薬剤師の男性が辞めたい理由5選!薬剤師に向いている男性の性格やキャリアは?

スポンサーリンク

DRUGSの看板

私は現在、調剤薬局の薬剤師として働いています。

最近は調剤薬局やドラックストアなどが街中に多くなってきたことで以前よりはみなさんと接する機会が増えてきたとは思いますが、それでも薬剤師は医師や看護師など他の医療系の職業と比べるとなんだかパッとしない、いつも何をしているのかイメージのしにくい職業ではないでしょうか?

そこで、薬剤師になろうと志している方、薬剤師という職業に興味を持っている方の参考になればと思い、この記事では私が実際に薬剤師として働いて得た経験や知識から薬剤師という職業はどういうものか主に薬剤師が辞めたくなる時や薬剤師に向いている性格、キャリアなどを中心に赤裸々に紹介します。

今回紹介する内容

  1. 薬剤師の男性が辞めたい理由5選!
  2. 薬剤師という仕事に向いている男性の性格やタイプは?
  3. 一般的な男性薬剤師のキャリアは?
  4. 男性薬剤師が辞めたくなるほど辛くなったら?ストレスの解消法は?
  5. 薬剤師をどうしても辞めたい!と感じたらこの転職サイトおすすめ!
  6. まとめ

となっています、それではさっそく紹介します!

  1. 薬剤師の男性が辞めたい理由5選! その1:連休前後などはものすごく忙しい
  2. 薬剤師の男性が辞めたい理由5選! その2:閉鎖的な空間
  3. 薬剤師の男性が辞めたい理由5選! その3:給与がなかなか上がらない
  4. 薬剤師の男性が辞めたい理由5選! その4:休みがとりにくい
  5. 薬剤師の男性が辞めたい理由5選! その5:教育体制があまり整っていない
  6. 薬剤師という仕事に向いている男性の性格やタイプは?
  7. 一般的な男性薬剤師のキャリアは?
    1. 勤務薬剤師
    2. 管理薬剤師
    3. エリアマネージャーなどの管理職
  8. 男性薬剤師が辞めたくなるほど辛くなったら?ストレスの解消法は?
  9. 薬剤師をどうしても辞めたい!と感じたらこの転職サイトおすすめ!
    1. 地方の紹介にも強い
    2. サポート体制がしっかりしている
  10. まとめ
    1. 薬剤師の男性が辞めたくなる主な理由
      1. 1.年末年始や連休前後などはものすごく忙しい
      2. 2.閉鎖的な空間
      3. 3.給与がなかなか上がらない
      4. 4.休みがとりにくい
      5. 5.教育体制などがあまり整っていない
    2. 薬剤師という仕事に向いている性格やタイプ
      1. 1.調べることに対して抵抗のない方
      2. 2.人と接することが好きな方
      3. 3.大雑把な人は薬剤師として不向き
    3. 一般的な男性薬剤師のキャリア、収入
      1. 1.勤務薬剤師
      2. 2.管理薬剤師
      3. 3.エリアマネージャーなどの管理職
    4. 辞めたくなるほど辛くなった場合のストレスの解消法
    5. おすすめの転職サイト

薬剤師の男性が辞めたい理由5選! その1:連休前後などはものすごく忙しい

ドラッグストア

年末年始や長期休みの前後は患者さんが多く、忙しくなる日が多いです。

特に中小の薬局でありがちなのですが若い男性薬剤師だと1人で薬局を任せられることが多く、仕事の量も多くなりがちです。

人手不足の中そういう忙しい日に人員を前もって厚くしておくのも難しいです。

そういう時にミスが出たりして後始末に追われるとただでさえ忙しい日で仕事が多いのに、さらに輪をかけて仕事が溜まっていきます。

頭がパンク寸前になりまた他でミスをするという悪循環に陥る場合もあります。

そういう時によく、もっと人員に余裕のいる他の薬局で働きたくなります。

薬剤師の男性が辞めたい理由5選! その2:閉鎖的な空間

頭を抱える男性

薬局や病院は狭い空間で毎日ほとんど同じ人と仕事をしているのでどうしても閉鎖的になりがちです。

明るい雰囲気なら良いですが、暗い雰囲気の中、毎日同じ仕事をしていると息が詰まりそうになります。

働いている自分自身もだんだん気持ちが暗くなってきます。

その様なとき今の職場を辞めてもっと雰囲気の良い職場に変わりたくなります。

薬剤師の男性が辞めたい理由5選! その3:給与がなかなか上がらない

増えるコイン

薬剤師は、同じ職場でずっとかんばっていてもなかなか給与が上がりにくいです。

これは正当な評価がされていないという事になりモチベーションの低下につながります。

一方、転職をして収入を上げることは容易です。

また新たな役職に就くことで給与を上げることもできますが、大手の場合を除き、ほとんどの薬局はそこまで組織図がしっかりしていないのでポストの数も少なく、役職に就いても肩書だけの場合もあります。

薬剤師の男性が辞めたい理由5選! その4:休みがとりにくい

カレンダー

薬剤師は慢性的に人員不足です。

そうなるとなかなか希望の休みや急な休みは取りにくくなります。

特に管理職などになると自分の休みは後回しになりがちになります。

このような傾向は特に地方や中小の薬局に多いです。

薬剤師の男性が辞めたい理由5選! その5:教育体制があまり整っていない

薬バチ

ほとんどの薬局は教育体制が整っておらず、薬局内での研修や勉強会もほとんどありません。

日々新しい情報を取り入れることが重要な職業なのですが、勉強したい場合は自分で書籍などを購入したりして勉強するしかありません。

教育体制がしっかりしていない薬局の薬剤師は薬剤師としてのモチベーションも低下してしまいがちです。

キャリアアップも難しいです。

薬剤師という仕事に向いている男性の性格やタイプは?

薬学書

分からないことはその都度調べたりし、新たな知識をインプットしていくことに抵抗のない方は薬剤師に向いています。

なぜなら、医療は日々進歩しています、それと同時に新しい薬や疾病も次々と出てきます。

薬剤師は日々、新たな薬、疾病の知識を頭の中に入れておく必要があるからです。

また、人と接することが好きな方は薬剤師に向いているといえるでしょう。

調剤薬局、病院の薬剤師共に患者と話をする事で何らかの情報を得て、その情報をもとにして薬が患者に合っているのか、効果はあるか判断を求められることが多いからです。

逆に大雑把な人はあまり薬剤師に向いていません。

なぜなら、薬剤師は麻薬や向精神薬など在庫をしっかり管理しておかなければならない薬も扱います。

さらに、薬の量や数を間違わずに調剤する必要があります。

そういう意味で大雑把な性格の人はあまり向いていません。

他にも色々ありますが私が実際に仕事をしていて、特に薬剤師に向いていると思う性格は以上です。

また、男性も女性も仕事内容はほぼ同じで同じ事が求められるので、性別によって必要な性格やタイプに違いはほとんどありません。

一般的な男性薬剤師のキャリアは?

スーツの男性

薬剤師のキャリアですが、勤務先が都会か地方かによっても違いますし、病院、薬局またはドラックストアかによっても異なります。

私は調剤薬局で働いているので今回は調剤薬局の薬剤師の一般的なキャリア、収入について紹介します。

勤務薬剤師

まずは勤務薬剤師からスタートします。

薬剤師として様々な経験を積むための期間です。

その間に薬の知識もですが患者に対する薬の説明の仕方や店舗管理の仕方など様々なことを学びます。

年収は地域差もありますが約400万前後~

管理薬剤師

薬局の責任者、いわゆる薬局の店長です。

各薬局に必ず1人はいます。

勤務薬剤師として大体5年ぐらい経験を積んでからなるほうが多いと思いますが、薬局によっては管理薬剤師からスタートする薬局も中にはあります。

管理薬剤師は薬に関する知識はもちろん、在庫管理や店舗内のスタッフなど人の管理も行います。

ある程度のことは1人で処理できるような能力が求められます。

年収は約600万前後~

エリアマネージャーなどの管理職

管理薬剤師まででキャリアを終える人も多いですがさらにキャリアアップしたい方は複数の店舗の取りまとめ役であるエリアマネージャーなどの管理職に就く事も可能です。

エリアマネージャーになるには調剤報酬などの保険の知識薬事関係の知識も必要になります。

主な仕事はエリアの店舗運営、人材育成、人が足りない場合は現場に入って薬剤師として仕事するなど様々です。

年収は約700万前後~

 

男性薬剤師が出世するには薬の知識はもちろん保険、薬事関係の知識も必要です。

さらに人材教育や人を管理する能力も必要になります。

ちなみに収入や出世に関して男性、女性でさほど違いはありません。

男性薬剤師が辞めたくなるほど辛くなったら?ストレスの解消法は?

consulting

仕事をしているからには多少のストレスや不安はつきものです。

深刻にとらえることなく前向きに考えるのが一番です。

しかし、仕事を辞めたくなるほど強い不安やストレスの場合、自分一人で対処するのはなかなか難しいです。

私の場合、そういった時は同じ職場で働いている薬剤師の同僚や他の会社に勤めている薬剤師の仲間と食事をしながら相談するようにしています。

私の経験上ですが、医療業界(薬業界)は結構業界が狭いのでみんな大なり小なり同じような悩みや不安を抱えている、または抱えていた、というケースが多いです。

相談してみると対処法やアドバイスなどを得られることも多々あります。

大事なことは自分一人で抱え込まず「同業者の仲間」に相談してみることです。

また、薬剤師は今のところまだ売り手市場なので転職先はすぐに見つかります。

よって、安易な転職はおススメできませんが、最終手段として思い切って他の会社に転職するのもアリです。

心身が壊れるほど無理して今のところで頑張って働く必要はありません。

薬剤師をどうしても辞めたい!と感じたらこの転職サイトおすすめ!

どうしても今の職場を辞めたいという場合は転職を検討するもの一つの手段です。

その際転職サイトを利用しましょう。

私が個人的におススメの転職サイトは『マイナビ薬剤師』です。

マイナビ薬剤師の特徴をまとめておきます。

地方の紹介にも強い

『マイナビ薬剤師』は、リクルートと並ぶ転職業界最大手のマイナビグループが運営する薬剤師専門の転職支援サービスです。

拠点が全国10箇所以上にあるので首都圏だけでなく地方求人にも強いです。

サポート体制がしっかりしている

応募者との「面談」に力を入れており、親身にアドバイスをしてくれる事で有名です。

「サポート体制」は高く評価されています。

満足度は5年連続でNo.1を獲得(楽天リサーチ調べ)

1つの転職サイトに登録するだけではなく2,3の転職サイトに登録しておきましょう。

まとめ

薬棚

以上、薬剤師が辞めたい理由、薬剤師に向いている性格やキャリアの紹介でした。

改めて内容をまとめておきます。

薬剤師の男性が辞めたくなる主な理由

1.年末年始や連休前後などはものすごく忙しい

年末年始や長期休みの前後は患者さんが多く、忙しくなる日が多いです。

人手不足の薬局の場合、そういう忙しい日に人員を前もって厚くしておくのも難しいです。

2.閉鎖的な空間

薬局や病院は狭い空間で毎日ほとんど同じ人と仕事をしているので、どうしても閉鎖的になりがちで雰囲気が暗いと働いている自分自身もだんだん気持ちが暗くなってきます。

3.給与がなかなか上がらない

薬剤師は、同じ職場でずっとかんばっていてもなかなか給与が上がりにくいです。

これは正当な評価がされていないという事になりモチベーションの低下につながります。

一方、転職をして上げることは容易です

4.休みがとりにくい

薬剤師の数は慢性的に不足しており、なかなか希望の休みや急な休みは取りにくくなります。

特に管理職などになると自分の休みは後回しになりがちになります。

5.教育体制などがあまり整っていない

ほとんどの薬局は教育体制が整っておらず、薬局内での研修や勉強会もほとんどありません。

勉強したい場合は自分で書籍などを購入したりして勉強するしかありません。

薬剤師という仕事に向いている性格やタイプ

1.調べることに対して抵抗のない方

医療は日々進歩しています、それと同時に新しい薬や疾病も次々と出てきます。

薬剤師は日々新たな薬、疾病の知識を頭の中に入れておく必要があります。

2.人と接することが好きな方

患者と話をする事で何らかの情報を得て、その情報をもとにして薬が患者に合っているのか、効果はあるか判断することが求められます。

3.大雑把な人は薬剤師として不向き

麻薬や向精神薬など在庫をしっかり管理しておかなければならない薬も扱います。

さらに、薬の量や数を間違わずに調剤する必要があります。

一般的な男性薬剤師のキャリア、収入

1.勤務薬剤師

薬剤師として様々な経験を積むための期間。

薬の知識、患者に対する薬の説明の仕方や店舗管理の仕方など様々なことを学びます。

年収は約400万前後~

2.管理薬剤師

薬局の責任者、いわゆる薬局の店長。

管理薬剤師は薬に関する知識はもちろん、在庫管理や店舗内のスタッフなど人の管理も行います。

ある程度のことは1人で処理できるような能力が求められます。

年収は約600万前後~

3.エリアマネージャーなどの管理職

複数の店舗の取りまとめ役。

エリアマネージャーになるには調剤報酬などの保険の知識、薬事関係の知識も必要。

主な仕事はエリアの店舗運営、人材育成、人が足りない場合は現場に入って薬剤師として仕事するなど様々です。

年収は約700万前後~

上記キャリア、収入はあくまでも参考に、勤務先が都市部か地方かによっても違いますし、病院、薬局またはドラックストアかによっても異なります。

辞めたくなるほど辛くなった場合のストレスの解消法

自分一人で抱え込まず「薬剤師」の仲間に相談してみましょう。

医療業界(薬業界)は結構業界が狭いのでみんな大なり小なり同じような悩みや不安を抱えている、または抱えていた、というケースが多いです。

相談してみると対処法やアドバイスなどを得られることも多々あります。

おすすめの転職サイト

私が個人的におススメの転職サイトは『マイナビ薬剤師』です。

転職業界最大手のマイナビグループが運営する薬剤師専門の転職支援サービスで拠点が全国10箇所以上にあるので首都圏だけでなく地方求人にも強いです。

また、応募者との「面談」に力を入れており、親身にアドバイスをしてくれる事で有名です。

「サポート体制」は高く評価されています。

 

いかがでしたでしょうか?

今回の記事から薬剤師という職業に少しでも興味を持ってくれたら幸いです。

 

【こちらも読まれています】

アメリカで病気になったら治療費はいくら?移住前に知っておきたい病気・怪我事情!
アメリカに住む可能性がでてきたとき、家族の健康を考えて真っ先に気になるのはやはりアメリカの医療事情ではないでしょうか。アメリカは治療費、保険料ともにバカ高い、お金が無いと病気になっても満足に治療を受けられないなど噂がたくさん流れていますよね。

コメント