PR

傷つきやすい人 ほど人を傷つけると言われている根拠は?攻撃的だから?

近年、心が繊細で傷つきやすい人が増えたといわれています。核家族化に代表されるように、社会状況が変化する中で、対人関係を学ぶ機会が少なくなったことが一つの要因だといわれています。また、ここ数年はコロナ渦で家にこもることが増え、以前にも増して人とのかかわり方に対して神経質になっている人も多いようです。

最近はHSP(生まれつき敏感な気質を持っている人)という言葉がよく聞かれるようになり、傷つきやすい人向けの書籍や情報は巷にあふれています。一方、「傷つきやすい人ほど人を傷つける」といわれることもあり、周囲の人にとっても傷つきやすい人との接し方は悩みのタネだったりします。しかし、傷つきやすい人との接し方に関する情報は多くないようです。

そこで、この記事では傷つきやすい人が周囲にいてコミュニケーションがとりずらく困っている方に向けて、傷つきやすい人の特徴や、「傷つきやすい人ほど人を傷つける」といわれる理由、傷つきやすい人との付き合い方のコツをご紹介します。

傷つきやすい人の特徴は?

自分が傷つけられないようにするためには、相手が「傷つきやすい人」かどうか見極め、接し方を考える必要があります。では、傷つきやすい人とはどのような人のことをいうのでしょうか?特徴としては、以下のような点が挙げられます。

1.他人の言動に敏感

傷つきやすい人は、他人の言動に対して過剰なほど敏感に反応します。相手が何気なく言った一言を深読みし、一人で想像を膨らませて落ち込むようなこともよくあります。良く言うと感受性や想像力に優れているといえますが、悩みすぎでうつ病を発症してしまう人もいるようです。

2.ネガティブ思考

悪い方にばかり考えてしまうのも、傷つきやすい人の特徴です。あらかじめ最悪の事態を想定しておけば、本当にトラブルに直面した時に傷つかずにすみます。そのため、事前にあれこれとネガティブな想像をする癖がついてしまっているのです。

3.優柔不断

傷つきやすい人の特徴として、優柔不断で物事を決断できないことも挙げられます。結果がどうなるか考えすぎてしまい、悪い結果を選択する不安から、なかなか決断を下すことができません。

4.断るのが苦手

傷つきやすい人は、断ることが苦手です。友達からの遊びの誘いや上司からの残業の打診など、様々な場面で「断ったら相手から悪く思われるのではないか」といった不安を感じます。結果として、嫌々物事に取り組むことになり、本人はストレスを溜めることになります。

5.自尊心が低くプライドが高い

傷つきやすい人は、プライドが高く完璧主義な一面を持っています。一方、自尊心が低いため、些細な失敗をしても「自分はダメな人間だ」などと自己否定して落ち込み、傷ついてしまうことがあるのです。

 

以上のような特徴から、傷つきやすい人は何となくオドオドしているように見えたり、挙動不審な感じを受けることもあります。そのような人に出会ったら、「傷つきやすい人なのかも」と考えて慎重に接するのがよいでしょう。

傷つきやすい人ほど人を傷つけると言われている根拠は?攻撃的だから?

「傷つきやすい人」の特徴を見ると、他人を攻撃するようには思えませんよね。ではなぜ、「傷つきやすい人ほど人を傷つける」と言われるのでしょうか。ここでは、3つの根拠を挙げて説明します。

1.「傷つきやすい人」は、自分を守ることを最優先にする

傷つきやすい人は、「他人の言動により自分が傷つくこと」を何よりも恐れています。そのため、正しい行動を取ることよりも、自分を守ることを優先することがあります。その結果、相手を貶めたり、嘘をついたりすることさえあるのです。

たとえば仕事でミスをしたときに、上司から怒られて自分が傷つくことを避けるため、他者に責任転嫁したり、ミスをもみ消したりといったことをします。正直にミスを報告すれば丸くおさまるような場面でも、「怒られて傷つくこと」を避ける行動を取ってしまい、結果として周囲の人を傷つけるのです。

2.「傷つきやすい人」は、負の感情を溜めこむ

傷つきやすい人は、相手に嫌われないよう常に気を遣っています。気乗りしない誘いでも断ることができなかったり、不愉快なことを言われても直接文句をいうことができなかったり、日々我慢を重ねています。

そのようにストレスを溜めていると、いずれ相手のせいでストレスを感じていると考えるようになり、感情が爆発して相手を責めたり、陰で悪口を言うようになります。その結果として、相手も傷ついてしまうことになるのです。

3.「傷つきやすい人」は、どうすれば相手が傷つくかを知っている

傷つきやすい人は、自分が他人からどんな言動をされると傷つくのかをよく知っています。そのため、自分の感情が高ぶるような場面では、相手が傷つくような言葉をストレートに放つことができるのです。

たとえば、上司が傷つきやすい人だった場合には、怒りにまかせて部下に注意すると、意識せずとも部下が傷つくような言葉を発してしまうことがあります。

傷つきやすい人に傷つけれられた経験談

インターネット上やSNSなどでも、「傷つきやすい人に傷つけれられた」と感じている人は多いようです。ここではTwitterの情報をもとに、傷つきやすい人に傷つけられた人の体験談を見てみましょう。

傷つきやすい人は、自分を守るために他人を傷つける傾向があるようですね。

 

傷つきやすい人は感受性が豊かですが、必ずしも優しい人とは限らないようです。

 

傷つきやすい人は、冗談を真に受けてしまうことが多いようです。

 

最近インターネット上での誹謗中傷が問題になっていますが、傷つきやすい人は、相手がどんな言葉で傷つくのかよくわかっているから、誹謗中傷をして他人を傷つけてしまうのかもしれないですね。

傷つきやすい人とのコミュニケーションがめんどくさい理由は?

自分が傷つけられるほどではなくても、傷つきやすい人とのコミュニケーションを取るのはめんどくさいと感じる人も多いようです。傷つきやすい人は本心を隠したり、何気ない言動を深読みして意図したことと違う受け取り方をするため、意思疎通がうまくできないと感じるためです。

たとえば、傷つきやすいAさんと、同僚のBさんがいたとします。Aさんに雑談を振られた際、Bさんは業務が忙しくいつものように楽しく会話ができなかったとします。

この状況で、Aさんは自分がBさんに嫌われたと感じて傷つきます。Bさんにはそんな意図はなかったのに、Aさんが状況を勝手に解釈し、Bさんに対してよそよそしい態度を取ったりしてしまうのです。

Bさんから見れば、急にAさんが以前とは違う態度を取るようになった理由がわかりません。その結果、BさんはAさんとうまく意思疎通ができていないと感じ、ストレスを感じるようになります。このように、傷つきやすい人はコミュニケーションを上手くとれない、めんどくさいと感じられてしまうのです。

傷つきやすい人との上手な付き合い方は?

傷つきやすい人に傷つけられそうになったら、自分を守るためその人と距離を置くのが一番です。でも、職場に傷つきやすい人がいたり、家族が傷つきやすい人の場合は、物理的に距離を置くことが難しいこともありますよね。

また、ママ友が傷つきやすい人の場合は、子供のために関わらざるを得ないかもしれません。そこで、傷つきやすい人に傷つけられないよう、相手とうまく付き合うコツを紹介します。

1.適度な距離を保つ

完全に距離を置くことが難しい相手とは、適度な距離感を保って付き合いましょう。

近づきすぎると、自分のちょっとした言動で相手が傷ついてしまう可能性が高くなります。また、あからさまに距離を置くと、傷つきやすい人はそのことを敏感に感じ取って傷ついてしまうためです。近すぎず、遠すぎずの距離を保つことが大切です。

2.言葉選びに注意する

何気ない一言に相手が傷ついてしまう可能性があるため、傷つきやすい人と話すときは、キツイ言い方にならないように言葉選びに注意し、穏やかな話し方を心がけましょう。また、冗談を真に受ける可能性があるため、むやみに冗談をいうことも避けたほうが良いでしょう。

3.楽しい雰囲気で接する

傷つきやすい人は、相手の態度がそっけないと感じると「嫌われている」と感じて傷ついてしまうため、自分が相手を嫌っていないことを示すことが大切です。明るく笑顔を作り、楽しい雰囲気を持って接するようにしましょう。

4.相手に期待しすぎない

傷つきやすい人は、感受性が強く他人に合わせることが得意なため、一見優しい人に見えることがあります。しかし、実は本心を隠し感情を抑え込んでいるだけなので、いつか本心が見えたときに期待を裏切られたような気持ちになることがあります。

そのため、傷つきやすい人に対しては過度な期待をかけすぎないよう注意するようにしましょう。

まとめ

  • 傷つきやすい人は、一般的に以下のような特徴を持っている。
    1. 他人の言動に敏感
    2. ネガティブ思考
    3. 優柔不断
    4. 断るのが苦手
    5. 自尊心が低くプライドが高い
  • 傷つきやすい人は何となくオドオドしているように見えたり、挙動不審な感じがすることがある。
  • 「傷つきやすい人ほど人を傷つける」と言われる根拠
    1. 自分を守ることを最優先にするため…自分を守ることを優先するあまり、相手を貶めたり嘘をついたりして、周囲の人を傷つけることがある。
    2. 負の感情を溜めこむため…傷つきやすい人は、相手に嫌われないよう日々我慢を重ねているため、いずれ相手のせいでストレスを感じていると考えるようになり、感情が爆発して相手を責めたり、陰で悪口を言うようになる。
    3. どうすれば相手が傷つくかを知っているため…傷つきやすい人は、自分が他人からどんな言動をされると傷つくのかをよく知っている。そのため、相手が傷つくような言葉をストレートに放つことができる。
  • 傷つきやすい人との付き合いがめんどくさいと感じるのは、傷つきやすい人が本心を隠したり、何気ない言動を深読みして意図したことと違う受け取り方をすることにより、意思疎通がうまくできないと感じるため。
  • 傷つきやすい人とうまく付き合うためには、以下の4つの点に注意する。
    1. 適度な距離を保つ
    2. 言葉選びに注意する
    3. 楽しい雰囲気で接する
    4. 相手に期待しすぎない

傷つきやすい人が増えたといわれる昨今、傷つきやすい人が「傷つきやすいこと」に悩んでいるのも事実だと思います。

傷つきやすい人との関係に悩んでいる方は、お互いが傷つけあうという最悪の状況を避け、傷つきやすい人と社会のなかでうまく共存していけるといいですね。

タイトルとURLをコピーしました