高校生の恋愛に親の関わり方は?【息子編】どこまで干渉をする?

スポンサーリンク

高校生時代は、どんなものでしたか?

友人や先生、親と激しくぶつかり合い、数々の失敗や後悔を経験したでしょう。

しかし、今となってはすべてが良い思い出となり、深く心に刻まれていることでしょう。

高校生は、大人になるための階段を上り始める頃です。

人と比べたり、反抗心が芽生えたり、子供と大人の狭間をさまよい、複雑な思いを抱えています。

異性に対しても、心だけではなく、体を求め始めます。

心身ともに関わる関係であるが故に、さまざまな問題が起きやすく、親同士の問題にも発展します。

そこで今回は、高校生の息子の恋愛に、親はどう関わり、どこまで干渉するべきなのか?という疑問を解決します!

高校生の恋愛に親の関わり方は?息子の恋愛にどこまで干渉をする?

高校生になった息子が、彼女ができたことを親に直接報告することは少ないでしょう。

からかわれるんじゃないか。

干渉されるんじゃないか。

という思いから、彼女の存在を隠してしまいます。

ふとしたきっかけで彼女の存在を知ったとき、親はどう関わり、どこまで干渉するべきなのでしょうか?

どのように親は関わる?

正しい関わり方

1.しばらく何も言わずに様子を見る

彼女ができると、勉強がおろそかになったり、お金の遣い方が荒くなったりする場合があります。

しばらくは何も言わずに様子を見て、何も問題はないということを確認しましょう。

2.伝えておくべきことを伝える

恋愛においての責任やマナーなどの重要性をきちんと伝えておきましょう

何か問題が起きてからでは遅いです。

問題が起きる前にきちんと理解させておくことが大切です。

3.嘘を見抜く

友人の家に泊まると言い、実は彼女の家に泊まっていたなんてこともあります。

嘘に気づいても頭ごなしに怒るのではなく、嘘をついた理由をしっかり聞くことが大切です。

嘘を見抜く力をつけ、健全な親子関係を築きましょう。

間違った関わり方

1.彼女について問い詰める

彼女について、むやみやたらに問い詰めることはやめましょう

うっとうしいと思われ、心を閉ざされてしまいます。

2.理不尽に怒る

息子は何もしていないのに、理不尽に怒ることはやめましょう

反抗心を芽生えさせ、喧嘩に繋がります。

3.からかう

彼女がいることをからかうのはやめましょう

楽しいのはからかっている人だけで、息子は不快な思いをするだけです。

高校生の息子の恋愛にどこまで干渉をする?

彼女の名前、出身地など、基本的なことについては聞いても大丈夫ですが、メールや電話の内容、デートの行き先など、交際してからの行動について干渉することはやめましょう

親子とはいえ、息子にもプライバシーはあります。

息子のプライバシーを尊重し、良い距離感を保ちながら気にかけてあげましょう。

高校生の息子が嫌う恋愛に関する親の言葉・行動は?

大切な息子とは、いつでも良い親子関係を築いていたいですよね。

大切だからこそ、腹が立って、つい怒ってしまったり、厳しい言葉を投げかけてしまったりすることもあるでしょう。

息子を大切にしたいのに嫌われてしまっては、元も子もありません。

息子が嫌がる言葉・行動は何なのでしょうか?

高校生の息子が嫌う恋愛に関する親の言葉・行動は?

言葉

1.「遊びなら別れなさい」

高校生はピュアで繊細です。

「彼女を大切にしよう」と、不器用ながら真面目に交際している人が多いです。

しかし、何かをきっかけに「あれ…なんか違うかも…」と思い葛藤することもあります。

そんな中こんな言葉を発するのは、息子の傷をえぐるのと同じです。

温かく見守ってあげましょう。

2.「勉強しないんだったら別れなさい」

高校生は学生ですから、もちろん勉強もしなければなりません。

しかし、高校時代の恋愛は、一生ものです。

一生に一度しかありません。

あなたも、高校時代の忘れられない恋はあるでしょう。

「別れなさい」と言う前に、恋愛と勉強を両立する方法を、親子で協力して考えていきましょう。

行動

1.メールを勝手に見る。電話を盗み聞きする。

さきほど述べたように、親子とはいえ、息子にもプライバシーはあります。

メールを勝手に見られたり、電話を盗み聞きされたら、親に対する信用を無くしてしまいます。

気になっても、それだけはやめましょう。

2.デートについていく

彼女とのデート。

息子はとても楽しみにしているでしょう。

二人だけの貴重な時間を楽しみたいはず。

親がついていってしまっては、親の目が気になり楽しめません

デートが台無しです。

笑顔で見送るだけにしましょう。

高校生の息子に親として伝えなければいけない恋愛の作法は?

恋愛をする上で必要となってくるのが、恋愛における作法です。

これは、学校では教えてくれません。

そこで、親として息子に伝えておく必要があります。

伝えておかなければならない恋愛の作法とは何なのでしょうか?

責任感を持つ

恋愛において最も大切なことです。

違う環境で生まれ育った人間同士が関係を持つと、どうしてもさまざまな問題が生まれます。

それらに対処するための責任感を持ちましょう。

感情的にならない

恋愛は理性と感情によって生まれます。

喧嘩をしてしまった際、理性を失い感情のみになってしまうと、最悪の場合手が出てしまったりする可能性もあります。

どんなときも理性と感情のバランスを保てるように心がけましょう。

彼女に会う

親にとって、息子がどんな子と交際しているのか気になりますよね。

そこで、息子に「彼女に会ってみたい」と伝えることは良いですが、息子が嫌がっているのに、無理やり会おうとするのはやめましょう。

うっとうしいと思われてしまいます。

お互いの合意のもと会いましょう。

高校生の息子が元気がない!失恋?はげましたり相談にのる?

恋愛にはどうしても別れというものがあります。

彼女ができて元気だった頃の息子とは一転、急に元気がなくなってしまったり、彼女の話をしなくなったりしたら、どうしたのか気になりますよね。

失恋してしまった可能性もあります。

そこで、親はどういった対応をするべきなのでしょうか?

答えは、そっとしておきましょう!

落ち込んでいるときは、一人になりたいですよね。

そんなときに話しかけられても、話は入ってこないし、うっとうしいだけです。

無理に詮索しようとしても、さらに傷を深くしてしまうだけです。

どうしても気になる場合は、話を知っていそうな家族や友人に聞きましょう。

高校生の息子の恋愛について父親に伝えるべき?

高校生の息子の恋愛について、一番気になってしまうのは母親ですよね。

一方父親は、息子に対してあまり気にかけている様子がなく、母親は不満を持つこともあるでしょう。

そこで、息子の恋愛について、父親には伝えるべきなのでしょうか?

答えは、大事なことは伝えて、相談しましょう!

最低限彼女がいるということだけは伝えておきましょう。

もし、息子と彼女との間に問題が起きた場合、家族ぐるみで話し合いになる可能性もあります。

そして、母親一人でどうすることもできなくなったときは、一人で抱え込まず、父親に相談しましょう。

夫婦で協力して、息子の恋愛を見守りましょう。

結論

息子との関わり方

必要以上に干渉しない!

息子に伝えておくべきこと

  • 責任感を持つ
  • 感情的にならない
  • できれば彼女に会わせてもらう

息子の恋愛について、父親との関わり方

  • 彼女がいるということは伝える
  • 一人で抱え込まず、相談する
  • 夫婦で協力して、息子を見守る

ここまで書いてきましたが、いかがでしたか?

私には4歳上の兄がいます。

兄が高校生の頃彼女ができて、まもなく、あるトラブルが起きました。

シングルマザーの母は、毎日悩んでいました。

小学生だった私はどうすることもできず、悩んでいる母を助けることができませんでした。

家族一人の問題は、家族全員の問題です。

息子の恋愛について悩むこともあるでしょう。

一人で抱え込まず、家族全員で見守っていきましょう。

 

【こちらも読まれています】

花火大会で告白された!断るタイミングや相手を傷つけない言葉は?
「花火大会へ一緒に行こう」と誘われて、もしかしたら……と思っていたらやっぱり告白されたという体験は多く、このシチュエーションの中断わるのは、結構難しいんですよね。 すぐに断ったら傷つけてしまうんじゃ、せっかく花火大会に誘って告白してくれたのに相手を傷つけてしまうのでは……など、悩んでしまいます。 しかし一方で「この人とは付き合えない」と思ったのなら、やっぱりしっかり断わることを考えないといけません。 ここでは花火大会に誘われて告白されたけれど断りたい、でも断わるタイミングや相手を傷つけない言葉に悩む……という女性に向けて、うまい断り方を紹介します。 花火大会に誘われて告白されるかもしれないと悩んでいる方、断わる方法に悩んでいる方の解決のためにも、ぜひチェックしてくださいね!

コメント