浮気中なのに罪悪感がないのはなぜ?心理状態は?

シャツにキスマーク

浮気はどう考えても悪いことだと思っていたけれど、浮気をしているに関わらず罪悪感を感じない、罪悪感ない場合があり、なぜこのような心理状態になるのか分からないことがあります。

浮気をしているのに罪悪感がない、またないように見える方がなぜいるのかなど、浮気の心理状態が分からないと首をかしげてしまいますね。

そこで今回はなぜ浮気をしているのに罪悪感がないのか、逆に罪悪感で苦しいのはなぜなのかなど、浮気の心理状態についてをまとめています。

浮気の心理状態には罪悪感ない場合や逆に罪悪感で苦しい場合、また状況の違いなど様々なパターンがありますが、ぜひ浮気について知っていきましょう!

浮気をしているのに罪悪感がない

ニヤリ顔の男性

浮気は罪、パートナーに対する裏切り行為というイメージがある中、浮気をしているのに罪悪感がないようにしか見えない場合、なぜ罪悪感がないのか心理状態が気になります。

浮気をしていて罪悪感がない、罪悪感を持っているように見えない方は、以下のような特徴の場合が多いです。

  • ルールやマナーを軽く破る
  • 時間にルーズ
  • 流されやすい
  • 割り切った思考をしやすい
  • 自分がかわいそうだと思っている

もちろん浮気をしていて罪悪感がない場合も人それぞれの性格に寄るところが多く「絶対にこれ」と言い切ることは難しいですが、多くの場合このような特徴の方が浮気に罪悪感を持ちません。

例えばルールやマナーをあまり守らない、信号も「誰もいないから」「みんなやってるから」など言いながら赤信号でも渡ってしまう方は、「浮気ぐらいみんなしてるから」と思ってしまいます。

時間にルーズな場合も基本的な思考は同じで、自分や相手が約束の時間を守らなくても怒らない=自分のわがままも大目にみてもらえるという思考があります。

場に流されやすい場合も「断れる状況じゃなかったから」などの言い訳を作れてしまうので罪悪感がなく、もちろん「遊びだから」とあっさり割り切って浮気をしている場合も罪悪感はありません。

また女性に多い罪悪感がないパターンですが、「パートナーは私からの愛情が受けられなくなってかわいそう」と、心が寄り添っていない、客観的な目線になってしまっていることがあります。

逆に「自分はパートナーから大切にされていないから大切にしてくれる人と浮気しても悪くない」など理由を作ってしまうことも多く、自分の行動をそもそも「罪」と認識していないんですね。

もちろんこれは一部の例であり全ての方がどれかに当てはまるわけではありませんが、多くの場合浮気をしていて罪悪感がない方の心理として知っておきましょう。

浮気をしているから罪悪感で苦しい

男女

逆にちょっと場に流されて浮気をしてしまったという気持ちが辛い罪悪感になり、パートナーと一緒にいても苦しい、罪悪感が忘れられないとなる場合もあります。

そもそも罪悪感とは悪いことをした、罪をおかしたと自分が感じている、他者に言われた場合などに起こる感情であり、根底として「悪いことをした」という気持ちがあります。

どのような事情があっても浮気は悪であり自分は浮気という罪をおかしたという気持ちが罪悪感となるので、罪悪感を持ってしまう場合は「浮気=悪」という前提が確実にあるんですね。

しかし罪悪感が辛いからと別れたほうが良いかというとそうではなく、別れてしまうと「罪悪感から逃れるためにパートナーを捨てた」とさらに罪悪感にとらわれてしまう危険もあります。

それよりは今の罪悪感、パートナーを裏切って浮気をしたという秘密を抱えたという罰を受け入れ、罰を受けたと認識することで罪悪感から開放されたほうが良いかもしれません。

しかし罪悪感に苛まれてあなたの態度が変わってしまいパートナーに感づかれた場合、やはりパートナーはあなたの浮気や秘密によって傷つくことになるかもしれないですよね。

  • 「これ以上罪を重ねる前に別れる」
  • 「これ以上罪を重ねないように罰を受ける」

どちらが良いのかは性格や状況にもよるので、しっかり悩んで決めましょう。

浮気をカミングアウトしパートナーにその後の決断を任せるという方法は、もし許された場合はあなたは開放されるかもしれませんが、もちろん浮気は絶対許さないという考えの方もいます。

逆に「話してほしくなかった」と言われる場合もあるので、カミングアウトするかも性格次第、しっかり考えてから判断しましょう。

なぜ浮気をしてしまうのか

浮気

そもそも人はなぜ浮気をしてしまうのか、浮気を繰り返している人はなぜ繰り返してしまうのか、浮気の理由も気になるところです。

浮気は男性と女性で理由が違う場合もあり、それぞれなぜ浮気をしてしまうのか、浮気の理由を見ていきましょう。

男性の場合

男性の場合はやはり生物学上の種の保存の本能が働いてしまい、より多くの異性と関係を持とう、魅力的な女性を見ると好意がなくとも興奮してしまう傾向があります。

女性の場合

女性の浮気はパートナーへの不安や不満をきっかけとしてしまうことが多く、パートナーからの安心感を得られない場合に目移りし、他に優しくしてもらえる相手を探す傾向があります。

 

またどちらの場合もパートナーとケンカをしてしまった、パートナーと一緒にいても安らぎを得られない場合、外部にそれを求めてしまうことがきっかけになるパターンもあります。

毎日の生活に刺激がなく非現実や刺激を求めて浮気に走ってしまうこともあり、また浮気の線引は人によって違うので、当人は浮気と思っていない場合もあることに注意しましょう。

心だけ浮気をしていることに罪悪感

壊れたハート

浮気といっても線引は人それぞれ、そんなひとつにパートナー以外と肉体関係を持つ「体の浮気」ではなく、心がパートナー以外の相手へと移っている「心の浮気」があります。

体の浮気は分かりやすくまた線引もしやすいですが、心の浮気の場合は分かりにくく、気持ちの問題であるために歯止めが効かずに止められない可能性が高くなります。

心だけ浮気をしている場合は気持ちがパートナーになく浮気相手に移っているため、当然「自分は浮気をしている」「現実のパートナーを裏切っている」という罪悪感を持ちやすいです。

一方法律上で浮気と判断されるのは肉体関係の有無になるので、罪悪感は持たなくてもいいんじゃないかという気持ちも出てきます。

心の浮気の場合は最初にお話した通り気持ちの問題であるため歯止めが効かない場合が大きく、パートナーから完全に気持ちが離れてしまうのでそのまま別れてしまうことが多いです。

気持ちが離れたのにそれを隠し続けるのは相当の努力が必要で、悩んだ結果結局別れてしまう、気持ちが移った相手を優先してしまうんですね。

罪悪感を持たなくてよいかについては人それぞれの性格によるところも大きく、これを「気持ちが変わったんだから仕方ない」と受け取るか、「裏切ってしまった」と受け取るか次第です。

浮気と罪悪感の関係がわかる小説

恋人

浮気はやはりパートナーへの裏切り行為であり、特に婚姻関係を結んだ相手を裏切ると慰謝料を支払う義務が発生する可能性があるなど、批判されるべき理由は多くあります。

一方で浮気をテーマににした小説や映画などは非常に多く、やはり様々な愛のかたちや恋愛関係のひとつとして「浮気」は人から切り離せないものなんですね。

浮気にかかわる罪悪感や葛藤などが分かるおすすめの小説などを紹介するので、浮気がテーマの様々なケースを知るためにもぜひチェックしてみましょう!

昼顔

楽天サイト

昼顔は結婚5年目の主婦が客から不倫のアリバイ作りを頼まれたことがきっかけで知り合った高校教師に出会い、惹かれてしまう……という物語です。

ドラマ化もされているので、小説をじっくり読むのがつらい、映像で見たい場合はドラマ版を見てみるのもありですね。

ダブル・ファンタジー

楽天サイト

ダブル・ファンタジーは夫からの抑圧に苦しんでいた35歳の脚本家・奈津が演出家・志澤の意見に従い家を飛び出し、長い抑圧から解き放たれた女性が巡り合う性について描かれています。

恋愛の不安定さや女性の恋愛心理などがリアルに描かれていて、性や愛について考える、勉強になる一冊としておすすめです。

夜明けの街で

楽天サイト

累計120万部を突破したベストセラー小説を原作に製作された映画で、不倫を忌み嫌っていたはずの中年サラリーマンがふとしたことから派遣社員と恋に落ちる物語が描かれています。

不倫ミステリー映画として定評があり、映像で浮気や不倫をテーマとした作品をお探しの場合ぜひおすすめします!

まとめ

浮気中なのに罪悪感がない、罪悪感がないように見える人がいるのはなぜか、その心理状態など、浮気についてまとめ!

 

1:浮気をしているのに罪悪感がない場合はそもそもルールを破りやすい、流されやすいなど思っているパターンが多く、自分が悪いのではなくパートナーが悪いと感じていることもある

2:一方浮気は悪いことでありパートナーへの裏切りであると罪悪感を感じる場合ももちろん多く、罪悪感への対処も罰として受け入れる、打ち明けるなど様々である

3:浮気をしてしまう理由として男性は種の保存の本能が働く、女性はパートナーに不満・不安があることが多く、パートナーとの不仲がきっかけになることもある

4:心だけ気持ちが移ってしまう「心の浮気」が罪悪感として感じられることも多く、気持ちの問題で歯止めが効かない心の浮気は罪悪感があるものの止められないパターンが多い

5:浮気と罪悪感との関係性、様々な浮気の心理を知るためにもおすすめな浮気がテーマの小説などとして「昼顔」「ダブル・ファンタジー」「夜明けの街で」がおすすめ!

浮気中なのに罪悪感がない、また浮気をしているのに罪悪感がない場合の心理状態は気になりますし、そもそもなぜ罪悪感を持つのかもしっかり把握しておきたいところです。

心の浮気など歯止めが効かない場合も多く、浮気や浮気にまつわる罪悪感を知るために小説なども効果的なので、ぜひ今回おすすめした小説も読んでみてくださいね!

コメント