PR

彼氏・彼女や友達のおばあちゃんが亡くなったとき、LINEでかけたい言葉は?

おばあちゃんに捧げるお悔みの花

彼氏・彼女や友達のおばあちゃんが亡くなったと聞いたら、どんな言葉をかければいいのでしょうか?

おばあちゃんと孫の関係は家庭によってさまざまです。遠方に住んでいてあまり交流がなかった人もいれば、親同然に面倒を見てもらった思い出がある人もいます。その場合、深い悲しみに沈んでいることでしょう。

こんなときにどのように接するべきか、どんな言葉を選べばいいのかをご紹介します。

 

おばあちゃんを亡くした彼氏・彼女にかける言葉

亡くなった方に手を合わせる交際相手のおばあちゃんが亡くなったと聞いたとき、相手との付き合いの深さや交際期間によって対応が少し変わってきます。

葬儀などで忙しいこともあるでしょうから、おばあちゃんが亡くなったと連絡をもらったきり音沙汰がないこともあるかもしれません。そんなときは心配ですが、相手の状況を考えて、連絡を急かすようなことはしないようにしましょう。

ただし、心配していることや待っていることを伝えつつ、返信不要としておくと良いです。

すでに家族に紹介されている間柄であれば、何かお手伝いできることはないか申し出てみてください。

お悔みの言葉に、そんな気遣いを添えると良いでしょう。普段利用しているLINEなどの通信手段で構いません。

以下に例文をご紹介します。

「おばあちゃんのこと、心からお悔やみ申し上げます。私にできることあるなら言ってね。」
(相手から逝去の連絡をもらった場合)「大変なときに連絡してくれてありがとう。落ち着くまで待ってるからね。」
(婚約などしていれば)「おばあちゃんに一度お会いしたかったのに残念です。○○(交際相手)もさぞつらいでしょう。明日の葬儀は私にもお手伝いさせてください」

 

おばあちゃんを亡くした友達にかける言葉

泣いている猫の人形

友達のおばあちゃんが亡くなったと聞くと、どんな言葉をかけたらいいか迷いますね。特に、普段から友達がおばあちゃんっ子だと知っているならなおさらです。

高齢であることが多いので、亡くなった原因については疑問をもつことは少ないでしょうが、そういった質問は一般的にタブーです。

「御愁傷様です」や「お悔やみ申し上げます」といった一般的なお悔みの言葉を使っても構いませんが、友達には形式にとらわれず、自分の言葉で気遣ってあげてください。

普段使っているLINEなどの連絡手段でも大丈夫です。

以下に、メッセージ例を紹介します。

「大変だったね。心からお悔やみ申し上げます。私にできることあったら言ってね」
「おばあちゃんとお別れすることになって、どんなに悲しんでいることかと思います。あまり気を落とさないでね。」

自分のおばあちゃんとももっと連絡を

身近な人の中で、おばあちゃんやおじいちゃんとのお別れが一番早く来るのは自然なことですが、心の準備ができているかというと、多くの人がそうではありません。

もっとたくさん会っておけばよかった、感謝の気持ちを伝えればよかった、という後悔を覚えたという話をよく耳にします。

そんな後悔を少しでも減らすために、できるだけおばあちゃんに会いに行きましょう。遠方だったり忙しくて難しい人は、電話や手紙でも構いません。最近では、LINEを使いこなすおばあちゃんも珍しくありませんよね。

「おばあちゃん、元気?」の一言だけでも、きっと喜んでくれると思いますよ。

 

まとめ

今回の記事のポイントをまとめてみます。

  1. 亡くなった原因をこちらから尋ねるのはNG。
  2. 一般的なお悔みの言葉は「御愁傷様です(でした)」「お悔やみ申し上げます」など。相手との関係上そぐわないと思われる場合、あらたまった表現でなくても相手への気遣いが含まれる表現であればよい。必要に応じて葬儀などのお手伝いの申し出も添えて。
  3. お悔みは直接ではなく、LINEでもOK。ただし、相手との親密度や普段の通信手段などから、使ってもよいか判断すること。
  4. 連絡がないといった場合でも、相手への気遣いは伝えて、返信を急かすようなことはしないこと。
  5. 自分のおばあちゃんが亡くなってから後悔しないように、日ごろからコミュニケーションをとるようにこころがける。

今は亡き私の祖母は、私の家から自転車で30分ほどかかる小高い山の上に住んでいました。

中学生の夏休みのある日、親に新しい自転車を買ってもらった私は、嬉しくてあちこち遠出し、そのまま偶然おばあちゃんの家の近くに行きました。そこで出くわしたおばあちゃんは、「わざわざ会いに来てくれたの?」と大喜び。別に会いに来たわけではなかったのですが、「うん、そうだよ」と答えました。

その後、おばあちゃんは何年も「あの時は会いに来てくれて嬉しかったよ」と言い続けました。私はそのたびに、ウソをついた罪悪感よりも、そんなに会いに行くのが嬉しかったのかと驚きました。

それ以来、大人になって遠方から帰省するたびに、何よりもまずおばあちゃんに会いに行くのが習慣になりました。それでも、亡くなったときには色々と後悔しましたが。

愛情を注いでくれたおばあちゃんとの永遠のお別れは突然やってきます。準備万端で受け止めることはできませんが、温かい思い出にするためにも、おばあちゃんの笑顔を今のうちにたくさん見ておきたいですね。

タイトルとURLをコピーしました