写真の掛け声で面白い言葉は?自然と笑顔になる。ディズニーで使える

スマートフォンが普及して、写真の画像もきれいになる一方です。手ぶれ機能もついていますし、被写体にフォーカスを合わせた写真も撮れるようになっています。機種にもよるかもしれませんが、プロに近づける写真が撮れるようになってきている世の中になりました。

友人、家族、恋人などと写真を撮る時、はたまた観光地に行き、シャッター(ボタン)を押してくれと頼まれた時には、むやみやたらにシャッターを押しませんよね。人物がかまえた時点で一呼吸おき、「撮りますね。はい、チーズ!」などと声をかけるのではないでしょうか。

誰もが実践しているお決まりの約束事みたいなものです。

では、なぜ写真の声掛けはチーズになったのでしょうか?考えてみたことはありますでしょうか。

テレビ画面に映る時に自然にピースを作ってしまうように、その動作と声掛けが身についてしまっているのでしょう。

どうして写真の声掛けがチーズと呼ばれるようになったのか、少し立ち止まって考えてみませんか?

また、チーズの他にも声掛けがあるので、紹介しつつ、様々な声掛けについて探っていきましょう。

10分くらいで読める記事です。では、さっそくいきましょう。スタート!

写真の掛け声が必要な理由は?チーズの意味は?

何名かで写真を撮るときには、何かしら声をかけてからシャッターを切りますね。

掛け声と一口にいいますが、掛け声は何のためにかけるのでしょうか。

世界百科辞典第二版によりますと、

動作を呼び起こしたり、2人以上の動作をそろえたり、あるいは動作に気勢を添えたりするために発する声」

とあります。

写真の場合で言いますと、「今から写真を撮りますよ。できるだけいい笑顔の写真を撮りたいと思っております。あなたもそう思ってますよね。レンズに注目してくださいね」ということを撮る前に言いたいのです。

しかし、こんな長い言葉を言っていたら「写真撮ってもらわなくてもいい」となってしまうかもしれません。

そこで、カメラ(スマホ)をかまえて「撮ります!はい、チーズ。カシャ!」で何事もなくうまくいくのです。

これに異論がある方はほとんどいないでしょう。

そこで疑問がわいてきます。物心ついて以降、写真を撮ってもらったり撮ったりするときに、誰に教えてもらったわけでもないのに自然と「チーズ!」と言っていませんでしたでしょうか。

「チーズ!」というと口が横に伸びるので自然と笑顔になります。チーで笑顔になり、ズは何でしょう。ズで口がとんがってしまいます。チーだけでもいいのではないでしょうか。

撮る側が「チーズ」といい、撮られる側もそれにこたえるかのように「チーズ」と返す。いわば「こちらに注目してください」という意味なのでしょう。

では、いつから「チーズ!」というのでしょうか?

撮られた方が亡くなったあとも写真は残ります。ぶすっとした顔や怒った顔、泣き顔、ふてくされた顔が一生残るのはいやですよね。現代ならスマホで撮って気に入らなければ削除という手段もありますが、昔は今と違い、写真撮影が高価なものだったのです。昔は写真を撮影するためのカメラは一般的には普及しておらず、町の写真館で撮影を行うしかありませんでした。

写真一枚が高額で、失敗出来ないと考えてしまうと、緊張で顔がこわばってしまうかもしれません。そこで、自然と笑えるように、「はい。チーズ!」という掛け声が誕生したのでした。海外が発祥で日本に持ち込まれたもののようです。

なぜチーズが選ばれたのでしょうか?当時美味しい食べ物の中でチーズが一般家庭に広く普及していたからです。今でもチーズは美味しいですが、当時は普及したばかりだったのでしょうね。

では「チーズ!」という掛け声がなかったときはどうしていたのでしょうか?

日本で広まったの、戦後のことです。

きっかけは、1963年に放送された雪印乳業のチーズのテレビコマーシャルでした。それ以降日本に浸透したというわけです。

写真撮影でなかなか笑うことのできないモデルさんを見た外国人が「チーズと言ってごらん!」と声をかけるというものでした。「チーズ」と言ったところ、モデルさんの表情が自然と明るくなり写真撮影がうまくいったという逸話があるのです。

この内容のテレビコマーシャルが流行したことによって、「はいチーズ!」が写真撮影の定番となったのです。

日本で一番最初に写真が撮られたのは幕末の頃でした。一枚撮影するのに30分かかったという説があります。その後2-3分になり30秒になりと時間縮小されていきましたが、30秒動かないでじっとしているのはなんと大変なことでしょう。

なので、写真の時にどんな言葉をかけていたかは想像するしかありません。

「目をつむらないようにしてください。私が右手をあげたらレンズをみてください」とでも言ったのではないでしょうか。

現代からはちょっと考えづらいですよね。写真技術に脱帽します。写真の時にどんな言葉をかけていたかは想像するしかありません。

面白い。自然に笑顔になる掛け声10選

写真の掛け声について紹介してきました。チーズは誰でもが知っているのですが、やはり「うー」となってしまい笑顔になりません。理想は広角があがる「にぃー」で終わる言葉が適しているのではないでしょうか。

そこで、チーズに代わる(?)面白くて、自然に笑顔になる写真掛け声について紹介していきましょう。

1.1+1=「2!」

NHKの「チコちゃんに叱られる!」でも写真の時の掛け声についても放送されたことがありました。

そのNHKで日本語で自然な笑顔にさせるのに一番簡単なのは1+1=「2!」の「にぃー!」だと紹介されていました。

最後が「にぃー」で終わる言葉が適しているのだと思いますが、写真はカメラマンと撮る側の呼応だと思います。

カメラマンのキャラクターなどにもよりますが、質問→回答→撮影という流れが自然なのではないでしょうか。上記の1+1もそうですね。

他にどんな質問→回答があるのでしょうか。

2.紅茶にミルクを入れたらミルクティー。紅茶にレモンを入れたら?」

「え?レモンティー」となりますが、一瞬考えてしまうようなのは向いていないかもしれません。

パッと答えが出てくる質問はあるでしょうか?

3.太陽が昇る方角は?

「ひがしー」はどうでしょうか。皆さん答えられますよね。

「にしー」という方がいたら、かえって爆笑の渦になり面白い写真が撮れるかもしれませんけどね。

4.「はい、バター」

えっ、チーズじゃないのという笑いがこみあげて、皆が自然な笑顔になれます。

5.「ずんだもち~」

地方ならではの掛け声です。仙台の名産品です。地方独特の掛け声ってありそうですよね。

「タラバカニー」なども北陸地方に旅行に行った際の団体旅行写真撮影にありそうです。

6.「あしたー」

最後が「いー」で終わると口角があがり、笑顔になりますが、子供の場合は「あー」の方がはじける笑顔が撮れそうですよね。

子供が答えられて、「あー」で終われば何でもいいと思います。

例にあげたのは「今日の次の日は?」です。

7.「どんだけぇー」

少し前の流行語ですが、皆さん知っているのではないでしょうか。カメラマンが右手を出して左右にふり、身振りをつけていえば自然と笑顔になりそうです。

8.「ハレー」「あめー」

その日の天候を投げかけてみる。「エー」で終わる天気が多いのですが、広角は上がります。

実際に天候を意識してなくて「?」となるかもしれませんが、その時はカメラマンが仕切り直して「ハレー」で行きましょうと皆をまとめればOKです。

9.「お寿司」「すき焼き」

アメリカでチーズというなら、日本では日本の食べ物でもいいですね。

海外でもお寿司は定着していますが、写真を撮る時に「お寿司」と海外の方が言っているのは聞いたことがありません。日本で定着していけばそれはそれで面白いのではないでしょうか。

10.「チャーンポーン」

ご当地ならではの掛け声になります。長崎といえばチャンポン麺が有名ですね。これを利用して、この掛け声が生まれたようです。「長崎名物といえば?」「チャンポーン」と答えます。口も大きく開きますし、笑顔になること請け合いですね。

ただし、事前の打ち合わせは必要かもしれません。

 

写真撮影といってもシチュエーションが様々です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました