幼稚園ランチ会に行きたくないとは言えない?上手に断る方法

スポンサーリンク

幼稚園ランチ会には行きたくないというのが本音ですが、なかなかはっきりとは断りにくいですよね。実はママ友の間でもたびたびのぼるこの話題。参加したくて参加する人、お付き合いで参加する人、参加を断る人とさまざまいらっしゃいます。

私はお付き合いで参加する人でした。しかし、そうやってしぶしぶ参加したところで、高い会費を払い、仲良くもない人とのおしゃべりが待っているだけ。

「なんとか上手に断る方法はないかな」
と思い、試行錯誤しながらも断るようにしました。

その結果、余計なストレスを抱え込まず、無駄な時間を過ごさなくてよくなり、とても気楽になったので、ぜひともみなさんにもおススメしたいと思います。

ランチ会なんて無理していく必要ないですよ。

幼稚園ランチ会に行きたくないときの断り方

幼稚園ランチ会に行きたくないのなら、思い切って断ってしまいましょう。

 参加できる
 参加できない

そのことだけを伝えればいいです。

ほどんどの人が「断る」ことに後ろめたさを感じ、何か言い訳をしたくなりますが、参加できない理由をわざわざ説明しないことをおススメします。

そうやって参加できない理由を、いろいろと並べて嘘をつくと、その後の行動に矛盾が生じてきて、その矛盾を解消するためにさらに嘘をつく、という負のスパイラルに陥ってしまい、とても危険です。

3回断れば誘われなくなると言われていますし、実際それくらいで誘われなくなりました。

ただし「行きたくない」と、はっきり言い過ぎると相手の怒りを誘ったり、傷つけたりする恐れがあるので、「ごめんね」「残念」「誘ってくれてありがとう」といった気遣いをうかがわせる言葉を一緒に入れるのがコツです。

「ごめんね。残念だけど参加できないわ。誘ってくれてありがとう」
こう言って、その場をさっと去りましょう。

幼稚園ランチ会に行けない理由を聞かれたら

幼稚園ランチ会に行きたくないので断ったら、「どうして?」と理由を聞かれることも多々あります。その場合は仕方がないので理由を話すことになります。

断る理由として使いやすく、相手に納得してもらいやすいのは、
1. スケジュールの都合
2. 仕事
3. 健康
4. 家族
の4つを理由としたものです。

「その日は先約がある」
「仕事が休めない」
などは、特に使いやすいワードでおススメです。

「母(姑)に呼ばれている」
も、ママあるあるなので、納得してもらいやすい理由です。

急に誘われたときは、
「おなかの調子が悪い」
「体調がすぐれない」
も使えますが、心配されるというデメリットもあります。

また、
「家庭の事情で…」
と言いにくそうに言うと、それ以上突っ込まれませんが、仲のいい人には使わないでくださいね。本気で心配されます。

断る理由が嘘である場合は、できるだけのちに突っ込まれないワードにする、ということだけは気をつけてください。

幼稚園ランチ会に行きたくなくて断るときのNGワード

幼稚園のランチ会に行きたくなくて断るとき、言ってはいけない言葉もあります。

「時間が無くて」「暇が無くて」

口にしやすいワードですが、相手に「私は暇だと言いたいの」と反感を買ってしまいます。これを言ったら陰で何か言われてしまう可能性が。気をつけたい一言です。

「また誘ってね」

行く気が無いのに言ってしまうと、次回にまた誘われます。本当に誘って欲しい時だけにしましょう。

「○日だったら行けたのに」

「〇日にしたよ」とその日にわざわざ変更してくれてのお誘いになることがあります。こうなったら行かないわけにはいかなくなります。

幼稚園ランチ会に行きたくないけど、うまくことわれそうにないときの断り方

幼稚園のランチ会に行きたくなくて断るとき、ぱっと返事ができるような性格ならいいですが、「断る」ということに抵抗がある性格だと、焦ってしどろもどろになって、余計なことを口走ってしまうことがあります。

そもそもそんな性格なのでうまく断れなくて困っている、というのが本音ですよね。そうゆう方におススメなのが、一呼吸置く方法です。

「今、予定がわからないので、帰って確認するね」
などと言って、すぐに返事をせず、帰宅後に電話やメール、LINEや次の日会ったときなど、後で返事をします

少し考える時間があれば、余計なことを口走ってしまう心配もないし、メールやLINEなど文字で返事するということは、精神的なハードルを下げてくれます。

ただし、予約や人数確認など相手の予定もあるので、できるだけ早目に断りましょう。

まとめ

幼稚園ランチ会に行きたくないのなら、上手に断ってしまいましょう。

「参加できる」「参加できない」そのことだけを伝え、理由や余計なことを言わないようにすればいいのです。ただし、「ごめんね」「残念」「誘ってくれてありがとう」といった気づかいは入れてくださいね。

しかし、ときどきは理由を聞かれることもあります。その時に断る理由として使いやすく、相手に納得してもらいやすいのは、
1. スケジュールの都合
2. 仕事
3. 健康
4. 家族
の4つを理由としたものです。

特に「家庭の事情で…」と言いにくそうに言うと、それ以上突っ込まれません。

ついつい言ってしまいがちな「時間が無くて」「暇が無くて」「また誘ってね」「○日だったら行けたのに」のNGワードは、本当に言わないように注意してください。

また、上手く断る自信のない方は、「予定を確認してから返事をする」と言って、その場で返事をせずに、メールやLINEなど文字で断ることもおススメです。

余計なストレスを抱え込み、無駄な時間を過ごさないためにも、上手に断ってしまいましょう。

 

【こちらも読まれています】

幼稚園ランチ会の挨拶で失敗しない!そのコツと例文をご紹介
幼稚園ランチ会の挨拶担当が、くじ引きにより当たりました。担当になったのは、ランチ会の始まりと終わりの挨拶です。なんとか乗り越えたわたしの経験から、挨拶の具体的な例文とコツをご紹介したいと思います。ランチ会での挨拶なんてたいしたことなかった!ので、同じように思ってもらえると嬉しいです。

コメント