幼稚園児とママの夏休みの過ごし方!成長につながる遊び方とは?

スポンサーリンク

「小さかった我が子も気づいたら幼稚園に通うようになった」と子供の成長に驚いているママさん。これからも子供の成長は早いものですよ。

幼稚園に通うようになって少し自分の時間ができたと思ったのもつかの間。夏休みが始まります。夏休み期間に預ける場合は、別途費用がかかる場合が多いようです。

ママにとっては大変な夏休みとなりますが、子供にとっては大好きなママたちと一緒にいれる時間ですし、大きくなると一緒にいる時間は短くなります。ですので、一緒に楽しく子供の成長につながるような夏休みにしたいですよね。

今回は幼稚園児とママの夏休みのオススメの過ごし方をご紹介します。

集中力の基礎は幼少期に身につく?

まず、大事なポイントとして抑えておきたいことは、6歳位までに基本的な性格などの人格が形成されるということです。ですので、幼少期というのはとても大切な時期です。

ですので、幼少期に怒りすぎたり、放任しすぎたりしないように注意しましょう。幼少期の間に本を読む習慣や、お手伝いの習慣を身に付けるといいでしょう。そうすれば成長をしても習慣付いている可能性が高いようです。

集中力を身につけるためにも本を読んだり、お絵かきや物を作ることなどに取り組むといいでしょう。また、身体を動かすことも大切です。お絵かきが出来たり、キャッチボールができるようになったりなどの成功体験が自信に繋がります。

まずは規則正しい生活が大切

幼少期に基本的な性格が形成されますので、規則正しい生活がとても重要になります。食事や睡眠などを大切にしましょう。

ご飯を食べなかったり、好き嫌いが多かったり、睡眠時間が短かったりすると悪影響を及ぼします。そのため、食事はしっかりと取り、偏った栄養にならないように注意をすること、睡眠に関しても、夜更かしをせず朝しっかりと起きるよう注意をすることを心がけましょう。

規則正しい生活を心がけると子供だけでなく、親にとっても健康的で充実した日々を送ることができるでしょう。

できるだけ子供と一緒に過ごそう

そして出来るだけ子供と一緒に過ごすようにしましょう。子供と一緒に過ごすと思ったようにやりたいことができなかったり、気をつけなければならなかったりと大変なことが多いと思います。

ただ、一緒に過ごさなきゃと思って無理しすぎないようにしてくださいね。子供は親が疲れていたりすると、本能的に気づくそうで、お願い事や甘えごとをしなくなってしまうようです。

ですので、自分の体力や体調などに考慮しながら、可能な範囲で一緒に過ごしてあげてください。料理を作るのを手伝ってもらったり、一緒に窓拭きをしたりなどなんでも大丈夫です。たまには、一緒にお昼寝をすることもいいと思います。

おすすめの室内遊び

ここでおすすめの室内遊びをご紹介します。室内では、考えたり、観察したり、細かく手を動かしたりと様々な遊びがあります。

絵本やお絵かきやなぞなぞやクイズ

表現力や思考力を身につけることができます。また、絵本などでは、文字や数字の意味を理解することにもつながります。

積み木やおりがみ

手先が器用になります。また、形や大きさ、重さなどを考えながら遊べますので、数学的な概念の基礎を身に付けることができます。

ままごとやママを真似ながらお手伝い

子供は両親などを観察しています。その真似をして学んでいるのです。観察力や協調性、社会性などが身につきます。

たまには、図書館に連れて行ってあげたりするのもいいでしょう。また、最近では通信教材も無料で取り寄せることができます。考える力を養うことができますし、子供が楽しく取り組めば、定期的な通信教材などに申し込んであげるのもいいでしょう。

おすすめの外遊び

次にオススメの外遊びです。やはり子供は家では思いっきり身体を動かすことができないので外で遊ぶことが大好きです。身体を動かせば、お腹も空きますし、ぐっすり寝れるので成長には大切です。

かけっこやかくれんぼ

かけっこやかくれんぼは身体を支える足腰を鍛えてくれます。かくれんぼはどこに隠れているのか考えながら遊べるので思考力も身につきます。

キャッチボールやボール蹴り

ボールを投げたり蹴ったりすることは、ボールを投げたり蹴ったりするので、手先などが器用になりますし、飛んでくるボールがどこに来るのかなどの空間認識力を身に付けることができます。

三輪車やペダルなし自転車

三輪車やペダルなし自転車は、将来自転車に乗る時にも役立ちます。特にペダルなし自転車は、バランス感覚を養うことができるのでおすすめです。

外で遊ぶと怪我などの危険もありますが、危ないからとやめさせず、そばで見守ってあげたり、一緒に遊んであげましょう。

幼稚園児とママの夏休み!成長につなげる過ごし方まとめ!

1.集中力の基礎は幼少期に身につく
2.規則正しい生活をしよう
3.出来るだけ子供と一緒に過ごそう
4.おすすめの室内遊び
5.おすすめの外遊び

幼稚園児の夏休みに成長につなげる過ごし方についてお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

まず、幼稚園児の時期に基本的な人格の形成をされることをお伝えしました。とても大切なことですので、覚えてくださいね。元気に成長してくれるためにも、規則正しい生活やできるだけ一緒にいる時間を増やしてください。

そして、家の中でも家の外でも楽しく様々な遊びをすることで、様々な力が身につきます。今回おすすめした遊び以外にも遊びはいっぱいありますので、子供がやりたいことをできる限りさせてあげることも大切だなと思います。

そして、どんどん成長していく我が子を楽しくも温かく見守っていきましょう。皆さん、子育て頑張っていきましょうね。

コメント