読書感想文コピペやパクリはNG?自分で書くのは難しい。頼りにしたいパクリサイトとは?(悪用厳禁)

スポンサーリンク

読書感想文と聞くと「感想なんて難しくて」という声が大半ですよね?この感想文というものは一番嫌な宿題という思い出という人も多いですね。インターネットが普及している現在では、簡単に調べてそのまま書くということができてしまいます。

しかし、そのままコピペや丸ごとパクって書いてもすぐに分かってしまいます。自分の思った事や感じた事を文章にまとめるという事は、簡単にできません。書いたとしても規定の枚数に届かなかったりして苦労します。

「じゃあ、どうしたら簡単に書けるの?」と思う方、どうしても参考として文章を見たいという方、あまりオススメはしたくはないですが「少しのコピペやパクリたい」という方など読書感想文を書けるようになりたい方に、調べていきたいと思います。

読書感想文 パクリ、コピペはなぜバレる?

どうしてバレちゃうのでしょうか?

インターネットで検索できる

これは、コピーツールというものが検索をすると出てきます。そこで分かってしまうからです。コピペやパクリの対策というものはしっかりされているということです。

文章力

読書感想文というのは、小学生、中学生の夏休みの宿題として出てくるものです。確かに大人顔負けの力作もありますが、そんな逸材的な人は中々いませんよね。そうなると妙に文章力があるとなると教師はすぐに疑ってネットなどで調べようとします。

ネットで検索をしてすぐ出てくるものをそのまま書いてしまうと絶対にバレてしまいます。教師の目をあざむかせることは難しいですね。

教師は生徒の文章能力を把握している

先生は、生徒の能力を把握しています。自分で書いているかどうかというものは、普段の文章で理解をしています。妙に違うという異変はすぐに分かるというものです。

どうしてコピペや丸パクリがいけないの?

実際に漫画や小説といったものには「著作権」というものがあり、全く同じものを許可なく出してはいけません。読書感想文でも同じで実際に入賞しているという感想文の丸写しというものは盗作になってしまいます。

もし盗作が実際に入選などしたら、新聞やネットで掲載されることによって問題になり人生を左右してしまう事件になりかねないから、教師は厳しく見てしまうのです。

この理由だけではないですが、どうしても文章を考えることが苦手という子もいます。宿題というものを提出しなしといけないという焦りでやってしまうということもあるでしょう。

すべての文章を丸写しは良くないという気持ちは分かります。読書感想文というものをやらせる理由の1つは「自分の考えを文章にまとめる力」をつけてほしいというものですが、子供の能力もそれぞれです。

せめても参考程度に観覧するまでは許してあげてほしいですね。上手な文章を読むことによって力がつくこともあります。

読書感想文のパクリ、コピペを極力バレすにするには?

実際にバレずに書く方法とは?

リライトという言葉を聞いたことはありますか?文章の意味はそのままで表現や言い方などを変えて書くものです。

リライト手順

1.文章の順番を入れ替えてみる
入れ替えるときは、文章の意味が通らなくなってしまう事があるので、意味の分かる文章になるように直すことも必要です。
2.文章の表現を変える
文章の順番を変えたら、文末などの表現を変えてみましょう。
3.自分で原稿用紙に書き直す
当たり前のことですが、自分で原稿用紙に書くことをしましょう。

ここでのポイントは、少しずつ書き直していくということをすることです。一人では難しいと思うので、そんな時には親や友達と協力してやる方法もありますね。

インタビュー形式に聞きながら書いていく

本を読むときは一人ですが、親や兄弟や友達で感想を話してみるということで書く構成ができることもあります。どのような部分でこんな事を感じたという感じで話していた内容を書いていけば、自分のオリジナルの感想になります。

最初に書いた「リライト」という方法は、文章をある程度理解できていないと難しい手法ですが、こちらの方法ですと「どう感じたの?」「それはこんな考えがあったからじゃない?」などと会話ができて自分の中で理解できるので、文章を考えるのが苦手な子でも、力になれてよいと思います。

読書感想文なんてパクリ・コピペなんてしなくても書ける!そのテクニックとは?

【5分で分かる】読書感想文の効率的な書き方3ステップ!:34 / 7:09

【5分で分かる】読書感想文の効率的な書き方3ステップ!

こちらの動画も参考になればと思います。よろしければ見てください。

では、どのようにしたら「スラスラ」と書けるのでしょう?一番最初に言われる共通点は本選びです。学校指定というところが多いので難しいと思うのですが、その中でも自分が興味を持てないものや関心のないような本を選んでしまうとさらに書けなくなってしまします。

興味のあるもので本のページ数の少ないものを選ぶようにしましょう。1冊の読む内容が長すぎてしまうと「もういいや」となって、なげやりになり書けなくなってしまいます。

この後、面倒に感じてしまうところがあるのですが書きたいと思う事をメモにするということをやってみましょう。難しいと思う時は、感想を言った内容を録音したりするということもありです。

友達や家族、兄弟などに話してみた内容を録音して聞いたり、自分でメモをすることによって書く内容というものが出来上がってきます。そうなったら文章にして書くとスラスラ書けるようになります。

この時に上手な文章にしようということを考えないことです。自分の思った事を書くのが大事です。無理に感動するような文章や難しい言葉を並べなくても大丈夫です。自分の言葉で自然に感想を書けばよいです。

悪用厳禁!読書感想文のコピペ・パクリOKにしているサイト紹介

あまり推奨はしたくはありませんが、あくまで「参考」として書くヒントとして見る程度にしていただきたいのですが、少し紹介をしていきます(推奨はいたしません。自己責任でお願いいたします)

著作権フリー読書感想文

自由に使える読書感想文は学校提出目的に限り著作権フリーです

あまりオススメはしたくはありませんが、あくまで参考程度にとどめておいてください。

まとめ

・自分が興味がもてる、ページ数の少ない本を選ぶ
・読んだ内容をメモに取ったり、感想を親や兄弟、友達に話して録音しておくのもよい
・メモや録音した内容を、自分の言葉で素直に書く

上手く書けなくてよいのです。自分の気持ち、思った事を言葉にするということが大事です。一人で考えるというのは難しいですよね。そんな時は親や兄弟、友達に聞いて意見をシェアしたりすると良い知恵が出てきます。

参考程度に調べることもよい方法です。どうしても上手く書きたいと思うときは見ることもあります。丸パクリ・コピペはダメですが文章を上手に書くにはやはり上手な人の文章表現というものを参考にすることは大事です。

一人で書けないと悩んでいる子供を見て「手伝いたい」と思う親の気持ちは分かります。そんな時は話してあげて、感想や思った事をメモに書いてあげて少しでも書けるように協力できると思います。

感想文を書くのは難しいですが、自分の意見というものを主張できるものというとらえ方というものがあります。思った事をそのまま「もりもり」に書けるように、頑張って下さいね。」

【こちらも読まれています】

読書感想文の書き出し例!中学年児童がスラスラ感想文を書くコツ!
夏休みの宿題は問題集やプリントなど小学校の低学年・中学年・高学年によって様々なものが出されますが、そんなひとつとして読書感想文があります。 読書感想文はサラサラ書けてすぐに終わるという場合もあれば、書き出しがなかなか思いつかず、そもそもペンが進まない……なんてことも多いですよね。 ここではこのように夏休みの宿題で出た読書感想文、書き出しがなかなか出てこなくて読書感想文が進まない……という方に向けて、書き出しの方法や読書感想文の書き方を紹介します。 夏休みの宿題は早く終わらせて自由時間を多く残したい、夏休みが残り少なくなってきて進まない読書感想文にあせってきた小学校中学年の方、ぜひご確認ください!

コメント