うつ病から復帰した社員の上司になった!正しい職場での接し方とは?

スポンサーリンク

ビルを見上げたところ

うつ病という言葉、最近よく聞きますが身近にうつ病の人がいないと中々正しい知識をもつ機会もないのではないでしょうか。

うつ病を発症する人は年々増えているにも関わらず、今だに、心が弱いからうつ病気になるんだ、とか、うつ病の人は怠けているだけだという間違った知識で偏見の目を向ける人は少なくありません。

うつ病の正しい知識を知らない人が多いため、うつ病を克服して社会復帰しても再発率が高いのです。

そこで、今回はあなたがうつ病を復帰した社員の上司になった場合の、その部下に対する接し方、声のかけ方を正しいうつ病の知識と部下の気持ちを交えながらお教えします。

その部下が再発するかしないかは上司であるあなたにかかっていると言ってもいいほど、あなたはキーパーソンです。

とは言ってもその部下はうつ病を克服したから、会社に復帰しているのです。

症状は良くなっている状態なので、腫れ物に触るような扱いをする必要はないですよ。

是非ここで正しい知識を身につけ、部下本人のため、会社のためになるよう行動してくださいね。

うつ病から復帰した同僚の上司になった!うつ病とはどんな病気?

悩む男性のシルエット
そもそもうつ病ってどんな病気なのでしょう。

よく心の病気というのを聞きますが、どちらかというと脳の病気なのです。

脳に機能障害がおき、エネルギー不足になることによって、気持ちが沈んだり、何事にも興味がなってしまいます。

この症状が2周間以上続き、日常生活に支障をきたすようになると、うつ病と判断されます。

今日本では女性は5人に1人、男性は10人に1人が一生のうちに1度はなる病気ともいれています。

うつ病になる人には、共通する特徴があります。

それは責任感が強い、完璧主義、まじめな性格です。

会社の中だと、長時間の残業や休日出勤もすべて受け入れていたり、多少具合が悪くても仕事を休むと言えなかったりする人です。

会社での成績が良かったり、ある程度上の立場の人がなりやすい傾向があります。

うつ病を克服してから復帰するまでには、早い人でも6ヶ月はかかるといわれています。

主な治療は休むこと、病院から出される薬を飲むことです。

はじめのうちは動きたくても頭も体も動けない状態ですが、治療を重ねると少し動けるようになったり、また動けなくなったりと一進一退しながら回復してきます。

そして、少しずつ復職へ向けて練習します。

出勤時間に合わせて散歩に行ったり、家事を手伝ったりしながら体をなれさせていき、病院の先生からの許可がでてはじめて、会社復帰できるのです。

うつ病から復帰した同僚はどのような気持ち?心理?

横断歩道を渡る人々

前章であったとおりうつ病になりやすい人の特徴は、責任感が強い、完璧主義、まじめなひとです。

そのため、ミスをしてしまったらどうしようと不安な気持ちと今まで休んで迷惑かけてしまった分頑張らないとという気持ちになっています。

また、長期間休んでいたことで、周りの人と馴染めるかという心配や、業務内容を楽なものに変えてもらった場合は、そのことに対する後ろめたさもあるでしょう。

これらの感情により、会社にいるだけで相当緊張しているのです。

態度には出していないかもしれないですが、周囲の社員が思っている以上に苦痛な状態であることをみんなで理解してあげましょうね。

うつ病から復帰した同僚の上司になった!どのように声をかける?接する?

パソコンを操作する人

それでは実際にどのように声をかけてあげればいいのでしょう。

まずは、少しでも緊張状態を緩和してあげることが必要です。

そのためには、まず不安に思っていることをしっかり聞いてあげましょう。

そして、その不安をできる範囲で取り除いてください。

無理だったとしても、自分の気持ちをわかったくれていて、なんとかしようとしてくれている姿を見れば、心強く感じ安心出来るでしょう。

逆に言ってはいけないのは

「休んでる時にこんな大変なことがあった」
「みんな頑張ってくれた」

など遠回しでその部下と他の社員を比べる言葉や「もう治ったんだよね」などうつ病をすぐ治る病気と思わせる発言です。

今は症状は良くなっておますが、うつ病は再発率の高い病気でいつ再発するかわかりません。

この言葉を言われてしまうと、今の不安や悩みも中々言い出せなくなり、本人を余計追い詰めてしまいます。

またうつ病にならないために!部下がうつ病にならないように上司がすべきことは?

机の上のノートとペン

厚生労働省の研究班が行った調査結果によると、うつ病を再発して病気休暇を再取得した人の割合は、復帰後1年で全体の28.3%、2年で37.7%、5年以内で47.1%に達しておりましました。特に復帰後2年以内に再取得している人が多いです。

引用:毎日新聞「うつ病休暇 半数が再取得「企業は配慮を」 厚労省研究班」

5年以内で約半数という数字はかなり多いですよね。

あなたの部下がその50%に入らないためにまず大事なことは、うつ病について理解してあげることです。

本人はうつ病に、なりたくてなったわけでもないし、会社を休みたかったわけでもありません。

もちろん心が弱かったわけでもないのです。

そのことをあなたが理解するだけではなく、周りの社員にも理解してもらいましょう。

事前にうつ病について話しておくのもいいですね。

うつ病の体験談を見ると、過労が原因の人もいますが、それよりも目を引いたのは周りの人間関係です。

辛いことを周りに言える環境じゃなかったり、その人1人だけ追い込まれている状態でうつになる人が多いようです。

残業や休日出勤していたとしてもみんなで協力しながら助け合いながら働けている人はうつ病にはなりにくいです。

ひとりでかかえこんでしまったり、自分がやるしかない、状況に追い込まれている人がうつ病になりやすいと言えます。

一人で抱え込まないようにするためにも、上司であるあなたが部下たちの抱えている仕事量を把握し、仕事の分担をするようにして下さい。

仕事量以外でも困っていることがあるかもしれないので、定期的に部下と話す場を設けるのもいいでしょう。

うつ病は早期発見できるほど治るまでの時間も早くなると言われているので、以下のうつ病の兆候を見逃さないことも重要ですよ。

  • 単純な作業に時間がかかる
  • 今までできていた仕事でミスが増える
  • 同僚をさける
  • 遅刻して出社する
  • 急に有給休暇をとりはじめる

このような兆候が見られた場合は再発の可能性があるがあるので部下とよく話し、病院行くよう勧めてください。

まとめ

うつ病とは

脳に機能障害が起き、エネルギー不足になる病気。

気持ちが沈んだり、何事にも興味がなってしまう症状が2周間以上続き、日常生活に支障をきたす。

うつ病になりやすい人の特徴

責任感が強い、完璧主義、まじめな性格。

うつ病から復帰した部下の気持ち

仕事やになる会社での人間関係に対する不安な気持ち、休んでたことや今の仕事内容に対する後ろめたい気持ちで、想像以上に苦痛を感じている。

上司としての接し方

不安に思っていることをしっかり聞いて不安を解消する。

「休んでる時にこんな大変なことがあった」
「みんな頑張ってくれた」

など遠回しでその部下と他の社員を比べる言葉や「もう治ったんだよね」などうつ病をすぐ治る病気と思わせる発言はNG。

またうつ病にならないために上司がすること

あなたがうつの病について正しく理解し、それを周りの社員にも教える。

部下たちの抱えている仕事量を把握し、仕事の分担をする。

定期的に部下と話す場を設け不安を聞く。

うつ病の兆候を見逃さない。

会社で働いてお金をもらう以上、誰でもある程度のストレスはかかります。

困ったとき、辛い時にそばに相談できる人さえいれば、過度にストレスを排除する必要はありませんよ。

うつ病の再発はまず始めの2年が勝負です。

あなたや周りの人が正しい知識を持ち、接することで再発の可能性もぐんと低くなりますよ。

もし部下が会社が原因でうつ病になったのであれば、同様に他にも苦しんでいる社員がいるかもしれません。

これを機会にあなたの会社が1歩ずつ働きやすい環境になっていくことを願っています。

【こちらも読まれています】

うつ病から職場復帰した同僚にかける言葉は?接し方はどうする?
もしあなたの同僚がうつ病から会社復帰したら、あなたはどのように接しますか。ここ数年、うつになる人は年々増えており、うつ病という言葉をよく耳にするようになりました。うつ病の症状を良くする治療や薬も解明されてきており、うつ病はよくなることもわかっています。

コメント