運動会スローガン高校編!四字熟語・英語・ユニークな例文まとめ!

スポンサーリンク

運動会と言えば、文化祭と並ぶ二大行事の一つです。

高校生の運動会となると、中学校の時よりもかなり大がかりになり、生徒が企画運営する幅もグッと広がるのではないでしょうか。

私は運動が得意な方ではなかったので少し苦戦したこともありましたが、それでもあの学校全体で行う大きなお祭りには胸が躍ったものです。

事前に長い時間をかけて、いろいろな準備を行います。

そして、みんなで一つのことをやり遂げるために掲げるのがスローガンです。

でもこのスローガン、考えるのは少し大変ではありませんか?

なんとなくありきたりな物になってしまうことも多いですよね。

せっかくの運動会、どうせならありきたりなものや、使いまわしでなく、印象に残るスローガンにしたいのではないでしょうか。

今回はそんな頭を悩ませるスローガンをユニークにするアイデアをご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

こちらも合わせてどうぞ

運動会のスローガン!令和を使った赤白青黄スローガンアイデア集!
運動会といえば学校行事の中でも大きく盛り上がる、練習を繰り返し成果を発揮する、自分の組を勝利に導くなど、いろんな目標を掲げ頑張るものですよね。 運動会はもちろん練習など準備もやることがたくさんあり、そんな一つとしてあるスローガン、せっかく今年やるのなら新元号「令和」を入れてみたいと考えたことはありませんか? ここでは新元号である「令和」を取り入れた運動会のスローガンを作ってみたいと考えている小学校の生徒さんに、運動会で使える令和を取り入れたスローガンの紹介をしていきます。 元号が新しくなった今年ならではのたったひとつのスローガンを作るため、運動会を盛り上げるため、ぜひチェックしてくださいね!
体育祭スローガン!令和を使ったスローガンで中学体育祭を盛り上げよう!
体育祭といえば学校行事の中でも大きく盛り上がる、練習を繰り返し成果を発揮する、自分の組を勝利に導くなど、いろんな目標を掲げ頑張るものですよね。 体育祭はもちろん練習など準備もやることがたくさんあり、そんな一つとしてあるスローガン、分かりやすいメッセージとして今年は新元号、「令和」を入れてみたいと考えたことはありませんか? ここでは新元号である「令和」を取り入れた体育祭のスローガンを作ってみたいと考えている中学校の生徒さんに、体育祭で使える令和を取り入れたスローガンの紹介をしていきます。 元号が新しくなった今年ならではのたったひとつの伝わりやすいメッセージであるスローガンを作るため、体育祭を盛り上げるため、ぜひチェックしてくださいね!

高校の運動会を盛り上げる高校生らしいスローガンの作り方のコツは?

よく耳にしたり、何気なく使ったりしているスローガンという言葉ですが、そもそもスローガンにはどのような意味があるのでしょう。

はっきり明確に説明できるでしょうか。

スローガンを作るにはまずこれを理解していないと作れません。

スローガンとは、団体や運動の主義・主張、目的を簡潔に短い言葉で表したもののことを言います。

体育祭においてはみんなの目標を掲げればいいということですね。

ではなぜスローガンが必要なのでしょうか。

スローガンを掲げることで団体に所属する全員が、同じものを目標にして進むことができます。

大人数で1つのことを成し遂げるためには、それぞれがバラバラの方向に向かって行ってはまとまりません。

みんなが同じことを達成するために、わかりやすく明確なスローガンが必要なのです。

このようにチームとしての目標や想いを込めてスローガンを決めるといいでしょう。

【スローガン】

スローガン

高校の運動会で、スローガンを掲げるのであればどのようなものがいいのでしょうか。

せっかくですから高校生らしいものがいいですよね。

高校生にもなると、ユニークな発想のものを使いたくなったり、難しい言葉を使いたくなったりするのではないでしょうか。

さてここからはどのようなスローガンが高校生の体育祭に適しているのか、具体的に見ていきたいと思います。

高校生の運動会スローガンアイデア:四字熟語

四字熟語とは漢字四文字でできあがっている熟語のことです。

スローガンに四字熟語が使われることはよくありますよね。

目標をたった四文字で簡潔に表現できるなんてすごいと思いませんか。

古風で日本人らしさもあり、なんだかかっこよくないでしょうか。

威風堂々(いふうどうどう)

読んで字のごとく、態度や行動が堂々としていて威厳があり立派な様子を表す言葉です。

体育祭なので、ご家族が見に来られることもありますよね。

立派な姿を見せることは、成長を感じられる瞬間でもあるのではないしょうか。

切磋琢磨(せっさたくま)

努力を重ね、学問や運動に励むこと。

また友人同士、仲間同士、共に競い合い高めあうことを意味する言葉です。

協力しあい、お互いを高め合うことは、友情を築くことの大切さを学ぶ高校生にぴったりの言葉ではないでしょうか。

至誠一貫(しせいいっかん)

最初から最後まで、誠意を貫き通すことを意味する言葉です。

最後まであきらめずやり抜く姿勢は体育祭にもってこいですよね。

また誠意という言葉が入っているので、正々堂々戦うという意味も兼ね備えています。

高校生の運動会スローガンアイデア:かっこいい英語・インパクトのある英語

かっこよさを求めるなら英語もいいですよね。

また英語でスローガンをつけるなんて、勉強してきた成果が目に見えるようです。

ぜひ英語のかっこいいスローガンを考えてみましょう。

Impossible is nothing

不可能はないという意味の英語です。

とてもシンプルでかっこよくないでしょうか。

また、高校生ということで、可能性を無限に秘めていることも表していてとても良いですね。

Let’s unite our hearts.

心を一つにしようという意味の英語です。

体育祭ですから、みんなで協力して頑張ろうという意味を表現できますし、友情を大切にしようという気持ちも表現できるスローガンです。

Step to the future

未来へのステップという意味です。

高校生の体育祭、人生最後の体育祭になることもあるでしょう。

高校生活を経て未来へステップしていく、そういった意味を込めることができます。

高校生の運動会スローガンアイデア:面白い・ユニーク

かっこいいスローガンもいいけれど、おもしろいスローガンもおすすめです。

一風変わったスローガンは他の学校やチームとちょっと差をつけることができますよね。

また一生の思い出として忘れられないものになるのではないでしょうか。

ユニークなものは時事ネタや、有名キャッチコピーがよく使われます。

ファイト一発!〇〇〇!

これは昔からあるスローガンというかキャッチコピーですが、今でも通用する言葉ですよね。

高校生はもちろん、ご両親たちも知っていますし、シンプルで体育祭にぴったりの言葉です。

カラダにピース!〇〇!

これだけでさわやかなイメージが沸きませんか。

高校生らしいイメージがあります。

またピースって勝利っぽくて体育祭にとても向いていると思います。

諦めたら、そこで試合終了!

有名なセリフを活用するのもありです。

これは青春スポーツ漫画が元となっているとても有名なセリフなので、諦めずに頑張ろう、という体育祭にぴったりの表現です。

まとめ

  1. スローガンとはみんなが一体となって目標に向かうためのもの。
  2. わかりやすく簡潔なものがおすすめ。
  3. 聞くだけで気分が上がるものや、やる気の出るものが良い。
  4. インパクトやユニークさがあるとなお思い出に残りやすい。

スローガンにはこうでなければいけない、という決まりはありません。

みんなの気持ちが一つになり、思い出に残れるものであれば何でもいいのです。

高校生の運動会は学生最後の大きな行事の一つでもあるので、素敵な思い出を作りたいものですよね。

ぜひこの記事を参考にして、思い出に残るスローガンを考えてみてください。

コメント