心を整えるの読書感想文のパクり・コピペOKなサイトとは?パクりはバレる?

スポンサーリンク

【心を整える】この本の著書は、サッカー選手である長谷部誠さんです。日本代表のキャプテンをつとめた彼が日ごろの生活で、サッカー選手として得た経験を日常に実践されている事や心がけている事など、言葉や文章に表している本です。

内容を見ると、今ひとつ理解できるのかと悩んでしまうような本の印象があるかもしれません。ですが、この本は普段から読みそうな読書感想文のような物語的な内容ではありません。実際に社会人になったときに役立ちそうな心構えというものが勉強になります。

フィクション的でなく、実践に役立ちそうな心を整え方という本の読書感想文を、どのようにコピペ・パクリなしで書くことができるのかを調べていきます。

悪用厳禁!心を整えるの読書感想文をパクり、コピペOKにしているサイトはココ!

この本は、フィクション的な内容でなく、「格言」「名言」という言える言葉などは、言葉の感想としてコピーという扱いを受けやすくなるため、細心の注意が必要になります。

ここであげるサイトから丸ごとパクリ・コピペは推奨しません。自己責任でお願いいたします。

自由に使える読書感想文は学校提出目的に限り著作権フリーです – BIGLOBE
http://www2k.biglobe.ne.jp/~onda/

こちらは読書感想文の学校提出目的に限りOKとなっています。コンクールなどには使ってはいけません。

読書感想文「心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣(長谷部誠)
https://www.kanso-library.com/kanso/201609032421

こちらは、本の感想がありますが丸ごとパクると間違いなくバレてしましますので、参考程度に観覧しるのがよいでしょう。

心を整える 読書感想文 例 – 読書感想文.com
http://eigyou.sub.jp/s_kansobun19.html

こちらは、コピペはあまり推奨していません。しかしコピペ率を少しでも下げるコツが書いてあります。

心を整えるの読書感想文のパクり・コピペはなぜバレる?

どうしてコピペ・パクリはバレてしまうのでしょうか?

本の内容が自己啓発的である

この本の内容というのは、自身の経験から実践をしている事が書かれています。物語的な内容ではないため「感想」というものがあらゆるところにあります。1部分でもコピーということや、いくつものサイトからパクリ文章を掛け合わせて書くこともできてしまいます。

文章的に聞いたことがあると思ったら、簡単に見つけられてします。

文章で先生は分かる

どこにでも感想が書いてあるため、中学生・高校生が書いている文章でないと見破ることはできます。怪しいと感じたらチェックできる「ツール」というものがあるので、バレてしまいます。

心を整えるの読書感想文のパクり・コピペを極力バレずにするには

考えて書けたら苦労はしません。どうしても書けないというとき、感想を参照にして書いてしまうというものです。その時、極力「コピペ・パクリ」というものがバレずに書く方法があればいいですよね。どのようにやればバレずに書けるでしょうか?

この本の感想で自分が使いたいところをすべて書き出す

書くという作業は大変ですが、自分で考えて書くという手間を考えたらネットで検索をかけて調べるということは簡単にできます。沢山調べようとは言いませんが、この本の感想が少しでも分かりやすく書いてある記事などを参照にしてみましょう。

参考になる文章を書き出せたら、そのまま書くのではなく「感想同士を組み合わせる」ことをしたり、そこから自分の意見をさらに付け加えるということをしたら、かなりのコピペ率を下げることができます。

リライト方法というものをやってみる

リライト方法というものですが、1つの文章の意味をそのままで表現や言い回しを変えて書く方法です。

例文

私はこの本を読んで、自分の心と向き合って、心の状態を整えることの大切さを理解した。

これを直すと

自分は、この本を読んで己の心と向き合い、心の状態を整えるということの大切さというものを理解した。

文章の内容は同じであっても、言葉の言い回し、表現を変えるということをするだけで、雰囲気を変えるということができ、コピペ率を下げることができます。

こちらでもリライト方法が書いてありますので、参照にしてみてください。

読書感想文のコピペやパクリをバレなくする方法|塾を検索!スマホに窓口 …
https://jukutobira.jp/%E4%B8%AD%E5%AD%A6%E5%8F%97%E9%A8%93/blog/50

読書感想文なんてパクり・コピペをしなくてもスラスラ書ける!そのテクニックとは?

この本というものは、自分の経験というものを日常に活かすことができるように書かれた読みやすい本となっています。難しく考えて書くという手法は必要ないです。長谷部さんのサッカー選手で得た心の構え方、鍛える・磨くという表現をあえて「整える」という言葉で表現される意味など、彼ならではの表現法を用いています。

この表現のように自分で感じたこと、心に響いた言葉や文章の感想を自分の気持ちで表現すればよいです。感想文というものは自分が読んだ本に対する感想を、自分の気持ちとして素直に書くということです。

特にこの本では、実際の経験した中で自分が普段から行っている気持ちの持ち方や心構えなどといった内容が書かれているので、人として成長できるような本です。感想文として、自分の意見などが書くことのできる良い本の1つだと思います。

まとめ

●この本は、物語的な内容ではないので読みやすい。
●実際の経験から日常に活かすことができるような内容であり、素直な意見を書きやすい。
●本に対する感想が沢山書かれているので、参考というものができ、そこから自分でさらにアレンジして書くことができる。
●難しく考えずに、自分の感じた事を書いていけばよい。

読書感想文というものは、文学的に難しい内容の物語的な本を必ず書けというものではないという時代になってきました。まずは本に興味がわかなければ読むということすらしません。サッカー選手の方の思考の本となれば、興味はわいて感想が書けると思います。

実際には、キャプテンをつとめた彼だからこそ、気持ちの持ち方や冷静さを保つにはどうしたらよいか、周りの感情に流されずに平等の立場でいられるのか、頂点は孤独であることなど、経験された事を教えてくれているリアルな「人の心の持ち方」の教科書だと感じます。

とてもよい本なので、ぜひ一度は手に取って読んでみてください。

【こちらも読まれています】

読書感想文コピペやパクリはNG?自分で書くのは難しい。頼りにしたいパクリサイトとは?(悪用厳禁)
読書感想文と聞くと「感想なんて難しくて」という声が大半ですよね?インターネットが普及している現在では、簡単に調べてそのまま書くということができてしまいます。しかし、そのままコピペや丸ごとパクって書いてもすぐに分かってしまいます。読書感想文を書けるようになりたい方に、調べていきたいと思います。

コメント