靖国神社みたままつり2019!御朱印の時間は?祭りの楽しみ方は?

スポンサーリンク

靖国神社では毎年7月に「みたままつり」という行事が行われていて、みたままつりの期間には限定の御朱印がいただけます。みたままつりとは国のために尊い命を捧げられた英霊を慰める行事として行われているもので、日本古来で言えばお盆期間に行われている、いわば夏祭りなんです。

御朱印を集めているのなら靖国神社みたままつり限定の御朱印は見逃したくないところ、いついただけるのか、時間なども気になるところですよね。

ここでは2019年の靖国神社のみたままつりについての概要や詳細、また気になる御朱印がいただける時間などを紹介していきます。

もちろん御朱印だけではなくみたままつりを楽しむための見どころなども紹介しているので、今年2019年の靖国神社みたままつりを楽しみたい方はぜひご確認ください!

【靖国神社みたままつり2019!御朱印をいただける時間は?】

靖国神社みたままつり、やっぱり気になるのは御朱印をいただけるかどうか、そしていただけるとしたら時間、費用はどのくらいかかるのかですよね。

靖国神社みたままつりの限定御朱印はみたままつり限定のちょうちんスタンプが押された特別なもので、もちろんみたままつり期間にいただけます。

靖国神社で御朱印をいただける時間は
8~9時頃から閉門時間まで
です。

閉門時間については季節によって違い、11月から2月までは17時、3月から10月は18時ですが、みたままつりの期間は夜でも御朱印をいただけました(2018年情報です)。

御朱印は靖国神社の拝殿を正面に見た場合右側にある「参集殿」ですが、大きな看板が掲げられているため初めて行く場合でも見逃す心配はありません。気になる費用ですが靖国神社みたままつりの御朱印の初穂料は300円なので、気軽に御朱印をいただきにいけますね。

いただきに行く時間は御朱印を受け付けている時間なら問題なく、行列があったとしても列さばきもスムーズでさほど時間をかけずにいただくことができます。とはいえ混雑時に並ぶのはつらい、できるだけ人の少ないおすすめ時間帯に行きたいという場合、やはり混雑の少ない午前中などが狙い目です。

靖国神社ではオリジナルの御朱印帳も頒布されているので、ぜひ御朱印帳もいただいてから御朱印をいただく行列に進みましょう!

万が一混雑がひどすぎる、時間がなくて御朱印をいただけなかった場合も、みたままつり限定の御朱印ではありませんが靖国神社の御朱印を受付時間にいただくことはできます。みたままつり限定の御朱印はまた来年狙えますので、無理だった場合も靖国神社の御朱印は後日ぜひ見逃さないようにしておきましょう!

【靖国神社の御朱印のいただき方の作法は?御朱印とは?】

靖国神社の御朱印のいただき方

靖国神社で御朱印をいただく場合は、先程紹介したとおり拝殿を向いて右側にある参集殿で受け付けられているのでまずはそちらに移動しましょう。大きな看板が掲げられているので見間違うこともまずなく、ちょっと見渡せば参集殿にたどり着けるのでご安心ください。

先に御朱印帳と初穂料(300円)を渡して受付を済ませると番号札が配られ、「○○分ほどお待ち下さい」とある程度時間も教えてもらえます。あとは放送で自分の番号が呼ばれるのを待つだけなので、周囲の散策やおみくじなど、ゆっくり待ちましょう。

このように御朱印をいただく作法として注意しなければならないことはあまりありませんが、最も大切な作法として、御朱印は「お参りをした証」です。お参りをしていないのに御朱印だけが欲しいからまっすぐ向かいいただいていく……これは絶対にやめ、必ず神様や仏様にご挨拶をし、その証として御朱印をいただきましょう

そもそも御朱印とは?

御朱印とは「神社やお寺にお参りした際に、その証として授けられる印」のことで、神社やお寺の名前、お参りした日付などが墨で書かれます。元々は写経を納めた証として授けられていたのですが、現在ではこのように「お参りの証」として授けるところが多くなっています。

御朱印はそれぞれの神社やお寺によってデザインも違い、その違いを楽しむなどの理由で御朱印を集めながらお参りをするという風潮が生まれたんです。ですから「御朱印を集めると何かある」というよりは集めて楽しむコレクション的な意味合いが強く、ゆかりのある御朱印を集めるなど様々な集め方も考えられますね。

御朱印帳はどこで手に入れる?

御朱印帳は靖国神社でもいただくことが可能で、全国各地の神社でもオリジナルの御朱印帳が頒布されています。それぞれの神社の御神木や本堂などゆかりのあるものがデザインされてあることが多く、こういったデザインから自分の好みにあった御朱印帳を探すのも良いですね。

もしお好みの御朱印帳がなかなか見つからない、神社などで御朱印帳を探している時間がないという場合、インターネットでもいただくことができるのでこういった方法も考えてみましょう。

商品サイト:

https://item.rakuten.co.jp/hotokudo/apd004/

こちらの御朱印帳は裏写りがしにくい厚手の奉書紙が採用されていて滲みにも強く、長期の保存にも向いた人気の御朱印帳ですよ!

【靖国神社みたままつり2019!お祭りの歴史・由来】

次にそもそものお祭り、靖国神社のみたままつりについて、今年2019年の概要、そしてお祭りの歴史や由来についてもチェックしていきましょう!

靖国神社は東京都千代田区にある神社であり、東京都内の神社の広さでは2位、全国16社の勅祭社の一社、東京五社の一社という大きな神社です。神社としてだけではなく桜の名所としても有名で、花見の季節になると境内に500本ある桜が一斉に花開き、多くの方の目を楽しませています。

靖国神社は戦死者を祀る東京招聘社として創建され、1946年の政教分離に伴い「靖国神社」となりました。毎年夏になると靖国神社への参拝や日本の首相が参拝したことによって中国や韓国、北朝鮮などが抗議声明を出すなどの問題も多くあります。

お祭りの歴史

一方みたままつり国のために尊い命を捧げられた英霊を慰める行事であり、毎年古来の日本のお盆に当たる時期に行われている夏祭りです。

行事の名称になっている「みたま」は「御霊」のことで、この言葉は先祖の霊に対して尊敬の念をもち、靖国神社に祀られている英霊たちをお慰めするという意味があります。

毎年以下の日程で開催され、靖国神社の境内では大小様々な3万以上のちょうちんや懸ぼんぼりが掲げられています。それだけではなく本殿では毎夜神霊を慰める祭儀、またみこし振りや青森のねぶた、特別献華展などの奉納行事、盆踊り、夜店など様々な行事もあります。

日程:2019年7月13日(土)から16日(火)
祭儀:午後18時から参拝受付時間:9時から18時
(社頭参拝は6時から9時半)

靖国神社みたままつりは毎年30万人もの参拝者が訪れる、都内のお祭りランキングで1位でもあった大きな行事です。もちろん混雑もすごく歩くのも大変なほどになるので、みたままつりへ遊びに行く際はかなりの余裕を持ち、行動も早め早めを心がけておきましょう

【靖国神社みたままつり2019!みどころ3選!】

次に靖国神社みたままつり2019について、ぜひチェックしておきたい見どころを3つ紹介するのでぜひ確認しておいてくださいね!

◎見どころ1:ちょうちん

靖国神社みたままつりの見どころといえばやっぱり境内にたくさん並ぶ大小様々なちょうちんで、ちょうちんに明かりが灯る様子は「光の祭典」などと言われる程美しいものです。

【靖國神社】第七十二回みたままつり[桜H30/7/14]

【靖國神社】第七十二回みたままつり[桜H30/7/14]

多くの方が献灯したちょうちんが並ぶのでじっくり眺めていくのも楽しく、靖国神社みたままつりへ行ったのなら必ずチェックしておきましょう!

◎見どころ2:青森ねぶた

靖国神社みたままつりではたくさんの奉納行事が行われますが、その中でも奉納ねぶたはやっぱり目立ち、なかなか見られないねぶたを眺めるチャンスです。

靖国みたままつり奉納ねぶた2018

靖国みたままつり奉納ねぶた2018

ちょうちんが並ぶ靖国神社を練り歩くねぶたはまた違った魅力があるので、ぜひ靖国神社みたままつりでの青森ねぶたもご確認ください!

◎見どころ3:神輿

「お祭りと言えばやっぱりお神輿!」という方もいらっしゃいますが、神輿も靖国神社みたままつりで見逃せないポイントです。

【靖国神社】みたままつり 神輿2

【靖国神社】みたままつり 神輿2

靖国神社みたままつりでは近くまで行って見ることはなかなか難しいものの参道が広く、小さなお子様連れの場合も安心してみることができるのも嬉しいポイントです。

【まとめ】

靖国神社みたままつり2019で御朱印をいただく、お祭りを楽しむためのポイントまとめ!

1:靖国神社では通常時の御朱印、そしてみたままつり限定の御朱印をいただくことが可能、スムーズに流れるものの余裕を持った行動を心がけよう

2:御朱印はお参りをした証なので必ず先にお参りをしてから御朱印をいただくこと、御朱印帳は靖国神社でもいただくことが可能、インターネット通販も

3:靖国神社みたままつりは7月13日(土)から16日(火)までで、日本のために尊い命を捧げた英霊を慰めるお祭りである

4:大小ならぶ提灯、そしてねぶたや神輿などが見どころなので見逃さないようにチェックしよう

靖国神社みたままつりは日本のために尊い命を捧げた英霊を慰める夏祭りで、多くのちょうちんが灯り「光の祭典」とも言われるほど華やかなものです。日本国内規模でみても多くの方が訪れるお祭りなので準備は念入りに、余裕を持った行動を心がけて靖国神社みたままつり2019を楽しみましょう!

コメント