ワーママの叫び!疲れた・限界!!と感じる時5選!対処法とワーママの願いとは?

頭を抱える女性

最近は、結婚して子育てをしながらでも仕事を続ける、「ワーキングマザー」が増えています。

女性であり、母であり、社会人であり…ワーママはたった一人で何役もの仕事をこなしています。

そうなればもちろんのこと、ワーママたちの毎日は、

「とにかく忙しい‼」

の一言。

日々、時間に追われる毎日を送っているワーママがほとんどでしょう。

そんな中でも上手に時間をやりくりしているワーママたちですが、そんな彼女たちだってもちろんうまくいかない時だってあるでしょう。

日々時間に追われている状況では、一つ歯車が狂うだけでも物事がまったくうまく回らない状態に陥る可能性も高いのです。

そんなワーママたちが「もう無理!限界です!」と叫びたくなる時はどんな時なのか?

そして他のワーママたちはどうやってそんな時を乗り越えているのか?

この記事では働くママの心の叫びを紹介するとともに、その対処法をご紹介していきたいと思います。

  1. ワーママが疲れた・限界!!と感じる時5選その1:仕事中でも突然やってくる!子供の発熱!
  2. ワーママが疲れた・限界!!と感じる時5選その2:疲れて帰宅後、座る時間もなく夕飯つくり…
  3. ワーママが疲れた・限界!!と感じる時5選その3:忙しい!朝の時間が足りなくてバタバタ!
  4. ワーママが疲れた・限界!!と感じる時5選その4:余裕がなくて理不尽に子供を叱ってしまう…
  5. ワーママが疲れた・限界!!と感じる時5選 その5:週末もママ業は続く…私のお休みは?
  6. ワーママが疲れた・限界!!と感じた時に夫や家族にしてほしいことは?かけてほしい言葉は?
  7. ワーママが疲れた・限界と感じたときにリフレッシュするおすすめの方法3つ!
    1. (その1)完全に自分一人の時間を作る。
    2. (その2)仕事中のお昼休みのランチを贅沢に
    3. (その3)託児付きのエステやネイルサロンで癒される
  8. 誰もこの辛さを理解してくれない!と思った時の公共機関等の相談先
    1. 子育て支援課
    2. 子育て支援センター
    3. 児童相談所
    4. 女性のための 心のつながりライン
    5. エンゼル110 
  9. ワーママの叫び!疲れた・限界!!と感じる時5選!対処法とワーママの願いとは?まとめ
    1. ワーママたちが時間に追われ、日々を過ごす中で「もう無理!」と思う瞬間は…
    2. ではそんなとき、どうやってリフレッシュすればいいのでしょうか?
      1. 女性のための 心のつながりライン
      2. エンゼル110 

ワーママが疲れた・限界!!と感じる時5選その1:仕事中でも突然やってくる!子供の発熱!

働くママにとって一番の難関と言われているのが「子供の発熱(病気)!」

これは不動の第一位と言っても過言ではありません。

子供…特に年齢のひくい幼児に至っては、本当に頻繁に熱を出してしまいます。

朝、保育園に送ったときはご機嫌だったのに、お昼には発熱でお迎えの呼び出し…

小さな子供を育てながら働くワーママたちの日常には本当によくある出来事なのです。

しかしそれにより、

仕事に穴をあけてしまい他の人に負担がかかってしまう…
自分の仕事を終わらせられなくて結局家に持ち帰ることになってしまった…

なんていう状況に陥って、罪悪感と忙しさで疲弊してしまったり。

子供の病気は心配ですし心が痛みます。

しかし、子供の心配のみならず仕事や仕事にまつわる物事すべてに気を使わなくてはいけないのがワーママたちの現実です。

結局、その発熱がインフレンザでそこから1週間仕事をお休みする…なんてことにもなりかねません。

更に、自分がその菌をもらって倒れてしまうことも考えられるのです。

仕事をしながらの子育てにおいて、子供の体調管理はというのは、ワーママたちが最もナーバスになる問題なのです。

ワーママが疲れた・限界!!と感じる時5選その2:疲れて帰宅後、座る時間もなく夕飯つくり…

仕事を終えて帰宅して、本来であれば一息ついてテレビでもつけて…なんてしたいところですが、ワーママたちの毎日はそうはいきません。

疲れて帰宅したところで、今度はお腹をすかせた子供たちのお世話が待っています。

休む暇なくキッチンに向かって晩御飯の用意。

ましてや、小さな子供がいれば、

野菜を食べさせなくてはいけない…とか
惣菜ばかり買ってきたらいけない…とか。

頭を悩ませる問題がいろいろでてくるのです。

極めつけは、せっかく頑張って作ったのに「子供が食べない!」なんて事態にも…

そんなことがあっても、子供をお風呂に入れて、洗濯ものを畳んで…

ワーママの仕事はつづくのです…。

頑張っていてもなんだかうまくいかないとなると、泣きたい気分になる時もありますよね。

ワーママが疲れた・限界!!と感じる時5選その3:忙しい!朝の時間が足りなくてバタバタ!

小さい子供がいる家庭であれば、朝の時間は戦場と言っても過言ではない忙しさですよね。

ましてやママも働いているとなればその忙しさは想像を絶します。

家族や自分の朝ご飯つくりに加えて、お弁当を作るママもいます。

晩御飯のための仕込みをしておく人もいるでしょうし、朝、洗濯をして干して出てくる人もいるでしょう。

子供が小さければ、起きてきてからご飯を食べさせ、着替えをさせて歯磨きをして…

とにかくやることが多いんです!!!

そんな中で、自分の出勤の用意から子供の登園、登校の用意もして…一分一秒が惜しいというワーママたちも多いはずです。

なのに家を出る時になって子供が泣き出したり…

行きたくないと言い出したり…

そうなると本当に疲れてしまい、泣きたいのはこっちだよ!って気持ちにもなりますよね。

時間の無い朝のトラブルはワーママにとって一日を左右する大きな難題なのです。

ワーママが疲れた・限界!!と感じる時5選その4:余裕がなくて理不尽に子供を叱ってしまう…

時間に縛られる

時間に追われる毎日の中でついつい理不尽に子供を叱ってしまい…そして後からそんな自分を責めてしまう。

常に時間との戦いを強いられているワーママにとって子供との向き合い方は大きな課題の一つです。

朝のあわただしい時間に子供がぐずってなかなか保育園に行ってくれない…
わんわん泣いてる子供を無理やり先生に押し付けてしまっているようで心苦しい…

ワーママにとってこんな出来事は日常茶飯事ですよね。

他にも朝ご飯をなかなか食べ終えてくれない、着替えをスムーズにしてくれない、などなど。

時間的な余裕のなさからついつい子供をせかして、叱ってしまい…結局悪循環に陥る。

そして、最終的に自分の心の余裕のなさを嘆いて責めてしまうのです。

ワーママが疲れた・限界!!と感じる時5選 その5:週末もママ業は続く…私のお休みは?

世の働く男性たちにとっての週末は体を休め、心を休め、自分の時間をとれる時…という感じかもしれませんが、ワーママたちは違います。

平日、ワーママたちは頭も体もフル回転で動き回って働き、そしやっと迎えた週末…

「仕事は休み!」かもしれませんが、

「ママ業、主婦業も休み!」とはならないのが現実なのです。

つまり、ワーママにとって週末も結局、自分のお休みにはならないということ。

平日働いている分、週末に家のことを片付けるという「主婦業」
いつも仕事で一緒にいてあげる時間が少ない分、子供としっかり向き合いたいという「ママ業」

「仕事」はお休みかもしれないけれど、「主婦業」「ママ業」にお休みはないのです。

そうなると…ワーママたちにとって

「自分のお休み」という時間はどこに存在しているのでしょうか?

ワーママたちは周りの人たちの協力なしでは、その時間を作ることが難しいと言わざる負えない状況なのです。

ワーママが疲れた・限界!!と感じた時に夫や家族にしてほしいことは?かけてほしい言葉は?

いつもありがとう

いつも時間に追われながら仕事に子育てに頑張っているワーママたち。

そんな頑張るワーママたちが一番求めているのは、

「自分一人の時間」です!

誰かの予定に振り回されることなく、自分一人で自分のためだけに使える時間…

普通だったらあたりまえにあるはずのものがワーママたちにはないのです。

朝から仕事、仕事終わったら子育て、子供が寝たら家事。

ワーママたちは、常に誰かのために、何かのために時間を使って頑張っているのです。

そんな頑張るワーママさんに、ねぎらいの言葉をかけるのであれば、

「いつも本当にありがとう」
「君のおかげで助かっているよ」

わかりやすくストレートに感謝の気持ちを伝えるといいですね。

それと同時に、ほんの何時間でもいいからワーママさんが一人で羽を伸ばせる時間を作ってあげてくださいね。

そして、何はできなくても「自分のことは自分でやる!」

仕事、家事、子育てで忙しいワーママさんの手をこれ以上煩わせることのないように、先回りして自分のことはきちんと自分でできるようにしておきましょうね。

ワーママが疲れた・限界と感じたときにリフレッシュするおすすめの方法3つ!

ふとんで寝ている女性

ワーママの日常はとにかく時間との勝負!

24時間のうちに自分のためにさける時間は本当にわずかなのです。

そんな忙しい毎日を送る中で、

「疲れた…。もう限界かも…」

そんな風に感じたときは、試してもらいたいリフレッシュ方法を教えます!

(その1)完全に自分一人の時間を作る。

誰か身近な人に子供を預けて完全に自分一人の時間を作ってもらいましょう。

その時間は家事や仕事の事も忘れて、のんびりダラダラと自分だけの時間を過ごしてくださいね。

(その2)仕事中のお昼休みのランチを贅沢に

子供を預けることが出来ない人にとって、会社のお昼休みは貴重な一人時間。

たまには贅沢に奮発したランチメニューで大人の時間を過ごすのもあり。

一人でもいいですし、愚痴を話せる同僚に付き合ってもらうのもいいですね!

(その3)託児付きのエステやネイルサロンで癒される

子供連れでも気軽にいけるマッサージやネイルサロンも増えてきています。

女性は妻になってもママになっても女性です。

キレイになることに興味がない人はいません。

たまには贅沢に自分にお金と時間を使うことで、仕事子育て、家事に頑張る気持ちなれるはずです。

子供がいるのに自分の時間やお小遣いが欲しいというのは贅沢では?なんて罪悪感をもつワーママもおおいはずです。

私も子供が小さいときはそう感じることが多かったです。

でも、一番大切なのは「ママがいつも笑顔でいること!」

子供が一番嬉しいのは、いつもママが元気で楽しく、笑顔で自分と接してくれることなのです。

そのためには、「自分のことも大切にする事」がとても重要なのです。

誰もこの辛さを理解してくれない!と思った時の公共機関等の相談先

黒板に書かれた電話とSOS

忙しい毎日の中で、心も身体もいっぱいいっぱいになってしまった時。

そばで寄り添って話を聞いてくれる人や、気軽に相談できる人がいないときなどは、

一人で抱え込まず、行政の機関や無料で相談を受けてくれる相談窓口を利用しましょう。

人に話を聞いてもらうだけで心が落ち着いたり気持ちが楽になることってありますよね。

まずは誰かに話すこと。

とても大切な一歩です。

子育て支援課

お住い地域の区役所に設けられてます。

ワーキングマザーたちが利用できる支援など説明してもらったり、相談を聞いてもらえます。

子育て支援センター

お住まいの地域の市町村にある行政施設

子育て家庭の支援や、ベビーシッターの情報提供など、子育て中のママのサポートをしてくれます。

児童相談所

お住まいの地域の児童相談所に連絡をすれば、18歳未満の子供に関する相談に無料応じてくれます。

子育てに関する悩みはここに相談するを良いでしょう。

女性のための 心のつながりライン

電話:06-6944ー2280

無料 毎週月曜10時~16時30分、土曜13時~16時30分

子育てから家族、仕事の事や人間関係など、幅広く相談にのってもらえます

エンゼル110 

電話:0800-5555-110

月曜~土曜 10時~14時(日曜祝日、年末年始を除く)

妊娠中から就学前までのお子様の育児に関する無料相談

 

話を聞いてくれる機関や場所は沢山あります。

抱え込みすぎず、気軽に相談してみてくださいね。

ワーママの叫び!疲れた・限界!!と感じる時5選!対処法とワーママの願いとは?まとめ

親子

ワーママたちが時間に追われ、日々を過ごす中で「もう無理!」と思う瞬間は…

  1. 仕事中でも突然やってくる!子供の発熱
  2. 疲れて帰宅後、座る時間もなく夕飯つくり…
  3. 忙しい!朝の時間が足りなくてバタバタ!
  4. 余裕がなくて理不尽に子供を叱ってしまう.
  5. 週末もママ業は続く…私のお休みは?

ではそんなとき、どうやってリフレッシュすればいいのでしょうか?

  • 完全に自分一人の時間を作る。
  • 仕事中のお昼休みのランチを贅沢に
  • 託児付きのエステやネイルサロンで癒される

 

いつも頑張るワーママたちは、ついつい自分の事を後回しにしてしまいがち。

だからこそ、「もう無理!」と感じたときはちゃんと自分を甘やかしてあげてくださいね。

そうすることで、家族にまた優しさと愛情をもって接することが出来ればそれでいいのです。

ママの笑顔を絶やさないことが、何より大切なことなのです。

それでもなかなか自分の気持ちを切り替えられなかったり辛い気持ちが大きいときは、誰でもいいので話を聞いてもらうようにしましょう。

女性のための 心のつながりライン

電話:06-6944ー2280

無料 毎週月曜10時~16時30分、土曜13時~16時30分

子育てから家族、仕事の事や人間関係など、幅広く相談にのってもらえます

エンゼル110 

電話:0800-5555-110

月曜~土曜 10時~14時(日曜祝日、年末年始を除く)

妊娠中から就学前までのお子様の育児に関する無料相談

 

ほかにもお住いの地域の行政機関でも、子育ての相談に乗ってくれる窓口はたくさんあります。

全部を一人で抱え込まず、誰かを頼ることも大切なことです。

ワーママが笑顔で毎日を過ごすことが家族みんなの幸せにつながることを忘れないでくださいね。

【こちらも読まれています】

人間関係に疲れた!ママ友との付き合い方、楽になる方法はある?
子どもが産まれ、入園、入学したあたりからママ友との人間関係も始まります。ママ友と会った後、話した後は、なんだかとても疲れる…そんな経験はありませんか?ここでは、ママ友との人間関係になぜ疲れるのか?その理由と、疲れないためにはどうしたらいいのかをご紹介します。
ワンオペ育児は共働きでも大丈夫?旦那が単身赴任のときは?
旦那さんが単身赴任で離れてワンオペ育児になる奥さん、もしくはそうなってしまったらどうしよう、と悩んでいる方への記事になります。お子さんが生まれてから毎日忙しなく生きていらっしゃるかと思います。そんな中、旦那さんが単身赴任、なんて状況になったらどうしますか。

コメント