交通安全ポスターの描き方中学生編!警察や自転車・自動車をうまく描くコツとは?

スポンサーリンク

横断歩道

夏休みや冬休みの長い休みは楽しみがあふれてますよね!

夏は海やプールに花火大会、冬はクリスマスにお正月とイベントが山盛りですが宿題も山盛りです。

このただでさえ多いのにいちばんウンザリするのが自由研究やポスター制作なんかの作る宿題です。

長い休みでも部活だってあるし受験も考えなきゃいけないのに作ってる時間なんかありません!

といいたくなりますが、これは宿題ですからやらないわけにはいきません。

でも大丈夫です。

たしかに面倒な作業が多いですがコツさえつかめばどんなテーマでも描けるようになりますよ。

今回は「交通安全ポスター」をテーマに書き方のコツを解説します。

これであなたもポスター名人ですよ!

交通安全ポスターの書き方中学生編!中学生らしい書き方とは? 

シートベルトをするこども達

交通安全ポスターの書き方1

1.ポスターをつくるときの募集要項(ルール)を確認します

交通安全ポスタコンクールは全国規模のコンクールから各地方のコンクールまで複数あります。

コンクールによって募集要項が違いますからまずその確認をしましょう。

特に全国規模のコンクールは細かい注意事項もありますから注意しましょう。

これに沿っていないといくらいい作品でもその時点で失格になりますから隅から隅まで読み込んでください。

2.ポスターの役割を考える

ルールが確認できたら内容を考えていきますが、そのまえにみなさんはポスターの役割はなんだと思いますか?

おそらくこれといった答えは出ないでしょう。

ポスターの役割はひとことでいうと

「多数の人にメッセージを発信する」

ということです。

それに必要なことは

  • 文字が読みやすい
  • デザインにメッセージ性がある
  • 印象にのこる

ということになるんですね。

この役割をふえまてポスターの内容を考えていきます。

ではどう考えていくかを次にご説明しましょう。

交通安全ポスターの書き方2 

1.ポスターの構想を考える(モチーフ)

ポスターの構成要素に文字・モチーフ・構図があります。

これに配色がプラスされてポスターになっているんです。

町中のポスターは基本的にこの要素で成り立っています。

考える順番に決まりはありませんが、まずはポスターの大部分を占めるモチーフから考えて行きしょう。

モチーフとは主要な題材のことです。

マンガやアニメには主役と脇役がありますよね?それと同じように考えて行きましょう。

ただし、先にご説明したようにコンクールは複数あります。

コンクールの募集要項をしらべてみましたが内容やモチーフが指定されている場合が多いですね。

その場合は文字を考えましょう。

指定されていなければモチーフを考えます。

まず交通安全と聞いて浮かぶことを書き出してみます。

といってもなにか取っ掛かりがほしいですよね?

ここでひとつコツとして過去の作品を見てみましょう。

過去の作品はモチーフや配色・構図などポスター制作のヒントが満載です。

過去の作品はこちらから見れますので参考にしてください。

リンク:平成30年度 JA 共済 全国小・中学生 第47回交通安全ポスターコンクール(PDF)

なお、過去の作品はあくまでもお手本です。

そのまま使うと盗作になりますのでご注意ください。

2.ポスターの構想を考える(文字)

次に文字を考えまずが、ポスターに入れる文字は指定したモチーフに関連した標語をいれたり地域によっては文字の有無は自由としている地域もあります。

文字の有無が自由の場合は考えなくてもいいから楽に思われがちですが、文字がない分画力で見せないと伝わりにくいので逆に難しくなるんです。

僕だったら文字は入れます。

そのほうがテーマが伝わりやすくなりますからね。

なのでポスターの文字は標語にするのがいちばんわかりやすいです。

標語はポスターコンクールにつきものですが、これも難しく考えることはありません。

モチーフが指定されていればそれに沿って考えるのですが、「交通安全」で思いつくことばを書き出してみましょう。

それをパズルみたいに組み合わせればいいのです。

ここで標語のキーワードを並べてみましたので参考にしてみてください

ア行~ワ行の一例を紹介します。

ア行

あぶないよ、あせらない、アクセルを、安全は、安心は、青信号、赤信号、あなたから、安全確認、ありがとう、あまい考え、歩きスマホでいそがずに、一生が、一歩前、命とり、いつも危険を、いつものように、一時停止を、一旦止まろう、命は一つ、飲酒事故、運転手、運転者、運転免許、運転中、薄暗い、エンジン音、横断歩道、おうだんは、起こす事故、大きくあげて、思いやり、おしゃべりして、音が鳴る

カ行

確認事項、確認は、傘忘れ、かけるな電話、軽い気持ちで、駆け込む、黄色信号、危険が、気をつけて、気づくこと、急ブレーキ、きのゆるみ、規則を破り、決まり事、絆、聞こえてない、危険予知、危険な作業、車社会、車が見えない、車が止まるだろう、繰り返し、ケガはない、警察に、携帯電話、交差点、工事中、こないだろう、子供の将来、交通ルール、交通事故、交通安全、高齢者、心に刻む、断る勇気、声かけて

サ行

左右確認、避けられない、避けるだろう、ささやいた、サイドミラー、シートベルト、事故起こし、事故現場、事故防止、事故のもと、信号無視、信号待ち、自転車通勤、自転車が!、車間距離、重要事項、視界が悪い、スピードを、勧めたあなたは、少しだけ、すいません、スマホ画面、スマホ見ず、誠実に、世界、狭い道

タ行

確かめよう、確かめろ、大丈夫、大変だ、大事な命、出しすぎた、ちょっと待て、ちょっとした油断が、注意する、駐車場、チャイルドシート、着信音、つけるだろう、つけようよ、次の信号、次の道、疲れてた、手をつなぎ、停止位置、手をあげよう、出会い頭、止まるだろう、止まらない、飛び出して、飛び出す子供、飛び出す危険、登下校、道路のおしゃべり、道路を渡り、同乗者、どうせばれない、道路では

ナ行

慣れた道、なぁなぁで、仲間同士で、荷台に荷物、荷物が邪魔で、認識不足、抜かれても、抜かさない、眠いとき、眠いなら、ねぇちゃんと、姉さんが、ノロノロ運転、飲んだ後、飲んでいた、飲みません、乗る側も、乗らない乗らせない、飲み会

ハ行

早めに点灯、反射板、ハンドル操作、パパやめて、はじめて、一人一人が、2人乗り、踏む、ヘルメット、歩行者優先、ぼんやりと

マ行

まぁいいか、まだ行ける、周り見て、曲がり角、マナーモード、待ちます、待ちましょう、前を見て、ママやめて、周りの危険、身に付けよう、右見て左見て、見えている、見えない景色、見えぬ錯覚、みんなで守る、無視するな、無理しすぎ、無事故、メールして、迷惑を、迷惑です、モラルの低下、もうこない

ヤ行

夜間の運転、優しい運転、許さない、夕暮れ時、優先順位、ゆずりあい、油断せず、余裕持ち、用心して、用心棒、よそ見してたら

ライト付け、理由にならないぞ、ルール無視、ルール違反

渡れそう、わき見運転、私見て、私たち、分かれ道、渡ってわかる、わたっちゃえ

 

これらの言葉を組み合わせて、標語を作り上げます。

  • あぶないよ そんなに急ぐと 事故のもと
  • 登下校 飛び出す子供 要注意
  • 少しだけ その誘惑が まねく事故
  • 曲がり角 安全確認 事故防止

こんな感じで七五調を基本にリズミカルにつくればOKです。

これは家族の人と一緒にパズルみたいに楽しめばすぐにできますよ。

さて、つぎに一生懸命考えたモチーフと文字をどう入れ込んでいくか、つまり構図を考えるのですが考えてばかりも息が詰まるでしょうからつぎはこれをやりましょう。

3.モチーフと文字を練習する

さきほどモチーフを考えましたが何をイメージしましたか?

ここでは決めたモチーフと文字を練習します。

ポスターの構成上重要なポイントですから形になるまで何回も練習しましょう。

また、「交通安全」のポスターですから交通法規(法律)にも大きく関わってきます。

注意点を意識しながら練習してみてください。

法律に違反している状態を描いてしまうとその時点で失格になりますからね。

4.構図を決める

モチーフの練習はいかがでしたか?

ここまででモチーフと文字がきまりました。

つぎに構図を決めていきます。

ポスターのポイントになりますからよく考えましょう。

まずいらない紙を用意します。

バランスをつかむために提出するサイズとおなじ大きさのものがよいですね。

練習した人物を切り取っていらない紙のうえにおいていきます。

文字の大きさや主役と脇役のバランスを考えながらおいていくのですが、これはひとりではかなりむずかしいので家族にそうだんしながらやりましょう。

さきほどご紹介した過去の作品も参考にしてください。

5.配色をきめる

構図が決まったら配色を決めましょう。

本番前にあらかじめ決めておいたほうが楽ですし本番に集中できますからね。

構図を決めた下書きを何枚かコピーしてください。

それに簡単でいいので色を塗ってみてください。

配色のコツを下記にあげてみましたので参考にしてください

過去の作品をみる

過去の作品にはよく使われている色の共通点があります。

それを見つけながら自分の作品に取り込んでみるのです。

使う色は4色までに

色を使いすぎるとゴチャゴチャして見にくくなります。

なので4色までにまとめるとスッキリしてみやすくなるのです。

背景・主役・脇役・文字これで4色ですよね?

また、今回のポスターは交通安全を訴えることですからそれも意識して配色を考えましょう。

迷ったら色相環を参考にしてみる

色相環(下図)とは「色の輪」です(そのまんまですね)。

赤や青の色を「色み(色相)」といいますがその色みの組み合わせを考えるときにつかいます。

自分が使おうとしている色の対面にあるのが補色(反対色)になります。

例えばキャベツやレタスなどの緑系の野菜にトマトを加えると鮮やかになって目を引きますよね?

そんな感じで自分がイメージする色を考えていくわけです。

上記で説明した4色をこの図で組み合わせれば色に迷うことが少なくなりますので参考にしてみてください。

色相環

これでポスターにの全体的な完成図が見えてきましたね。

交通安全ポスターの書き方3

さて、いよいよ本番です。

といっても内容はほとんど決まってますから描いて塗るだけですね。

でもやっぱり下書きはします。

そこで本番の流れをおおまかに説明しましょう。

1.画材を用意する

画材もとくに指定がなければ自由です。

水彩、アクリル、ポスターカラーなどあります。

これは内容によってかわってきますからどれがいいとはいえませんが、デザイン的な表現ならポスターカラーで、絵画的な表現なら水彩でアクリルは絵画寄りの表現にとなります。

下書きをコピーして全部ためしてみるのがいちばんですね。

2.鉛筆で下書きする

やっと本番なのにまた下書きかと思うでしょうが、よっぽど描きなれていないといきなり描いてもだいたい失敗します。

ここは最後ですからていねいに描きましょう。

3.太マジックでなぞる

鉛筆のうえから太マジックでなぞります。

そしたら輪郭がハッキリしてきてきます。

4.配色する

モチーフと文字の輪郭がハッキリしたので、あとは塗り絵と同じ感覚でぬるだけです。

結構すごい!交通安全ポスターの効果とは

自転車に乗る子供の人形

この記事のはじめにも書いていますがポスターには役割があります。

交通安全ポスターは交通事故防止や交通ルールを多数のひとに知らせてそれを広げることですね。

知らせて広げるという点ではポスターは非常に有効です。

必要なことをかいて壁に貼るだけで伝えられるわけですからね。

見てくださいと声をかけなくてもいいわけです。

チラシやパンフレットでも情報を伝えることはできますよね。

でもなぜポスターなのでしょうか。

それは興味の有無は関係なくビジュアル、つまりモチーフや文字のインパクトで無意識に人の脳に刷り込めるからです。

この「無意識」が大きなポイントになるのです。

この「無意識」に刷り込まれた記憶は潜在意識になります。

そしてその事態に遭遇したときにその行動を取ろうとします。

これが抑止効果につながっていくんですね。

交通安全ポスターに「警察官」を描きたい。うまく描くコツは?

警察官のイラスト

交通安全ポスターはいろんなキャラクターが登場しますが、意外と警察官は描かれていない作品が多いです。

テーマやモチーフが指定されていることがあるので登場しないのも当然なのですが。

でも指定されていなければ描きたかった人もいるでしょうからここでは警察官を描くコツをご説明します。

ここでもコツとしては警察官が描かれたポスターを見るのですが、写真がほとんどで絵で描いているものがあまりありません。

なので写真を見ながら模写しましょう。

こちらで警察官の制服が紹介されていますから参考にしてください

見ていただいてわかったかもしれませんが、警察官の制服は上半身がポイントです。

帽子やワッペン、階級章など警察官独自の制服ですからそれに注意して描きます。

次に実際の描き方ですが警察官を描き方を説明する動画が見当たりませんでした。

ただ、警察官の制服は上半身に限っていえば少しですが外国の軍服にも似ています。

軍服の描き方を説明した動画は見つけましたから40分と長めですが参考にしてみてください。

軍服の描き方、説明

描き方のニュアンスはつかめましたか?

あくまでも「こんな感じ」として捉えてください。

警察官をメインにするかサブにするかで描き方も変わってきますが警察官が登場する写真ではないポスターは目を引くでしょうね。

動画では配色まで触れていませんが、実際の警察官は紺色の制服ですからそれになりますね。

交通安全ポスターに「自転車・自動車」など乗り物を描きたい。うまく描くコツは?

自動車と自転車のイラスト

過去の作品でもそうですが人と同じくらいの割合でいちばん登場しているのが自転車・自動車です。

モチーフでもサブとしても両方使えますからね。

テーマやモチーフでこれを指定していることがおおいですからなおさら練習が必要です。

コツとしてはやはりここでも過去の作品を見てみます。

審査を通っていますから最強の参考作品です。

また、交通安全ポスターは自転車と自動車に関して細かい注意点があります。募集要項にも記載されていますがかなり細かく記載されてますからよく読んでくださいね。

 

詳しいポイントはこちらから見れます。

イラストで描いているのでわかりやすいです。

すこしむずかしいかもしれませんが、動画を見つつ注意事項を意識しながら練習してみてください。

自転車の描き方

【イラスト・自転車・描き方】ママチャリの描き方 決め手は「3つの点」

車の描き方

14 車の描き方 鉛筆

交通安全ポスターコンクールに今年こそは入選したい!

一時停止のイラスト

はじめにもご説明していますが、全国規模のコンクールから各地方のコンクールまで複数あります。

JA共済の交通安全ポスタコンクールや毎日新聞社の交通安全ポスターコンクールが有名ですね。

審査や募集内容・表彰まで都道府県で変わってきます。

審査員は美術大学の教授や官公庁の方ですね。

評価基準はこうなっています

テーマの理解

「交通安全」をどのように理解しているか、小学生なりの理解でいいでしょう。

文字がはっきり書かれているか(文字が指定されている場合)

これがハッキリ書かれていないと心には残りません

ポスターとしてのデザイン性

先にご説明したポスターの構成要素をどう満たしているかです。

表現や構成に中学生らしさが出ているかですね。

 

入選するには評価基準にプラスして中学生らしさ(目線)も求めています。

大人の目線とは確実に違う中学生ならではの感覚ですね。

先にご紹介しているJA共済の過去の作品は審査員の講評も記載されていますから入賞作品がどう選ばれているか参考になります。

僕が審査員ならやはり中学生らしさが出ている作品、とくに交通安全ポスターは中学生からみた大人の運転に対するメッセージが感じられる作品を選びますね。

下記はJA共済ポスタコンクールの募集要項の一部を抜粋したものです。

入賞すると賞金こそでませんが賞状と記念品がもらえます。

表彰等

内閣府特命担当大臣賞
小学校低学年 各1点 賞状と副賞
小学校高学年 各1点 賞状と副賞
中学生 各1点 賞状と副賞
農林水産大臣賞
小学校低学年 各1点 賞状と副賞
小学校高学年 各1点 賞状と副賞
中学生 各1点 賞状と副賞
警察庁長官賞
小学校低学年 各1点 賞状と副賞
小学校高学年 各1点 賞状と副賞
中学生 各1点 賞状と副賞
文部科学大臣賞
小学校低学年 各1点 賞状と副賞
小学校高学年 各1点 賞状と副賞
中学生 各1点 賞状と副賞
家の光協会会長賞(ちゃぐりん賞)
小学校低学年 各2点 賞状と副賞
小学校高学年 各2点 賞状と副賞
中学生 各2点 賞状と副賞

 

全国共済農業協同組合連合会会長賞
金賞 各学年 各1点 賞状と副賞
銀賞 各学年 各2点 賞状と副賞
銅賞 各学年 各3点 賞状と副賞
佳作 各学年 各7点 賞状と副賞

引用リンク:平成30年度 JA 共済 全国小・中学生 第47回交通安全ポスターコンクール(PDF) 

交通安全ポスターの標語は?過去の標語は?

メモ帳と鉛筆

過去の10年の交通安全標語です。

 

年   度 交通安全標語
2019年度 とびださない いったんとまって みぎひだり
2018年度 自転車は 車といっしょ 左側
2017年度 ペダルこぐ 免許はないけど ドライバー
2016年度 しんごうが あおでもよくみる みぎひだり
2015年度 ルールむし しん号むしは わるいむし
2014年度 にっぽんを じまんしようよ 事故ゼロで
2013年度 ヘルメット ぼくのだいじな おともだち
2012年度 いそいでも かならずかくにん みぎひだり
2011年度 星キラリ 自転車ピカリ 帰り道
2010年度 さあかくにん ライト ブレーキ ヘルメット

 

標語は決まったスタイルがありませんが、大半が七五調になっています。

たしかにこの形がいちばん残りやすいですからね。

リズムにのせればなおさら残りますよ。

授業や夏休みの宿題にポスターを書く狙いは?絵を書くことで身につくスキルは?

横断歩道を渡る子供たちのイラスト

長期の休みでポスター制作の宿題は「何を描くかを考えさせる」のがいちばんの狙いです。

何かを作るために考えるのは時間がかかるからこの長い休みでやってみなさいということですね。

よくいわれるのは絵を描くことで創造力と発想力が身につくといわれます。

絵を描くときは何かをイメージ(創造)しないとなにも描けませんよね?

特にポスターはデッサンやスケッチと違って目の前に描く物がありませんからなおさらイメージが必要です。

この地点で創造力が養われ、イメージしたことをどうやって絵にするか(発想)を考えることで発想力が養われていきます。

絵が上手いとまず単純にほめられます。

紙に簡単なイラストを上手にチャチャっと描いてしまうとそれだけで尊敬のまなざしで見られます。

この「チャチャっと」がカッコいいんですね。

それ以外でもことばで説明するのがむずかしいときに「こんな感じで」と説明しながら描いて伝えることもできるのです。

よく絵が下手なことを「絵心がない」といいますが、人やモノを正確に描くことではないんです。

正確に描くことは「画力」になります。

「絵心」の意味は技術や理解力、描きたい気持ちなんです。

技術がないからと下手ということではないんですね。

描いた人の「これを表現したい」という気持ちがや思いが伝われば絵心を感じる絵になります。

宿題で書く場合はどうしても「描かなきゃ」という気持ちになりますが、どうせ描くなら自分の描きたいように楽しんで描きましょう。

まとめ

道路標識

交通安全ポスターの書き方中学生編をご紹介いたしました。

要点をまとめます。

交通安全ポスターをどう描くか

  • 募集要項を確認して準備する。応募先が複数あるので注意する
  • ポスターの内容を考えるときは過去の作品をお手本にする
  • ポスターは不特定多数に訴えかけられる最適なツールになる
  • モチーフや文字は形ができるまで練習あるのみ
  • 標語はテーマにそって七五調を基本にことば遊びの感覚で
  • 夏休みや冬休みのポスター制作は何を描くかを考えさせるのが狙い。絵心と画力を勘違いしない。うまく描くのではなく思いを伝える

いかがでしたか?

ポスター制作は「考える・作る」のくりかえしです。

中学生は部活が登場して宿題のボリュームも増えてきて最後に受験が待っています。

モノ作りはふだん考えないことを考えるので疲れるし大変です。

でも創造力や発想力はこれから生きていく上でも重要な力になります。

そして自分の創造力や発想力でできた作品は何物にも変えがたい財産になります。

形に残るものは思い出にもなりますからね。

この記事がみなさんの創造力や発想力を活かすツールになれば幸いです。

【こちらも読まれています】

家庭の日ポスターの書き方小学生編!コンクールに入選する基準は?簡単に書くコツは?
夏休みや冬休みの宿題でポスター作成があります。ポスター作成なんかウンザリしますよね?「アイデアが浮かばない」や「何を描いたらいいかわからない」など。しかし、コツをつかめばどんなテーマでも描けます。今回は「家庭の日ポスター」をテーマに書き方のコツを解説します。
下水道ポスターの描き方中学生編!コンクールに入選するには?標語はどうする?
長い夏休みですが毎年おなじみの「夏休みの宿題」という面倒な課題が待っています。なかでもでポスター制作は自由研究とトップを争うくらいのウンザリする課題です。そこで、今回は「下水道」をテーマにしたポスターの作りかたのコツをまとめてみました。

コメント