全員リレー必勝法!順番が鍵!走順の決め方やバトンパスの練習方法は?

スポンサーリンク

運動会などで大きく盛り上がるイベントといえばやっぱりリレーで、その中でもクラスの全員が参加し学年などで対決する全員リレーは非常にアツくなる競技です。

そんな全員リレーを頑張るための必勝法、例えば走る順番やバトンパスの練習などはぜひチェックしておきたいところですよね。

ここでは運動会などで最高に盛り上がる全員リレーについて、必勝法や走る順番、ミスしたくないバトンパスの練習方法などを紹介していきます

クラスの団結力を強める意味でも頑張りたい全員リレー、ぜひ早くから必勝法をチェックしクラス全員で頑張れるようにしていきましょう!

【全員リレー必勝法!全員リレーとはどんな競技?ルールは?】

全員リレーで勝つための必勝法をチェックするには、そもそも全員リレーとはどういった競技なのか、どんなルールなのかを把握しておくことも大切です。

とはいえ実は全員リレーというのは公式の競技として存在しているわけではなく、全員で参加するリレーという内容以外、例えば競技のルールなどは学校によって違います

服装や走る距離なども学校によって違いますし、それぞれ学校によって例えば縄跳びをしながら走るみたいなところもあるんですね。

陸さん中学最後の運動会(クラス全員リレー)

陸さん中学最後の運動会(クラス全員リレー)

全員リレーはどちらかというと団体の団結力を高める意味、優勝を目指して全員で頑張ることが目的であり、これが学校の運動会で多く取り入れられている理由にもなります。

走る距離や服装、シューズなどは学校によって違いますしほとんどの場合が運動会に参加する際の服装やシューズを基準に決められているので、運動会の格好を基準にしましょう。

【全員リレー必勝法!走る順番が鍵!遅い人は何番目?】

全員リレーの場合は代表リレーと違って足が速い人も遅い人も全員が参加するため、必勝法としては「走る順番」をしっかり考えることも大切です。

一般的な全員リレーの必勝法、走る順番のポイントとしては以下のようなものがあるので、走るメンバーをそれぞれ振り分けてみましょう。

・アンカーはエース級の人
・プレッシャーに弱い人は早めに
・速い人、遅い人を交互にする

また体格差が大きくバトンパスがうまくいかないという場合もあるので、こういった場合は適時順番を入れ替えるなどバトンパスを失敗しない組み合わせにしていきましょう

なぜこの順番が必勝法に繋がるのかというと、もちろんアンカーは最後できるだけ追い上げられる、引き離すことが出来るエースの人に走ってもらうことは大切です。

逆にプレッシャーに弱い、あまり足が早くない人が後半に集中してしまうと、「ここで自分が足を引っ張ったら更に迷惑をかける」と自分を追い詰めてしまう可能性もあるんですね。

また全員リレーですから基本的にどのグループにも足が速いメンバー・遅いメンバーがいるのは当然で、最初に速いメンバーを固めて先行し逃げ切ろうという考えはなかなかうまくいきません。

そのため足が速い人と遅い人を交互に配置しておき、遅い人ももちろん頑張る、速い人は遅い人のフォローをして行くバランス型お互い頑張ろうという気持ちにもなり、おすすめです!

【走る順番が決まったら練習をしよう!バトンパスも大事!】

リレーを何度か経験するとバトンパスの重要性については自然と理解していきますが、全員リレーで勝つためにはやっぱりバトンパスの練習も必須です。

バトンはうっかり落としてしまう、パスに手間取ってしまうと拾いに行くロスが発生し、大きく順位を下げる原因にもなりかねないので、バトンパスの練習はしっかり行っていきましょう

素早く!落とさず!バトン渡しができるコツ

素早く!落とさず!バトン渡しができるコツ
運動会でリレーの選手に選ばれましたぁ!バトンのパス、初めてなのでとっても心配ですぅ。 落とさず、スピーディーにできる方法を教えてくださ~い! 【タイムコード】 ▼動画の内容と該当の時間▼ 00:00 オープニング 00:19 持ち方 00:40 受け取る人の手の形と高さ 01:16 渡すときのコツ 01:51 「...

こちらの動画がわかりやすいですが、手を広げて水平に手を伸ばしてバトンを受け取る、渡す際は腕を振りながらそのまま押し込む形で渡す、しっかり声をかけることが大切です。

バトンパスはやってみると案外難しく、特に運動があまり得意でない、リレーなんてろくに走ったことがないという方にとっては本当に難しいものです。

最初は静止した状態からバトンをパスして受け取るという基本を練習し、手の使い方、バトンの渡し方をしっかり把握してから走りながらのパスを練習しましょう。

バトンパスの基本は「右手で受け取って左手に持ち替える」であり、これは右利き・左利きどちらでもスムーズに受け渡すために慣れるまで練習することが大切です。

受け取るために後ろを向いていてはテイクオーバーゾーン(バトンパスが出来る区間)からスムーズに走り出すことができず前を向いていないと危険なため、必ず前を向いたまま受け取ります

必ずバトンを渡す側の人が「ハイ!」など声をかけて伸ばした手に強く押し付けるように渡す、受け取った側はバトンをもぎ取る気持ちで受け取り走り出しましょう。

バトンをうっかり落としてしまった場合、リレーという競技のルールとしては落とした人間がバトンを拾って継続しなければなりません。

落としてしまうとどうしても焦り、その焦りのせいでバトンをうまく拾えないなんてことにもなりかねないので、「落としてしまったものは仕方ない」と思考を切り替え、落ち着いて拾い、再開しましょう

【早く走るコツは?ライン取りは?混戦になった場合はどうする?】

バトンパスはもちろん重要ですがもちろんできるだけ早く走るコツも知っておきたいところ、ここでは早く走るためのコツやライン取りについてチェックしていきましょう。

つま先を意識する

まず早く走るための基本としては「つま先を意識する」というものがあり、かかとをつけずに強く地面を蹴り、その反発力を活かして早く走ることができます

腕を大きく振る

リレーでより早く走るためには足だけではなく腕の動かし方も大切で、できるだけ腕を真っ直ぐ大きく振ることで早く走ることができるようになります。

日頃走るのがあまり得意でない方は一度広い場所で腕を大きくまっすぐ振ることを意識して走ってみると、すぐに違いが分かるのではないでしょうか。

腕を大きく振ると前に進もうという力が大きく働くので、つま先で強く地面を蹴って走る力と合わさってより早く走ることが出来るようになりますよ!

輪ゴムを使った方法

また「本当に?」と言いたくなるようなコツとして、輪ゴムを足首と親指に引っ掛けようにクロスして巻きつけるというものがあります。

輪ゴムをかけることによって親指が上がるため自然とつま先での踏み込みが強くなる、というのがこの方法の理由なので、一度試してみても良いですね。

混戦時の対策

全員リレーでの心配事としては混戦があり、必死に走るメンバーがかさなり転倒するなどの危険を考えると混戦時の対策も知っておきたいところです。

基本的にリレーでは混戦になることが少なくあまり警戒せずとも大丈夫ですが、明らかに危ない、ぶつかりそうという場合一歩外側にずれ、ぶつからないことを優先しましょう

うっかりぶつかる、転倒するなどは怪我の危険はもちろん、全員リレーとしてもタイムのロスが大きくあまりにメリットがないので、安全をしっかり考えたほうが結果的にもプラスです。

練習場所がない場合は

家ではあまり走る場所がない、走る練習ができない、夜に一人で外に出るのは危険など、なかなか家庭で練習が出来ないかもしれません。

そういった場合はバトンを持つ手、受け取り方などを練習するのも一つの手ですし、筋トレをしておくのも結果的に早く走るための練習になります。

決して無理のない範囲で全員リレーに勝つため毎日出来る練習を繰り返せば必ずタイムも上がりますので、焦らず出来る範囲でがんばっていきましょう

【全員リレーの前に結束を高めよう!円陣の声かけは?】

みんなで何度も練習した全員リレー、いよいよ本番という前には円陣を組み、悔いなく走るように気合を入れるという方法もおすすめです。

士気を高めるという意味はもちろん、失敗しても助け合おう、みんなで頑張って優勝を目指そうと声をかけ、一致団結して全員リレーに取り組めるようにしていきましょう

負けた際は「残念」「惜しかったな」などはつい言ってしまいがちですが、それは実際に走った本人たちが一番思っていて落ち込んでいる部分です。

それよりは「頑張ったな!」「みんな早かった!」などプラスを向ける声かけを心がけて気持ちを奮い起こし、「自分達も頑張った」と思えるようにしていくことが大切です。

優勝した場合は声かけも自然と出てしまうものですし、優勝という結果を出した全員に向けて優勝をたたえ、「みんなで頑張った結果だ」と伝えていけると良いですね。

【まとめ】

全員リレーでの必勝法ポイント、走る順番やバトンパスの練習が決め手!早く走るコツなどまとめ

1:全員リレーという公式競技はなくそれぞれの学校でルールが違うことも、ルールに従いつつ全員で頑張ることを意識しよう

2:アンカーにはエースを、早い人と遅い人を交互にすること、プレッシャーに弱い人は前半に持っていく順番が全員リレーでの必勝法!

3:リレーで重要なもの「バトンパス」は自然と出来るまで練習することが大切、声を掛け合いスムーズに受け渡しができるように練習しよう

4:早く走るためにはつま先を意識して強く地面を蹴るようにすること、腕を大きくまっすぐ振って腕の力も使って走ることが大切!家でも出来る筋トレなどをしていこう

5:本番前には円陣を組んで士気を高め、同時にお互いフォローしあい優勝を目指す気持ちも統一していこう、優勝したら健闘をたたえよう

全員リレーは盛り上がる競技ではあるものの「やりたくない」など走りが嫌いな人もいるので、チームワークや雰囲気で盛り上げ、楽しく練習することを心がけたほうがうまくいきます。

足を引っ張られるよりも出来る練習を繰り返すフォローしあうことが全員リレーでは大切になるので、少しずつ気持ちを盛り上げ、全員で優勝を目指せるようにしていきましょう!

 

【こちらも読まれています】

かけっこ教室東京で幼児向け開催おすすめ3選!費用は?効果あるの?
走るのが遅いと運動会や体育が憂鬱になってしまって、雨が降らないかな~とか浮かない顔のお子さんを見ると、お母さんもついつい同情してしまいますよね。そんなママのために東京のおすすめかけっこ教室をご紹介します。運動会まで間がないからって諦めないで。

コメント