありませんか。

そうなってしまって、一番多く聞かれるのは、もっとたくさん会っておけばよかった、感謝の気持ちを伝えればよかった、というような後悔の思いです。

そんな後悔を少しでもせずにすむように、できるだけおばあちゃんに会いにゆきましょう。

遠方だったり、なかなか忙しくてそれがかなわないという人は、電話でも手紙でも構いません。

最近では、メールやLINEを使いこなせるおばあちゃんも珍しくありませんよね。

「おばあちゃん、元気?」の一言にきっと喜んでくれると思いますよ。

まとめ

子どもと手をつなぐ大人

 

  1. おばあちゃんと孫の関係は家によってさまざま。
  2. おばあちゃんを亡くした孫たちは、葬儀などで多忙なことも多々あり。身内としてサポートすることを意識する。
  3. 一般的なお悔みの言葉は「御愁傷様です(でした)」「お悔やみ申し上げます」など。相手との関係上そぐわないと思われる場合、あらたまった表現でなくても相手への気遣いが含まれる表現であればよい。必要に応じて葬儀などのお手伝いの申し出も添えて。
  4. お悔みは直接ではなく、メールやLINEでもOK。ただし、相手との親密度や普段の通信手段などから、使ってもよいか判断すること。
  5. 重ね重ね、たびたび、しばしば、などの忌み言葉を使わないように気を付けること。「元気を出して」などの励ましの言葉も避けたい。
  6. 亡くなった原因をこちらから尋ねるのはNG。
  7. 連絡がないといった場合でも、相手への気遣いは伝えて、返信を急かすようなことはしないこと。
  8. おばあちゃんが亡くなってから、もっと会いたかった、感謝を伝えたかったと後悔しないように、日ごろからコミュニケーションをとるようにこころがける。

最後に、おばあちゃんは孫が顔を見せると喜ぶんだなあ、と実感した私の体験談をお話ししますね。

今は亡き私の祖母は、私の家から自転車で30分くらいかかる小高い山の上に住んでいました。

中学生の夏休みのある日、親に新しい自転車を買ってもらった私は、つい嬉しくて、あちこち遠出し、たまたまおばあちゃんの家の近くに。

そこで偶然、出くわしたおばあちゃんは「わざわざ会いにきてくれたの?」と大喜びでした。

別におばあちゃんに会いにきたつもりじゃなかったことを明かせるわけはなく「うん、そうだよ」と答えました。

おばあちゃんは、その後何年もことあるごとに「あの時は会いに来てくれてうれしかったよ」と私に言うのです。

私がそのたびに感じたのは、ウソをついた罪悪感よりも、私が会いに行くとそんなにうれしいのか、というような驚きに似た感覚でした。

だからというわけではないですが、私は大人になって遠方から帰省するたびに、何よりもそのおばあちゃんに会いにいくのが習慣でした。

それでも亡くなったときには、いろいろと後悔したものですが。

愛情を注いでくれたおばあちゃんとの永遠のお別れは、突然やってきます。

それを準備万端で受け止めることなどできるはずはないけれど、のちのち温かい思い出とするためにも、おばあちゃんの笑顔をいまのうちにたくさん見ておきたいですね。

【こちらも読まれています】

おばあちゃんが亡くなった時に友達にかける言葉は?してあげられることは?
クラスメイトや友達からおばあちゃんが亡くなったんだ…と言われたら、あなたならどう答えますか?身近な人が亡くなった人にはよく「ご愁傷さまです」と言葉かけをしますが、それだと自分らしくないというか、なんだかしっくりこない!と思う方もいるのではないでしょうか。
おじいちゃんが亡くなった時にかける言葉は?親・友達・彼氏。後悔しないようにするには?
親しくしていた身内が亡くなったとき、残された家族は多かれ少なかれショックを受けます。もし、あなたの身近な人がその立場だったら、あなたはどんな言葉をかければいいか頭に思い浮かびますか?「こんな言葉や態度はNG」というケースも交えてご紹介しています。

タイトルとURLをコピーしました