吾輩は猫であるの読書感想文のパクり・コピペOKなサイトとは?パクりはバレる?

スポンサーリンク

読書感想文で指定に選ばれやすい夏目漱石の本ですが、どれも本が分厚そうで読みたくない、古典的で内容が難しそうというイメージがあり選ばないという人が多いと思います。夏目漱石の本自体、本の厚さから見てもオススメできないほどの量です。

いかにも文学本という代名詞的存在の内容の印象があり興味は沸かないと思います。学生が理解できるとは思えないような難しい言葉の使い方というイメージが強く、中々のクセのある独特の世界観というものは、現代の人には読まない本といっても過言ではないでしょう。

そんな本だからこそ、一度は読んでみようという興味が出てきてもいいものだと思います。いかにも苦手な感じ満載のこの本の感想文というものをどのように書いたらよいのか、そしてコピペ・パクリをしなくても感想をどのように書けばよいのかをまとめてみました。

悪用厳禁!吾輩は猫であるの読書感想文をパクり、コピペOKにしているサイトはココ!

昭和の時代からこの本の読書感想文というものはあるので、ネットで検索をしたら出てきます。あくまでも参考として見る程度にとどめておいてください。

自由に使える読書感想文
http://www2k.biglobe.ne.jp/~onda/2015-wagahai.html

こちらは、注意書きされていますが万が一コピペ・パクリで問題になっても責任は取れませんとあるので、安易に利用をするのではなく参考程度にしておきましょう。

にゃんと愉快なねこ日記|夏目漱石『吾輩は猫である』読書感想文
http://bookloid.com/i-am-a-cat/

こちらは、原稿用紙3枚と5枚程度の感想文を書いた内容が載っています。これよりも多く書くときは新たに自分で考えて書かないといけません。

夏目漱石 吾輩は猫であるのあらすじ:簡単/詳しくの2段階で
http://rhinoos.xyz/archives/8980.html

こちらは、本の内容を詳しくわかりやすく表現をされています。本を読んで「難しい」「理解できない」といった事になったときに、参考になると思います。ここに紹介をしたところでは、あくまで参考程度にとどめておいて下さい。

吾輩は猫であるの読書感想文のパクり・コピペはなぜバレる?

せっかく書いた感想文がどうしてコピペ・パクリだということがバレてしまうのでしょうか?

チェックできるツールというものがある

難しい内容だからこそ、簡潔に書いてあるものをそのまま書いてしまうということが多いです。そのため本当に自分で書いているのか?という疑問が出てきてしまうと、ツールというものがありチェックされてしまうということになります。

教師は、チェックをしている

先生は、生徒の書く力というものをある程度理解はしています。どう見ても生徒が書くような内容でない文章は分かります。そうなるとツールを使ってチェックをしたりネットで調べたりします。

コピペがネットで調べることができるように、それを調べるということもできます。宿題で書いて出すだけなのにどうしてここまでいけないのか?そんな疑問があると思います。もしコピペがバレてしまっても何も言わない教師もいますが、評価を下げるということをする人もいます。

読書感想文で万が一入賞をしたときにコピペであった時に問題

読書感想文でコンクールというものがあり、そこで入賞をしたときに丸ごとコピーというのが分かった場合、世間に公表されて社会的に問題になってしまうからです。この問題は学校としては大問題に発展してしまい、対応が大変になるからです。

よく一般に出ている本などを無断で出してしまい著作権の問題になってしまうのと同じで、人の書いた感想文をそのままパクリをしてしまうと著作権の問題が同じように発生してしまいます。

吾輩は猫であるの読書感想文のパクり・コピペを極力バレずにするには?

自分で本を読んで書くということはめんどくさいけど、コピペ・パクリをしてしまうと何も言わずに評価を下げられてしまうというリスクがあり、対策というものが必要になってきます。

どうやったらコピペ率を下げて書くことができるのでしょうか?

リライト方法

文章の内容は同じでも、表現や言葉を変えて書く方法です。同じ内容の文章でも言葉の使い方、表現を変えるだけてかなり変わってきます。同じように感じても全く違う表現であれば、コピペ率を下げることができます。

こちらでリライト方法を紹介しています。参考にしてみてください

読書感想文のコピペやパクリをバレなくする方法
https://jukutobira.jp/%E4%B8%AD%E5%AD%A6%E5%8F%97%E9%A8%93/blog/50

あらすじを紹介しているところから、自分で納得のできる内容を書き出していき、文章の表現を変えて書いてみる。

リライト方法とほぼ似ている答えですが、本の内容や文法というものが難しく感想を書く障害になってしまいどうしても書けなくなってしまいます。せっかく選んだもので書けなくなって新たに選びなおすというのもめんどくさいです。

この本のあらすじは、ネットで調べてみると簡潔に書かれていることが多いです。すべての内容を丸写しというものはいけませんが、表現法をマネをして文章を変えて書くだけでもコピペ率は下げることができます。

読書感想文なんてパクり・コピペをしなくてもスラスラ書ける!そのテクニックとは?

パクリ・コピペといものも調べて書くということですので、ある意味めんどうというイメージはあります。そんな事をしなくてももっと簡単にスラスラコピペなんてしなくても書くことができる方法があれば苦労はしません。そんな方法はあるのでしょうか?

●自分が本を読んでみて感心した文章、物語の内容などを書き出す。
●その内容に対して感じた事を感想にして書く

この本の文章というものは、独特の表現がされておりその言葉の使いまわし方というもので感じた事を書くことができると思います。その表現を調べていくという楽しさというものもあり、書く意欲が出てくると思います。

宿題という言葉の響きは好きではないですが、自分の表現の仕方の勉強としても題材にはピッタリなものです。表現良く書かなくても、自分の感じたことをそのまま書いていけばいいです。

読書感想文というものは、自分の感じた事を自分の分かる範囲の文章で、自分の言葉で書いていくというものです。これは将来就職をした時に自分の意見というものをまとめるという力にもなっていくものなので、本当はコピペやパクリというものを利用をしない方が自分の力になってくれるものです。

感想なので、文章は上手く表現できてなくても大丈夫です。自分の力で書いているかを評価してくれます。コピペ・パクリでないということが分かれば評価は下げません。努力は認めてくれます。

まとめ

●コピペ・パクリは必ずバレてしまう
●コピペ率を下げる 書き方というもので、確率を下げて書く
●自分の書きたい内容をメモをして、そこから感想を書いていくとスラスラ書ける

夏目漱石の本というと、いかにも硬い文学というイメージで本のページ数も多く、一通り読む前に挫折をしてしまいそうになります。ですが、あらすじを書いている人がいるので、あらすじを理解できれば、本の内容が手に取るように分かってきます。

昭和の時代に書かれた本の内容というものは、結末が悲しい終わり方をするものが多い印象です。この本でも猫が主人公で猫の目線から物語が描かれていあるのですが、視点が面白いというところから読んでいくということもできます。

とっかかりにくいですが、昭和時代に書かれた本というものを呼んでみるのもよいです。DAISOでもたまにですが取り扱っているのを見ます。手軽に読んでみてはいかがでしょうか?

【こちらも読まれています】

読書感想文コピペやパクリはNG?自分で書くのは難しい。頼りにしたいパクリサイトとは?(悪用厳禁)
読書感想文と聞くと「感想なんて難しくて」という声が大半ですよね?インターネットが普及している現在では、簡単に調べてそのまま書くということができてしまいます。しかし、そのままコピペや丸ごとパクって書いてもすぐに分かってしまいます。読書感想文を書けるようになりたい方に、調べていきたいと思います。

コメント