やられたらやり返す!職場で実際に行う方法やエピソードは?

  • 「職場でのいじめや嫌がらせにやり返したい!」
  • 「セクハラ上司にもううんざり!」
  • 「パワハラを受けないためにはどうしたらいいの?」

職場でのセクハラ、パワハラは社会的問題です。実際被害を受けている人にとってはひどい苦しみであり死活問題となります。

私も昔女性の先輩から理不尽なパワハラを受けたことがあります。かなり精神をやられ毎日が本当に辛かったです。

この記事では職場でパワハラやセクハラ、いじめや嫌がらせを受けている人、またそれらのハラスメントにやり返しをしたいと考えている人に向けて、セクハラ・パワハラ・嫌味・嫌がらせそれぞれのエピソードを交えつつ、正しいやり返しの方法をご紹介します。

数分で読める記事ですが、実践することで職場でのハラスメント解決の糸口、予防となるでしょう。ぜひ最後までお付きあいください。

それでは早速まいります。

やられたらやり返すことを職場で実際に行うことは可能?

数年前に銀行を舞台にした復讐ドラマ『半沢直樹』が大ヒットしましたね。半沢直樹の復讐劇は痛快で「やられたらやり返す、倍返しだ!!」は当時の流行語にもなりました。

『半沢直樹』はドラマですが現実としてやり返すことは可能なのでしょうか?

実際私たち日本人はやり返しているのか、それとも泣き寝入りしているのか割合はどのようなものか興味がありますね。見てみましょう。

CanCam.jpに20〜40代男女500名「あなたはどちらかといえば“やられたらやり返す派”ですか? それとも“泣き寝入りする派”ですか?」というアンケートがあり回答は以下のようになりました。

  • やり返す・・・282人(56%)
  • 泣き寝入りする・・・218人(44%)

やり返すという人が過半数以上いて、私は意外に多いなと思いました。世間のみなさんはやられたらやり返す方が結構多いんですね。

【引用元】

CanCam.jp

やられたらやり返す人の割合は?そういう心理になる人の特徴とデメリット

https://cancam.jp/?s=%E3%81%82%E3%81%AA%E3%81%9F%E3%81%AF%E3%81%A9%E3%81%A1%E3%82%89%E3%81%8B%E3%81%A8%E3%81%84%E3%81%88%E3%81%B0%E2%80%9C%E3%82%84%E3%82%89%E3%82%8C%E3%81%9F%E3%82%89%E3%82%84%E3%82%8A%E8%BF%94%E3%81%99%E6%B4%BE%E2%80%9D%E3%81%A7%E3%81%99%E3%81%8B%EF%BC%9F%E3%80%80%E3%81%9D%E3%82%8C%E3%81%A8%E3%82%82%E2%80%9C%E6%B3%A3%E3%81%8D%E5%AF%9D%E5%85%A5%E3%82%8A%E3%81%99%E3%82%8B%E6%B4%BE%E2%80%9D%E3%81%A7%E3%81%99%E3%81%8B%EF%BC%9F

職場でやり返したい出来事とは?

では実際、職場でのやり返したい出来事とはどのようなものがあるのでしょう。

ほんの一例ですが、以下のようなものがあります。

  • 「肩や髪の毛に触れてくる上司がいて不快で仕方がない」
  • 「顔を会わせるたびに『彼氏つくらないの?』『まだ結婚しないの?』と言ってくる」
  • 「見せしめのように同僚たちの前で過度の叱責を受けた」
  • 「一人別室で雑用をさせられ、必要な会議にも出席させてもらえないでいる」
  • 「交際を断ったことをきっかけに仕事上の嫌がらせをしてきた」
  • 「仕事ができないやつだと周りに言いふらす」

このようなセクハラ、パワハラ、いじめ、嫌がらせが日本の職場で横行しているのは事実です。できことならやり返したいと思うのは人として当たり前の感情ですね。

スカッとする!やり返したエピソードと方法:パワハラ編

こちらの方々はパワハラに対してやり返し成功しているようですね。では実際私たちがやり返すならどのような方法が正しいのでしょうか。おさえておきましょう。

 パワハラへの正しいやり返し方

  1. 証拠を集めておく
  2. 上司、社内窓口へ相談する
  3. 労働局、社外の専門機関へ相談する

1.証拠を集めておく

パワハラを受けている場合、その証拠となるものを日頃から集めておきましょう。

社内・社外に関わらずパワハラを相談する際に以下のような客観的な証拠が必要になってきます。

  • パワハラ行為の記録、メモ
  • 第三者の証言
  • メール、 SNS
  • 医師による診断書

2.上司、社内窓口へ相談する

まずは上司へ相談しましょう。上司からのパワハラの場合はさらに上の立場の人へ相談。または社内の窓口へ相談しましょう。

あなたが訴えれば会社は「改正労働施策総合推進法(パワハラ防止法)」により改善策をとらないといけません。パワハラに関して会社は決して部外者ではないのです。

3.労働局、社外の専門機関へ相談する

社内で解決しないようなことがあれば社外に相談先をかえましょう。所管の労働局や弁護士などが相談をする場所となります。

スカッとする!やり返したエピソードと方法:セクハラ編

コメント

タイトルとURLをコピーしました