身内が亡くなった人にかける言葉をメールやLINEで送る場合の例文は?職場・上司・友達

身近にいる方が哀しみと向き合っている姿を目の当たりにしたら・・・その哀しみがとても深いものであったら・・・あなたはどう声をかけますか?

人生のなかで辛い、寂しい、悲しいという気持ちになる経験はいろいろありますが、なかでも特に強い哀しみに気持ちが乱される出来事は、大切な身内との永遠のお別れではないでしょうか。

この記事は、身内が亡くなった人にかける言葉を例文付きでご紹介します。

現代社会では何かにつけてメールやLINEが一般的になってきました。しかし冠婚葬祭に関しては、実際にお会いして挨拶ができるのであれば、もちろん、それが正式なマナーです。

但しいろいろな状況を踏まえ、メールやLINEで挨拶を急遽したほうがよい場合も多くあります。

例文を参考にして、いざという時にスマートな挨拶ができるといいですね。

身内が亡くなった人にかける言葉をメールやLINEで送る場合のマナーは?

①相手の気持ちを想像し寄り添う

身内との別れ。自分自身でも経験がある方、ない方もいらっしゃると思います。いずれにしても、もし自分の身内だったら…どんな気持ちになるか?

まずは自分のことに置き換えて想像し、素直に出てくる言葉や感情と向き合いましょう。それが相手にとっても気遣いが伝わる内容の言葉です。

②相手の返信は求めず訃報を知ったらすぐ送る

弔いの時間は何かと慌ただしく過ぎます。ゆっくりメールやLINEを確認することもできず、哀しみと向き合う時間さえ無い方も多いです。

返信は求めず、身内を喪う哀しみに寄り添った言葉、大変なときに近くにいれなくて申し訳ない気持ちを、そっと届けておきましょう。

③まずは気遣いを伝える定型文が無難

取り急ぎ、気遣いメールを送りたいと思っても、何を書けばよい?

日常的によくある出来事ではないので迷ってしまいますよね。先にも記載しましたが、身内を亡くした方は、ゆっくりメールを確認して返信するという心の余裕も、時間の余裕も無いと思って下さい。

時候の挨拶や前置きは不要、まずは定型文で構いません。一目でお悔やみの言葉だとわかる内容がベストです。

メール受信により、「訃報を知ってあなたのことを心配しています」という気持ちが伝わります。

個人的にとても親しくしている相手でしたら、少し日にちや時間をあけて改めてメールや電話を差し上げる際に、より具体的な励ましの言葉や何か支援できることはないか等々、更に深く寄り添った言葉を伝えましょう。

短く簡潔にまとめるお悔やみの言葉

  • この度はお悔やみ申し上げます。
  • この度はご愁傷様です。
  • 哀悼の意を表します。
  • ご冥福をお祈り致します。

※ご冥福はキリスト教・浄土真宗など宗派によっては使わない場合もあります。

信仰している宗教宗派などはもちろん繊細なことですし、尊重すべきことですが、突然の訃報を知った場合になかなかそこまで知ることは難しいです。

忌み言葉なども含め、あまり気にしすぎると言葉がうまく出てこず、他人行儀な印象になってしまうことも。

大切なのは、やはり人の死に際して嘆き悲しむ心持ち。強い悲しみに出来る限り寄り添う気持ちではないでしょうか。

④気遣いメールに避けたい内容

「忌み言葉」

不吉なことや悲しみが繰り返されることを連想する言葉は避けます。
不幸や死を連想させる言葉

無くす、おしまい、終える、倒れる、流れる、敗れる、割れる、壊れる、離れる、散る、枯れる、衰える、病む、切れる、冷える、負ける etc

繰り返す重ね言葉

重ね重ね、度々、返す返す、再三、再び、次々、またまた、しばしば、わざわざ、みるみる、いよいよ、どんどん、だんだん、いろいろ etc

「長文やお悔み以外の内容」

お悔やみの言葉以外の内容、例えば仕事の業務報告や自分の近況報告なども控えたほうがよいです。

実際に弔問する場合も同様ですが、短く簡潔にまとめることが大切。

喪主をはじめ遺族の方々は葬儀期間中とても慌ただしい時間を過ごしているということを忘れず、十分に気を付けたいポイントです。

「直接の死因を尋ねない」

生前に関わりが深く闘病生活を送られていたことなど、詳細をたとえ知っていたとしても、どのように亡くなったか、このタイミングで細かく尋ねることは避けましょう。

まだ心の整理がついていない状況かもしれません。相手から話をしてくれることがあれば、しっかり聴いて差し上げることです。

⑤メールやLINEでのお悔みは略式だが、必ずしも失礼には当たらない

メールやLINEでお悔やみを伝えるのはあくまでも略式です。

しかし、想いを伝えるスピード感を優先すればとてもよい手段ですし、昨今の社会情勢を鑑みると、直接会いに行くことを躊躇う場合もあると思います。

メールやLINEでお悔みを送ってもよい相手か?送るべきタイミングか?

しっかり考えてから送るよう心掛けましょう。

 

本来のマナーを重視したいのであれば、後日、お手紙と一緒に御香典を送ったり、ご自宅に弔問するのもよいでしょう。

【身内が亡くなった人にかける言葉の例文は?】職場の上司へ

メール例文

件名:心よりお悔やみ申し上げます

〇〇様

この度は、〇〇様の急逝を聞き非常に驚いております。
心よりお悔やみ申し上げます。
本来であれば直接伺うべきところを、このようなメールでのご連絡となり誠に申し訳ございません。
お力落としのことと推察いたしますが、ご無理をされないようにご自愛ください。

LINE 例文

この度は誠にご愁傷様でございます。
心よりお悔やみ申し上げます。
このような形でお悔やみ申し上げるべきか躊躇いましたが、
いちはやく気持ちをお伝え致したく、LINEにて失礼いたしました。

職場上司へのポイント

  • 件名をわかりやすくする
  • 時候の挨拶は不要
  • メールやLINEでの連絡になる旨を一言詫びる
  • 形式を重んじる方、あまり親しくない方には慎重に使う

LINEなどSNSツールはビジネスでも幅広く利用されるようになりましたが、人によってはこのような形での連絡は手抜きだと感じたり、失礼だと思われる場合もあるので注意!

【身内が亡くなった人にかける言葉の例文は?】 職場の同僚へ

メール例文

件名:心よりお悔やみ申し上げます

〇〇様

この度は、誠にご愁傷様です。
〇〇様のご不幸に際し、さぞかし無念であると存じます。
心からご冥福をお祈りします。
私にできることは些細かもしれませんが、何なりとおっしゃって下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました