PR

妻の注意の仕方むかつく!きつい!と感じる言い方は?改善してもらうには?

妻の言い方にむかついたり、きついと感じる事ってありますよね。家事を手伝っても注意をされたり、きつい言い方をされるという夫の声も多いです。

毎日一緒にすごすからこそなんとか言い方を変えてほしいですよね?

言い方一つで家のなかが明るくなったりするものです。

この記事では、妻のむかついた、きついと感じた言い方はどんな言葉なのか、また妻の心理やその対処方について書いた記事になります。

書いてある事を実践していただくと妻の言い方もかわりますよ。

妻の注意の仕方むかつく!きつい!と感じる言い方は?

妻から言われて、むかついた注意の仕方はどんな言い方なのでしょうか。

何かを相談したりしても「知らない」と冷たく言わたりする。

それ以上会話を続かない、なんともいえない気持ちになりますよね。

 

家事を頼まれてしていると妻から「何回も言ってるのに」できてないといわれる。

まるで会社の上司に言われている気持ちになりますよね。

 

仕事から帰ると、「子供を風呂にいれて!寝かしつけて」などの命令口調。

すぐにしてくれないと不機嫌になったり、仕事から帰って疲れているのに次々に用事を頼まれるときついと感じる夫も多いようです。

 

些細なことや一度頼まれごとを忘れただけで「ふざけんな」とキレられたりする。

何をやるにもキレられると、どうして良いかわからなくなりますよね。

 

もっと稼いできてからいって」「友達の旦那はいくらもらってる」

一生懸命働いているのにお金の話をされるとムカつきますよね。

 

男性にはなぜ怒っているか、理解するのが難しいですよね。

いちいちムカつく・キツイ言い方をする妻の心理や特長は

ムカつく、キツイ言い方をする妻の心理はどんなものなのでしょうか?

妻の心理とは?

家事や育児の疲れ

  • 子供が産まれたら、夜泣きやおむつの交換やミルクに加え料理や家事
  • やっとゆっくりできると思うと夫の帰宅、自分の時間がない

夫(義実家)への不満

  • 妻からお願いされた事をやってないなど日々の不満の積み重ね

女性ホルモンの関係

  • 体調によるもの、月経や更年期などホルモンの関係
  • 何もないのにイライラしたり、普段気にならないことでもイラつくこともあります
  • この時期は特に理由がなく、行動や言動全てにイラっとくることがあります

寂しさや愛情の裏返し

  • 家事や育児の大変さをわかってほしい

働いている妻は不公平感

  • 自分も働いているにもっと協力してほしい

女性は子供が産まれたら子供が一番になります。女性は言わなくてもわかってほしい気づいてほしいと思っています。

脳の構造上男性は一瞬は記憶するけどすぐ忘れてしまいますが、女性はずっと覚えていて不快な気持ちを長く記憶します。

しっかりしている

  • 自分に厳しく他人にも厳しい、完璧主義

白黒はっきりしている

  • 「ダメなものはダメ」とルールがある

ヒステリック

  • 自分の気にいらないことやちょっとしたことで怒る

リーダータイプ

  • 周りの人間は従うものと思っている

 

みんなそうではありませんが、中には理由はなくもともとの性格で怒ったり、イライラしたりすることもあるでしょう。

むかつく・きつい言い方をする事に夫としてどう対処する?

妻に何を言われても黙って聞いている、または聞き流していると言う方も多いのではないでしょうか?

そのままだと家の中の空気が悪くなったりしますよね。どう対処したら良いのでしょうか。

妻への対処法とは?

妻の好きな物を買ってくる(甘い物)

  • マッサージをするなども効果的です(マッサージしながら妻の愚痴を聞いたり)

思い当たる事はないか考えてみる

  • 冷静になり、子育ては協力的か、ねぎらっているか、記念日は忘れてないか
  • 感謝しているか

コミュニケーションをとること

  • 日頃の不満をきいたり、妻のために時間を取ることです
  • 慌ただしい朝などはさけ、寝る前や休日など時間をとって話を聞きましょう
  • 妻の気持ちを理解し向き合うことが大事です

責めるのは逆効果になります

  • 何で怒っているのかせめてしまう
  • 勝手に一人で外出したり飲みに行ったりしまうのもやめた方が良いです

注意の仕方むかつく!きつい!妻へ改善を促すには?

ずっと一緒に暮らしていくからこそ、妻にはなおしてもらいたいと思いますよね。

女性はイライラしているのには理由があるときもありますが、体調の不調によるものもあります。

妻に改善してもらいたい!

優しく頼む

  • 「できれば違う表現にしてほしい」
  • 自分自身の言い方も気をつける

「なんで怒っているかわからない」

  • なおしたいから教えてほしい
  • だだわからないことに怒られたりするので注意が必要です

ほおっておくが気にはかける、見ている

全くほおっておくのはよくありません。愛されていないと思ってしまうので

  • 「イライラしているみたいだけど、何かあった?」
  • 「なにかできることはない?それともあまり話しかけないほうが良い?」

と聞いてみて返事がなかったりしたらほおっておきましょう。

 

あまり注意を促すと、自分を否定されたような気持ちになってしまいます。人はそう簡単には変われません。何か変わって欲しいと思うなら、あなたが変わってみると良いでしょう。

人はきっかけがあると変われるものです。日頃の夫婦のコミュニケーションが大事です。

妻を拗らったり、話を聞いて共感する、記念日には二人で出かけたりとあなたは仕事もして大変とは思いますが、それで妻も明るくなり、家庭が上手くいくなら仕事の大変さも忘れてしまいますよね。

まとめ

 

妻から言われたむかつく・きつい言い方

  • 「知らない」と冷たく言われる
  • 「何回も言っているのに」とまるで上司に言われているよう
  • 「子供風呂にいれて」「寝かしつけて」と命令口調
  • 「ふざけるな」とキレられる
  • 「もっと稼いできてから言って」とお金の話をされる

妻に心理は

  • 家事や育児の疲れ
  • 夫への不満
  • 女性ホルモンの関係
  • 寂しさや愛情の裏返し
  • 働いてる妻は不公平感

どう対処するか

  • 妻の好きなものを買ってくる
  • マッサージをする 
  • 思い当たることはないか考えてみる
  • コミュニケーションをとる

責めるのは逆効果

  • 冷静になって責めたりしない

注意を促すには

  • 優しく頼む
  • 「できれば違う表現にしてほしい」
  • 「なんで怒っているのかわからい、なおしたいから教えてほしい」
  • ほおっておくが、見ている
  • 「なにかできることはない?」と聞く反応が悪いようなら距離をおく

妻も心を許しているからこそ、夫にはこれくらい言っても大丈夫とつい言ってしまう事もあるのでしょう。

なぜ妻がそんな言い方をするのかと理解することが大事です。

これから長く一緒に暮らしていくからこそ、お互い相手の事を尊重することが必要ですよね。

二人とも幸せな家庭を築きたい気持ちは一緒です。妻もきっとかわってくれます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました