ワーママで疲れた!休みたいと思った時に一人でリフレッシュをする方法5選!

スポンサーリンク

草の布団で寝る女性

仕事も家事も子育ても!

一人で色々な役割をこなし、日々時間に追われながら頑張っているワーママたち。

ゆっくり一休みしたり自分の時間を作ることだって簡単ではありません。

そんな目まぐるしい毎日を過ごす中で、心身ともに余裕がなくなり「休みたい!」と思う時だってあるはずです。

そんな時…

仕事は?子供は?家事は?どうすればいいのでしょうか。

この記事では、頑張りすぎて少し疲れてしまっているワーママたちに、上手にリフレッシュしてもらえる方法を紹介しています。

時間やお金をかけすぎず、上手に気分を切り替えられたら…きっと明日からも毎日もまたパワフルに乗り切れることでしょう!

是非参考にしてみてくださいね!

ワーママで疲れた!休みたいと思ったら会社をサボってもいい?

今日は朝から気分が乗らず身体も重い…そんな時に限って子供がぐずりだして…

何もかもがうまくいかない、そんな時。

「今日は仕事さぼりたいな…」

そんな思いが頭をよぎるときもあるでしょう。

きっとワーママに限らずそんな気持ちを抱くことは誰にだってあるはずです。

ではそんな時どうしら良いのでしょうか?

大きな声では言えませんが、たまにはそんな日があったとしても大丈夫。

どうしても無理な時って誰にでもあるものですからね。

でも、注意しなくてはいけないは、自分が仕事を休むことで誰かに必ず負担がかかっているということ。

それを決して忘れてはいけません。

そして、子供が小さいうちは発熱などで本当に仕事を急に休まざる負えなくなることも多いです。

あまり頻繁に仕事をさぼったりしていると、実際に休みたいときに頼みずらい…なんてことになりかねませんからね。

ワーママとして頑張ると決めた以上、仕事に対して手を抜きすぎることは決して良くありません。

でも、どうしても…

今日だけは無理みたい…

そんな時は、ちょっとくらいズルしてもバチは当たらないはずですよ!

でも、お休みした次の日は、周りの人に謝罪とお礼は欠かさないようにしましょうね。

ワーママで疲れた!休みたいと思った時のリフレッシュ方法5選その1:目覚ましをかけずに寝る

目覚まし時計

仕事に子育てに日々忙しく時間に追われているワーママにとって、一番のリフレッシュ方法は、

「とにかく休む!」

ということ。

目覚ましをかけずに、誰にも邪魔されずに目が覚めるまでゆっくりとベットの中で過ごす。

身体も心もリラックスさせる効果のある睡眠は忙しいワーママには必要不可欠。

睡眠不足の状態は心身ともに不健康

イライラも増え思考能力も低下。

はたまた肌の調子も崩れ、本当に良いことなし!

きちんとたっぷり睡眠をとって、体と心を休めれば笑顔の絶えないワーママが復活するはず!

おうちのことも子供のことも、ひとまずちょっと忘れて、

のんびりしっかり眠って自分の身体を休めてあげてくださいね。

おうちがちらかっていても、買ってきたお惣菜でご飯を済ませても、たまにならまったく問題なし!!

ちょっとくらい手を抜く日があったて大丈夫ですよ。

ワーママで疲れた!休みたいと思った時のリフレッシュ方法5選その2:ちょっと贅沢なティータイム

ハーブティー

とにかく時間に追われあわただしく過ごしているワーママ多いと思います。

それもそのはず。

やることは山のようにありますもんね。

仕事がある日でもお休みの日でも…やることがまったくない!なんて時間はありません。

でも、そんな忙しいワーママだからこそ、

【あえてほっと一息つく時間】

を作ることが大切です。

やることを日々こなしてばかりいると、まったくのんびり一息つく時間がありませんからね。

だからこそ、あえてその時間を作ってあげましょう。

自分のために。

自分のことが後回しになりがちなワーママだからこそ、少しだけ贅沢した紅茶や、豆から引くコーヒーなどを用意して、ゆっくりのんびりお茶を飲む。

そんな少しだけ贅沢な時間を作ってみてください。

その時間だけは自分の好きなことを考えたり、好きな音楽を聴いたり…

短い時間でも自分のためだけにちょっと贅沢な時を過ごすこと。

このちょっとの時間の作り方で、頭も心もリフレッシュしてまた頑張る気持ちがわいてくるのです。

ワーママで疲れた!休みたいと思った時のリフレッシュ方法5選その3:おひとり様ランチで自由時間

パスタ

常に子供や旦那さんのお世話に忙しいワーママたち。

そんなワーママにとって唯一、一人で息抜きできる時間…それがお昼休みです。

仕事場のお昼休みは大抵1時間ほどとれるはずです。

その時間を有効利用しない手はありません!

一人でのんびり息抜きできる1時間。

子供にも誰にも後ろめたい気持ちを抱かなくていい1時間。

よくよく考えたら非常に貴重な時間だと思いませんか?

もちろん職場の人たちとおしゃべりに花を咲かせる…なんて人もいるでしょう。

でも、たまには一人のんびり過ごすのもよいものです。

ちょっとだけ贅沢なランチを食べたり、ちょっと高級なスイーツを買ってみたり…

いつもよりほんの少し自分を甘やかすメニューで1時間をのんびり過ごすことも、心身のリフレッシュに大きな効果をもたらすはずですよ!

週に一回、または2週に一回…など自分の中でルールを決めてその時間を過ごすと、何となく自分の中でその時間を楽しみに仕事を頑張る!なんて気持ちも出てくるかもしれません。

ワーママで疲れた!休みたいと思った時のリフレッシュ方法5選その4:子供が寝た後のドラマや映画

テレビを見る女性

一日を通してのんびり座っている時間が取れない忙しさ。

そんなワーママがやっと一息付ける時間。

それが、子供が寝静まったあとの夜の時間です。

仕事や育児の疲れから、あまり夜更かしすることはできないかもしれません。

なので、子供が寝た後1時間。

などと決めて、ビールを飲みながらドラマを見る。

もしくは気になっていた映画を前半だけ観る。

などなど…とにかくのんびり過ごせる時間を作ることが大切です。

今はネットTVなども普及が進んでいるので、おうちでも簡単に観たい映画を手軽に楽しむことができます!

月額利用料金もそれほど高額ではないので利用してみるのも手ですね。

子供のアニメなども充実しているので、子育て中のワーママなら利用すると便利なシステムだと思いますよ。

毎日の夜時間に、「今日は何を観ようかな?」なんて考えることが、毎日のちょっとして楽しみになるはずです。

ワーママで疲れた!休みたいと思った時のリフレッシュ方法5選その5:朝活で自分時間!

ヨガをする女性

毎日の忙しさと疲れで、夜はどうしても起きていられない…子供と一緒に寝てしまう。

そんなママさんも多いと思います。(実際、私もそのタイプです!)

そんなワーママさんにおすすめなのが、「朝活」!!

聞いたことがある人も多いワードだと思いますが、その名の通り朝早起きすることで朝の時間を有効てきに、かつ活動的に過ごすことを意味しています。

早起きして何をしたらいいのか?

答えは、なんでもいいんです!

自分の好きなこと、得意なこと、または目標を達成すること…本当になんでもいいのです。

ある人は読書かもしれませんし、ある人はのんびりコーヒーとともにテレビを見る。

ある人は絵を描くかもしれませんし、ある人はウォーキングかもしれませんよね!

ちなみに私は朝ヨガをしています。

無料動画サイトを利用して、習いに行かずにヨガをして身体をほぐし鍛えていますよ!

ヨガを日課にしてから、腰痛や肩こりなのどの悩みも解消したのでおススメの方法です。

朝の時間を有意義にゆとりを持つことで、子供をむやみにせかしたり、イライラしたり焦ったり…そんな負の感情や時間がガクンと減ります。

家族みんなで気持ちの良い朝時間を過ごせると、一日がとてもすっきり楽しく過ごせます。

笑顔のママ!をキープするために、ゆとりの朝活を生活に取り入れてみるもいいと思いますよ。

ワーママだって休みたい!家族から理解を得るには?

ワーママが本当の一番大切なことは「完全に一人きりの時間を取る」ということ。

子供がいたり旦那さんがいたりすると、やっぱりママとして妻として働かざる負えなくなってしまうからです。

どうしたって気になってしまいますからね!

なので、完全に一人の時間を作ること。

出来れば子供は旦那さんや母親に頼んで連れ出してもらうか、自分が家を出て他の場所でのんびり過ごすか…どちらかの方法をとることが大切です。

そのためにはやはり欠かせないのは家族の協力!

特に旦那さんの協力は必要不可欠です。

自分が一人の時間を作ることがどうして必要なのかをきちんと話しておく必要がありますね。

そして協力してもらった後はきちんとお礼を言いましょう。

「あなたのおかげでリフレッシュできました。ありがとう!」

その一言できっと次回も頑張ってくれるはずですよ。

そして、旦那さんにもリフレッシュできる時間をプレゼントしてあげましょうね。

あと、旦那さんが子供の面倒を射てくれたり家事を手伝ってくれた時、気になる部分や出来ていないことがあっても大目に見てあげましょうね。

いきなり完璧は誰だって無理なのです。

少しづつ少しづつ、伝えながら覚えていってもらうことを心掛けてくださいね。

ワーママで疲れた!休みたいと思った時に一人でリフレッシュをする方法5選!まとめ

子供を抱きしめる母

日々忙しく家族のために駆け回っているワーママたち。

そんなママたちだって一人の女性。

たまには疲れて休みたいな…なんて思う時だってありますよね。

そんな時、時間もお金もあまりかけることなく、リフレッシュする方法は…

  1. とにかくゆっくり眠る(家事や子育てはこの際、後回し!)
  2. ちょっと贅沢なティータイムをあえて作る。(ここでもおうちのことは後回し)
  3. おひとり様のランチ時間を有効利用。
  4. 子供が寝た後の夜時間をのんびり過ごす。
  5. 朝活で余裕のある朝の時間を過ごす。

ポイントとしては、家事や育児など普段優先して頑張っているものを少しだけおやすみして自分の時間を優先するということ。

頑張るワーママさんはとにかく自分の時間を後回しにしてしまいがち。

でも、自分のために時間を使うということはとても大切なことなんです。

自分を大切にして満たしてあげないと、疲れて笑顔が作れなくなってしまうかもしれませんからね。

ママの笑顔は子供の笑顔!

子供の笑顔は家族の笑顔につながります!

たまにならいいんです。

少しくらい手を抜いても誰も責めたりしませんよ。

いつも頑張っているのなら、どこかで力を抜いて手を抜くことだって大切なのです。

自分の気持ちを抑えて我慢しながら過ごすことは決して美徳ではありません。

周りの人に上手に甘える事だってとても大切なコミュニケーションの一つなのです。

【こちらも読まれています】

ワーママの叫び!疲れた・限界!!と感じる時5選!対処法とワーママの願いとは?
最近は、結婚して子育てをしながらでも仕事を続ける、「ワーキングマザー」が増えています。女性であり、母であり、社会人であり...ワーママはたった一人で何役もの仕事をこなしています。そうなればもちろんのこと、ワーママたちの毎日は、「とにかく忙しい‼」の一言。

コメント