ワーママの幼稚園夏休み対策5選!夏休み期間中を上手に乗り切る方法とは

スポンサーリンク

スイカを食べる子供

仕事をしながら子育てに励むワーママたちは基本、保育園を利用する場合が多いです。

というのも、保育園は両親の仕事の都合に合わせて長時間の保育にも対応してもらえますし、給食がある保育園がほとんどです。

幼稚園の短時間の保育では仕事時間をまかなえない人も多いでしょうし、出勤前の朝の忙しい時間に子供のお弁当作りは負担になる!という人も多いからです。

しかし、幼稚園ならではのメリットも多く、できれば子供を幼稚園に通わせたいと願うワーママもいるはずです。

そんなワーママたちにとって一番の難問が、幼稚園の夏休み問題!

保育園には長期のお休みは基本的にありませんが、幼稚園はありますよね。

そうなるとその夏休み期間中の子供の預け先をどうするのか?

かなり大きな問題となってきます。

この記事では、幼稚園に子供を通わせたいワーママに向けて、夏休みをどう乗り切るかのヒントをご紹介しています。

実際、幼稚園に子供を通わせているワーママたちの声も一緒にご紹介するので、是非参考にしてみてくださいね!

ワーママの幼稚園夏休み対策5選! その1:幼稚園のお預かり制度を利用

ワーママにとって大きな悩みである幼稚園の夏休み問題。

世のワーママたちが一番利用しているのが「お預かり制度」です。

最近の幼稚園はこのお預かり制度が充実しているところが増えているのです。

首都圏近郊の幼稚園では、共働き世帯の増加からお預かりをしないと園児が集まらないとも言われているようです。

早朝、仕事に出かける時間から仕事が終わる時間までの長時間の保育を請け負ってくれ、夏休みなどの長期のお休みにも対応してくれる園も多いようです。

延長料金など、別料金がかかることが大半なのでどれくらいの金額がかかるかをきちんと調べてから利用することが大切です。

夏休みなどの長期のお休みはお弁当が必須となる園が多いでしょう。

朝忙しい時間にお弁当を作るのはなかなか大変ですよね。

前もってお弁当のおかずなどを用意して冷凍しておくと、一か月のお休みを楽に過ごせるはずですよ!

ワーママの幼稚園夏休み対策5選! その2:祖父母の協力を得る

幼稚園にまだお預かり制度がないというワーママもいるはずです。

そうなると、一番頼りやすいのが「祖父母の家」です。

今は、おじいちゃんおばあちゃんと言っても皆さんまだまだ元気でお若いです。

働くママの手助けをしてくれる祖父母の方々も多いでしょう。

お昼ご飯も食べさせてくれるおうちも多いようで、一石二鳥!

非常に心強い存在ですよね。

旦那さんの実家で預かってもらうのであれば、送りも旦那さんに頼む…なんていうのもありですね。

ただ、お元気とはいえ自分たちよりは年配の方々。

毎日小さな子の子守となれば体力的にも大変であることも間違いありません。

時にはお昼ご飯を持たせたり、差し入れをしたりなど…小さな気遣いは必要ですね。

どこかできちんと感謝の気持ちを伝えることは、家族間でもとても大切なことです。

ワーママの幼稚園夏休み対策5選! その3:同じ年の子がいるママ友にお願いする

二人の女の子の後ろ姿

近所や同じ幼稚園などで子供同士が仲良くなったママ友がいる場合、ママ友が「預かるよ!」と申し出てくれる場合もあるかもしれません。

実際4~5歳くらいになるとお友達同士の関係が強くなるので、毎日仲良しのお友達がいれば自分の子も楽しんでくれるからいい!と思うママもいるでしょう。

そんな懐の深いママ友がいるのであれば、甘えてお願いするのもいいでしょう。

でも、ママ友に子供をお願いする際は注意も必要です。

各家庭で子供に対する対応や許容範囲というのは大きく違います。

例えば与えるおやつ一つとっても、自分の家の方針とは大きく違う場合もあるでしょう。

そんな時でも、あまりあれこれ要求するのは絶対NG!

どうしてもお願いしたいことだけを伝えるようにしましょう。

それ以外に気になることがあっても、そこはぐっと我慢です。

面倒を見ていただいている立場なのですからね。

それが出来ないという場合は、ママ友にお願いするのは避けたほうが無難かもしれません。

そして、お願いした場合はきちんとお礼をしましょうね。

自分がお休みの時は、ママ友の子を預かるなどしてもらったことはきちんとお返しするように心がけましょう。

もちつもたれつ。

Give&Takeの関係を保つことが、ママ友関係を円滑に保つ上でもっとも大切な事なのです。

ワーママの幼稚園夏休み対策5選! その4:父と母でずらして夏休みをとる

ワーママと旦那さんと、二人ともきちんと長めの夏休みが取れるという人もいるでしょう。

例えば、二人とも長期の夏休みと有休をつなげて取れる!なんていう家庭であれば二人が上手にずらしてお休みをとることで夏休みをカバーできる場合もあるかもしれません。

いつもは仕事でなかなか子どもとの時間をとれない!なんている共働きの家庭であればなおさら夏休みは子どもと一緒にのんびり過ごす!なんていうのもありですよね。

幼稚園で過ごすのも楽しいけど、やっぱりまだまだママと一緒にいたい年頃です。

おうちでゆっくり過ごす時間を作ってあげるのも大切です。

パパとママのお休みを少しだけダブらせて、そこで家族旅行に行くなんて言うのもいいですね。

ただ、幼稚園くらいの年齢の子はまだまだ頻繁に熱を出したり病気をしたりすることも多く、ワーママはそのたびに有休を使うことになるでしょう。

なので、あまり多くの有休を夏休みで使ってしまうのも危険です。

夫婦二人の夏休みでまかなえなかった期間などは、一時保育をしている保育園に預けたり、祖父母にお願いしたりなど…少し工夫が必要かもしれませんね。

ワーママの幼稚園夏休み対策5選! その5:パートタイムなどで働いて夏休みを作る

お預かり制度のない幼稚園に子供を預けることにしたワーママにとって、子供の夏休み問題は本当に深刻です。

夫婦ともに実家が遠く頼れない。

なかなか近所に親しいママ友もいない。

そんな人も多いはず。

そんな時は、これを機に自分の働き方を見直すこともありでしょう。

フルタイムの働き方から、パートタイムに切り替えて子供の生活に自分が合わせる…実際そういう決断をしている人も多くいるはずです。

そうすることで、子供と触れ合う時間は格段に増えます。

自分の目で子供の成長をしっかり見つめていくことができるようになるのは間違いないですよね。

そして、子供が大きくなって手を離れてからまたフルタイムで働き始める。

そんな柔軟な姿勢で仕事に取り組むこともひとつの手かもしれません。

子育てをしならがフルタイムの仕事をこなすのは本当に大変なことです。

しっかりと環境が整っていない状況ではさらにワーママの負担は増える一方です。

ストレスをためながらフルタイムのワーママを続けるのであれば、いちど力を抜いてパートタイムのワーママに転身してみることもありなのです。

その決断が自分自身を守る時だってあるはずですよ。

そもそもワーママで幼稚園に通わせるのは無謀?

勉強しているこども

基本的には長時間の保育を希望することが多いワーママたちにとって、子供を幼稚園に通わせるのは難しいと考えられてきました。

しかし、今は日本の共働き世帯の急激な増加とともに、幼児教育のあり方が大きく変わってきています。

幼稚園と保育園が一体化した、「こども園」などの存在が増えてきているのです。

幼稚園の保育時間中は幼稚園での教育をし、そのあとは保育園の形での保育。

というように一つの施設で二つの役割を果たしてくれるのです。

先生も、幼稚園教諭免許と保育士を持ち合わせている人も多いので安心ですね。

他にも、幼稚園で「お預かり」制度を導入している園が急激に増えてきています。

平日の早朝や夕方、夏休みなどの長期のお休みを別料金で預かってくれるシステムです。

料金は園によって違うようなので、園を選ぶ際にはきちんと調べておくことが大切ですね。

一昔前とちがい、幼稚園でもワーママたちに優しい制度が沢山導入されています。

それらを有効利用することで、ワーママも幼稚園を利用することは十分に可能です!

大切なのは園選びの際に、自分の仕事の時間帯をカバーできる保育内容であるか?金額はどれくらいなのか?など、必要な情報をきちんと調べることです。

入ってから困ることがないように注意しましょうね。

ワーママは夏休みをどうやって取得する?いつがベスト?

プールで泳ぐこどもたち

ワーママたちの仕事場でも夏休みをとることが可能な場合も多いですよね。

お盆期間などと決められておらず、自分の希望で夏休みを取得できる場合、どのタイミングでとると便利なのか?

まず、帰省など家族全員での予定がある場合は、やはり旦那さんのお休みに合わせて取るのが好都合ですよね。

では、特に帰省などの予定がなく旦那さんと休みを合わせる必要がない場合。

この場合、あえてずらして休みとるというのも一つの方法です。

1~2週間ずらしてとることが出来れば、預かり保育で幼稚園に行く日とおうちでゆっくり過ごせる日を選ぶことができるようになるからです。

パパやママとゆっくりおうちで遊ぶことやお出かけすることも、小さい子供にとっては必要な時間。

親が子供と触れ合う時間をよりとることができるようになるからです。

実家やママ友に子供をお願いしている場合でも、一か月間ずっとお願いするの心苦しいですよね。

パパとママが別で夏休みを取得することで、2週間ほどはおうちで子供を見ることができるようになります。

共働き世帯では家族の予定や、子供の子守をお願いする場所との兼ね合いを見ながら、上手に夏休みを利用することが大切ですね。

ワーママの不安を相談できる公共機関などの相談先とは?

働きながら、家事や子育てに追われる毎日を送っているワーママたち。

自分の時間もほとんどとれず、分刻みのスケジュールを日々こなしている人も多いでしょう。

時間の余裕がない状況で、日々やることに追われている中で疲労がたまり身体も心も疲れ切ってしまう…そんなワーママも少なくないと思います。

それくらい、ワーママたちは日々頑張っているのです。

でもそんな不安な気持ちをなかなか身近な人には打ち明けられないという人もいるはずです。

そんな人は、ひとりで悩まず公共の機関などに相談することも大切です。

「女性に優しい職場づくりナビ」相談窓口 

「心のサポートステーション」

06-69442280

毎週月曜10時~17時 土曜日13時~17時

「共働きホットライン」

日経DUALの有料会員が利用できる相談窓口。

専門家に電話で直接相談できるなど、手厚いサポートが受けられる。

なんでも一人で抱え込むのは得策とは言えません。

たとえすぐに解決しなくても人に話して共感してもらうだけで心が軽くなることだってあるのです。

子供にとって一番大切なのはママが笑顔で過ごしていることなのです。

忙しいワーママだからこそ、きちんと自分のケアをしてあげることが大切です。

自分を大切にすることできっと子供に対しても優しくなれるのです。

ワーママの幼稚園夏休み対策5選!夏休み期間中を上手に乗り切る方法とは:まとめ

ひまわりの花

子育てをしながら幼稚園に子供を通わせる選択をしたワーママにとって、一番の難関と言われてる「夏休み問題」

長期のお休みをどう乗り切るのが正解か?

世の中のワーママたちはどうやっているのか?

 

その方法は…

  1. 幼稚園の「お預かり制度」を有効利用して乗り切る。
  2. 祖父母の家で預かってもらうことで乗り切る。
  3. 親しいママ友の厚意に甘えて乗り切る。
  4. 父と母の夏休みや有休を有効利用して乗り気る。
  5. パートタイムのワーママへ転身を図る事で乗り切る。

ワーママたちにとって自分の周囲にいる人たちの手助けは本当にありがたく大きな力です。

実際私も実家の母の協力なしでは仕事を続けていくのは到底無理だったと思います。

助けてくれる人の厚意に感謝をしながら上手に頼ることで乗り切れることは沢山あります。

自分の力で!と思い込まずに大変な時は誰かの力を借りましょう。

甘える事ばかりになってしまったとしても、いつか自分に余裕が出来たときそれを返していけばいいのです。

大切なのはその厚意を忘れないということ。

あとは簡単にでもいいから感謝の気持ちを伝えていくことなのです。

そうすることであなたの周りの人たちも快くあなたに力を貸してくれるはずです。

抱えこまず人を頼る強さを身に着けて、ワーママライフを乗り切ってくださいね!

【こちらも読まれています】

ワーママの叫び!疲れた・限界!!と感じる時5選!対処法とワーママの願いとは?
最近は、結婚して子育てをしながらでも仕事を続ける、「ワーキングマザー」が増えています。女性であり、母であり、社会人であり...ワーママはたった一人で何役もの仕事をこなしています。そうなればもちろんのこと、ワーママたちの毎日は、「とにかく忙しい‼」の一言。
ワーママで疲れた!仕事を辞めたいと感じる時5選!それでも辞められない事情は?
共働きの世帯が増え、主婦に仕事に子育てにと毎日奮闘してるワーママ。なかなか自分の時間も取れずストレスや疲れがたまり...どんどん笑顔が消えていく。仕事も家庭もうまく回らない。でもそう簡単に仕事を辞めることが出来ない事情を抱えているワーママも多いと思います。
ワーママで疲れた!休みたいと思った時に一人でリフレッシュをする方法5選!
仕事も家事も子育ても!一人で色々な役割をこなし、日々時間に追われながら頑張っているワーママたち。そんな目まぐるしい毎日を過ごす中で、心身ともに余裕がなくなり「休みたい!」と思う時だってあります。そんな時、仕事は?子供は?家事は?どうすればいいのでしょうか。

コメント