薬剤師の女性が辞めたい理由5選!薬剤師に向いている女性の性格やキャリアは?

スポンサーリンク

錠剤

皆さん薬剤師という職業は実際どのような仕事をしているか知っていますか?

患者さんの求め通りに薬を調剤する事がメインの仕事だと思っている方が多いのではないでしょうか?

確かにそれも重要な仕事なのですが薬剤師の仕事は処方箋の監査、薬の副作用の有無の確認など多岐にわたります。

最近は病気の治療ではなく予防という観点からも皆さんの生活に関わる機会も増えてきました。

私は現在、調剤薬局の薬剤師として働いています。

またエリアの管理職として薬剤師の仕事以外にも人事の方にも関わっています。

今回、薬剤師になろうと志している方、薬剤師という職業に興味を持っている方の参考になればと思い、この記事では、私が実際に薬剤師として働いて得た経験や知識から薬剤師という職業はどういうものか主に女性薬剤師が辞めたくなる時や薬剤師に向いている性格、キャリアなどを中心に紹介します。

今回紹介する内容

  1. 薬剤師の女性が辞めたい理由5選!
  2. 薬剤師という仕事に向いている女性の性格やタイプは?
  3. 一般的な女性薬剤師のキャリアは?
  4. 女性薬剤師が辞めたくなるほど辛くなったら?ストレスの解消法は?
  5. 薬剤師をどうしても辞めたい!と感じたらこの転職サイトおすすめ!
  6. まとめ

となっています。それではさっそく紹介します!

薬剤師の女性が辞めたい理由5選! その1:休みがとりにくい

カレンダー

薬剤師は慢性的に不足しています。

お子さんがいるママ薬剤師の場合は急に子供が熱をだして仕事を休まざるをえなくなる場合もあるかと思いますが、人手不足のため急な休みは取りづらくなります。

また、有給の消化も希望通りいかない場合もよくあります。

このような傾向は特に地方や中小の薬局に多いです。

薬剤師の女性が辞めたい理由5選! その2:同僚との人間関係

腕を組んで怒る女性

薬剤師は女性の方が多く活躍している職業です。

女性が活躍できる職業はもちろん良いことなのですが、女性特有の人間関係による弊害というものが出てくることがあります。

特に狭い空間で毎日同じスタッフと閉鎖的な環境で仕事をしているとなおさらです。

店舗移動などで解消することもできますが、人手不足の店舗の場合、なかなか人の入れ替えも難しいです。

薬剤師の女性が辞めたい理由5選! その3:残業が多い

時計

薬剤師は薬の調剤以外にも薬の発注、個々の患者さんのデータの整理、資料の作成など様々な仕事があります。

特に忙しい店舗、病院では患者さんの薬を調剤する事だけが主な仕事になってしまい、なかなかそれ以外の仕事ができません。

そうなるとどうしても残業が多くなってしまいます。

残業が多いというのは子供を持つママ薬剤師にとっては大きな負担になります。

薬剤師の女性が辞めたい理由5選! その4:患者さんの対応

患者さんとのトラブルで悩んでいる薬剤師は意外と多いです。

もともと病気やけがをしているので機嫌のいい方はあまりいません、少し気にくわないことがあると怒鳴ったり、説教をしてきたり、理不尽な怒りをぶつけてくる方も中にはいます。

特に若い女性の薬剤師は年配の患者さんへの対応に苦慮する場合が多々あります。

これは接客業全般に言えることだと思うのですが相手をみて話し方や質問の内容を考えたりする必要があります。

薬剤師の女性が辞めたい理由5選! その5:給与がなかなか上がらない

芽が生えているコイン

薬剤師は、同じ職場でずっとかんばっていてもなかなか給与が上がりにくいです。

これは正当な評価がされていないという事になりモチベーションの低下につながります。

一方、転職をして上げることは容易です。

薬剤師という仕事に向いている女性の性格やタイプは?

棚

分からないことはその都度調べたりし、新たな知識をインプットしていくことに抵抗のない方は薬剤師に向いています。

なぜなら、医療は日々進化しています、それと同時に新しい薬や疾病も次々と出てきます。

薬剤師は日々新たな薬、疾病の知識を頭の中に入れておく必要があるからです。

また、人と接することが好きな方は薬剤師に向いているといえるでしょう。

調剤薬局、病院の薬剤師共に患者と話をする事で何らかの情報を得て、その情報をもとにして薬が患者に合っているのか、効果はあるか判断することが多いからです。

逆に大雑把な人はあまり薬剤師に向いていません。

なぜなら、薬剤師は麻薬や向精神薬など在庫をしっかり管理しておかなければならない薬も扱います。

さらに、薬の量や数を間違わずに調剤する必要があります。

そういう意味で大雑把な性格の人はあまり向いていません。

他にも色々ありますが私が実際に仕事をしていて、特に薬剤師に向いていると思う性格は以上です。

また、男性も女性も仕事内容はほぼ同じで同じ事が求められるので、性別によって必要な性格やタイプに違いはほとんどありません。

一般的な女性薬剤師のキャリアは?

薬剤師のキャリアですが、勤務先が都市か地方かによっても違いますし、病院、薬局またはドラックストアかによっても異なります。

私は調剤薬局で働いているので今回は調剤薬局の薬剤師の一般的なキャリア、収入について紹介します。

男女のシルエットとグラフ

勤務薬剤師

まずは勤務薬剤師からスタートします。

薬剤師として様々な経験を積むための期間です。

その間に薬の知識もですが患者に対する薬の説明の仕方や店舗管理の仕方など様々なことを学びます。

年収は地域差もありますが約400万前後~

管理薬剤師

薬局の責任者、いわゆる薬局の店長です。

各薬局に必ず1人はいます。

勤務薬剤師として大体5年ぐらい経験を積んでからなるほうが多いと思いますが、薬局によっては管理薬剤師からスタートする薬局もあります。

管理薬剤師は薬に関する知識はもちろん、在庫管理や店舗内のスタッフなど人の管理も行います。

ある程度のことは1人で処理できるような能力が求められます。

年収は約600万前後~

エリアマネージャーなどの管理職

管理薬剤師まででキャリアを終える人も多いですがさらにキャリアアップしたい方は複数の店舗の取りまとめ役であるエリアマネージャーなどの管理職に就く事も可能です。

エリアマネージャーになるには調剤報酬などの保険の知識、薬事関係の知識も必要になります。

主な仕事はエリアの店舗運営、人材育成、人が足りない場合は現場に入って薬剤師として仕事するなど様々です。

年収は約700万前後~

 

女性薬剤師が出世するには薬の知識はもちろん保険、薬事関係の知識も必要です。

さらに人材教育や人を管理する能力も必要になります。

ちなみに収入や出世に関して男性、女性でさほど違いはありません。

女性の管理職も多くいます。

女性薬剤師が辞めたくなるほど辛くなったら?ストレスの解消法は?

consulting

仕事をしているからには多少のストレスや不安は仕方がないです。

深刻にとらえることなく前向きに考えるのが一番です。

しかし、仕事を辞めたくなるほど強い不安やストレスの場合、自分一人で対処するのはなかなか難しいです。

そういった時は同じところで働いている薬剤師の同僚や他の会社に勤めている薬剤師の仲間に相談するといいです。

私の経験上ですが、医療業界(薬業界)は結構業界が狭いのでみんな大なり小なり同じような悩みや不安を抱えている、または抱えていた、というケースが多いです。

相談してみると対処法やアドバイスなどを得られることも多々あります。

大事なことは自分一人で抱え込まず「同業者の仲間」に相談してみることです。

また、薬剤師は今のところまだ売り手市場なので転職先はすぐに見つかります。

よって、安易な転職はおススメできませんが、最終手段として思い切って他の会社に転職するのもアリです。

心身が壊れるほど無理して今のところで頑張って働く必要はありません。

薬剤師をどうしても辞めたい!と感じたらこの転職サイトおすすめ!

どうしても今の職場をやめたいという場合は転職を検討するもの一つの手段です。

その際転職サイトを利用することをおススメします。

私が個人的におススメの転職サイトは『薬キャリ』です。

特徴をまとめておきます。

求人が豊富

医師の転職支援でも業界トップクラスの転職サイトを運営しているエムスリーグループの中の1つです、医療機関との太いパイプを持っているのが薬キャリの強みです。

そのため多くの求人の案件があります。

レスポンスがいい

登録すると最短で即日最大10件の求人を紹介してもらえます。

サイト登録から転職するまでのスピードも業界最速です。

急いで転職したい方にはおすすめの転職サイトです。

また1つの転職サイトに登録するだけではなく2,3の転職サイトに登録しておきましょう。

まとめ

drugsの看板

以上、女性薬剤師が辞めたい理由、薬剤師に向いている性格やキャリアの紹介でした。

改めて内容をまとめておきます。

薬剤師の女性が辞めたくなる主な理由

1.休みがとりにくい

お子さんがいるママ薬剤師の場合は急に子供が熱をだして仕事を休まざるをえなくなる場合もあるかと思いますが、人手不足のため急な休みは取りづらくなる場合があります。

2.同僚との人間関係

薬剤師は女性の方が多く活躍している職業です。女性特有の人間関係による弊害というものが出てくることがあります。

特に狭い空間で毎日同じスタッフと閉鎖的な環境で仕事をしているとなおさらです。

3.残業が多い

忙しい店舗、病院では患者さんの薬を調剤する事だけが主な仕事になってしまってなかなかそれ以外の仕事ができません。

そうなるとどうしても残業が多くなってしまいます。

4.患者さんの対応

もともと病気やけがをしているので機嫌のいい方はあまりいません、少し気にくわないことがあると怒鳴ったり、説教をしてきたり、理不尽な怒りをぶつけてくる方も中にはいます。

特に若い女性の薬剤師は年配の患者さんへの対応に苦慮する場合が多々あります。

5.給与がなかなか上がらない

薬剤師は、同じ職場でずっとかんばっていてもなかなか給与が上がりにくいです。

これは正当な評価がされていないという事になりモチベーションの低下につながります。

薬剤師という仕事に向いている性格やタイプ

1.調べることに対して抵抗のない方

医療は日々進歩しています、それと同時に新しい薬や疾病も次々と出てきます。

薬剤師は日々新たな薬、疾病の知識を頭の中に入れておく必要があります。

2.人と接することが好きな方

患者と話をする事で何らかの情報を得て、その情報をもとにして薬が患者に合っているのか、効果はあるか判断することが求められます。

3.大雑把な人は薬剤師として不向き

麻薬や向精神薬など在庫をしっかり管理しておかなければならない薬も扱います。

さらに、薬の量や数を間違わずに調剤する必要があります。

一般的な女性薬剤師のキャリア

1.勤務薬剤師

薬剤師として様々な経験を積むための期間。

薬の知識、患者に対する薬の説明の仕方や店舗管理の仕方など様々なことを学びます。

年収は約400万前後~

2.管理薬剤師

薬局の責任者、いわゆる薬局の店長。

管理薬剤師は薬に関する知識はもちろん、在庫管理や店舗内のスタッフなど人の管理も行います。

ある程度のことは1人で処理できるような能力が求められます。

年収は約600万前後~

3.エリアマネージャーなどの管理職

複数の店舗の取りまとめ役。

エリアマネージャーになるには調剤報酬などの保険の知識、薬事関係の知識も必要。

主な仕事はエリアの店舗運営、人材育成、人が足りない場合は現場に入って薬剤師として仕事するなど様々です。

年収は約700万前後~

上記キャリアはあくまでも参考に、勤務先が都市部か地方かによっても違いますし、病院、薬局またはドラックストアかによっても異なります。

辞めたくなるほど辛くなった場合のストレスの解消法

自分一人で抱え込まず「薬剤師の仲間」に相談してみましょう。

医療業界(薬業界)は結構業界が狭いのでみんな大なり小なり同じような悩みや不安を抱えている、または抱えていた、というケースが多いです。

相談してみると対処法やアドバイスなどを得られることも多々あります。

おすすめの転職サイト

私が個人的におススメの転職サイトは『薬キャリ』です。

医師の転職支援でも業界トップクラスの転職サイトを運営しているエムスリーグループの中の1つです、医療機関との太いパイプを持っているため多くの求人の案件があります。

また、登録すると最短で即日最大10件の求人を紹介してもらえるなどレスポンスもいいです。

 

いかがでしたでしょうか?

薬剤師は多くの女性の方が活躍している職場です。

そのため女性の様々な要望に応えていくことができない薬局、病院は慢性的な人手不足からなかなか解消されません。

私も管理職という観点から多くの要望に応えられるよう日々試行錯誤しています。

今回の記事から薬剤師という職業に少しでも興味を持ってくれたら幸いです。

【こちらも読まれています】

かかりつけ薬剤師をやめたい!やめる方法とは?仕事内容や収入の違いは?
かかりつけ薬剤師という制度は平成28年の4月にスタートした制度です。このかかりつけという制度、現在、認知度はそれほど高くないですがこれからどんどん広がっていくと予想されます。この記事では私の経験もふまえながら、かかりつけ薬剤師という制度について紹介します。
新人薬剤師が辞めたい理由10選!不満を感じた時の解決策は?
薬剤師になって間もない方、薬剤師になろうと志している方、薬剤師という職業に興味を持っている方の参考になればと思い、この記事では、私が実際に薬剤師として働いて得た経験や知識から新人の薬剤師が辞めたくなる主な理由やストレスや不安の解決方法を紹介します。
薬剤師の男性が辞めたい理由5選!薬剤師に向いている男性の性格やキャリアは?
薬剤師は他の医療系の職業と比べるとなんだかパッとしない、イメージのしにくい職業ではないでしょうか?そこで、薬剤師になろうと志している方、薬剤師という職業に興味を持っている方の参考になればと思い、この記事では薬剤師という職業はどういうものか紹介します。

コメント