LINEでの謝り方を先輩に送るときの例文集!学校・バイト先・会社

謝罪する男性

普通に生活していても、仕事をしていても自分がミスしてしまって相手に迷惑をかけてしまうことはありますよね。

私は仕事でミスしてしまったときに頭が真っ白になってしまい、その時に先輩に上手く謝れませんでした。

みなさんはミスして頭が真っ白になってしまい、うまく謝れなかったって経験はありませんか?

ミスしてしまったときも謝り方を知り事前に考えておけば、しっかりと謝ることができますよ。

この記事ではLINEなどの文章で相手に謝罪するときに役立つ例文をまとめましたので、参考にして考えてみてくださいね。

LINEでの謝り方を先輩に送るときの例文集!学校の先輩の場合

先輩に謝る男性

学校の先輩だと年が近くて親しくしていたりすると軽めの感じで謝ってしまいがちです。

親しき仲にも礼儀あり。

親しいからこそしっかり謝りましょう。

ただ、堅苦しすぎる表現だと逆効果となりあまり伝わりにくくなってしまいますので注意してください。

例文①

私のミスで迷惑をかけてしまい、本当にごめんなさい。

例文②

自分のミスで先輩に迷惑をかけてしまいました。

本当にすいませんでした。今後はもっと気を引き締めます。

例文③

先輩に失礼なことを言ってすみませんでした。

もう少し考えて発言するようにします。

LINEでの謝り方を先輩に送るときの例文集!アルバイト先の先輩の場合

頭を下げる男性

アルバイトの先輩だと年齢が幅広いですよね。

アルバイトによっては年下の先輩に謝ることも少なくありません。

しかし相手が年下であっても心から謝罪して、仲良くアルバイトができるような関係を作ってください。

謝る際はなるべくミスの内容などを具体的に出して、「自分の行動のどこに問題があったのか、自分は理解している」ということを伝えると良いでしょう。

例文①

私の確認不足でミスしてしまい、本当にすみませんでした。

例文②

自分の不安全な行動が周りにあんな影響を与えると思っていませんでした。

今後は一つ一つの行動をしっかり考えるようにします。

例文③

先輩の指示が良くわからないまま作業してしまい申し訳ありませんでした。

疑問点はしっかり聞くようにします。

LINEでの謝り方を先輩に送るときの例文集!会社の先輩の場合

サムズアップの男性

会社だと何歳か年上の人と仕事をすることが多いと思います。

結構年上なら仕事での失敗はつきものだとわかってくれています。

しかしミスしたときに謝る気持ちが伝わらないと、ミスを許そう、後輩を守ってあげよう、と思ってもらえなくなってしまいます。

小さいミスでも謝って、今後は前向きに改善していく、という気持ちを伝えましょう。

例文①

コメント

タイトルとURLをコピーしました