ワーママはうざい!?迷惑な存在?理解をされないワーママの苦悩とは?

スポンサーリンク

パソコンを操作する人

日本においてもその人口を増やし続けているワーキングマザー、略して「ワーママ」

仕事も家事も子育ても!いくつもの顔を使い分けて、毎日フルスロットルで駆け回っている彼女たち。

分刻みのスケジュールを家族や子供のためにと頑張ってこなしているその姿に尊敬の念を覚える人も多いことでしょう。

しかし、中にはそんな彼女たちのことを疎ましく思っている人たちもいるのです。

特にワーママを迷惑に思っている存在は「仕事先の人間」たちです。

なぜなら、ワーママたちは急遽仕事を休まなければいけなかったり、早退しなくてはいけなくなったりすることが多いからです。

そのことにより、仕事仲間たちに多くの負担をかけてしまうことがあるからなのです。

なぜそうなるのか?

理由はもちろん、「子供の存在」です。

子供は急な病気やケガをすることが多く、そのたびに保育園や小学校から呼び出しの電話がかかってくるのです。

小さな子供であればなおさら、その回数は頻繁です。

子供のことが最優先とはいえ、仕事を持つ以上その責任も持たなければならない…

抱えているものが多いワーママたちはいつもそんなジレンマに頭を悩ませているのです。

ここでは、そんなワーママたちの苦悩と周りから疎まれ迷惑がられてしまう理由を紹介していきます。

ワーママはうざい!?迷惑な存在と思われる理由3選 その1:子供の病気や行事で仕事を休みがち

病気と子供

子育てと仕事を両立するうえで一番の問題となるのが、「仕事に穴をあけることが増える」ということ。

子供の急な発熱や怪我。または悪天候による休校など…。

子供を育てていると色んな予期せぬトラブルが沢山おこります。

そうなれば必然的に、ママが仕事を休んで子供の面倒を見ることになりますよね。

もちろんパパでもいいわけですが、実際問題ママが面倒を見るという場合がほとんどであるといえます。

仕事が暇な時期や、無理なくお願いできる人がいる場合ならまだしも、忙しい時期や他の人も手一杯のときでもこのトラブルは起こりえるのです。

そうなると、やはりその仕事を引き受ける立場の人からすれば迷惑な話なのです。

ワーママとしても不本意な事ではあるけれど…でもどうすることもできない。

そんなジレンマに悩まされているワーママも数多いと思います。

ワーママはうざい!?迷惑な存在と思われる理由3選 その2:責任感から仕事を抱え込こみすぎてしまう

時短勤務などで定時より早く退社したり、急な欠勤なども多くなってしまうワーママ。

それだけでも肩身の狭い思いをしている人も多いはずです。

そんな事から、同僚などに迷惑をかけまいという気持ちが強くなりついつい、

「自分の仕事は自分でこなさなくては!」

と力が入りすぎてしまう人も多いようです。

しかし、ワーママが自分一人で仕事を抱え込んでしまうと、周りの人たちはワーママの仕事を把握することが出来きません。

そうなると、突然子どもや自分の病気などでワーママが仕事に穴をあけてしまった時などに同僚たちに大きな迷惑をかけてしまうことになるのです。

ワーママが抱えこんでしまっていた仕事が一体どんな内容でどこまで進んでいるのか?どこからどこまで手伝えばよいのか?ということがまったく把握できないからです。

ワーママである以上、周りの人の手を借りるというのは避けて通ることはできません。

助けを借りなくてはこなせない状況が必ずと言っていいほど出てきます。

だからこそ、同僚に助けを求めるときに相手がなるべく困らないように、自分の仕事をある程度把握してもらっておくことも大切なワーママの仕事の一つなのです。

誰だって何にもわからない状態で仕事を丸投げ!なんて事をされれば「ワーママってうざい!」という気持ちになってしまいますよね。

ワーママはうざい!?迷惑な存在と思われる理由3選 その3:簡単な仕事ばかりしか請け負わない

子供のお迎えや晩御飯の支度など、やる事に追われるワーママたちは時短勤務やパート勤務などの形をとっている人も多いでしょう。

子育てや家事など、ひとりで担う事が多くなり、

「出来れば仕事は簡単で負担の少ないものがいい。」

と感じることも増えるでしょう。

しかし、だからといって自分だけ楽な仕事しかしないというのは問題です。

ワーママであろうと、独身女性であろうと仕事は仕事。

そこの条件は変わりません。

ワーママだけが楽な仕事ばかりこなしていら…ほかの大変な仕事は誰がこなすことになるのでしょう?

ワーママが仕事に家事に子育てに!とても忙しいのはわかります。

しかしだからといって仕事の手を抜いていいわけではありませんよね。

時間がないのであれば、自分の時間をいかに有効利用して仕事を終わらせることが出来るのか?

それを考えて実行に移すことが大切です。

例えば、朝30分だけ早く出社してみる、昼休みを使って仕事を進めてみる…など。

やり方を変えるだけでこなせる仕事は増えるはず。

前向きに努力している姿勢を絶やさなければ、それを見ている周りの人たちの気持ちも変わってくるはずです。

ワーママが同僚から働き方を理解してもらうには?

頭を抱える女性

子供を抱えながら仕事をしているワーママたちは、他の人に比べて仕事にさける時間が限られています。

子供が保育園や幼稚園に行っていればそのお迎えの時間があります。

小学校であれば帰宅するまでの時間だったり、学童に預けられる時間内であったり…

それに加え運動会や面談、懇談会など仕事を休んで参加しなくてはいけない行事も年間を通してかなりあるのが実情です。

そうなれば必然的に同僚たちの力を借りることが多くなるのです。

つまり彼らの協力はワーママにとって必要不可欠。

では、どんなことに気を付ければ同僚たちとの関係を良好に築くことが出来るのでしょう?

一番大切なことは、「あたりまえという顔をしない」ということ。

たとえば、

子供の行事で仕事を同僚に代わってもらったり手伝ってもらったりしたとき。

急な子供の発熱で早退や遅刻で同僚に迷惑をかけたとき。

そんな時に、

「子供が理由なんだから仕方ないでしょ」

という雰囲気や言動は決して出してはいけません。

ワーママにとって子供が最優先でも、他の人にとってはそうではない場合も多いのです。

特にまだ子供がいないという人にとってはなかなか理解できない事情でもあるのです。

人間は自分が経験していないことに関しては想像力が乏しい生き物です。

  • わかってくれてもいいでしょ?
  • なんでわかってくれないの?

という考え方は捨てて、どうしたらわかってもらえるかな?という気持ちで相手に伝えていくことが大切です。

それと同時に、なにか手助けしてもらってときにきちんと感謝の気持ちを伝えましょう。

やってもらうことは当たり前ではないのです。

やってもらったことにたいして感謝の意持ちを示すことで、少しづつ良い関係性を築いていけるように歩み寄ることも大切です。

会社の制度はあるけど周囲の理解が得られない場合は?

共働き世帯の増加により、最近はワーキングマザーを受け入れるための会社の制度もかなり充実してきています。

しかし制度はあるもののなかなかそれを利用することが難しいと嘆くワーママも少ないのが実情。

実際その制度を利用している人が今までにいなかったり、業務内容がハードすぎてとても時短勤務などを申し出ることが出来なかったり…

周りの人たちに「ワーママだからって楽してる」なんて思われたくない!

という気持ちがあればあるほど、なかなか会社の制度を有効利用できないという状況が出来上がるのです。

しかし、周りの目を気にしすぎてそこで無理をするのは得策ではありません。

実際、小さな子供を抱えながらの仕事というのはとても大変で周りの協力や理解がないことになかなか続けていくことが難しいからです。

だからこそ、大切なのは「理解をしてもらえるように努力すること」

それと同時に、自分も相手の状況や気持ちを考えて歩み寄ること。

その中で自分の状況を説明し理解してもらうことがとても大切なことなのです。

自分がその制度を利用する理由を、周りの人にわかりやすく説明をし、自分の状況や仕事内容を把握してもらっておくことで、突破的な休みや早退、遅刻などで周りにサポートしてもらう際も頼みやすくなったりしますよね。

それと同時に、頼まれたほうも対応しやすくなるのです。

そして頼りっきりではなく、可能な時は少し無理してでも相手を助ける

そして自分が助けてもらってときはどんな小さなことに対してもきちんと「感謝の気持ち」を伝えましょう。

そうすることで、最初は理解を得られなかったことでも、徐々に周りの目も変わってくるはずですよ。

あからさまに迷惑顔をする上司や同僚をギャフンと言わせたい!

鉛筆をかじるワーママ

仕事を突然休むことが多かったり、残業が出来なかったり…ママである以上なかなか他の人と同じペースで働くことが難しいワーママ。

それにたいして迷惑顔をする上司や同僚の存在も少なくはないといわれています。

ワーママ自身は仕事も子育ても!と一生懸命がんばっていても、なかなか立場の違う人にその頑張りや大変さを理解してもらうことは難しいものです。

だからといってあからさまな迷惑顔をするというのはいただけませんよね。

そんな時、どうやったら相手をぎゃふんを言わせることが出来るでしょう?

その答えは、「相手が思っている以上の成果を出すこと!」これにつきます。

相手があなたに対して求めている以上に仕事を完璧にこなしてみせつけるのです。

そうすれば相手は何もあなたに言えなくなります。

そうすることで周りの人の目も変わります。

「あのワーママをすごく頑張っているんだな!」

頑張って仕事をきちんとこなしそこで成果をあげていれば、見ている人は必ずいます。

そういう人たちがあなたの仕事を通してあなたのことをきちんと評価してくれるはずです。

あなたの評価が上がることで、あからさまに迷惑顔をしていた上司や同僚たちにぎゃふんといわせることができるはずですよ!

仕事の悔しさはいい仕事をすることで返す!

素敵なワーママになるための大切な一歩です。

会社だけじゃない!ワーママを支援する制度や相談窓口は?

SOSの電話

ワーママたちは日々忙しい毎日をフルスロットルで乗り切っています。

いくつもの顔を使い分けて日々駆け回っているワーママ。

家庭や子育て、または仕事の悩み…色々な物を抱えているのも当然です。

なかなか友人や夫には話せない…そんな悩みももちろんありますよね。

そんな時、インターネットを通じで様々な人たちに相談できるサイトがあるのです。

「働くママ+」

働くママに必要なお役立ち情報をいろいろ紹介してくれています。

「ベビーカレンダー」

こどもの食に関する悩みを専門家に質問できる。

「BP Labo」

働くママが抱える様々な悩みを相談できるサイトです。

「ママリ」

働くママから専業ママまで様々なママの情報が沢山!

 

なかなか話せなプライベートな悩みも、ネットを通じてなら気軽に相談できる場合もあります。

何でも一人で抱え込まず、誰かの声を聞いてみることも大切です。

忙しいワーママだからこそ、何時でも気軽に相談できるサイトを一つは知っておくといざというときとても助けになるはずですよ!

ワーママはうざい!?迷惑な存在?理解をされないワーママの苦悩とは?まとめ

母と娘

仕事も家庭も子育ても…多くのことを一手に受けおいながらも日々パワフルに頑張っているワーママたち。

そんな頑張りとは裏腹に、周りからは迷惑がられてしまう場合もあるのです…

 

ワーママたちが周りから迷惑な存在と思われる理由は…

  1. 子供の病気などで急な欠勤や遅刻早退が頻繁にある
  2. 仕事を一人で抱え込んでしまい周りが把握できない
  3. 簡単な仕事ばかりを請け負っている

子供がいれば、どうしても急な欠勤や遅刻早退は避けては通れない出来事です。

それにより周りの人に迷惑をかけることになったとしても、やはり子供にとっての母親は自分一人。

子供を優先せざるをえないですよね。

だからこそ、周りの人への対応には細心の注意が必要です。

助けてくれた人や、力になってくれる人たちへの感謝の気持ちは決して忘れてはいけません。

「子供がいるのだから助けてもらってあたりまえ!」

という考え方はもってのほかです。

ワーママという道を選んだ以上、きちんと自分の仕事に責任とプライドを持たなくてはいけません。

助けてくれる人に、どうしたらおねがいしやすいか?どれくらいなら相手に負担をかけすぎず助けてもらえるか?など…いざというときのために頼み方や方法もきちんと考えておくべきですね。

自分の仕事に責任を持ち、周り人気遣いを忘れないワーママであれば必ず周りの人は力になってくれるはずです。

ありがとうの気持ちをいつも忘れず、パワフルなワーママライフを送り続けてくださいね。

【こちらも読まれています】

ワーママの幼稚園夏休み対策5選!夏休み期間中を上手に乗り切る方法とは
仕事をしながら子育てに励むワーママたちは基本、保育園を利用する場合が多いです。しかし、幼稚園ならではのメリットも多く、できれば子供を幼稚園に通わせたいと願うワーママもいるはずです。ここでは、幼稚園に子供を通わせたいワーママに向けて、ヒントをご紹介しています。
ワーママで疲れた!仕事を辞めたいと感じる時5選!それでも辞められない事情は?
共働きの世帯が増え、主婦に仕事に子育てにと毎日奮闘してるワーママ。なかなか自分の時間も取れずストレスや疲れがたまり...どんどん笑顔が消えていく。仕事も家庭もうまく回らない。でもそう簡単に仕事を辞めることが出来ない事情を抱えているワーママも多いと思います。
ワーママで疲れた!休みたいと思った時に一人でリフレッシュをする方法5選!
仕事も家事も子育ても!一人で色々な役割をこなし、日々時間に追われながら頑張っているワーママたち。そんな目まぐるしい毎日を過ごす中で、心身ともに余裕がなくなり「休みたい!」と思う時だってあります。そんな時、仕事は?子供は?家事は?どうすればいいのでしょうか。
ワーママの叫び!疲れた・限界!!と感じる時5選!対処法とワーママの願いとは?
最近は、結婚して子育てをしながらでも仕事を続ける、「ワーキングマザー」が増えています。女性であり、母であり、社会人であり...ワーママはたった一人で何役もの仕事をこなしています。そうなればもちろんのこと、ワーママたちの毎日は、「とにかく忙しい‼」の一言。

コメント